農業を志した理由 その2

台風が何事もなく無事通り過ぎてホッとしています

とりあえず、予定通り前回の続きをいきたいと思います

とにかく家庭菜園をやっていました

ある時、もうちょっと栽培面積を増やしたいなと思ってコンテナも使うようになりました
コンテナに小松菜の種をまきました

地植えにも種をまいていたんですけど、後から種をまいたコンテナの小松菜の方が成長がよかったです
それもちょっとの違いじゃない、明らかに違うんです

コンテナの方はすくすくと育っているのに対し、地植えの方は成長が止まっているという感じでしたね


何が違うのかと思ったら日当たりが違うんです

コンテナは日当たりのいいところに置いていました
地植えのところは夏の太陽の高度が高い時は日がまだ当たるんですけど、冬の太陽の高度が低い時は日当たりが悪いんです

ブロッコリも成長が悪いやつをコンテナに移したんですけど、葉が小さくても地植えと同じ大きさのブロッコリができました
地植えのところは葉が大きく株は立派でも、実の方はそれほど大きくならなかった


そのことから日当たりがたいせつやなと思いました

でも地植えのところは日当たりが悪い
そういう悪条件でもうまく育てられないものかと思いまして

そこから図書館なんかへ行って、いろいろ栽培の本を読みだすようになりました
インターネットなんかでもいろいろ調べました


でも私が欲していた情報、日当たりが悪くても育つやり方を紹介している本はあまりなかったですね

肥料のことなんかは詳しく書いてくれていたりするんですけど、そんなことははっきり言ってどうでもよかった
でも中にはヒントになるようなものはありました

そこから、得た知識と自分なりの仮説も組み合わせていろいろなことを試しはじめました

家庭菜園で、そこまでする人間はあまりいないかもしれないですけど


とにかく、いかにして日当たり不足を補うかというのを考えてやっていました


やってるうちに気づくのは

資材もいろいろと購入して試したりなんかもしたんですけど、あまり購入しない方がいいような気がします
採算を考えてしまうと
できるだけ何もしないというのも一つの手かもしれません

でも私は金儲けでやってるわけじゃないんです
趣味として楽しんでやっているわけなんで


でもミニトマトなんかでも、これはうまいというものが出来たこともありました

スーパーなんかで売っているミニトマトよりよっぽどうまかった
こんなうまいミニトマトはなかなか食えんでと我ながら悦にひたってしまいましたから

大型のトマトなんかでも、スーパーのトマトよりどう考えても自分が作ったトマトの方が味がよかった


そんなこんなでいろいろとやっていました

ということで、今日はこのあたりにしとこうと思います。
続きは次回に

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

農業を志した理由 その1

台風が気になりますね

台風のせいで余計な仕事ができました
はなはだ迷惑です

まあ、これも農業なのかもしれませんが



ところで、本日は前回の続きでなぜ農業を志すことになったのかを書こうと思います

私は非農家で農業とはまったくかかわりがなかったです
そんな人間がなんで農業を志すようになったのか

理由はもちろんいろいろあるんですけど

でもその中でもズバリこれというのはありまして
それがなかったら農業はやっていなかったと思います

そのズバリこれというのを書こうと思っています



きっかけとなったのが家庭菜園
と言っても畳3枚~4枚ぐらいの小規模ですけど

最初に何を植えたのかはもう覚えてないんですけど

うまく育たなかった方が多かったかな

ナスはうまくいかなかたね
それでも、スーパーでは売れないだろうけど、自分とこで食べる分には上等やと思うナスなら何個かは収穫しています

夏場はトマト、冬はブロッコリがメインでしたけど


とにかく趣味として家庭菜園をしていました

家庭菜園をして思ったのは

ある時、取れた量とホームセンターで買った肥料とか資材なんかを考慮に入れて採算を考えてみると、どう考えてもスーパーで買った方が安いんですよ
わざわざ手間をかけてですよ

スーパーで買った方がよっぽどいいんじゃないかなあと思ったりもしました


でも、別に金儲けのためにやってるんじゃない
あくまで趣味としてやってるんです

成長の過程を見ながら自分で愛情をもって作った物を食べるのもいいもんですよ

実益があったらもっといいのにねという気もしないわけでもないですけど、それは贅沢というもんじゃないでしょうか

なかなか楽しかったですよ


少しでも食費を節約しようと家庭菜園するなら、私ならやめといた方がいいですよと言います
そんな人には家庭菜園は向かないと思いますね

でも農業って難しいなあとは思いました

それなのになぜ農業を志したのか?

それはもちろんその続きがあるんです

家庭菜園はやめなかったです
やめていたら農業はやってなかったです

その続きは次回にしようと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ゆったりと過ごしています

ゆったりと過ごしています

安芸のパチンコ屋さんは今がかせぎ時というのを聞いたことがあります
本当かどうかは分かりませんが

私はパチンコ屋さんへは行かずに大阪に帰省しています

作も終わっているので、これといって書くこともないんですけど、たわいのないことでも書くことにします



帰省してからある方に農業をやっていますと言いました

たいへんじゃないですか と

農業のことは経験がないと思うので分かってないとは思うんですけど、農業に関してはなかなかいいセンスを持っているんじゃないかと感心しました

なんか知り合いで家庭菜園でナスを作っているそうです

芽かきという言葉も知っていてちょっとびっくりしました


プロの農家なら1株でどれぐらいのナスを取るんですか?と聞かれまして

仮にこちらの目標トン数である反18トン取るためには、おそらく1株から300個以上は取らないと無理だと思います

ですので300個ぐらいですかね

と答えたら、そんなにも取るんですかとびっくりしていました


素人から見るとプロの農家さんてすごいのかもしれません

ちなみに私は1株から300個は取れてないかもしれないですけど、少なくとも200個以上は軽く取ってると思います

四捨五入すれば300個はいくでしょうね

すごいと思いませんか

1株からですよ
どんなに少なく見積もっても200個は取っています


私の場合、1作目はさんざんな結果で終わりました

その収量をある農家さんに言ったら

その収量やったら下の中の下やと
理論派がいったい何をやってんやとポンとひざをたたかれました

自分でも理論派やと思っているんですけど、人もそう見てるのかも


それでも1株からいくら少なく見積もっても100個以上は取っています

すごいような気もするんですけど
なかなか100個は取れないと思いますよ。家庭菜園では


でも家庭菜園レベルから見てすごくても、プロの目から見ればすごくないということですね


こう思ったこともありました

みんな取りすぎちゃいますか
もうちょっと遠慮しはったらどうですか

それに合わせようとするコッチの身も考えてやと


でもそんなことは言えないです
もっともっと収量をあげていきましょうという気風ですし

プロなら少なくとも1株から300個はとらんとダメでしょうと言わないといけないのかもしれません
100個、200個ぐらいで満足しているようではまだまだなんでしょうね


それから、なんで農業をやろうと思ったんですか?とも聞かれました

これはよく聞かれるというほどでもないのですが、ちょくちょく聞かれることがあります

正直、この質問は苦手ですね

きっちり話すとけっこう長くなるような気がします
本当のところは言いにくいという部分もあります

別にウソをついてるわけではないんですけど、当たり障りのないことを言うことが多いですね

書くこともないんで、次はそこのあたりを書いてみようかなと思います

ということで、とにかくゆったりと過ごしています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

オリンピックのクライマックス

本日は個人的にはオリンピックのクライマックス

サッカー女子、
日本対アメリカ戦


悔しい試合でしたね。
他のチームに負けるならまだしも、一番負けたら腹が立つチームに負けてしまいましたね。

日本の偉業を成し遂げようとする時に、必ず邪魔してくるアメリカ
ほんまに、にくそいですね。
一日中、悔しさが消えなかった



午前3:30キックオフなので見るかどうか非常に迷ったんだけど、早寝早起きしようということで結局見てしまった。

昼間の活動に影響しないか懸念があったのだが。
見たいという気持ちが勝ったようだ。



始まってすぐ、アメリカに先制されてしまい、しかも明らかにアメリカのハンドの反則も認められず、(認められればPKだった)苦しい展開

阪神戦のテレビ中継を見ていると、すぐにチャンネルを変えるか消すことに慣れている。その癖が出てしまったのか眠ることに。
(こちら高知では阪神戦に限らず野球中継はほとんどやっていないので見ることはないのだが。でも阪神ファンにとってはその方が幸せだろう)



でも、気になったのかしばらくして起きて再びチャンネルをオン。
1対2で負けていたが、そのまま見ていた。

試合は日本の方が圧倒的に押していましたね。
ボールの支配率も日本の方が高かったし。
勝負に勝って試合に負けました

今までの日本のやり方をマネ。
しかも全員で守りに入るのも、日本のサルマネ。
非常に不愉快なチームとしか言いようがない。

惜しいところもあったんだけどな。



最後まで悔しさだけが残るゲーム。
プレーしてた選手たちはもっとそうかもしれない。

悔しさの影響があってか、本日はカメラを持って帰るのを忘れてしまった。
ハウスの様子を載せようとしたんだけど。


代わりに安芸市の風景を載せようと思います
最後に安芸市の風景
738.jpg

736.jpg

737.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

シンガーソングライター

昨日、大阪より戻ってまいりましたが、大阪で夜行バスに乗る前の話。

梅田、難波、天王寺から乗車できるのだが、今回はバスの発車時間が一番遅い梅田から乗車することにした。


バスの出発時間にも余裕があり、ぶらぶら歩いているとストリートライブをしているのが目に止まった。
別にめずらしいことでも何でもないのだけど、ふと足が止まった。


15人ぐらいだったかなあ。
これはけっこう多いんじゃないですか。わざわざ足を止めてライブを聞く人数としては。
女性1人がピアノを弾きながら。

よく見るとポスターなんかも作っており、ライブ情報なんかも書いてる。高い席は3000円するようだ。チラシも置いてる。
なかなか本格的なストリートライブだなあと思いながら見ていた。
それと、ポスターの写真と実物はなんか違う感じがする。(実物の方が写真よりきれい。本当に)


ライブをしているところを、デジカメで写真を撮りたくなってしまった。
もう夜なのでフラッシュをたかないといけない。
写真を撮っていいのかどうか?

友人の結婚式の2次会で、女性の写真をとりまくっていた男性が、著作権料として3万円請求されていたのをふと思い出してしまって撮れなかったんですけど。


最後まで聞いていたんだけど、最後の曲の前に簡単な自己PRとCDの宣伝をしていた。
最後の曲が終わると、ほとんどの人はCDも買わずに去っていった。

ライブをしているところ写真を撮りたかったなという気持ちが、どうもぬぐえずにCDやポスターを眺めていたら、CDはどうですか?と。


1800円と1000円のCDがあって、1000円のやつを頂くことにした。

歌っていた曲は全部自分で作曲・作詞したらしい。
シンガーソングライターですからとのこと。
大物になるようがんばりますと。

CDにサインしてくださり握手していただいた。
それを後ろで見ていたオッサンが自分も握手してもらおうと思ってCDを買おうとしていたので私はその場を去った。



後でこの人のブログを見たら、夕方6時からライブをやっていたらしい。終わったのは10時を余裕でまわっていた。
この日入ったお金は、それほどたいしたものではないと推測する。
かなり厳しい世界でしょう。

ストリートライブするのも最初はかなり度胸がいったと思う。
女性たった1人でするんですから。

自分の境遇と少し重なるような気がした。進む道は全然違う道だけど。
この方は私なんかよりもずっと険しい道を歩いていくんだろう。
がんばっていただきたいですね。


ちなみに私が見たこのシンガーソングライターさんはVIO(ヴィオ)さんというシンガーソングライターです。

最後にライブの写真は撮れなかったのですが、CDにサインしていただいたのでそのサインの写真を
805.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

高知県のこと

今日の研修はナスの収穫日。
予想通り少なかった。
あまり多すぎると精神的にも肉体的にもしんどいので、
たまにはこういうことがあるのも大事かもしれない?
次はもっと少ないような気もしないわけではない。

ないところは本当にない。
ぶらさがってる実を全部とっちゃった感じかなあ。


ところで、高知県のことをあまり知らない人も多いかもしれないので
ちょっと紹介してみたい。

主要産業は一次産業(農林漁業など)。
高知県は山ばっかり。
山の占める割合は全国の都道府県の中で1位だ。
ということは、農地も意外とそれほど豊かではない。
だから少ない面積で多くの収量を上げなければならない。
その技術は日本一。

つまり面積当たりの収量高は高知県が日本一らしい。

安芸市も当然そこのあたりはすごい技術を持っている。
だからナスの一大生産地でもあり、ナス出荷量が日本一。
理由の一つはここにある。。


それと時代の最先端をいっている部分がある。
少子高齢化 農村ではもう既に高齢化社会になっている。
これが日本一進んでいるらしい。
人口の減っている率も日本一らしい。
日本の近い先の将来が、ここに来ると見られるかも?

農業は特にこういう傾向になっているそうだ。
そのため外部より人を呼び込もうという動きも他県に比べて
非常に進んでいるのではないかと思う。
特に農業は。


農業は施設栽培(ハウス栽培)が盛ん。(他県に比べると)
これは比較的暖かい気候を活かして、他の地域が取れない時期に
収穫して出荷する。
だいたい普段見る野菜というのは夏場にとれるものがほとんど。
冬でもスーパーへ行っていろいろな野菜を見ることができるのはこの施設栽培
があるおかげである。
ここの部分を高知県は非常に得意としている。


日本全体的に農業に携わる人口は年々減少傾向にあるそうだ。
高知県の農業は全国レベルよりさらに加速傾向にあるに違いない。
だから行政も危機感を抱いているのだろう、
高知県では新規就農研修支援事業(詳細は研修支援事業を参照)
なる事業を立ち上げている。
そういうこともあってここ高知県は私みたいな新規就農を目指す
ものにとっては非常に入りやすい県だと思う。

ということで私は提案する。

新規就農を考えている人がいたら高知県はどうですか?と。

最後に安芸市の風景

24.jpg
ちょっと高い所に登った。
へたに分からない道を進んでいくと往生こくかも。特に4WDのついてない車は
少しだけ往生こいたことがあった。
無事なんとかいけたが、めっちゃあせってしまうからご注意を。

25.jpg

22.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

環境保全型農業推進事業

本日の研修は午前中はナスの管理。
昼からは環境保全型農業推進事業の説明会に参加。


この事業は高知県独自の事業でどこの県でもやっているわけではない。

簡単に説明すると
天敵、微生物資材、防虫ネットなどの環境にやさしい農業資材の購入に
かかる費用を一部補助しましょうという制度。

初年度は半額、次年度からは三分の一の補助。
補助のお金は高知県と市町村から支給される。

高知県で農業する人は誰でもこの補助を受けれるかと言えば
そうではない。
市町村も補助金額を出す必要があるため、財政的に厳しい市町村
ではこの制度は利用できない。

安芸市は財政的に豊かというわけではないらしいが、こういった環境に
やさしい農業を推し進めていこうということでこの事業に参加している。


この日は安芸市役所の農林課の方が説明してくださった。

農林課の方からのお願いとして
できるだけ、本当に使用する資材を正確に書いてくださいとのこと。

申請はしたけど、いざ購入する際にやっぱり使うのはやめようということで
申請した資材をキャンセルあるいわ量を減らすケースが多く、
予算確保された金額と実際に使われた金額(消費率というらしい)にかなり
差があり、これが問題になっているとのこと。

資金がおりなくなるケースも出てくる可能性があり、実際に一割予算を
カットされたらしい。


これから農業をする者にとっては、この正確さというのがなかなか難しい
感じがするんだね。
まあ、そんなこと言っても仕方ない。
正確に申請しようと思います。

最後に安芸市の風景

DSCN0096.jpg


DSCN0011.jpg


DSCN0013.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

農大研修課のナス

今日は賞味期限切れの話

先月、お世話になっていた農大研修課窪川アグリ塾におじゃました際に
研修生が世話しているナスの様子を写真にとらせて頂いた。

ナスの研修をしている私が独断と偏見で研修生の世話しているナスを
ちょっと解説させていただく。

DSCN0151.jpg
このハウスはおそらく540㎡(5,4a)
面積を聞くの忘れた。(これは推定)
この中の3分の一がナス。残りの3分の二はトマトを栽培

ハウスの中のナス
DSCN0152.jpg
面積は推定1,8a(この隣がトマト)
今は研修生の人数が少なくナスの世話も滞りぎみとのこと。
もっと詳細に見ないと判断できかねる部分が多いんだけど
パッと見た感じ。なかなかいいんじゃないですか。
詳細に見てみると、かなりいいんです、これ。


まずはこれを見ていただきたい。
DSCN0160.jpg
これは誘引(植物の茎や枝を、ひもなどで固定し、人為的に目的の位置まで導くこと)
用のひもを結んでいる写真。

なにげないように見えるかもしれませんけど、これすごいです。
何がすごいかというと
これ研修生がこのひも結んだんですよ。
熟練者ならいざ知らず研修生がこんなきれいな結びかた、なかなかできないですよ。
これはただ結ぶだけでなく見た目もきれいにしようと意識がなければ絶対できない。
この意識の高さ。
これは座布団5枚!!
これぐらいあげてもいいと思います。これは。

次は実のなり具合
DSCN0163.jpg
この実のなり具合
なかなかいいんじゃないですか。僕はそう思うね。

次はこれ
さ
ちょっとここは実が少ないかもしれないね。
まあ、もちろんそういうところも絶対出てくる。
ここで見てほしいのはふところの部分(赤で囲ったあたり)
管理されていなかったらジャングル状態になっている。
いいんじゃないですか。これも。


DSCN0161.jpg
百点満点の管理。
文句なし。

あんまり褒めるだけでは能がないような気もする。
失礼ながらちょっとアラ探し。

DSCN0153.jpg
安芸で習ったやり方では赤丸のところのわき芽のところまで切り返す。

DSCN0164.jpg
赤のところのわき芽を活かし、そこまで切り返し。上の芽をすてるな。

これぐらい言わないと僕の立場がなくなっちゃうからね。
なす栽培を学んでいる者にとっては

DSCN0166.jpg
最後にナスの株をアップで。
よく見るとこの株にはあまり実がついてないな。
病害虫にはやられていない。
元気のいい株だと思います。


点数をつけるとしたら90点
(内訳)
ちょっと手入れが回っていなく残念なところあり。 -10点
実の少ない部分を不運にもとられた。運も実力のうち -10点
お世話になったとこなので個人的には少し下駄をはかせてあげたい +10点


僕がもし研修生にかける言葉があるなら
これで満足したら駄目ですよということ。

なすの一人あたりの適正規模は10aといわれている。
しかし、これ以上の規模でやってる農家さんはいっぱいある。

今の研修先の農家は夫婦でなす30a。プラス米もやっている。
その前の農家さんは夫婦でなす27a。米とハウスで果樹をやっていた。
なす農家さんならちょっと空いた時間で100点満点の管理をするだろう。
これぐらいの規模なら。

研修生の人数が少なくてたいへんだと思うが100点満点の管理目指して
がんばってほしいと思います。
そうなればすばらしい農家さんへの道へ大きく前進するんじゃないかな?

とにかく、すばらしいなすを見せてくれた研修生に
ささやかながら拍手を送ろうと思います。

お世話になる機関

今日はちょこっと研修に関係のある関係機関を紹介。

1.jpg

以前にも載せた古風な落ち着きのある建物。
ここは安芸市役所だ。
研修中にもたびたびお世話になっているところである。
これからもお世話になるだろう。
もし安芸市で私みたいな研修支援を受けたいと
思ったらここが窓口になる。

2.jpg

その隣にあるのがこの建物。
ここは安芸振興センターといって県の出先機関である。
ここにはナスの指導員さんがいて
ナス農家に出向いてナス栽培の指導をしてくれる公共機関。
ナスに限らず農家さんをサポートしてくれる。
こちらのチーフさんも何回か僕の研修の様子を見に来てくれた。
ここもお世話になるところ。
認定就農者になるための相談もここで対応してくれた。

6.jpg

次にここはJA土佐あき農協の本所。
まあいろいろと支所があるがその本部といったところ。
僕が研修しているところをそういえば写真をとっていた。
何に使うのかな?
ここはハウスの空き状況などの情報が一番入るところ。
実際の新規就農された方で農協よりハウスを紹介してもらい
就農された方が何人かいる。
農業資材の販売・作物出荷等、農家とは非常に深い関係がある。

これらの機関の協力あるかなしかでは大違い。
これらの機関は就農をサポートしてくれるありがたい存在。
受け入れ農家ももちろんそう。

新規就農するのには、やはり協力していただける存在が必要不可欠だと
思います。
特に私のような縁もゆかりもない人間にとっては。
それが実感でございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

人事異動の月

四月といえば人事異動の月だね。
特にお役所関係は

市役所で研修でたいへんお世話になっていた方(安芸市役所農林課)
2名のうち人事異動で1名異動になった。
たいへんどころでなく目茶苦茶お世話になった。
感謝の言葉しかありません。

新しく担当になった方がわざわざ研修先のハウスまで挨拶に来てくれた。
安芸市の担当者はとにかくすばらしいですね。

このすばらしさはまた詳しく話さなきゃと思っている。
担当者が変わってもここのすばらしさの伝統は引き継がれそう。

またもう少しすればそのすばらしさの本領発揮となるだろう。
本当に担当者には恵まれていると思います。

それと全然関係ない話なんですけどカウンターははずしました。
理由は聞かないでください。

1.jpg
古風で落ち着きのあるこの建物
ここが安芸市役所
僕は農林課しか知らないんだけどすばらしい部署と担当者がいています。
ささやかながら拍手を送りたいと思います。
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR