新規就農しました

昨日は苗が届いた。
苗が届いたのが夕方の4時半前ぐらい。

苗を手伝ってもらいながらなんとかすべて昨日で植えることができた。
本日は苗に支柱を立てた。



本日で定植作業は完了
これをもって、新規就農したと言ってもいいでしょう。

遂に新規就農しました。



なんとかここまでたどりつくことができました。

就農までに携わった関係者の皆様のおかげだと思います。
ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。


感慨にふけるかと思ったが
あれもせなあかん、これもせなあかんといろいろやることがあって感慨にふけっている余裕がないというのが実感。

まあ、しかし改めて思うと感慨深いものがある。



今日は先に水をやるべきだったが、先に支柱立てをしていた。
曇り時々雨だったから、余裕あると思っていた。

急に晴れになって、苗がしおれだしたので慌てて潅水した。
ちょっとひやひやしたね。
なんとか元に戻ったけど。


定植した当初は通常潅水パイプで潅水するのではなく、手潅水が定石のようだ。
動噴機で手潅水した。
最初から潅水パイプで潅水している農家さんもあるのだけど。

慌てていたので、途中から潅水パイプでも水やり
予定通りにはすんなりいかなかった。



とにかく無事に定植終了。
新規就農したと言えどもスタートラインに立っただけ。
行く道は平坦な道ではないと思う。

まあ、なんとかがんばりたいと思います。

最後に定植苗の様子
(まだ支柱をセットしてない部分も写っています)
791.jpg

792.jpg

793.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

かっこいいセリフ

本日は雨時々くもり。
今の時期、ハウスで作業するのはこういう天気はいいですね。

そういや、日が落ちるのも早くなったような気がする。
先月は7時でもまだ明るかったけど、今では暗い



定植の準備、すんなり終わるかと思ったけど、そうすんなり終わらない。

潅水パイプに実際に水を流して、すんなり水が出るかチェック。
これがなかなかスムーズにはいかなかった。


ノズルが抜けていたり、パイプに穴があいていたり、ヒビが入っている場合はそこを切ってつなぎ合わせて補修。

差し込みが弱かったりする部分があると、水の圧力に負けて潅水パイプが外れてしまう。
(ちなみに潅水パイプはハウスに残っていたものと、隣の芸西村でやめる人からもらったものを使っている。)

それから定植用の穴堀り。



なかなか思ったようにはスムーズに事が運ばない。
長年やってる農家さんから見れば、チンタラやっているように見えるかもしれない。
いや、そう見えるに違いない。

チンタラチンタラするのは別に嫌いじゃない。むしろ好きな方。
しかし、それでは間に合わなくなってしまうのが問題だ。



そんなことを思っていた頃、夕方に思わぬ訪問者があった。

去年、ししとうでここ安芸で新規就農した人。
この人とは共通点が多い。

同じ年齢
同じ窪川アグリの卒業生
同じく関西出身(彼は奈良出身)
いい年してどちらも独身



だいぶ前になるけど、この人のハウスに夕方立ち寄った時のこと。
もう暗くなったので、帰ろうとしたんだけど、この人は帰ろうとしない。

今からヘッドライトをつけて収穫するとのこと。
まだ収穫できていないところがあるからと。

そんな状態なのに、こんな規模はままごとですよとカッコいいセリフをはいていた。
疲れた顔には見えなかった。むしろいきいきとした顔をしているように見えた。

おそらく農業が好きなんだろう。

今年は雇用も入れて去年の約倍の面積をやるみたい。



ところで、本日もカッコいいセリフをはいて帰って行った。

この潅水パイプ、組み立ては1人では難しいかもしれんと言ったら

1人でもできますよ。去年全部1人でやりましたからとサラリと言う。


さらに、潅水パイプを設置し終えた後、潅水パイプより潅水チューブの方がいいと思って、せっかく設置したものをわざわざ解体して潅水チューブに変えたそうだ。
(パイプとチューブはどちらも1長1短がある)
トラクターも自分でたたいて、畝を作ったとのこと。

宮崎方式でやったとか何か専門用語も出していた。


なんかいかさましたやろと言いたくなったけど、そんなことしてないという顔をしていたので言わなかった。
いつかもっとカッコいいセリフをこの人に聞かせてあげようと思ったりもしたんだけど、今はそれどころじゃないですね。


それと、この方、お相手候補は全然いてないんだけど、そのうち結婚するつもりだそうだ。

相手もいないのに、どうやって結婚するねんと思うんだけど、もしこんな人がいいという人がいたら紹介してあげます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

定植作業

本日は農家さんのところの定植作業

5人での定植作業。
定植作業自体は4時間ほどで終了。(面積は17アール)



だいたい定植は何人かで一斉にやって、パッと済ますというパターンが多い。

定植の時だけ、臨時で人を雇うケース
5、6人のグループを作ってそれぞれの定植をみんなでしたりするケース

まあ、農家さんによっていろいろなケースがあると思う。

去年の新規就農者組は、新規就農者さん同士でグループを作り定植を互いに助け合っている。


私は受け入れ農家さんのところのグループ。
(まあ、グループというほどたいそなものではないんだけど)
ということで、農家さんのところで定植作業。



今日、定植した苗は購入苗よりずっと大きい苗
小さな苗を購入して、自分のところで育苗したもの
(その代わり、大きい苗の方が定植は時間がかかる)


基本的には苗が大きくなるほど、値段も高くなる。
しかし、今ではほとんどの農家は育苗をせず購入苗を定植している。

昔は種から自分らで接ぎ木をして苗を作っていたそうだけど。
いったん楽を覚えてしまうと、なかなか以前のようには戻れないみたい。

今では種から自分で苗を作っている農家はほとんどいないでしょう。
(ナス農家の場合)



私はもちろん購入苗
種から自分で接ぎ木して苗を作るということは、とてもじゃないけどできないような気がする。
ここのところはずっと楽しようかなと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

けっこうたいへんです

農家さんと去年新規就農した方が手伝っていただいたおかげで、なんとか定植できる姿が見えてきました。
定植まであとまじか。

やることはまだある。


管理機の後は潅水パイプの設置
管理機を使う作業を終えて、潅水パイプを設置した様子

788.jpg

789.jpg

790.jpg

毎年、潅水パイプを外して再びセットする。
それを思うとゾッとする



研修で潅水パイプを外した時は、農家さんと2人でこれぐらいの規模で半日ちょっとぐらいで終わったと思うんだけど、その代わりヘトヘトになった。

潅水パイプの設置は1日ぐらい。
その後、微調整とかするんだけど。

今日はこの微調整を丸一日かけてやりました。

けっこうたいへんです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

困ったもんですね

夜は気持ち涼しくなったような気がするが、昼間は相変わらず暑い。
本日は一日中、炎天下。

ハウスの中は外よりまだ暑い。
2リットルと1、5リットルの水筒2本用意しているけど、午前中で全部飲み干した。
ゆっくりはしていられない。



とりあえず、トラクターに畝を立てるためのローラーというものをつけて畝を作った状態。
786.jpg

784.jpg

785.jpg



これに管理機という畝立て専用の機械で土をさらに盛り上げる。
管理機がこれ
787.jpg
これは農家さんの管理機



この管理機、窪川アグリにいた時も何回か使った。
同じ管理機を使うにも、露地とハウスでは全然難しさが違う。
非常に便利な機械なのだが、かなり重たくてそこそこ重労働だ。


人がやっているのを見ていると簡単そうに見えるのだが、実際にやってみると簡単ではないと思ってしまう。

このまえ、去年の新規就農者さんがトラクターを使っている時、
「なんで俺がやった時だけこんなことになるねん」
と言っていたが、その気持ちがよく分かる。



私がやる時だけ、うまく働いてくれないのだ。
ハウスの鉄柱のあるスジは特に。

頼むから普通に動いてやとお願いしながら動かしているんだけど。
別に意地悪もなにもしてないんだけど。

本当にいやになってくるね。
なんでやねんという感じ

一部、鉄柱の下の方の石が割れてしまった。


一列の半分くらいで息が切れてくる。
それを見かねたのか、去年の新規就農者さんがやろうかと言ってくれたので、何回かそのお言葉に甘えさせてもらった。



この方曰はく、俺も去年1回使っただけやでと言ってた。
コツが分かってきたとのこと。
無駄な力をいれなくてもできるとのこと。

私は3回ぐらい使ったことあるんだけどね。


私の時だけ、なんでか言うこと聞いてくれない。
困ったもんですね。
でも無事に終わりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ハウスの外側の様子を少し

昨日、今日は全体的に曇り日。
時折、カラッと晴れていたけど。

作物栽培中なら困るかもしれないけど、まだ定植していない者にとっては非常にありがたい天気。特に今の時期は

それでも連日汗びっしょり。
今の時期は本当に体力勝負。



本日は農家さんと去年の新規就農者さんに畝をトラクターで作っていただいた。
明日は管理器(畝を立てる機械)でさらに土を盛る予定

それではハウスの外側の様子を少し
779.jpg
こちらは東側

781.jpg
北側

782.jpg
西側

780.jpg
南側



西側、南側は工事が始まる頃は草がすごすぎて行くことができなかった。
定期的に周りは草刈りをする必要があるだろう。

783.jpg

これはいったんトラクターでたたいた様子
全般的にトラクターでたたいた後、畝を作る用のローラーというものをトラクターにつけて畝を作る。

管理器だけでも畝を立てることができるが、管理器だけだと小さい面積なら問題はないが、そこそこの面積になってくるとたいへんらしい。

ちなみにハウスの面積は16、3アールです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

研修生卒業

昨日で研修生卒業
本日より研修生ではなくなった。


ハウスも昨日で完成
それではハウスの様子を少し
775.jpg

776.jpg

777.jpg



昨日は受け入れ農家さんのトラクターでハウスの中をたたくことに。
途中、去年新規就農した人がトラクターでたたいてくれた。

しかし、雨で地面がぬかるんでいたのか、タイヤがぬかるみにはまって空回りしてしまい動かないように。



ぬかるみがある場合、自然とそちらへタイヤがいってしまうので、ぬかるみに入らないようにハンドル調整をしないとだめみたい。

水田をトラクターでたたく場合にこういうことがあるそうだ。


農家さんのもう1台のトラクターで引っ張ったけどだめだった。
とりあえず、土が乾くのを待たないと仕方ないということ。

ということでこちらのハウスの作業はいったん中止。

その様子
778.jpg
前のトラクターの右側のタイヤがぬかるみにはまって動かない。
タイヤは空まわりするだけ。
トラクターもそれなりの経験と技術がいるようです。



昨日、今日と受け入れ農家さんのところで、潅水パイプの設置。
実際にやってみると、これも一人だとなかなか難しい作業だ

どうしても、一人ヘルプがないと難しい部分がある。
まったく一人で農業とは結構難しいかも。

この作業は去年の新規就農者の人も含めて3人でやった。


いちよう研修は終わっているんだけど、初めて見る光景ばっかりのこのごろです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ホッと一息つきたいですね

いよいよ研修も明日で終わり。
9月からは研修生でなくなる。
あまり実感はわかないんだけど


本日は天候も回復したので天窓のポリフィルムの張り作業も無事終了
ほぼ完成した

少しだけハウスの様子
773.jpg

774.jpg

明日に完全に完成の予定



まずはホッとする場面かもしれないんだけど、まだそんな気持ちではない。

ハウスが完成しても、やることはまだまだある。
定植の準備が。
定植が終わらないと新規就農とは言えないだろう。

定植が終わって初めてホッと一息つくのかもしれない。


無事にホッと一息つきたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

人・農地プランの会合

本日もなかなか強い雨でハウスのポリの張り作業は中止に。
明日も微妙な展開。

今は野外の作業がメインなので、本日はOFFみたいなものだった。



午後から人・農地プランの会合があったので参加

人・農地プランは農林水産省が定めたプランでこれを作成することによって、えられるメリットもいろいろある。
それを作成するための会合


内容は

・人・農地プランの説明
・市が調査した耕作放棄地になっているところの報告
・市が地域の農家にアンケートをとり、農家さんの思っている現状を報告
・私みたいに新規に参入する、あるいは最近就農した方の地域への紹介
といったところ。



耕作放棄地になっているところは、道が狭く便が悪かったり、耕作地が整った形になっていなく欠けている部分があったり耕作しにくい地が多いようだ。
これは結構いいんちゃうのと思うところも、もちろんある。

農家のアンケートでは、これから先、農業人口はもっと減っていくだろうと思っている人が多いみたい。

このアンケートを見る限りでは農業の見通しは明るくない。
衰退の一途をたどるかもしれないとの感じ。

実際に農業人口は全国的に減少している。



この人・農地プランの目的のひとつは
利用されていない農地、これから利用されなくなるだろう農地を集積して中心となる経営態に有効利用してもらおうというもの。

しかしながら、たとえ利用されていない農地であってもその土地は先祖代々受け継がれてきた土地だろう。

先祖から受け継いできた人達にとっては、たとえ利用されていない地であっても大切な土地であるには違いない。

そう簡単には理想通りにはいかないような気がする。



この人・農地プランはできたてほやほやのプラン。
何か変えることができるのか?
全く分からないですね。

でも、何もしないよりは何か行動を起こして、このようなプランを作ることはいいことだと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

定植の時期

本日は強風のため、張り作業は中止に。
午後からは結構強い雨に


もう周りの農家では定植が終わっているところが結構ある。
半数以上の農家は定植が終わっているのではないかなあ。

定植の時期は8月半ばから9月初旬頃
だんだん定植の時期が早くなってきているそうだ。
一昔前は8月中に定植するところはほとんどなかったそうだけど。


定植が早くなってきている理由は、少しでもその方が早く現金が入ってくるとの理由。
でも、それだけではないかもしれない。
みんながどんどん定植していると、定植の遅い農家は不安にかられることがあるらしい。

なんとなく分かるような気がする。



いつも車で通るときに目にするハウスはいくつもあるのだが、
そのうちの一つのハウスは定植が早かった。

最初は小さかったが、最近ちらっと見ると苗が大きく成長したような感じ。
まだ定植すらしていない私は、ちょっと複雑な感じがした。
もしかしたら、遅れをとっているのかも と

実際、そういうところはあるんだけど・・・



だけど早い定植も遅い定植どちらも1長1短があり、早ければいいというものではないみたい。
どちらを取るかは各農家さんの考え方しだい。

基本的には早く収穫して出荷しても、まだ露地物と競合してしまうので値段的にはそれほど期待できないらしい。
しかし、去年は露地物は台風にやられて早く定植したところはそれなりの恩恵があったらしい。

どちらがいいかは後になってみないと分からないというところが実際のところではないかな。


ちなみに私は苗が来るのが来月10日の予定。
ここ安芸では遅い方でしょう。


最後に今のハウスの様子を少しどうぞ
770.jpg

771.jpg

772.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR