スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安芸農業大変革その3 ハチ

さてと
安芸農業大変革シリーズその2のまま止まっていたので、立て続けにその3、4、5といこうかなと思います。
とりあえず今日はその3 はち編


ハチを導入する理由は労力削減のため。
以前も少し説明したが、ハチを使わなければホルモン処理を行わないと、きれいなナスができない。

これは花にトマトトーンの希釈液をスプレーみたいなものでつけていく処理。
安芸振興センターより頂いた資料によると、このホルモン処理にかかる時間は
10アールあたり年間約400~500時間かかるそうだ。
ちなみにハチの経費は10アールあたり約10万円。

ハチを飼っている農家が結構いるので、実際みんながこれぐらいかかっているわけではないだろう。


しかし、このハチが万能かといえばそうではない。
何事にも一長一短がある。

ミツバチは冬寒いと巣箱に入ったまま出てこない。
そのため、冬にはマルハナバチを導入する農家が多い。(主にオランダ製が多い)
北欧出身(日本産のマルハナバチもある)のマルハナバチは比較的、低温でも働くからだ。

ただ、マルハナバチは2ヶ月しか働かない。
2ヶ月したら新しいマルハナバチを入れないとだめ。
そこがマルハナバチの短所ですね。


また、冬は低温のため石ナス(木になるとこちらでは表現)という、つやのない硬いナスができやすいので、石ナス防止のため、余裕のあるところはトマトトーンとの併用をしている。
ちなみに、私も冬にホルモン処理の作業をやった。

完全にホルモン処理から開放されたわけではないというのが実情だ。


しかし、ハチを導入しての農家さんの感想といえば
何て楽なんや
とみんな言ってたそうである。


たしかに、全部ホルモン処理をしないといけないことを考えると、ぞっとしちゃうね。
ハチ導入以前はぞっとすることをやっていたんだ。
忙しかっただろうね。

ちなみに、今でも忙しいですけど。農業は。
やろうとすれば、なんぼでもやることはあります。
ただ、そこまでする労力がないので、できる範囲でみんなやっています。

最後に安芸市の風景
917.jpg

918.jpg

919.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます


スポンサーサイト

ちょっとしたドラマ

何か変化がある場合、そこには何かドラマみたいなものがあるんじゃないかと思っている。
少なくともここ安芸市にはあったみたいですね。
それは紹介しないとだめでしょ。
そこで今日はそのドラマを紹介したいと思います。


このブログのIPMはすべてここからの記事でIPMはオランダから学んだのがきっかけですよという話をした。


なんでオランダから学ぼうとしたのか。
直接の原因はトマトトーンなんて、いつまでもやってられないよというのがあったわけですけど、それだけじゃない。

海外から侵入してきた新しい害虫とのバトルがあったわけだ。
これは琵琶湖なんかで海外から侵入してきたブラックバスによる被害を受けているようなものだ。
この新しい害虫との闘いにほとほと手を焼いたらしい。


オランダの農業は受粉にハチを使っている。
日本の農業との違いはそれだけではない。
害虫対策として、天敵を使っている。
それは見事に害虫を抑えているらしい。天敵のおかげで。


先日、紹介した安芸の農家さんをオランダに連れて行った普及員さん。

実は僕はこの方の話を聞いたことがあるんです。
高知に来る前に大阪で高知アグリスクールという座学の講座を受けたんですけど、講師として来ていた。

たしかこう言ってた。

天敵で害虫を抑えるなんて、最初はウソやろと思ってた。
でも実際にオランダへ行って見てみると、それは見事に抑えていた。
葉も実も食害がぜんぜん見られなかったと。

天敵のすばらしさを誇らしく語っていたのを覚えている。



この普及員さんはオランダから安芸に帰ってからハチだけでなく天敵も導入しましょうよということを農家さんに提案したそうだ。

ちなみにこの普及員さんが、安芸にいたころは土着の天敵はまだ発見されていない。
今まで誰も知らなかった新しい害虫なんですから、そら無理もないことですけど。

この時はオランダからの天敵製剤を輸入してそれを使ったらどうかということを提案していたようだ。


そこで勉強会を開いたそうだ。
オランダでは天敵を使って害虫をきっちり抑えているで。
わしらもやれへんかと。

しかし、周りの反応は冷ややかだったそうだ。

消毒もせんとナスとれたら世話いらんわという感じで。
ほとんどの農家は興味を示さなかったらしい。


勉強会を開いて参加したのは6人はいたらしい。
これは少ないですね。
私が以前参加した勉強会では、人数が多くて急遽パイプイスを用意していた時もあったから。

その後も何回か勉強会を開いたそうだ。
参加人数はまたもや6人。それも顔ぶれは変わらず。
ほかの農家さんは知らんふり。


ある時、たくさんの農家さんが集まった時にこの普及員さんは
「お前らには、もう教えてやらんわ」
とぶち切れたそうだ。


本当はこんなことを言ったらだめなんかもしれないですけどね。

小さい声ならまだしも。みんなに聞こえるような大きな声で
しかも大勢の前で
感情を向きだしにしてね
後先のことも何も考えずに
公務員という公の立場にありながらですよ。

農家に向かって、こんなぶち切れた態度を示す人はそうそういないらしい。


この一場面を見てどう思うかというのは人それぞれだと思うんですけど

私はこの話を聞いてこう思いましたね。

同じアホでも、ここまでアホならあっぱれとしかいいようがない。
土佐の男っていうものは、こういう男のことを言うのかと。

ちょっと感激しちゃいましたね。
これは紹介しなきゃと思ってしまったのだ。


まあ、これがなんか影響があったのかどうかは知らないですけど、
今の安芸市はIPM技術が日本一です。

それと、私が受けた都会で学ぶ高知アグリスクールの講座
今年もやるみたいですね。
詳しくは高知県庁の環境農業推進課のホームページを。

本当にいい講座でしたよ

最後に安芸市の風景
914.jpg

915.jpg

916.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

名刺を作ろうと思います

先日、紹介した普及員さんの件で紹介しきれていないエピソードがあるんだけど、それはとりあえず明日にしようかなと思う。
これは話が天敵のところまで飛んでしまうから、もうちょっと後にしようかなあと思ったりもしたんだけど。

なにせ安芸のIPMの扉を開いた人だからね。
紹介していないエピソードがあるなら紹介しないと。
後回しにしたら失礼かもしれない。



ところで、今日はナスの収穫日。
谷間がしばらく続いている。
収量が増えるには、もうちょっと時間が必要そうだ。

昼になる前に余裕で収穫終わりという日が続いている。
今日も昼までに終わった。

けっこう山谷の差はあるもんだ。
あまりにも多すぎるのも、うんざりする時があるんだけど、少ないのもなんか寂しい気がする。
平均してほどほどにあるのが一番いいんだけど。


水やり(潅水という)もやった。
液肥も一緒にやったりもするんだけど、この量が難しい。

木の状態を見て量を判断するそうだ。
これが、なかなか難しいんだねえ。

液肥もただではないので、アホげにはやれないそうだ。
やる量は木の状態を見て自分で判断しなさいということで、
これぐらいかなあと思う量をやった。


この液肥、自分で作っている人もいるそうだ。
去年、赤野で就農した人は自分で作っているそうだ。
その容器が横にある。

なかなか、やるねえというのが実感だ。
以前、購入した液肥の箱を見たことがあったので、全部購入した液肥を使っているものと思っていた。



またまた、話は変わって名刺を作ろうと思っている。
こないだ、安もんのプリンターを買ってきた。

他の市町村で研修をしている方から
名刺はみんな自分で作ってるでぇと聞いたので自分で作ろうと思った。

しかし、まだ箱に入ったままだ。
なかなか開けるふんぎりがつかないんだ。

まだ、名刺を自分で作ったことがない。
なんか面倒くさい感じがして、なかなか開ける気がしないんだけど、そんなことは言ってられないかもしれない。
今日こそは名刺作りをしようと思っている。

いろいろと経費はかかるものです。

最後に安芸市の風景
911.jpg

912.jpg

913.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

IPMはすべてここから

以前このブログで安芸市はIPM技術(農薬だけに頼らない病害虫防除)が日本一と紹介した。
(詳細は安芸はIPM技術が日本一を参照)

これはヨーロッパのオランダから学んだのがきっかけである。
オランダと高知県の共通点は施設栽培がさかん。
オランダはIPM技術が世界一だそうだ。



そのオランダから学ぶきっかけとなったことを紹介したいと思う。

ナスの管理作業に
トマトトーンという植物ホルモンによる処理作業がある。

これはスプレーみたいなもので一つ一つの花に希釈液をかけていく。
これは花が少ない状態ならまだいいが、花が多くなってくるとそれはたいへんな作業なのだ。
ちなみに私は花の少ない時期に何回かこの作業をやった。
花が少なくてもそこそこ時間はかかった。
(トマトトーンもしくはハチによる作業をしないと、いい実がとれない)

とにかく、これはかなりの時間を取られる作業なのだ。

ほかにもやる作業はいっぱいある。
こんなに時間を取られる作業をいつまでもできるか?という懸念があったのだ。


これを懸念した当時の安芸振興センターの普及員さん(今は別のエリアでがんばっているらしい)がオランダでは人間がホルモン処理をするのではなく、ハチに受粉してもらっているということで、これを導入すれば労力削減につながるのではないかと考えたのが、そもそものきっかけだ。


オランダではこんな農業をやっているらしいで。一回見に行けへんかと誘ったそうだ。
そして安芸の農家さんを連れてオランダへ視察に行ったのだ。
高知の龍馬空港からチャーター便でオランダに行ったそうである。

これが安芸におけるIPM技術の始まり。
安芸のIPMはすべてはここから始まったのだ。



ちなみにオランダまでの旅費は1人あたり30万円ぐらい。
農家さんには県からいくらか旅費の補助があったらしい。

当然、県の職員さんも補助があるものと思っていた。
県の職員さんなら、農家さんみたいに一部補助でなく全額補助?
と思っていたのだが、そうではないらしい。
全部自腹。

何でそんなことが分かるのかと言うと
この職員さんの奥様と会う機会がたまたまあったのだ。
(奥さんもだんなさんと同じで県の職員さん)
夫婦そろって一緒にオランダへ行ったそうだ。
合計60万円。
もちろん全部自費。


私はじかに聞きました。
「私ら公務員には補助なんかありません。税金で給料をもらっているから、それ以上はもらえません。勉強するのは税金ではなく自分のお金でしなければいけません。」


カッコいいセリフでしょ。
あっぱれとしかいいようがないですね。

安芸の農家さんのために、60万の自腹をきってまで行動する。
自分たちの勉強にもなることだろうけど、なかなかこんなことはできないと思うんですけどね。


県も結構ケチですね。
全額とはいかなくても、ちょっとぐらい出したったらいいのにと思うんだけど。

いや、やっぱりそれでいいんです。
県民の納めた税金はケチケチ使うべきです。

ケチケチはするけど、使わなければならないところはきっちり使う。
農家さんに補助を出すところなんかは、そこのあたりをきっちりと分かっている。
県もなかなかあっぱれじゃないですか?


とにかく、このお方(だんなさんが当時安芸振興センター所属だった)が
IPM技術日本一になる扉を開いたのだ。
すべてはここから始まった。


私は扉を開いた、この方に心から拍手を送りたいですね。
ささやかながら拍手を送ります。

最後に安芸市の風景
908.jpg

909.jpg

910.jpg
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

コロンブスの卵

コロンブスの卵

聞いたことぐらいはあるでしょう。

この意味いったいどれぐらいの人が知っているのだろうか?

ちなみにうちの親は全然分かっていなかった。
以前、母が父にコロンブスの卵って何?と聞いていたら
全然分けのわからないことを分かったつもりで言っていた。
分かったつもりでいる幸せを壊したくなかったので黙っていたけど。

分かっている人も多いと思うが、もしかしたらわかっていない人もいるかもしれないので、コロンブスの卵のことを説明したいと思う。



コロンブスという人はご存知の通りアメリカ大陸を発見したすごい人だ。

コロンブスがこの偉業を成し遂げて本国へ帰ってきた時、
この偉業を称賛する声もあったが、そうでない声もあったのだ。
コロンブスの偉業を嫉妬する人から、いろいろ言われたのだ。

「あんなん誰でもできるで」
「西へ向かってずっと行ってたら、そらなんか見つかるわな。」
「たまたま。たまたまや」
「あんたはいいよな。運が良くて。はい、パチパチパチ」

いつの世もこういういやな奴がいるんですね。
コロンブスもこんなこと言われたらそらムカッとくるでしょう。



ある時、コロンブスはこういった人たちの前でこう言ったのだ。

「卵をテーブルに立てることができますか?」と。

実際に何人かはやってみたらしい。
だけど立てることはできなかった。

そこで周りの人は言い出した。

「卵なんか立つわけないやろ」
「そんなもん、やれるもんならやってみろや」

コロンブスは私ならできますということで、見事卵をテーブルに立たせたのだ。

実はコロンブスの卵はゆで卵で、底の部分をグニャグニャとつぶして底を平らにしたのだ。それによって見事に卵は立ったのだ。


それを見てまた周りの人はこう言い出したのだ

「そらそんなことしたら立つわな。そんなん当たり前やんか。」
「なーんや、しょうむな。聞いて損した。」
「あんたな、それを何て言うか知ってる?それをペテン師っていうねんで。ペテン師って。わかった?」


「そんなもん、わかるか、ボケ」
と言ったかどうかは知らないがコロンブスはこう言ったのだ。

「人がやった後なら誰にでもできる。なーんや、当たり前やんかと思われることでも最初にそれをやるのは難しい。実際にあんたらはでけへんかったやろ。」

これにはみんな何も言えなかったそうだ。


この故事からコロンブスの卵とは
誰でも出来ることや、なーんや、そんなことかと思われるような当たり前のことでも、最初にそれをするのは難しいという意味で使われるようになった。


なんで、いきなりこんな話をしたのか。

それはここ安芸にも
もしかしたら、この人は現代のコロンブスちゃうかなと思うような人が、何人かいる(いた)んです。私が知っているだけでも。

農業の現場でも、今では当たり前のように見えるような光景でも、そこにいたるまでには、いろんなドラマがあったわけですよ。

本日は、それをちょっと言いたくなりました。

最後に安芸市の風景
905.jpg

906.jpg

907.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

研修の地 赤野

901.jpg
ここは安芸市の赤野というところ。
安芸市の一番西側
西へすぐ行くと芸西村。
ここ赤野で研修している。

安芸市全体に言えることだが、南に太平洋。北にはすぐ山。
赤野もそういったところだ。


ここ赤野で去年新規就農した人がいてる。

去年、安芸に来てまだ間もない頃、この方からある景色を紹介された。
それがここ。
904.jpg


ちょこっと車で北へ向かうともうそこは高台だ。
この高台から見える太平洋。
すばらしいの一言だ。
それがこれ
903.jpg
高いところに上がればここだけでなく、こういう風景が広がる。


ここの景色ほんまにいいでしょ。と言うので
(私)ほんまにいいですねぇー。


しかしながら実を言うと私は海と山が嫌いなのだ。
(ふるさとの堺港、ここだけは別だけど)

海は泳ぐのが苦手なのできらい。
浮き輪がなかったら死んでしまうかもしれない。
山はガソリンが平地を走るより余計にかかる。
山歩きなんぞは骨折り損のくたびれもうけにしか思えないのだ。
だからこんな景色は3日も経てば飽きると思っていた。

ところが

飽きないですね。これが。

いまだに飽きていない。
やっぱり、すばらしいものはすばらしいのだ。


去年安芸市の赤野に就農したこの方は
この景色に感動してここ赤野で就農することを決めたそうだ。

農馬村塾という塾を作りたいそうだ。

この方のホームページが Welcome to 農馬園

Welcome to 農馬園をクリックすると、この方のホームページへ行きます。
ぜひ、のぞいてやってください。

それでは最後にすばらしい景色をもう一度
902.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

便利な道具

今日はナスの収穫日。
谷間が続いており、収量は少ない。
昼前に余裕で終わり。

昼からは田の準備。
今植える米は中手といって、早植えと遅植えのちょうど中間となる品種。

トラクターでたたいてから肥料をまいた。
(草が生えているため。たしか冬にいったんたたいたはずなんだけどけ結構生えてきている。)


この肥料をまくのが、結構重労働。
年寄りにはきついだろうね。おそらく。
高齢になってくると、米作りをやめる人も出てくるでしょうね。

最新の田植え機は肥料も田植えと同時に肥料をやれるらしいけど、
よっぽどの面積をこなさないと、今の時代、機械代を償却できないと思う。
しかも使うのは田植えの時だけだし。
それ以外は倉庫に眠りっぱなしだ。


この肥料をまく作業。
安芸市に来る前に研修をしていた窪川アグリでも何回かやった。
肩に背負えるバケツがあって、そこに肥料を入れて歩きながら手でまいていく。

主査の教官が
「農家は短期な人が多いですよ。」
と言ってたような記憶がふと浮かんだんだけど、何を言いたかったのかよく分からない。


農家さんのところには、肩に背負うリュックサックみたいなものがあってそこに肥料を入れて肩に背負う。
重力で肥料が落ちてくるようになっていて、ホースみたいなところから出てくる仕組みになっている。
そのホースを振りまきながら歩いていく。
なかなか便利な道具だ。


ちょっとした便利な道具があると、作業効率もかなり早くなるような気がする。
この道具をもし窪川で使っていたら、どんなに自信がある人でも
スピードでは私の足元にもおよばなかったのではないかと思っている。

最後に安芸市の風景
1003.jpg

1004.jpg

1005.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

金環日食は見れなかったみたい

今日の研修はナスの管理。
普通ならジャングル状態になっていても、おかしくないんだけど
収穫時にバッサリと一芽切り返し(一つだけのわき芽を残して切る)
をしていると、実がなくなる頃には以外にもすっきりしている。

今は葉が少ないので、新葉はできるだけ残すようにしないといけないらしい。
ということで、古い葉を今日は取り除くことがメインに。

その時々の木の状態によってやり方を変えないといけないのだ。


ところで、今日は金環日食の日。
ブログでも、今日はこの話題が多いのではないかと思う。

ここ安芸では、あいにく曇りで見れなかったそうだ。
私の場合は、サングラスがないため、実物を見る予定はしてなかったんだけど。
ニュースでクライマックスの部分を出してくれるのでそれを見た。

さすがにきれいですね。


でも、世の中には金環日食を見たいとも思わない人もいるようだ。

見て何になるねん?
何かいいことあるんかと。

気持ちは分からないわけではないけど、
そんなロマンのないこと言わずに、たまにしかないんだから見たらと
思うんだけどね。

私はこれが見たくて、今日のニュースは絶対見なきゃと思って何度も見たよ。
おかげでお腹いっぱい。大満足だ。


でも世の中、本日、金環日食があることすら知らない人も、もしかしたらいるかもしれない。
ニュースを見る時間もないぐらい、忙しい人もいるかもしれない。

しかし、それではやっぱり駄目だと思いますね。
金環日食って何?と今日聞いてたらバカにされるよ。たぶん。

子供さんでも知っているから。
学校の先生が教えてくれるらしい。
また、テレビでドラエモンを見ても分かるらしい。


私の場合は今は研修中なので、さほど忙しいわけではないが、
いざ自分で農業するとなるとかなり忙しくなるかもしれない。

人事だと思って油断していると、
ヘタすると自分がそうなってしまうかもしれない。
どんなに忙しくても、世の動きはやっぱりきっちりと把握しないといけないですね。

最後に安芸市の風景
CIMG0041s.jpg

1001.jpg

1002.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

つれづれファーム

つれづれファーム

このブログの名前

ブログの名前は何にしようかと考えていたら
つれづれなるままに。
つれづれなるままにという言葉が浮かんだ。

意味はともかくとして非常にいい響きだなあと思って。
それでつれづれ日記にしようと決めた


しかし、問題があることに後で気づく。

まさか、この名前使ってるやつおらんやろな。
念のためインターネットでつれづれ日記を検索。

すると出るわ出るわ。
まるで無尽蔵のように出てくる。
ちょっとショックだねえ。
みんな考えることは同じなのかね?


つれづれという響きがどうしても捨てがたく
そこで結局つれづれファームにした。
この名も同じことを考えいた人いるんだけど、まあ仕方ないか。

つれづれファームというブログ
これからも応援していただければありがたいと思います。

それでは最後に安芸市の風景

21.jpg

23.jpg

CIMG0043a.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

理想はつれづれなるままに

つれづれなるままに

つれづれなるままに農業をできたらすばらしいと思う。
そんな農業ができれば理想なのだが現実は違う。


つれづれなるままにとはどう意味なのか。

暇で暇でしかたなく何もやることがないということだ。


徒然草を書いた吉田兼好という人は

著書の中で
暇で暇でやることがなく、一日中硯の前に座って心に浮かんでくる取りとめも無いことを、特に定まったこともなく書いていると、妙に馬鹿馬鹿しい気持ちになると述べている。


すずりの前に一日中座らんと家庭菜園ぐらいしたらどうかと思うんだけどね。
いくらインドア派の私でも、一日中すずりの前で座っていることはようしないね。
いくら暇人でもそこまでしたら、そらバカバカしくなるでしょう。

ちなみに、この人は京都の双ケ丘というところにいた。
実際にこの場所を知っているが何もないところ。今はただ木が生い茂っている。
(学生の時、京都にいたんで知っている)
でも一人で住むには大きすぎるだろうと思う。


実際の農業はというと
つれづれなるままな農業なんてとんでもない。

・去年、新規就農した人の話では、いろいろとやりすぎることがありすぎて休んでいる暇はないらしい。

・同じく去年新規就農した人(ししとう栽培)は、収穫の忙しい時は朝7時から夜10時まで(昼は30分休憩)一日中収穫してたらしい。
暗くなったら頭にヘッドライトをつけながら。
どうも毎日ヘッドライトをつけているような気がする。
(作物は収穫しなければ、大きくなってしまうため後回しにできにくい)

・集荷場に出荷していない農家さんは、(すべての農家さんが集荷場に出荷しているわけではない)は、選別(形で等級を分けること)や袋詰めを自分でしなければならない。
暖かくなって収量が増えたら、夜中の2時、3時になることもめずらしいことではないらしい。

 
ところで、ある方が言った言葉で、感心したセリフがあるので紹介したいと思う。


朝から晩おそおそまで汗水たらして必死に働いて、休日もなく働き続ける。
そんな姿を農家の子供が見て、自分も農業したいと思うかと。
思わないと。
農業は変えていかなだめなんだと。

なかなかいいこと言いますね。本当に。


理想と現実との間には大きなギャップがあるわけなんですけど、
つれづれなるままな農業に1歩でも近づけるようがんばっていきたいですね。

最後に安芸市の風景。

18.jpg
安芸市の海
一番高い建物が見える辺りが市役所周辺

20.jpg
ある風景

CIMG0044.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。