安芸キャンドルナイト2015

今年はぬくいです

そのおかげが去年の今頃よりはナスが取れています
炭酸ガス施用のおかげなのか、気温なのか、去年の今頃が悪すぎたのか

はっきりした理由は分かりませんが、いいことです
でも欲をいえばもっと取りたいですね

今は病気が気になるところ
残念ながらその気配を感じています

ここをどう乗り越えれるか、これが非常に重要なところです



ところで、先日安芸キャンドルナイトに行ってきました

ここ安芸では12月の恒例の行事です
歴史はまだ浅いらしいんですが

若者が多いです
ここだけを見るとまるで若者の町ですね(実際は高齢化が進んでいるようです)



毎年、ボランティアさんも随時募集しているようです

午前中に手伝いにいこうかなあとも思ったんですけど、ハウスでいろいろやってるうちにすぐにお昼に
午後からは所用があって結局行ったのは日が暗くなってからのこと


もちろんイベントは既にスタートしていました
出店で買った食べ物を食べながらステージの音楽を聞いていました

だしまきが格別においしかったです
お腹もいっぱいになって、少しうとうととなりかけたので途中で帰途につきました


本当は終わった後の片付けを手伝う予定だったんですけど

途中、偶然道端で会った知り合いの人にそのことを言うと安芸市民の鏡やねと言われました
もしかしたら安芸市民の鏡になり損ねたかもしれません



この安芸キャンドルナイトは地元愛を感じることができるところが好きで、ここ何年かは連続して様子をうかがいに会場へと足を運んでいます

実行委員会の方々もボランティアだと思うんですが、中には私と同じナス農家の方もいます
損得だけを考えたら、こういったことには携わらない方が得だと思うんですけどね

そこには何かがあるんでしょうね



私は歌を聞きながら改めてこう思いました

すばらしい農業をここでやっていきたい
それが私なりの貢献やと

まあ、誰のためのことでもない自分のことなんで、がんがるのは当たり前といえば当たり前のことなのかもしれないんですけど
でもその当たり前のことをしっかりやっていきたいと



ここ安芸を含め高知県東部はナスの日本有数の大産地です

ちなみに安芸は最近まではナス出荷量日本一だったようですが、今は日本2位みたいです

以前の市役所の封筒には安芸のイメージキャラクターの岩崎弥太郎が安芸はナス生産量日本一じゃと言ってました
それが安芸はナス生産量日本2位じゃと変わっていました

あれ、いつの間に変わったんやと思ったのを覚えています
最近その封筒を見かけることはなくなったんですけど

とはいえ、日本有数のナスの大産地であることには間違いありません

その一員として自覚と誇りを持ってやっていきたいですね



そんなこんなで次回の安芸キャンドルナイト

実行委員会のメンバーさんの苦労からすれば、私がお役に立つといってもささやかなことだとは思うんですけど
ささやかながらでも次回はなんとかお役に立ちたいですね

最後に安芸キャンドルナイト 2015年版の様子でも

103.jpg
ここは安芸駅前

104.jpg

105.jpg

106.jpg

107.jpg

108.jpg

109.jpg

110.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

安芸キャンドルナイト 2014年版

今日も炭酸ガスについてといきたいとこなんですけど、ちょっとひと休み

本日は安芸キャンドルナイトについて
この安芸キャンドルナイトについては去年の今ごろもこのブログに書いたんですが本年もこのイベントがやってきました

安芸キャンドルナイト2014年版ですね


キャンドルの様子を
268.jpg
ここはJRの安芸駅前

269.jpg

270.jpg

271.jpg

272.jpg

273.jpg

キャンドルのほかには出店
それと簡易ステージが設けられています


去年はこのキャンドルを見ながらたたずんでいると、何か不思議な感覚に包まれたのを覚えている
県外出身の人間なんですけど、安芸にいてるんかというのを感じましたね

何を当たり前のことを言ってるんやと言われそうですけども


でも今年は去年とは違ってわりかし冷静だったかもしれない

キャンドルを見ながら、普通の人ならきれいだなあと思って見るのかなあ
私の場合はこれを設置するのにどれぐらいの時間がかかったのかなあと思いながら眺めていました


主催者は安芸市民有志とボランティア

みんなそれぞれ仕事を持っているんじゃないでしょうか
その中には私と同じナス農家さんもいてると思います

これは以外と手間がかかるんじゃないか
どれぐらいの手間がかかるのか自分なりにシュミレーションしながらキャンドルを眺めていました


なんで安芸市民有志とボランティアさんはこんなことをするのか

それはやっぱり地元愛だと思うんですけど
安芸を愛する地元愛が

去年、安芸キャンドルナイトを見てそう思ったんですけども


ここ高知県ではよさこい祭りという大きな祭りがあります。(私はまだ見たことはないんですけど)
私の出身地、堺でも堺祭りという大きな祭りがありました

そんな祭りと比べるとほんとかわいいというかささやかな祭りです
でもそんな祭りであるからこそ気づいたのかもしれない

地元愛なんだなということが


今年も途中からこの安芸キャンドルナイトをのぞいたんですが、去年よりは早かったです

その甲斐もあって今年はベリーダンスというものを見ることができました
このベリーダンスとはアラブ方面だったかなあ?のダンスみたいで始めて見ました

司会者さんがおっしゃるには毎年このダンスが始まると司会者さんの後ろに男性スタッフさんが多く集まるそうです
今年はあれっ、いてないと言ってたので終わるとすぐにいなくなったのかなあ

そこまではちょっとチェックしてなかったのでよく分からなかったですけど

見ごたえありました
でも寒そうでしたね

あれは寒いでと思いましたが


ほかにもバンドグループ

バンドグループのメンバーを見ていると、なんか見たことある顔やなあという人が
まもなく分かりました、あっ、あの人か と

どうやらバンドを組んでいるみたいですね
私の目には、仕事をしている時より楽しそうにしているように映ったんですがどうなのでしょうか


去年は終わった後、後片付けに土嚢をひとつだけ運んだんですけど、今年はキャンドルの後片付けを運営委員や他のボランティアの方と一緒にやって終わりました

いいんじゃないですか
こういうお祭りも

いい企画だと思いますね

安芸キャンドルナイトは

ということで安芸キャンドルナイト2014年版でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

安芸キャンドルナイト 続き

安芸の駅前もすっかりいつも通りの光景(実際には見ていないけど、そうだと思う)

ここで幻想的な光景が繰り広げられていたとは
そのひとときに出くわしました

ということで、その時のことについて触れようと思います



私が訪れたのは、もう終盤だったけど

何をしてるんやとあたりを歩きました
5分ほどぶらぶらしたかなあ

どうやらお祭りみたいですね
安芸キャンドルナイトという


規模、人の数、出店の数、私の祭りのイメージからしたらかわいらしい祭り

でも若い人が思ったより多かったね
安芸にこんなにも若い人がいたんかと思いました

ようこんなけの若者が集まったなあと
少子高齢化のイメージがあるんですけど

今日ばかりは、ここは安芸の渋谷やねという感じ



ステージも開設されていました

私が来る前は、そこでダンスが披露されていたみたい
ベリーダンスというものが

見てみたかったね

その前にも何組かステージに出場したそうです


おそらく安芸市出身の人ばっかり
これは安芸の芸術際だね


出店も見て回りました

どうやら市内のショップ店が出店を出しているみたい

ぜんぜん知らない店ばかり
こんな店もあったのかと新しい発見がいっぱい

どこに店があるかは分からないんですが


祭りといえば、ちょっと常識を疑ってしまう出店もよく見るのですが、そんないげつない出店はまったくなし

地元感あふれた、アットホームな感じ
やっぱり出店というものは、こうでないといけないと思うね

なすっこという食べ物もありました
ここでしか食べれない幻の食べ物と言えるんじゃないですか



楽団の演奏後、主催者の挨拶で終了となりましたが、終了後、みんなで後片付けと清掃をしていました
これが安芸市民なのかと

私も安芸市民の一員として、土嚢をひとつ運びました
実行委員会の一人で知っている人に、その土嚢向こうへ持っていってくれと言われたので

ほかは何をしていいのか分からなかったので、やったことは土嚢ひとつだけでしたけど
いちよう自分では、これで私も本当の安芸市民になったのではないかと満足しています


ちなみに主催者は?

安芸市民の有志、ボランティア
その中には農家の人もいてます



この安芸キャンドルナイトを私なりに総括してみると

心ふるわすものがありました


きれいなキャンドルに?
いや、そうじゃないと思う。きれいだったけど、3分くらいしたら飽きちゃったもん

演奏していた楽団か?
これは良かったです。地元愛を感じました


そう、そこには地元愛がありました
ここ安芸を愛する地元愛が

会場全体にそれを感じたね

祭りの原点はここにあり と


たとえ

カメラの使い方を忘れても
国語力が拙くても

安芸キャンドルナイトを書くことは忘れんぞ
これは必ず書いてやる

と思いました


地方の田舎のひとコマ
でもそこにはドラマもあるんじゃないでしょうか

私はそう思いますね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

国語が苦手

たまには農業関係とは違うことも書こうかなと思う
ということで、本日は農業以外のことを書こうと思います


ところで私はブログを書いていますが、実は国語力が全然ない人間です
このブログはそんな人間が書いてるブログですね

学校の勉強はできるか、できないかで言えば間違いなくできる人間だったと思っています。
でも国語が一番の苦手な教科でした

いつも国語で足を引っ張っていましたね
漢字、古文のようにある一定の法則と詰め込んだ知識があれば解けるようなものはそこそこできたんですけど


問題は小説などで

この時、この人はどういう気持ちだったのかという選択肢とかで

そら、こう思うわな。
これに間違いないと思って自信を持って答えた解答

そういう解答はことごとく間違えていましたね


正答を見ても理解できなかった

この問題作った人、ちょっとおかしいんちゃうかと何度も思いました

でも頭のいい人はきっちり正答を選んでいる
頭のいい人間の考え方を選ぶ必要があるのかと思ったのだけど、それは最後の最後までできなかったね


今なら過去の自分にいいアドバイスできると思う

あんたが正解と思う答えは選びなさんな
それ以外に必ず正解はあるから と

でも当時の私はそれには気づかなかったですね
それに気づいていれば、国語の成績も変わっていたかもしれないです


そんな国語の苦手な人間が書いてるブログでも見てくれる人がいるんですから不思議なもんです

まあ、ありがたいもんです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

お祭り

本日は張り切って本日2話目を書きたいと思います

また農業とは関係ない話ですけど


とっぴょうしもない話題ですが、お祭りのことを書きたいなと思いました

私はお祭りというものは好きではないですね
そういうところはちょっと変わっているかもしれないなと自分でも思ったりもするんですが


祭りといえば、子供の頃はイベントよりも出店の方によく目をとられました
今でもそういう傾向はあるんですが

出店に目をよくとられるんですが、実は出店も好きではないですね

値段が高いんじゃないかと思う
クジビキしてるような出店は特に好きではないです



子供の頃の思い出なんですけど、目によくつくところは、いいものばかりそろえているけど、くじを引いてみると、しょうもないもんばかり当たった記憶があるね

そんなこともあって、子供ながらくじを引いても、当たるのはしょうもないもんしかないと悟ったものだ


ある祭りの時、友達とある出店の前を歩いていました
それは確か、おもちゃの出店だったと思うんだけど

その出店を見て、確かこんなことを言った記憶があります

あれ目につくとこには、いいもんばっかり置いてるけど、当たるのはしょうもないもんばっかりやで


それを出店のおっさんに聞かれたみたいで、こんなこと言われました

どれが一番よう当たるか見せてあげようか
その代わり、見せたらやってくれる?

もちろん、いいですとお断りしました
どうやら、いちばんよく当たるものは目につかないところに隠しているようですね



今なら、やりますんでぜひ見せてくださいと言います

その代わり、カメラで写真ぐらいは撮らせてもらおうと思います
それをブログに載せたいですね

当たらんもんは目につくところに置いて、このいちばん当たるものは目のつかんとこに隠してまんねんで
子供相手にこんな詐欺みたいなことやってまんねんで

これどう思います?

とブログで晒しもんにしてやろうと思うんだけど


まあ、そんなこともあって祭りはあんまり好きではないです
でも、中にはいい祭りもあるんじゃないかとも思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

安芸キャンドルナイト

本日はさらに張り切って3話目にいきたいと思います

昨日は安芸駅前できれいな明かりとそこからにぎやかな音が聞こえてきたので、何やってんやろと思って見に行きました

そこは安芸キャンドルナイト
ささやかなお祭りといった感じです


きれいなキャンドルで駅前を飾っていました

これは写真でもとろうかなと思ったのですが、最近カメラを使っていなかったのでカメラの使い方を忘れてしまいましたね

どうも機械の扱いは苦手です
説明書をもう1回じっくり読みたいと思っています


この安芸キャンドルナイト実行委員会というものがあるようでして、その実行委員会のブログがあるようです
そこで写真はそのブログに載るんじゃないでしょうか

安芸キャンドルナイト実行委員会

これをクリックすればそのブログに行くように設定しました



しばらく見学していました

演奏会みたいなものも開かれており、聞いたこともない楽団でしたが安芸市出身の楽団だそうです
音楽を聞きながら、キャンドルを眺めていました

いつも見慣れた風景なのですが、この時ばかりはいつもと違う雰囲気を感じました


普段はあまりそんなことを感じないんですが安芸におるんやなと
安芸にいることなど、数年前なら想像すらできなかった

親戚の人にも、あんたは家を出ることはないと思ってたと言ってたね
そんな自分が今、ここ安芸にいてる

自分でも何か不思議な感覚に包まれながら演奏を聞いていました


そんなこんなで、物思いにふけりながら終了までいてました

中には知っている人の顔もちらほら
意外と安芸は世間が狭いのかもしれない

知っている人の中で、キャンドルナイト実行委員の副委員長にお会いしました
去年は実行委員長だったそうですが、今年は副だそうです

その副の人の所へ今年は定植のお手伝いに行きました
私のところへも来てもらったんですけど



これはブログで持ち上げとこうかと一瞬思ったりもしたんですが、私はそういうことはしません

はっきり言って、規模、人、出店の数、どれをとっても私の知っている祭りとでは比べものにならないです


しかしですね、しかし、しかし、しかし・・・


しかしって何やねん?と言われたら

何もないわと言う人もいるかもしれませんが、私はそんなことは言いません
何かがあるから、しかしって言うんです

それは何や?と言われたら

それはまた今度、お答えしますと言いますけど


本日はそろそろ疲れてきました
しかし、何や?
それは必ず次回に書きましょう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

JA土佐あき堆肥センター

次作のことも考えないといけないですね。

堆肥でも入れようかなあと思っている。
もちろん使用するなら地元のJA土佐あき堆肥センターの堆肥


堆肥とは土作りを主な目的として使用されます。
でも堆肥といってもいろんな種類の堆肥があります。

どんな堆肥を使うかは人それぞれの好みではないでしょうか。


私は自称、JA土佐あきファン。
使うとしたらやっぱりここの堆肥

どんな堆肥を使うか迷うことはまったくありません。


その堆肥がこれです

472.jpg

この袋で買うと割高になります
割安にしてもらうにはトン単位でオーダーする必要があります。

堆肥センターの風景も

473.jpg

474.jpg

トン単位で注文するとこのトラックで運ばれてきます。

475.jpg

476.jpg

上に見えるのが堆肥です。
いろいろな堆肥がある中で、この堆肥はバーク堆肥と呼ばれる堆肥です。


同じバーク堆肥であっても、製造者によって品質にだいぶばらつきがあると聞いたことがあります。

ここの堆肥は?

品質ピカ一でしょう。

JA土佐あきの職員さんが、ここの堆肥を使っていれば間違いないと言ってました。


迷うことはないですね。
使うとしたらやっぱりここの堆肥でしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

焼きナスのアイス

普段の収穫は圃場を二つに分けて交互に毎日収穫している。

前回、ひどい状況のところのナスはハネがほとんどなので、ハネになりそうなものは片っ端から落としていった。

本日はひどいところを中心に収穫したんだけど、そういうこともあって取れた量はわずか。



本日はかなり早めに帰宅

帰りに、以前から一回食べてみようと思っていてそのままだったアイスクリームを食べました。
以前にかなりおいしいと聞いていたので、それは食べなきゃと思っていたのだ。

それが焼きナスアイス
454.jpg

455.jpg

456.jpg

ナスのアイスクリーム
イメージ、それと色からして美味しいとは思えないんだけど・・・


昔、テレビ番組で各地の料理を食べて紹介するような番組があったんだけど、いつも同じことしか言わない人がいた。
おいしいしか言わない。
たまにはまずいのもあるんちゃうか?
この人、まずいという言葉知らんのかなあ?と見るたびに思ったんだけど。


私はまずいという言葉を知っているけど使わないようにしている。

うちの母親に

美味しいか?と聞かれて

正直者だから美味しくないと答えたら、よく怒られた。

世の中、本音を言いたくても言えないことが多くて難しいです。


もし、このアイスクリームがまずかったら、まずいと書くんじゃなくてブログに載せるのをカットしようと思っていました。

このブログに載ったということは・・・

それはうまいですよ。
アイスクリームとナスがこんなに合うとは思わなかったね。

たぶん、こんなアイスクリームは安芸でしか食べれないんじゃない?

ちょっとそれはもったいない気もします。


まあ、それはいいとして、もし安芸に立ち寄る機会があれば、焼きナスアイスを食べてみるのもいいと思います。
きっと新鮮と驚きのおいしさを味わうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

飲み屋街

ちょっとブログの更新間隔が空いてしまいました。
本日からマメに更新しますと言いたいところなんですけど、どうでしょうか。


昨日は近畿で最大震度6弱の強い地震があったみたいですね。
ここ安芸でも揺れを感じました。

阪神大震災の時の地震を経験してから、ちょっと小さな地震でもビクッとするようになってしまいました。

あの時は部屋の大きな本棚が倒れるかと一瞬思って下敷きにならない場所に移動したのを覚えている
終わってみれば、机の小物が少し落ちた程度だったんだけど、味わった恐怖は相当なものでした。

地震は怖いです。


地震の怖さに比べれば、ナスは取れませんと言われようと、スリップス、コナジラミがいてようとたいしたことないような気がします。

地震は怖いのでやめていただきたいもんです。



ところで、昨日は深夜まで飲みに行ってました。
飲みに行ったといっても、私はほとんど飲んでいないんだけど。

帰ったのは深夜2時くらい
3件の店をはしご。

メンバーは私を含め農家3名、農協職員、振興センター職員の5名


安芸にも飲み屋がそこそこ?あるんですね。
全然知らなかった

飲み屋街みたいなところがあって、そこに集中している感じ。

歩いたら5分で回れるかな?
いや5分はいいすぎ。10分くらいかなあ?

この飲み屋街にはカラオケボックスもあるそうだ。
安芸にカラオケなんてないと思っていた。

安芸のことはすべて分かったつもりでいましたけど、まだ全ては分かっていないかもしれない。



飲み屋は以前はもっとたくさんあったそうだが、今ではだいぶ減ってしまったそう。
人口比率で言えば、高知市内より飲み屋があった時代もあったようです。

全盛期はやっぱりバブルの頃。

ここ安芸は阪神のキャンプ地でもあるので、阪神の関係者もよく飲みに来たそうだ。
バース、木戸、真弓といったメンバーもよく飲みに来ていたらしい。

亀山はいつも飲み潰れて、練習しろと周りから言われて怒られていたそう。
新庄は意外と節度を持って飲んでいたそうだ。


それから、高知では酒の席では返杯という習慣があって、注いでもらったら注ぎ返して飲むのが礼儀。
それを飲まないとこちらでは失礼にあたるらしい。

飲めない私にとっては迷惑な話だ。
もっとも、そんなことは今回はなかったけど。

最近はあまり返杯をしなくなってきているそうですが、高知の人なら誰でも知っているそうです。

阪神の選手、関係者はみんな返杯の習慣を覚えて帰ったそうです。

でも、今はあまり阪神関係者も飲みにこなくなっているんだって。
何ででしょうね?



最後のお店は結構、客が入っていました。

でも聞くところによると、土曜日だからとのこと。
平日はガラガラの時もあるらしい。

客層もまばら。
農業関係者は私達だけだったみたい。


ここ安芸の飲み屋で昔からよく言われている言葉が

漁師と農家が儲かれば飲み屋も儲かる


飲み屋がかなり減ったということは漁師も農家もあまり儲けれなくなったのかなあ。
厳しくなっているのは間違いないでしょうね。


たとえ厳しくても今さら後には引けないです。

まあ、がんばるしかないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

安芸総合庁舎

本日は最近、立ち寄った安芸総合庁舎のご紹介

知らないうちに立派な庁舎が出来上がっていた。

それがこれ
539.jpg

これは安芸総合庁舎
ずいぶん立派になったもんだ。

隣は前の建物の解体作業中
ちなみに前の建物がこれ

2.jpg

えらい変わりようだね。


入口がこれ
540.jpg

中もこっそり写真を撮らせてもらった
541.jpg

543.jpg

542.jpg

用向きは、5階の安芸農業振興センター

事務所の中もそれはきれいな事務所。
さすがに事務所は写真を取るのを遠慮した。


544.jpg

この部屋で簿記会計ソフトの初心者向け講習に参加。



そもそも、この講習は臨時に開かれたもの。

青年就農給付金を受給する要件として、作業日誌、帳簿等を提出する必要がある。
これがきっちり出来ているかの確認会みたいなのがあった。

その時に簿記会計ソフト初心者対策として講習を開きましょうということになった。
それに参加させていただいた。

おかげ様でもうばっちりだと思う。



こんなきれいな職場で働ける県の職員さんは幸せだね。
うらやましいかぎり。

でも、仮に代わってあげようかと言われても丁重にお断りするだろう。

私には務まらないね。
これはそれだけの仕事をやる人に対してのご褒美かもしれない。

(詳細は ご苦労様です、農協職員、普及員、お役人様を参照してください)



ところで、こないだ佐川町へ行った時の道すがら高知県庁の前を通った。

南国の方が、これが県庁の建物とは思えないね と言っていた。

だけど、私には全然そう見えなかったね。


さすが日本一の山が占める県だけあって

まるで動かざること山のごとしと言った感じ。
ドーンと構えるその姿

どっしりしたその姿はちょっと感動してしまったね。

さすが高知県庁
これこそ高知県庁やで と。


こんな職場で働ける県の職員さんは幸せだろうなと思わずにはいられなかった。

つくづく恵まれていると思うね。高知県の職員さんは
当の本人達の中にはそれに気づいていない人もいるかもしれないけど、県外から来た私にはよくわかるよ。


でも、県庁で働かせたろうかと言われても丁重にお断りさせていただく。
私にはとてもじゃないが、務まらないから。

写真がとれなかったのが残念だね。
今度の機会に必ずとろうと思う。このかっこよさを。



病害虫と戦いながらもナスを作っていく。
私にはこれが幸せなのかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR