不耕起栽培

作も終わってOFFに入っています

しばらくは完全にOFF
のんびりと過ごしています



ところで少し前ですが、肥料屋さんと一緒にある農家さんを訪れました
そこの農家さんはタイトルであるように不耕起栽培という栽培方式をとっています

なぜその農家さんを訪れたのか

自分もやってみようかなあと思ったからなんですけど
どういうふうにやっているか話を聞かせてもらいたいと思いまして

訪れた農家さんは不耕起栽培3年目
次作も引き続き不耕起栽培を行う予定だそうで



ちなみに不耕起栽培とはどういう栽培なのか

文字通り土を耕やしません

通常は残渣をトラクターですきこんで一度畝を崩します
肥料や土壌改良剤を投入して再度畝を作るのが一般的なやり方

これを省略して畝をそのまま残すのが不耕起栽培です



訪れた農家さん

収量は不耕起栽培でも変わらない
周りからは極道呼ばわりされている と

土佐弁できっちりやるべきことをやらない怠け者のことを極道すると言います

でも極道をしているつもりはないようです
収量もかなりあげているみたいですし

特に印象に残ったのは

楽をしたいがために不耕起をやっているわけではない
その方が自分はいいと思ったのでやっている

楽をしたくて不耕起をするならやめといた方がいい
不耕起は不耕起なりにやることもある と



自分は正直楽したいと思いました

そういう意味ではもしかして自分は不耕起には向いていないのかもしれません
でも不耕起は不耕起ですばらしいところもあると自分は思っています

そこの長所の部分を引き出して取り組みたいとは思っているんですけど



ちなみに私はこのたびの農家さんを訪れる前より次作は不耕起で行うと周りの人に言ってました

反応はいろいろありましたが、賛成する人は誰もいなかったです

関係機関である振興センター、農協の人からも、そのようなやり方はお勧めできませんと言われました
大丈夫かと心配してくれる人もいてるようです


ある方は、最近自分だけ良ければいいという人が多いんよ、うまいこといったらちゃんとみんなに教えてあげなあかんで と

分かりました。きっちり教えますと答えたんですけど

しばらくして別の方が来て

そんなことやめときやと言われました

何で知ってるのかなあと思ったら先ほどの方にやめときって言うたりと言われたそうです


チャレンジャーやなと言う人もいました

失敗したら出てこんようになるんちゃうかとも言われましたけど、失敗した時の言い訳もすでにきっちりできている
その辺はぬかりないです


それから、そんなことしたら肥料屋が儲からんやんかと言う人も

私も肥料屋さんの心配もしてあげたいのはやまやまなんですけども、いかんせん肥料屋の心配するまでの余裕は今のところないです



とにかく、賛成する人はいなかった

周りの意見を尊重するべきなのかもしれません
人の意見を素直に受け入れるべきなのかもしれません

でもやると決めました

どういう結果になろうとそれは真摯に受け止めようとは思っています


ただ、当たり前ですが失敗するつもりはありません
いい成果を出したいと思っています

ということで来作は不耕起栽培で取り組みます

しっかりとがんばりたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

太陽熱消毒に入っています

太陽熱消毒に入っています
あいも変わらず天候が悪いですね

太陽熱消毒にとってはあいにくの天気が多いです

でもひとまずはほっと一息をついた感じです
OFFに入っています



今作の収量に関していえば、前作より落としています

本当は右肩上がりで上がっていくのが理想なんですけど
思い通りにはなかなかならないですね

それなりに精一杯やったつもりなんですけど、現実は厳しいかなという感じです


ただ、今作は全般的にナスの値段が良かったみたいで、売り上げはもしかしたら今作の方がいいかもしれません
収量と売り上げ、どっちが大切かといえば、売り上げですね

売り上げは前作と比べるとどうでしょうか
そこのところはまだ分からないんですけど



最後は病気にやられてしまいました

虫に関しては、まあまあいい感じで抑えれたんじゃないかな

春先ぐらいからコナジラミがよく目につくようになって、これは天敵では抑えきれんかなと思ったんですが、幸いにしてコナジラミは増えなかったです
スリップスには最後の方にちょこちょこやられましたけど


スリップスは実に傷をつけます
葉も食害するのでそれだけではないんですけど、特に腹が立つのは実に傷をつけるところです

そんな傷をつけられたナスでも別に構わないよといってくれる人が世の中にはいるので出荷はできるんですけど
主に弁当屋さん、漬物屋さん、惣菜屋さんといったところでしょうか

でも値段はやっぱりガクンと落ちてしまいます
商品価値を下げられるのでやっぱり腹が立ちますね


天敵だけで最後までまったくスリップスの傷がないという農家さんもいます
だけど私のところではなぜかそこまではうまくいかないですね


これに対して黒枯れにやられた実は出荷すらできません

去年、集荷場に大きな字で黒枯れの実はハネでもダメですと貼り紙をしていました
今年はそんな貼り紙はなかったので、今年からはいいのかなと思いたかったんですが・・・・・・・・たぶんダメでしょう

黒枯れの実は消費者に届くころには腐っているそうです

本当に腐るか試しに置いておいたことも何回かあるんですが、しなびてはくるんですが実際には腐らなかったんですけど
でも出すなというものを出荷するわけにもいきません


今月は黒枯れのの実をかなり捨てました
こんなことをやってるようじゃダメです


全体的に見ると天候の影響もあって、今作は前作より全体の出荷量は落ちているようです
そういう状況の中でもしっかり取っている農家さんももちろんいます

直接本人から聞いたわけではないんですけど、安芸の研修支援事業を受けて就農して今作2作目の人は今作はこちらの目標トン数である反18トンを達成するだろうとのこと
同じ大阪出身で農業人としては私より1年後輩にはなるんですが

ここは素直に拍手を送りたいですね


ということで今作3作目だったナス栽培が終わりました

ちょっと不満ですね
次は満足できるようになんとかしたいもんです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

作も終了しています

作も終了しています

すでに片付け作業
最終の出荷日より4日経ったところです

半数以上の農家がすでに片付け作業にはいっているのではないでしょうか

前作に比べると終わるのが早いです
前作は7月に入ってもまだナスをちぎっていましたので



来作は早めにスタートする予定なので、蒸しこみの期間とかを考えるとちょうどいい止め時だったのかもしれません

今は太陽熱消毒へ向けて準備中
もうあとひとふんばりといったところ

田をやっている人なら完全にOFFになることはないでしょうけども、私の場合は太陽熱消毒へ入ると次作の準備まではお休みになります
やるとしたらハウス周辺の草刈りや掃除ぐらいかな

個人的には作の片付けと次作の準備が作業的には一番の難関のように感じます


その難関の一つ、片付け作業もあともう少し

梅雨が明けておらず予報では天気が悪い日が多いみたいなのでそう慌てる必要もないのではという気もしています
太陽熱消毒の最大の欠点は天候に左右されるところです

でも病害虫対策としては今のところ最も効果的ということで、こちらではメジャーな消毒方法となっています

昨年は水田処理(水田のように水をはること)だけで太陽熱消毒はしていませんでした
今年はフザリウム立枯病という新しい病気も出たこともあって、きっちりと太陽熱消毒をやろうと思っています



本当は今月いっぱいまでとろうかなあと思っていました。
普及員さんは来作のことを考えたらもっと早く終えた方がいいのではと言ってましたけども

以前は定植時期も遅く、作の終わる時期も今より早かったので余裕もあり消毒期間も十分とれたようです
今はその期間が短くなって以前に比べると消毒期間も十分に取りにくくなっています

そういう意味では片付け作業もちゃっちゃと終わらせないといけないのかもしれません


でもそう焦らずにきっちりと片付け作業を行おうと思います
当初の予定より早く終わったということもあって

今思えばもっと早く終わっていても良かったかなあ
まあ、過ぎてしまったことをいろいろ考えても仕方ないです

とにかくあとひとふんばりです

最後にナスがなくなった圃場の様子でも

290.jpg

最後のナスの雄姿でも載せたかったのですが片付け作業にいそしんでいたため省略

太陽熱消毒へ向けてかなり水を散水しました
太陽熱消毒にも大量の水が必要ですので

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

フザリウム立枯病

先日ですけど、振興センターへお邪魔させてもらいました

ちょっと調べてもらいたいことがありまして

どうも今作、枯れる株がいつもより多かったです
特に春先になってから

ちょっと気になったので株を切って持っていきました


事務所にうかがうと実験室という所へ案内されまして

へえー、こんな部屋があったのかという感じです
かなり大きい顕微鏡が置いてありました

かなりいい顕微鏡じゃないでしょうか
すごいなあと思いましたね


他には

何かほかにも置いていましたけど、思い出せないですね
最近物忘れが多くなったような

物忘れ防止のためにもブログは書いていかなきゃいけないのかもしれません

とにかく実験室で調べてもらいました



その結果が本日のタイトル

フザリウム立枯病

おそらくこれだろうと
フザリウムと非常に似た菌が見えるとのこと


ここ最近の新しい病気です

これは、ここ数年前ぐらいから勉強会などで、ちょこちょこ耳にするようになった病気
最初は安芸の中心部の方でそういう症状が出たそうです

そんな病気もあるのかと思って、まるで人ごとのように聞いていたんですけど

今年になってちょっと気になる話を聞きまして
その病気がだんだん広がっていると。赤野(私が就農している地区)でもこの病気が出だしたと

もしかしてと思ったらその通りだったという感じ



株を枯らしてしまうので怖い病気らしいです

その菌自体は昔から存在している菌だそうです
菌自体はそんなに強い菌ではなく太陽熱消毒をすれば菌は死ぬとのこと


普及員さんが言うには

農薬も安全思考の高まりから以前の農薬に比べるとソフトになってきている
言ってみれば効き目もソフトになってきてるということ

以前は効き目が強くて自然と抑えれていたものが、だんだん抑えきれなくなってきたのではないかと



そう言えば、以前は黒枯れなんか問題になるような病気じゃなかったという話を何回か聞いたことがあります

以前は定期的にきっちり消毒していたと
天敵を使うようになって消毒をあまりしなくなった

問題になりだしたのはその辺りからという話も



私は関係機関が薦める防除暦を参考にしてきっちりやっているんだけど、最後は抑えられなかったね

もしかしたら今の農薬は効きにくくなっているのかなあ
昔からある農薬の方が安いのにね(相対的に)

もしそうだとするなら農業も難しくなってきているのかもしれません


厄介な敵が増えたかもしれないですね

しっかりと太陽熱消毒をしたいと思います

最後にフザリウムの特徴が出た写真でも

289.jpg

赤く見えるやつがおそらくそう

まだ赤みは小さいのではないかと思うんですけど
でも赤くなるのは末期症状だそうです

本当はそうなる前にさっさと圃場外へ出さないといけないそうです

出すのが遅れてしまいました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

作の終了まであとわずか

今作で3作目になるナス栽培も終了までのカウントダウンに入りました

作の終了まであとわずかです


今作はだいぶ病気を抑えて終われるかもと思っていたんですが、結局は最後には病気もつれになってしまいました

こうなってしまっては収量は望めないですね
もちろん程度にもよるんでしょうが、今の現状は厳しいと言わざるえないと思います

残念ながら去年の6月に比べると収量はガタ落ちです


前作も病気にはさんざん苦しめられたのですが、ナスの葉は新旧交代でどんどんいれ変わってきます
そういうふうになるような管理も行っていることもあって

一時、ひどく見えるような状態でも新しい葉にすべて置き換われると、きれいな健全な状態に戻ることがあります

これは実際に経験したから言えることなんですけども
覚えてる限りでは2回経験しました



前作はは5月後半ぐらいからそうなりました。6月後半にはまた病気が目立ちはじめていたような気がおぼろげな記憶ではあります
でも、1ヶ月近くは健全な状態を保ったんじゃないかな

それもあって去年の6月の収量だけはすごかったです
ただ秀品率はかなり悪かったのが問題なんですが

量だけでいえばかなり取ったかなという感じ


そういえば、去年の4月か5月ぐらいだったと思うんですけど、普及員さんが巡回に来られた時

ウーンとうなっていました

ウーンという言葉しか出てこなかったような気が
よく思い出してみると、厳しいですねという言葉もあったような

普及員さんの目にはひどい状態に見えたのかなあ

でも、そんな状態でも5月後半くらいから健全な状態になっていたような気がするんですけどね



これが2回経験したうちの一つ。ついでにもう1回のことも言っておくとそれはナス栽培初年度

あれは12月ぐらいだったかなあ。普及員さんがうちとこのナスを見てこうおっしゃっいました

これは来作の教訓に と

イメージとしては

ご臨終です
ハイ、チーンという感じですかね

今でもはっきりと覚えています
忘れようと思っても忘れられないですけどね

それと私とこの圃場を見て病害虫のデパートとおっしゃる方もおられたみたいです


自分ではいい状態とは思っていなかったんですが、そこまでひどいもんとは思わなかったんですけどね
見る人が見るとひどかったのかもしれません

でも、そんな状態でも2月の後半ぐらいからかな

葉っぱが入れ替わってきれいになってきていました
3月はいい状態でしたよ

その3月の収量は集荷場で出している月別目標トン数に唯一達した月でした
でも3月後半ぐらいから雪崩をうつように崩れていっていまったんですけど



このことから言えるのは、程度にもよりますけどやっぱり病気にやられているようじゃダメですね
これだけじゃないんでしょうけども

去年の感じからして今作も6月はそこそこ取れるんじゃないかと思っていたんですけども甘かったです

今作は今までの中で一番うまく病気を抑えていたんですけども
最後に病気もつれにしてしまった


終わりよければすべてよしという感じで、前作は最後は量が取れたんで、ある程度の満足感もあって終わったんですが、今作は最後が悪かったです

後味が悪いです
不満も残ります

いい感じで来ていただけにね


ということでいよいよ今作ももう終わりです

課題は残ったまま

次は4度目の正直

そう言えるようにしっかりやりたいですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

試行錯誤

ちょっと更新が空いてしまいました


本日より6月に入り、いよいよ今作のナス栽培も大詰めを迎えたといった感じです
もうひとふんばりといったところでしょうか

5月後半からナスの取れる量も増えてきています

ナスの値段も例年に比べると良かったみたいで
最近は値段も下がり傾向にあるようですが

全体的にナスが取れだしたということでしょう



ところで、相変わらず黒枯れさんとはお付き合いをしています

最も恐れていた事態(実までやられる)までは発展していないので、まあ良しとしとこうかという感じです
といっても少しは実もやられているんですけど、この程度ならまだかわいいもんという感じ

まあまあいい感じで抑えているかなとは思っているんですけど

本当は完全に縁を切りたいんですが、最後までお付き合いする覚悟はできていました
完全に抑えてるかと言えばそうではないのが実情なんですが


とにかく難しいですね

この黒枯れは



だいぶ以前の話なんですけど、肥料屋さんから黒枯れには黒枯れ3点セットというものがあるんですとお聞きしまして
一体何やろと思って帰ってからインターネットで調べたことがあるんです

便利な時代ですね
ネットで調べたらちゃんと出てくるんです

なるほどそういうことなんかと思って自分もやってみたんですけど、もうひとつ抑えきれなかったかな


誰が言い出しのか知らないですけど、いいかげんなこと言ったらあかんでと思った時もあったんですけど

でもよく考えると、きっちりできていない部分があった
それなのにそんなこと言うのは筋ちがいじゃないかという気がしています

今ではそれに自分オリジナルなものを新たにプラスしようかなと検討しているんですが



とりあえず実験台がこれ

287.jpg

これはホームセンターで購入したナスの苗
なんで今頃ナスの苗を育てているのかと聞かれたこともあるんですけども

別にこの苗からもナスを取ってやろうとは思っていません
それは邪道というもの



はっきり言って二つとも育ちが悪いですね

根痛みしているのかもしれません
根を見ると色が少しおかしいような気が

日当たりのいいところに置くとしおれてくるんです
水を吸う力があまりないのかもしれません

苗が悪かったのかなと思ってもう二つ購入したんですけど



それがこれ

288.jpg

大きい方が後で追加購入したもの
後で買った方が成長がよく大きくなりました

当初、自分のやり方がまずかったのかなとも思ったんですが、そうでもないような感じ



実際の圃場のナスにやるのはちょっと勇気がいるなと思うようなことをやっているんですけど
実際には実圃場のナスにも見切り発車で少しやってしまっています

黒枯れは待ってくれないからね

実圃場のナスはその成果があったかどうかは知りませんが収量はいい感じになってきています
悪くないですよ。黒枯れが来ていないところは



病気対策というものはいろいろあると思うんですけど、今やっているねらいは病気にも負けないような強靭な植物体にすること

後から購入した苗はいい感じになっているかも
でも外にだしていたら、なぜか今ではアブラムシ君がいっぱいたかっています

消毒しようと思っていたんですけど、ほったらかしになっているのが現状

ナスの自然治癒力に賭けてみようかなとも思っています
軟弱に育てた覚えはないこともあって

その代わりやられたら必ずやそのかたきは取ってやるつもり


とりあえずは、試行錯誤がもうちょっと必要かもしれません

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

4月に入りました

4月に入りました

いよいよ量産体制の時期に入りました
今のところ炭酸ガスの効果もあるとは思うんですが、いい感じできていますね

この調子でいけばいい結果になるような気がするんですけど



気がかりなのが黒枯れ
ちょっと勢いを増してきているような

これがやばいところ
やっかいなもんです

今のところ病害虫で問題になっているのはこれだけ
もうそろそろこれとはおさらばしたいんですけどもね

長いことお付き合いさせていただきました

しつこいので有名なんですけど、もうそろそろ何とかしたいんです
お別れできるように全力を尽くしたいとは思っています



ところで、4月といえば世間では入学、入社など新しいシーズンの始まりの月でもありますね

ナスの施設栽培では新しいシーズンというわけではないですけど、ナスをちぎるのに忙しいねというシーズンの始まりです
その通りいくかどうかは別ですけど

また4月といえば移動もよくあるシーズンです

振興センターでも知っている人が何人か移動になりました
私が安芸に来た頃のことを思うと顔ぶれもだいぶ変わることになります

今思えば市役所の農林課もこちらに来た時のことを思うと顔ぶれががらりと変わっています
それだけ時が経っているということなのかもしれません



振興センターで知っている方が先日、わざわざ移動の挨拶にハウスを訪れてくれました

いろいろと残務整理などで忙しいと思うんですが、私みたいな農家に挨拶に訪れてくれるというのは本当にありがたいことだと思います

こちらは何もお世話してないです
むしろこっちがお世話になりました

面談とかで何度かお話もしてますし、経営分析などで各経費の項目が平均と比べてどうなのかといった資料も作ってもらって、それに対しての説明などもしてもらいました


さすがにこっちはまったくお世話していないんで、普通なら聞くであろうセリフ

お世話になりました

というセリフはありませんでしたけど


もちろんお世話してもないのにそんなセリフ聞こうとは思っていません
わざわざ足を運んでいただいた

それだけで頭が下がる思いです



そう言えば去年の今頃も私の地域担当だった普及員さんが移動しました

この方も挨拶に来てくれたんですけども

いろいろとお世話になったんで

いろいろとお世話になりましたと言ったんですけども、向こうもお世話になりましたと言ってたね


最近物忘れが激しくなったせいか、何をお世話したのか思い出せないんですよ
お世話になったのは覚えているんですけども

何をお世話したったかなあ?忘れちゃった と聞いてみたい気がするね

自分の中では心当たりがないんですけど、でも何かお世話したかもという気もあるんで



まあ、とにかく高知に来てからいろいろな方にお世話になったと思います

それに対して私ができることは

やっぱり前向きに体にも気をつけながらがんばっていくことかなあ

それぐらいしかできないですね

それぐらいしかできないんですけど、それを忘れちゃいけないかなとは思っています
とにかく前向きにがんばっていく と


ということで炭酸ガスの話もしたかったんですけども別にいいじゃないですか
黒枯れの話もしたいような気もあるんですけど、黒枯れさんこそ早く移動したらと思います

個人的にお勧めなのは農業技術センターさんあたりがいいんじゃないかと思いますが

とにかく4月に入りました
気持ちを新たにがんばっていきたいですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

新年になったといっても特に変わったことはありませんが
お正月もハウスの中で作業をしていました


安芸で過ごす正月は今回で3回目
安芸に来て初年度の研修の時は年末大阪に帰省しましたけど、それも入れると安芸に来てもう4回も年を越しています

早いものです


大晦日は除夜の鐘を聞いて寝ることもあったんですけど、安芸に来てからは毎回除夜の鐘を聞くこともなく眠りに落ちていました

大晦日といえば個人的には紅白が楽しみなんですけど、ここ3回連続はビデオに録画して大晦日ではなく1日遅れたお正月に見ています
紅白は大晦日に見るものでなく正月に見るものという感じですかね

生で見ていると早送りのボタンを押せないのがちょっと個人的には不満で

ここは早送りと思う時もあるでしょ?
生で見ているとこれができないんですけど、お正月に見るとそれができるんです


ということで、元旦はリモコンを持ちながらゆっくり紅白を堪能するというのが安芸に来てからのお正月の過ごし方になっています

もちろんハウスから帰ってきてからですけど


新年早々からあまり農業のことを書く気はしないですね
そこで本日は2014年の紅白を私の独断と偏見で論評しようかなと思います


非常に良かったんじゃないですか

見どころは多かったと思います
なにせ天童よしみの歌を早送りのボタンを押さずに聞いてしまったぐらいですから

こんなことは普通じゃありえないことです


そんな中でひときわ際立っていたのを3点あげるとしたら

いきものがかり
椎名林檎
中島みゆき


まず、いきものがかり

これは言うまでもないでしょう
これを見ないと紅白を見たという気がしないですから
毎年毎年すばらしいですね

この毎年毎年というところがやっぱりすごいところじゃないでしょうか


それから椎名林檎

この歌手はあまりテレビで見ることがなく、何か神秘性といいうベールに包まれたイメージがあるんですけど
実際に見てみると、やっぱり神秘的なオーラをかもしだしていますね

見ごたえありました

これこそ本物のシンガーやと思わせるところがありました
でも、本物の中の本物とまではまだ残念ながらちょっと足りないかもしれない

そこまで厳しく見ると少しかわいそうかもしれませんが


最後に中島みゆき

これこそ本物の中の本物のシンガーやと思いました

歌もさることながら、その歌唱力、表現力、神秘性、オーラ、どれをとっても超のつく一流


この人も椎名林檎と同じでほとんどテレビとかで見ることがないんですけど、おそらく初めて歌っている姿を見た時はだいぶ昔になりますが、NHKのプロジェクトXの主題歌 地上の星で紅白に初出場した時でしたね

その時の印象は今でも残像として残っています

黒四ダムでの極寒の中、寒いはずなのに寒くなさそうにして歌っていた姿
最後の方で歌詞を間違えたんですけど、それがかえってほんまに生で歌っているというのが伝わってきました

この人もしかしたらわざと間違えたんじゃないかとも思ったぐらいです
うならせるものがありました


今回の紅白も前回に劣らず圧巻でした

最後にマッサン夫妻に握手しに行ってましたけど、その時の姿は

気さくな感じのいい普通のおばさんという感じ

ちなみにこの方は、もしかしたらもうおばあさんかもという年齢じゃないかという気もしていますが、まあそんなことはどうでもいいんですけど、それを払拭させるような美貌も持ち合わせていますね

超一流でありながら、最後は普通の人間で終わる

ここがやっぱり本物の中の本物のあかしじゃないですか


これに比べると椎名林檎は最後まで神秘的な気配をただよわせて終わりました
能ある鷹はつめを隠すじゃないですけど、本物であっても一見すると普通に見える

ここが本物と本物の中の本物の差じゃないかと思うんですが

これぞ本物の中の本物とうならせるものがありました
あれを見逃してしまった人がいたらそれはもったいないことをしたんじゃないでしょうか

感動しました
あまり感動する人間じゃないんですけど、それでも感動しちゃいました

これがあるから紅白はおもしろいのかもしれません


ということで紅白はよかったです

本業の方でも今年一年、何か感動できるようなことがあればいいなと思うんですが
そのためにはしっかりがんばらなきゃいけないですね

まあ、しっかりがんばりたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

お見事です

本年も徐々に終りに近づいています

ナス栽培はまだまだ続きますが


ところで本日は先日見学させてもらったナス農家さんの話を少し

そちらの農家さんは集荷場でも反あたりの出荷量はトップクラスだそうです

何か集会などで集まった時にどれぐらい取ってるかとかの話になった時、周りの人はそんなに取っているのかとびっくりしたこともあったそうです


時々、肥料を購入している肥料屋さんからその農家さん見に行きますかと言うので

ほんなら見に行く

ということでその肥料屋さんと一緒に見学に行かせてもらいました



見学させてもらっての感想はそれはやっぱりお見事としか言いようがないですね

まず実の付き方が違います
下の方にたくさん実がついていました

中断くらいには花も構えており、下の実が取り終わる頃には中断の花が実になって順に実を取っていくことができると思います
これなら途切れることなくナスを取り続けることができるだろうなあという感じ

まさに絵に描いたような理想的な展開ですね


普通なかなかこうはならないです

上の方ばかり実がなって下の方はあまりないというパターンはよくあります
これは光線の問題で上の方は光線がよく当たるんですが、下の方はあまり当たらないためにそうなってしまうんですけど

量をのせるには、やっぱり上ばかりでなく下からもきっちり取らないといけないでしょうね


それと病気の気配なし

今は病気のシーズン真っ只中です

葉には黒い斑点が見え、裏をのぞけばカビが見える。黄色っぽくて落葉しかけの汚い葉がたくさん
個人的にはそんな圃場を見るとなぜか親近感を覚えてしまうんですけどね

やっぱりそれが冬季のナスの施設栽培の風物詩じゃないかと

それがないです

お見事です



それと他の圃場とここは違うんじゃないかという点

葉の枚数がほかの圃場と比べると少ないですね

植物の葉というのは非常に大切な役割をしています
葉というのは植物にとってなくてはならないもんなんです

大切な働きをいろいろしているんですけど、特に特筆すべき働きは光合成だと思うんですが

その大切な葉が少なくて大丈夫なのかという気もしました
そこの管理の仕方は関係機関が指導する栽培管理とは少し異なるところだと思います

どちらが正しいとか間違っているとか言う気はないです
関係機関の指導通りですばらしい収量をあげている農家さんもたくさんいるし、今回のようなケースでもすばらしい成果を上げている

大切なのはいろいろなやり方がある中で、自分に合ったやり方を見極めていくことなのだと思います

そこの農家さんも

対照区なんかを設けて、いろいろやってみることや 
そういう中で自分にとって一番いいやり方を見つけていったらいい
自分もそうしてきた

とおっしゃっていました


話は戻って、葉の枚数は通常より少ないのですが、その代わり少数精鋭で勝負しているのだと思います

新葉と古葉では仕事量も変わってくるそうです
もちろん若い葉の方がよく仕事をします

そういう若い葉の精鋭部隊に仕事をしてもらうには、老齢になった葉はお役御免ということで取り除いて若い葉に光を当たるようにすることです

そこの圃場はそうなっていました
古っぽい葉は全部きれいに取っていましたから

これの利点はほかにも通気性が良くなる
消毒なんかの薬剤もきっちりかかる
それから見易くなるので作業性もアップすると思います。特に収穫なんかが

どんなやり方でも多かれ少なかれ一長一短あると思うんですが、そちらの農家さんはそういうやり方です


ほかにもいろいろと思うことはあるんですけど、最後に一番強く感じたこととして

やっぱり手の入り方が違いますね

普通、たくさんの量を取ったら収穫にかかる時間にけっこう取られます
こちらの農家さんはほかの農家さんがびっくりするほど収量をあげています

そうなるとどうしても管理がおろそかになってきてしまうと思うんですが、それがないです
ここまで管理しきれているというのはまさにお見事

そんなガツガツやってるわけじゃないで

とおっしゃっていましたが、それだけ腕が立つということですかね

私にはそこまでの腕は・・・

残念ながらないです


とにかくお見事です
すばらしいナスでした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

今のところは

本日も炭酸ガス施用についてといきたいんですが、少しだけ飽きてきました
ということで本日も炭酸ガス施用の話はひと休み

ところで、いよいよ本年もあとわずかになってきましたね
寒くなって収量も厳しい状態が続いています

前年比に比べても収量は明らかに落ち込んでいます
毎日記録をとっているわけではないですが、ダウンは明らかです

前作は年内までは出来すぎのところはあったかもしれない
普及員さんにも年内の収量は上等ですと言われたぐらいでしたから


天候の違いなどもあって単純には比較できないと思うんですが

でも、そういう天候の違いがある中でも毎年高収量を上げている農家さんもいてます

1年だけならそういうこともあるかとは思うんですけど、毎年というのはすごいなあとしみじみ思うこのごろです

なかなかできないことだと思います。毎年というのはね


前年比ダウンの原因はいろいろあると思うんですけども

ヘタクソなこともやってしまっています
現にヘタクソと言われてしまったこともあります。言い返せなかったね。本当のことだから

もうちょっとすばやく対応していればと思うこともありますね
そこがまだまだ長年やっている人との差なのかもしれません



とにかく、前年と比べると収量は落ちています

でも前年に比べて悪いとこばかりではない
ここは昨年よりすぐれているのではと思うところも

今のところは病気が今までの作の中では一番マシですね

残念なことに黒枯れはちょこちょこ見えているんだけど、今のところ広がりは見せていないです
何度も言いますけど、今のところはなんですけど


それと、すすかび

これもやっかいな病気です
だけどこの病気はまだ今作は一度も見ておりません

もちろん見落としている可能性もあるんですけど目にしないというのは今までのことを思うとすばらしいことです

これもあくまで今のところはなんですけど


このままの状態でいくと、たとえ今のところは前年比割れでも盛り返す可能性は十分にあると思っています
このままの状態でいけばいいんですけども


今のところは

もしかしたら大丈夫かもしれないし、もしかしたらやばいかもしれません
どうなるかは自分次第なのかもしれないですね

まあ、しっかりやっていきたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR