さらりと

前回と繰り返しになりますが、いろいろと書きたいことはあるんですけど、まだ本格的な執筆活動の時期じゃないです

いつになるのか?

今のところはまだ分からないです


予定は余裕をもって作が終わってからと計画を立ててるんですけど

予定より早くなるかもしれないし、遅くなるかもしれない
遅くなる可能性は少ないかな



早くなるとしたら作が終わる1月前ぐらいからが可能性としては大

経験からいけば作の最後の月というのはそんなに忙しくないです
異論はあるかもしれないですけど

振り返ると作の終了の2、3か月前から忙しくなくなった時期もありました



ところで、作物栽培というのは一時的に一生懸命に世話をしたとしてもすぐには結果には表れないです

一般論ですけど、作物というのは結果が出るのにだいたい1月ほどかかると言われています


なので仮に今一生懸命作物の世話をしたとしてもその成果が表れてくるのはだいたい1月後

反対に今の状態というのは1月前にどうだったのかということが反映されてることになります

あくまで一般論ですけど



そういう観点から見れば、最後の月にもう最後だからと気張って頑張っても、もう時すでに遅しのような気がします
最後ぐらいゆっくりしようやという姿勢でいいのかも?

でも最後の月といえど忙しかった時もありました
1回だけ

異論があるかもしれないというのは、そういうこともあったからなんですけど




話は変わりまして、前回の続きをさらりと

県の補助事業があって細霧装置というものをつけたんですけど、県より無理やりコントローラーというものを強制的に買わされました
それをつけないとこの事業をうけれないということで

値段が30数万円

もちろん全部自腹で

ちなみにこのコントローラー、自分とこのハウスでは使用できないんです
最初はなんとか使えるだろうとの憶測だったんだけど、やっぱり無理でした

だからこのコントローラー、飾り物として飾っております。
かっこよく言えばオブジェかな

この高価なオブジェ
どんなものなのか、いずれ公開しますけど


選択肢としては、この事業からもう撤退するという選択肢もあったんだけど

そうなると県の思うつぼだね。
理由は今は書かないけど

それもしゃくだから勢いで事業に乗ってしまったんだけど
もちろんそういうことなら撤退するという人もおられたようです

自分の場合はそのまま事業に乗ったんだけど、それが正しい選択だったかどうかは今のところは何とも言えないです


30数万円という金額
これ大きいですよ

その分、何かで節約するしかないよね

そういうことで何か月も前から節約生活というものを取り入れてます
まだまだ遠い道のりを歩かないけないですけど。30数万という金額に達するには


でもおかげさまで、かなり節約術には詳しくなったかも

もしかしたら節約術の本というものを書けるかも?
いや、それはちょっと大げさかな

それもブログで詳しく書いてもいいんだけど、そうなると節約術のブログになっちゃうからね

でもいずれ書きますよ
かなり簡潔にしますけど

書きたいことたくさんあるの分かるでしょ


もしかしたら、そんなこと別に書かんでもいいという人がいるかもしれないですが

もしそんな人がいたら

そんなこと言わないでよ

と言いたいですね。


ちょっと話聞いてほしいなという時あるでしょ。そんな時ないですか?
読んでちょうだいよ

愛と涙の節約術を


まあ、素人レベルの節約術だけど
それと愛はないかな

とにかく本格的な執筆活動の時期になりましたら書きますんで
それまではちょいお待ちを

ということで本日はこのあたりで

次もさらりとこの話題に触れようかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

原点はこれ

書きたいことはいろいろとあります

あれも書きたいし、これも書きたいとか

ラジコのことも書きたいし
トランプ大統領のこととかも

ちなみにトランプ大統領、あんな無茶苦茶な人間でも稀にいいことも言うなと

TPPに関して
その発言だけは、実にいいこと言うねと感心してしまったんだけど


そんなことで、書きたいことはいろいろとあるんですけど、一度さぼり癖がつくとなかなか直らないですね
農作業で疲れてなかなか書く気がおこらないです

もうちょっと要領よくやらないといけないんだけど・・・・・



ところで本日はすごく中身の濃いことを書こうと思います

自分は何のために農業をやるのかというような、えらい哲学的なことを自問自答していました
その答えを導きだすのには長い月日がかかってしまったんだけど


自分は何のために農業するのか

それは

1、県と市 のため
2、JA土佐あき のため
3、自分 のため

なぜこういうことになったのか

それはまた詳しーく書きます
ああ、なるほどなあと思ってもらえんじゃないかな?

いや、必ずそう思ってくれるでしょう


原点はこれ


とは言いながら、ちょっと3番目が優先になりがちなケースもあるにはあるんですけど
まだまだ自分自身、至らない点は多いです

そういう時こそ、サッと原点に戻れるようにしたいもんです



ところで、、またまた話は変わるんですけど、12月に県の補助事業(正確には100%国のお金、すなわち日本国民が払った税金)で細霧装置がつきました

これに関しての感想を一言だけ言わせてもらいます

県はひどいことしてくれましたなあと

いやがらせみたいなこともされました

次回はこれに関してちらっとだけ触れましょうか


これに関しましても、改めて詳しく書きますから
過去の炭酸ガス補助事業のことも含めて。

炭酸ガス補助事業の時は農協さんに無茶苦茶なことをされたんだけど

今でも覚えてますよ
第1回目炭酸ガス補助事業の説明会での農協の担当者のやる気のない姿

かっこつけたがり屋というのはすぐ分かりました

誰か言うたる人いないのかな?

かっこつけるとこ間違ってるで と。

遠慮して具体的なことは一切書かなかったんだけど、一緒に書きます



でもね、これだけは言っておきたいですね

そんなことで原点はぶれることはないですよ と

なぜなのか?

それもまた詳しく書きますんで
なるほどそうなのかと思っていただけるでしょう



また、話は変わっちゃうんですけど、今の作が終わったら執筆活動に力をいれようかなと思ってます
それまでは作の方へ力をそそごうかなあと

本当はブログくらい書ける余裕はあるはずなんだけど

ちょっと要領が悪いもんで
もしかしたら来作は要領が良くなるかも?

おそらく本格的な執筆活動はもうしばらくかかるでしょうね

ということで本日はこれぐらいで

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

寒波

この冬一番の寒波がきているこのごろ

ちょっとナスが大丈夫が気になるところ
でも大丈夫だろうと思っている

過去にもこれぐらいの寒波は乗り越えてきているから
これぐらいの寒波ごときに動じないようにナスを鍛えてるつもりもあることもあって

その鍛え方は年々進化しているものと信じているんだけど

ちなみに石油ストーブを2台稼働させている(前作から)

一台は炭酸ガス用の送風機の前に置いて
もう1台は家庭用の扇風機で後ろから風を吹かせている


これをあなどっちゃいけないんじゃないですか?

といっても別にお勧めしているわけじゃないんですけど
1度もしくは2度くらいは上がるんじゃないかな?



この二つのストーブ効果で翌日早朝のハウス内の炭酸ガス濃度は高い時は3000PPMぐらいあります
(炭酸ガスとは二酸化炭素のことなんですが、農業の業界用語では炭酸ガスという表現を使います。いちおう農業界の人間なので農業の業界用語を使用します)

ストーブを炊かない場合は1200PPMぐらい
これも温度によって多少上下するんだけど

大気中の炭酸ガス濃度がだいたい400PPMぐらいと言われている
そのことを考えると早朝のハウス内の炭酸ガス濃度はかなり高いですね


ちなみに一般的な重油燃焼型の加温機は煙突からかなりの炭酸ガスを排出していると思います
おそらく石油ストーブなんかの比じゃないでしょう

考えたらちょっともったいないですね

だからと言って、煙突の吹き出し口をハウス内に入るようにするのはダメですよ

重油を燃焼させると作物にとって有害物質が生成されるため
なので煙突から炭酸ガスと一緒にハウス外へ出します

その点、灯油燃焼の場合はそういった心配はないようです



今使っているストーブは灯油燃焼型の石油ストーブなのでその点は大丈夫だと思っています
この早朝の高濃度の炭酸ガスを全部ナスに吸い取ってほしいんだけど、吸いきれないですね

喚起しちゃうもんだから
残念ながら喚起すると、どんどん外気に逃げていっちゃいます

喚起するまでにもっと吸収できるようにナスを鍛えなきゃなと思っているんですけど・・・・・・



だけど、ナスの太りだけでいえば、今までの冬のことを思うといいんじゃないかなと思うんだけどね

あくまで今までの冬に比べればの話ですけど
もちろん、春先や定植後の冬になるまでの気温が高い時期と比べれば全然悪いですけど

ただ量がぜんぜんダメ
特にここ最近

まあ、なんとか量も増えてくれないかなと思っています

量も増えるように鍛えなきゃいけないですね
でもあんまり鍛えすぎるとナスがダウンしていまうかもしれないのでほどほどにとも思っています


どうやって鍛えるのか?

知っている方がおられたらぜひ教えていただきたいですね
実を言うと、どうやって鍛えたらいいかなと悩んでるもんで



そんなこんなで本日はこれぐらいにしておきます

本当は今日はこんなことを書くつもりじゃなかったんですけど
別のことを書くつもりでした

たまにあるんです

書き始めると予定と全然関係ないことをいてしまうことが


何を書こうとしていたのか?

今日はラジコのことを書こうと思っていたんだけど

ぜんぜん関係のない話題になってしまいましたね

それは次回にでもしようかなと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

遅ばせながら

遅ばせながら

あけましておめでとうございます

このブログにもちょくちょく足を運んでくださってる方もおられるようなので、なんとかちょこちょこ更新はしていきたいなと思ってるんですけど・・・・・・


ブログの中身は?


たまにはいいこと書くこともあるんじゃないかなと自分では思っています

期待したらダメですよ

期待外れになることが多いと思いますので


期待しなかったら?

もしかしたら思わぬ感動、感銘があるかもしれないですよ

まあ、そんな記事もたまには書けたらなと思っております



ところで、安芸で迎えるお正月もこれで5回目になりました

今回の大みそかは夜更かししてしまいまして

年が変わって深夜の3時ごろまで紅白を見ていました

高知では紅白は遅れて放送してるのかと思う人がいてたらいけないので、念のために言っておきますが録画したやつを見ていたんですけど


紅白も変わりましたね

コントみたいなものを取り入れるようになって、だんだんバラエティ感が強くなっている感じがしました
時代も変わってるなという印象です

いろいろ意見はあると思いますけど、個人的にはなかなかいいんじゃないのと思います

欲をいえば、SMAPの最後の雄姿を見たかったかな
SMAPのファンというわけではないんだけど、どういう最後を演出するのかなと少し期待してたところもあったから

サプライズで出演するのじゃないかと読んでいたんだけどなあ
週刊誌にはちらっとそんな記事も書いてあったし

まあ、それはそれとして十分満喫はさせてもらいました
録画しておいて正解だったなという感じです



それから、今年も元旦から出勤です

夜更かししてしまったので出勤時間は遅れちゃいましたけど
でもよく考えると今年に限ったことではないね

でも、いいんじゃないですか?

慌てる乞食はもらいが少ないって言うし
慌てることもないんじゃないですか?


そう言えば、正月ぐらいゆっくりせえやと言われたこともありました

慌てる必要はないですけど、ゆっくりはできないですね
作物に正月なんか関係ないから


そんなこんなで、慌てず、ゆっくりでもなく、ぼちぼちとやっていけたらと思います。

ということで本年もよろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

更新再開

すっかりブログの更新もほったらかしにしてしまっていたこのごろ

今まで何をしていたのか?

ナス作りに精を出しておりました


その成果は?

今のところ前作よりは収量は落としています

前作の年内の収量はできすぎるぐらいだったから
前作の年内の数字を改めて眺めると、自分でも何でこんなに取ったのか不思議に思うくらいぐらい

去年の今頃は目標トン数の反収18トンはクリアできるだろうと思っていた
いや、今作18トン取れなかったらもう取れる作は永遠にないだろうと思ったぐらい

で、結局は?

取れなかったんですけど


ということはもう永遠に取れないのか?

いや、そんなことはない。
人間誰しも勘違いすることあるんじゃないですか?

そう思ってるんですけど...


大切なのは作全体を通じての収量

一時どんなに調子がよくても、調子の悪い時期も作ってしまってては作全体の収量は上がらないということですね

そういう意味では今作もまだまだ18トンのチャンスはあると思っています。

たとえ前作より収量が落ちてるといっても

課題はナスの病気をどう抑えるかでしょうね




ところで、今作の定植日は8月の15日

比較的早い方だと思います
前作よりは5日遅れですが。(前作が早すぎた)

今作も前作と同じで不耕起栽培という形をとっています
同じ畝を壊さずそのまま使うということ

土を動かさないので元肥なんかも一切やってないです

肥料代はけっこう浮いている
もしかしたら今までは元肥にはだいぶ高級な肥料を使っていたのかも

人に言わせればそんなことはないと言う人もいました
安もんの肥料やなという人もいました

それはないとは思うんだけどね


最近は肥料なんて安もんで十分やと思うようになってきている

そう言いながら、えらい高級な肥料も買ってしまう矛盾した自分もいるんですけど
まあ、いつものことなんですけど

今作もえらい高級な肥料を買っちゃったよ

2個も

どんな肥料なのか?
それはおいおい書くことにしますけど


それ以外にそこそこ高級なやつをいくつか
これ以上の安もんはないだろうと思われるようなものは少し多めに

まあ、肥料はこんな感じですけど


ということで本日はこれぐらいにして、なるべくマメに更新していければと思っています

最後に毎年12月恒例の安芸キャンドルナイトの様子でも

111.jpg

112.jpg

113.jpg

114.jpg

舞台の一番左端の方はよく知っている人でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

肥料に関しての意見

新しい作の準備に取りかかっています

早いところでは既に定植しているところも
そちらへ定植のお手伝いに行きましたので

それはそうとして、本日も肥料の話を書こうと思います



まずは、以前に環境制御の勉強会に出席したんですが、その時に聞いた話で印象に残った話を少し

講師の先生は環境制御技術関連の資材などを販売している企業の方

その方が言うには

肥料というものは大切です
しかしながら、ここの部分をいくら追い求めても収量というのは上がりません と


その方は入社当初は肥料のことをいろいろ研究していたそうです

肥料は肥料の三大要素と言われているチッソ、リン、カリだけではありません

それ以外に三大要素ほど必要ではないが、そこそこ必要とされるカルシウム、マグネシウム、硫黄の中量要素といわれるもの

それから微量ではあるが必要とされる、マンガン、鉄などの微量要素

といろいろあるんですが、こういったものを入社当初はずっと研究していたそうです


それを長い間研究してきた自分が言うから間違いないと
こんなもの、いくら追求しても収量なんて上がりませんと

収量を上げるためには、もっと別のところを見ていかないとダメですよということなんですけど


この意見には個人的にはある程度は賛成です

自分も肥料よりもっと大切なもんがあるんやとずっと思ってたからね



ただ、最近肥料のことに目がいきがちになっている自分としては

もし本当に肥料のことを極めることができれば

それはそれで大きな成果になるんじゃないかとも思ってしまうんだけどね

もしかして自分の研究の失敗を棚に上げてるだけじゃないの?と聞かれたら気分を害すだろうと思われるようなことも思いながら聞いてたのも事実なんですけど


そうは思いませんか?

そう思っているうちはまだまだなのかな?

どうでしょうか



ところで、私も期間はそれほど長くはないですけど、いちおう農業を生活の基盤として何年かやってきました

そういう意味では少なくとも農業の素人ではないです

その私が肥料のことに関して一つ言えることがあります


いい作物を作るためには

化成と有機 どちらがいいのか?

そこに答えはない と


そんな答えのないところをいくら追求したって無駄ですよ

絶対とは言えないですけど、間違いはないと思っています


一言余計なことを言わせていただきますと

そんなことにこだわっているようではまだまだですなあ と


化成でも有機でも、どちらも多ければ多いというものではないです
肥料とは適正量を施肥するというのが一番大切なことですから

大切なのは適正量を見極めるということになると思うんですけど


ということで、肥料に関してはそう思っています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

化成肥料について

今回も肥料のことを書きたいと思います


前回の記事でも書きましたけど、肥料としては比較的化成肥料を多く利用させてもらっています
化成肥料に関してもうちょっと詳しく書こうと思います

肥料の三大要素と言われている成分としてチッソ、リン、カリがあります


そのチッソは空気中の7割以上占める窒素が個体となったもの

植物は空気中にある気体となっているチッソは肥料として利用することはできません
肥料として利用するには気体を個体にする必要があります

自然界ではチッソ固定菌という菌がいて、この菌がチッソという気体を個体に変えています
人間は微生物に頼らずとも科学の力で人工的にこれを可能にしています


有機肥料のチッソ成分は微生物由来のチッソが多いかも
化成肥料の場合は人工的によるもの

しかしながら、微生物由来のチッソも人工的に作り出されたチッソも原料は同じ空気中のチッソなんです

微生物が作ったチッソが良くて人間が作ったチッソがダメ。

個人的にはそうは思えないんだけどね
人間が作ったチッソも微生物が作ったチッソも同じチッソ

そこに違いは何もなし

そういうふうに考えてしまうんですけど



ちなみに、化成肥料の各成分の価格は、原料が空気中に無尽蔵にあるということが原因だと思うんですけど、チッソ成分が一番安いです

リンが高いです。チッソの3倍ぐらいじゃないでしょうか

カリがその中間ぐらい



続いて化成のリンはリン鉱石(ほとんどが輸入らしい)というリンがたくさん入った鉱石より人工的にリンを取り出したもの
人間の手は入っていますが原料は天然の鉱石

円安や円高によっても値段に影響することもあるようですが

カリにしても人間の手は入ってるとしてもカリ自体は天然そのもの


化成肥料のことを悪く言う意見もたまに耳にすることあるんですけど、個人的にはそうは思えないんだけどね




いっぽう、健康に良くない野菜として硝酸の多い野菜は健康に良くないという話を聞くことがあります

これに関しては賛否両方の意見があるようで、本当のところはどうなのかよく分からないんですけど、硝酸値の多い野菜ができる一番の要因はチッソ成分の過剰施肥であろうと思われます

天候なんかも影響してくると思うので、これだげが原因ではないでしょうけど
(天候の悪い時はチッソ成分はやらない方がいいと思います)

これは化成であろうと有機であろうと、過剰にチッソ成分を施肥してしまうとこうなる可能性があるんです


もし健康に良くない野菜があるとすれば、それは化成か有機の話ではなく、栽培技量の問題でしょうね


個人的にはそう思っているんですけど。

どうなんでしょうかね?

ということで後もう1回だけ肥料のことを書きたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR