研修最後の月

そういや、安芸へ来てそろそろ1年になる。


研修期間は1年間。
その1年間がもうまもなく来る。
今月で研修は終わり


長かったかと言われれば、長かったかもしれない。
短かったかと言われれば、短くなかったかもしれない。
あっというまに過ぎたという人もいるかもしれないが、それはないですね。

いずれにしよ、研修終わりまで秒読み段階だ。



よくここまで来たんじゃないかなというのが率直な感想。
しかしながら、これからも、たいへんなことはいろいろとあるとは思っている。

不安もある
とてもじゃないけど、栽培の風景を写真に撮れない状態になったらどうしようかなというのが最大の不安かな。



こうなった時のための最高の言い訳がすでにいくつかあるんだけど。
これを聞いたら、そら失敗したくなりますねと思うかもしれない。
用意したというわけじゃないんだけど、自然に頭に浮かんだ


以前聞いた話では、失敗して言い訳する人は栽培がうまくならないらしい。
だけど、私の場合は失敗する前から言い訳を用意している。


でも、この言い訳は永久に公表することはない予定だ。
まあ、そうなるでしょう。

最後に安芸市の風景
752.jpg

753.jpg

754.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

あついです

本当に暑いですね。

夕方より肥料をまく作業をやったが、それでも汗びっしょり。
まさに肉体労働
体力的には一番厳しい時期だと思う。


農業をやると痩せたということをちょこちょこ聞くんだけど、分かる気がするね。
やせたい人は農業で汗をかくのもいいかもしれないです。

でも、私の場合は、実家に帰った時、少し太ったんちゃうかと言われたんだけど・・・
腕が少し太くなってるかもとのこと。



帰ってから、しばらく横になっていた。
そのまま半分寝かけていたんだけど、途中で目が覚めた。
こういうパターンになると、翌朝まで寝てしまうこともあるんだけど。


NHKのオリンピックニュースを見たくなったかもしれない。
北島選手、敗れたとはいえカッコ良かったですね。
見ていると、勝敗にかかわらず、そこにはいろんなドラマがあるような気がする。
やっぱり、面白いですね。オリンピックは。

見ていて熱くなる
同じ暑さでも、こういう熱さはいいですね。



オリンピックも体力勝負かもしれないが、農業も体力勝負かもしれない。
そう思うこのごろです。
オリンピックを見て熱くなった勢いで、なんとかこの暑さをしのぎたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

草刈り

今だに、関係機関と就農に向けて詰めの作業をしている。
もうちょっとスムーズに進んでもいいと思うのだが。

そんなことはブログを書く時ぐらいは忘れたいというのが心情だ。



最近の作業は作のかたづけや草刈り。
この草刈りというのもしんどい作業なのではないかと思う。

草刈り機を使って草を刈るのだが、これが結構重たい。
最初はそうは思わないんだけど、だんだん実感してくる。

1時間くらいしたら、腕がだるくて仕方ない。
今日は夕方ぐらいまで、だるさがとれなかった。
ということで、本日もプロテインをたっぷりと服用。


農家さんのところで使った草刈り機は女性用で一番軽いやつだそうだ。
だけど、だんだんすごい重いように感じてくる。

こんなものを疲れもみせず、たんたんとこなせる女性がいるとしたら、その女性はおそらく女子プロレスラー並みの太い腕をした女性だろう。
80を超えた人でも、草刈り機を使っている人もいるようだ。
すごい人もいるもんですね。


草も上の部分だけ切っても、すぐに元の木阿弥になるようだ。
この草刈りも思ったようにスムーズにいかない。



あと、脅すつもりはないんだけど、脅してしまうだろう。

草刈り機の事故で何人も死んでいるようだ。
これを聞いて十分びびった。

ハウスの中で草刈り機を使うのを見たり聞いたりしたことがないんだけど、これはたぶん危ないからだろう。
鉄の柱なんかにあたるとポーンと跳ね返ってくることがあるらしい。


最後に安芸市ののどやかな風景を見て、のどやかな気分になりましょう。
806.jpg

807.jpg

808.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

七夕にはナスがつきもの

初めての1日2話です。
ちょっと、はりきりすぎのような気もするけど、まあいいでしょう。


午後は去年新規就農したナス農家さんのところで作のかたづけ作業。
ナス栽培1年生に教えてもらうというのも、なかなかいいと思います。

さりげなく潅水パイプを外すところを見ていたが、まるでベテランがやっているよう。
やるねえという言葉しか出てこない。

しかし、受け入れ農家さんのところと比べると、もしかしたら思ったほどはかどっていないかもしれない。
後で振り返ってみると。
実際はどうなのか?分からない。


あんまり頑張りすぎるのは良くないとのことで、きりのいいところで終わり。
頑張るのではなく、楽しむようにしているそうだ。



ところで、この方は7月10日までナスをちぎる予定だったそうだが、木がへばっていい実が取れないということで予定を変更して昨日終了したもよう。

来月10日までナスをちぎるのは、七夕の頃はナスの値段がいいということを聞いて、そうしようと思ったと聞いていたのだが、じかに聞いたところそうではないらしい。

1年目はできるだけ長くやって、どんなものか感覚をつかみたかったらしい。
それによって、来作いつ終わるかの参考にもなるだろうとのこと。



七夕の頃に値段が上がる理由は七夕にはナスがつきものらしい。
笹にナスをつるすらしい。

そんなことは全然知らなかった。
少なくとも私は笹にナスがつってあるのを今まで見たことがない。

去年就農したこの方も知らなかった。
私と同じ大阪の堺出身。
どうやら大阪にはそういった風習はないのかもしれない。



でも考えて見れば、ナスをつるすっていうのもなかなか風流があるじゃないですか。
そう思いません?

ということで、七夕の日にはナスをいっぱいつるしませんか?
風流を楽しんだ後は、みんなでナスをたらふく食べる。
いいと思います。

最後に安芸市の風景
802.jpg

803.jpg

804.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

太陽熱消毒

今日は午前中、トラクターにローラーというものをつけてうねを作った。
その後、ビニールを上にかぶせていく。
ビニールの切れ端と切れ端のところはホッチキスでとめてくっつける。

ハウスの土全体がビニールで覆われた。

普通、畝を立てるのは管理機というもので畝を作るのが一般的なのだが、管理機なんかでやっていたら日が暮れて話にならないそうだ。

畝を立てるのは、表面積が増えることによって、より効率的に消毒できるために畝をたてる。


これからしばらくハウスを締め切って、太陽の熱でハウスを消毒する。
これを太陽熱消毒というハウスの消毒のやり方。

昼間にハウスを締め切っていると、中はサウナ状態。
これは経験してみないと分からないと思うんだけど、かなりの熱さ。
特にカンカン照りの日は扉を開けると、かなりの熱気が伝わってくる。
とてもじゃないが、入れたものではない。


害虫が残っていても、さすがにこれにはかなわない。
その代わり、天敵も一緒にやられる。
カエルさんもいたけど、残念ながらお亡くなりになるだろう。

病原菌もやっつけることができる。(理論上は)
発酵菌はしぶとく生き残るそう。
それから雑草の種もやられてしまう。
だから太陽熱消毒したところでは、雑草はあまり生えてこない。


この太陽熱消毒は他の消毒のやり方と比べると手間がかかるそうだ。

ナス科の植物を犯す青枯れ病が出たところは、だいたいこの太陽熱消毒をするそう。
ちなみに、この青枯れ病は致命的な病気。

青枯れの症状見るほど、恐ろしいものはないと思います。
こんなもの見るぐらいなら、害虫を見ていた方がよっぽどまし。
とにかく恐ろしい病気です。

この恐ろしさは去年、窪川というところにいた時に見ましたのでよく知っています。

最後に安芸市の風景
998.jpg

999.jpg

801.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

土作り

片付け作業は一段落着いた感じ。

それからは来作のための土作り。
まずは稲わら、ケイントップを振る。

(ケイントップとは)
トウモロコシの葉や茎を細かく砕いたもの。
フィリピンあたりから輸入されたものらしい。

値段もそこそこする。
トウモロコシの葉や茎が、こんなに値段するとは驚きというぐらい高い気がした。
たぶん、ほとんどが運賃代だ。


それから米ぬかを振る。

その後、発酵菌を振る。

トラクターでたたく。


結構な肉体労働のような気がする。

どういう資材を入れるかは、農家さんによってそれぞれ。
この後のハウスの消毒のやり方も何通りかある。


去年の新規就農組はどのようにやるのか、また機会がある時に聞こうと思っている。
先人がいてるということは、ある意味非常に参考になります。

最後に安芸市の風景
995.jpg

996.jpg

997.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

作のかたづけ

昨日から作のかたづけ作業。

まずは、潅水パイプを取り除く作業。
これが結構、重労働。服もどろどろ。
しかし筋肉痛にはならなかった。
たぶんプロテインのおかげ。

2人でやった方が効率がいいかもしれない。
でも1人でやっている人も多いみたい。

問題は自分でやり始めたらすべて1人でやらなければいけない。
そのことを考えると、あまりいい気分はしてこない。


その後は誘引用の糸を切っていく作業。
ここからは農家さんによって、多少やり方が違ってきたりするようだ。

どのやり方にも1長1短があるように思える。
長所と短所をよく考える必要があるだろう。
あんまり楽を考えると、後でその分苦労したりするようだ。


その後は残渣をトラクターでたたき込む。
以前は病気の問題があるため、残渣をすべて外に出したりもしていたそうだが、今ではそんなことをしている農家は少ないそうだ。


作が終われば作業も終わりということはないですね。
作が終わってもいろいろな作業が待っています。

最後に安芸市の風景
991.jpg

990.jpg

989.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

作の終わり

本日の研修は今作さいごの収穫。

受け入れ農家さんのところは本日で作が終了。
月曜日からは作のかたづけの予定。

もう作が終わっているところも、ちらほら見ることができる。
でも、まだ終わっていないところの方がかなり多い。

今作は値が良かったからなのかもしれない。


ちなみに、昨年新規就農したナス農家さんは、7月に入ってもしばらくナスをちぎろうと思っていたそうなのだが、もう木がバテてしまってるということで6月中には終わるそうだ。
同じく昨年新規就農したししとう農家さんはすでに作を終えている。

6月中には、ほとんどの農家さんが作を終えるだろう。


7月以降、世間のスーパーで見るナスは、ほとんどハウス栽培のナスではなく露地栽培で採れたナスが陳列されるのでしょう。


作が終わるにつれて、いよいよ新規就農への道が近づいていることを実感する。
9月に新規就農する予定だが、最後の下駄を履くまでは安心できないと思っている。
無事に下駄を履きたいと思っています。

最後に安芸市の風景
986.jpg

987.jpg

988.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ほどほどにやっています

今日はナスの収穫日。
底は越した感じだが、まだまだピークの時にはほど遠い感じ。

本当は収穫の山が終わった時に作が終わるのが一番理想的なのだが、そう思った通りにはいきそうにない感じ。

前回の山が少し長かったようだ。
山が来そうな前兆はあるように感じるのだが、それまでに作は終わりそうだ。



作が6月で終わるのは、

7、8月はハウスの中は特に暑いので作業しづらい。
次作の準備、
ハウスの消毒にあてる時間の確保(7、8月は消毒には理想的な季節)
露地もののナスが出てくるようになり、値段的にもそれほど期待できないということで、
通常は6月で作が終わる。


管理作業もやろうと思えば、なんぼでもやることがある。

しかし、もしかしたら今さらやっても間に合わないことも多々あるかもしれない?
いや、そんなことないかもしれない?

今からの管理作業の作業効果はどんなもんなんですかね?
よく分からないですね。


受け入れ農家さんのところでは

あまり気合をいれすぎずに
かといって、気をぬくことなく

ほどほどに管理作業をやっています。
作業時間も先月に比べると少し減っています。
今はそれほど忙しいとは感じないですね。
余裕も少しあるといった感じです。

最後に安芸市の風景
946.jpg

947.jpg

948.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ゴールが見えてきました

そろそろゴールが見えてきましたね。

ここ安芸では、ナスの栽培は6月で終わるのが一般的なスケジュール。
中頃で終わるところもあるし、末までやるところもある。
農家によっていろいろ。

いずれにしよ、ゴールはまじか。
その後は、かたづけや次作の準備、ハウスの消毒などの作業になる。

ハウスの消毒期間はナス農家さんにとっては基本的にはお休み期間。
安芸市のパチンコ屋さんは、この時期が一番の稼ぎ時になるようだ。



ところで、ついこの前、集荷場でナスの勉強会があったんだけど、
その中で
全農の方より販売概況があり、

値段は最後まで強含み(値がいいということ)でいけるのではないか。
最後まで気をゆるめずに、芯をとめたり管理作業のほうをよろしくお願いしますとのこと。


こういう時期になると、管理はせず、ナスをちぎるだけになる農家もそこそこあるらしい。

そういう農家さんにとって
管理するということは、

いつまでナスをちぎるつもりなんじゃ?
7,8月もナスをちぎり続けろということか?

ということになるらしい。

各農家さん、それぞれ個性があり、いろいろとスタンスがあると思います。
最後まで管理するところから、管理はもうしないところまで、いろいろとあるんじゃないでしょうか?

今日は、全農さんのお言葉通り、気をゆるめず管理作業を主にしました。


ところで、私が受けている新規就農研修支援事業。
今、安芸市では募集をしています。
応募締め切りは今月6月15日まで。
詳細は安芸市役所、農林課のホームページか農林課へ直接お問い合わせしてください。

最後に安芸市の風景
ビワがとれる時期みたいです。
938.jpg

939.jpg

940.jpg

941.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR