ホッと一息つきたいですね

いよいよ研修も明日で終わり。
9月からは研修生でなくなる。
あまり実感はわかないんだけど


本日は天候も回復したので天窓のポリフィルムの張り作業も無事終了
ほぼ完成した

少しだけハウスの様子
773.jpg

774.jpg

明日に完全に完成の予定



まずはホッとする場面かもしれないんだけど、まだそんな気持ちではない。

ハウスが完成しても、やることはまだまだある。
定植の準備が。
定植が終わらないと新規就農とは言えないだろう。

定植が終わって初めてホッと一息つくのかもしれない。


無事にホッと一息つきたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

人・農地プランの会合

本日もなかなか強い雨でハウスのポリの張り作業は中止に。
明日も微妙な展開。

今は野外の作業がメインなので、本日はOFFみたいなものだった。



午後から人・農地プランの会合があったので参加

人・農地プランは農林水産省が定めたプランでこれを作成することによって、えられるメリットもいろいろある。
それを作成するための会合


内容は

・人・農地プランの説明
・市が調査した耕作放棄地になっているところの報告
・市が地域の農家にアンケートをとり、農家さんの思っている現状を報告
・私みたいに新規に参入する、あるいは最近就農した方の地域への紹介
といったところ。



耕作放棄地になっているところは、道が狭く便が悪かったり、耕作地が整った形になっていなく欠けている部分があったり耕作しにくい地が多いようだ。
これは結構いいんちゃうのと思うところも、もちろんある。

農家のアンケートでは、これから先、農業人口はもっと減っていくだろうと思っている人が多いみたい。

このアンケートを見る限りでは農業の見通しは明るくない。
衰退の一途をたどるかもしれないとの感じ。

実際に農業人口は全国的に減少している。



この人・農地プランの目的のひとつは
利用されていない農地、これから利用されなくなるだろう農地を集積して中心となる経営態に有効利用してもらおうというもの。

しかしながら、たとえ利用されていない農地であってもその土地は先祖代々受け継がれてきた土地だろう。

先祖から受け継いできた人達にとっては、たとえ利用されていない地であっても大切な土地であるには違いない。

そう簡単には理想通りにはいかないような気がする。



この人・農地プランはできたてほやほやのプラン。
何か変えることができるのか?
全く分からないですね。

でも、何もしないよりは何か行動を起こして、このようなプランを作ることはいいことだと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

定植の時期

本日は強風のため、張り作業は中止に。
午後からは結構強い雨に


もう周りの農家では定植が終わっているところが結構ある。
半数以上の農家は定植が終わっているのではないかなあ。

定植の時期は8月半ばから9月初旬頃
だんだん定植の時期が早くなってきているそうだ。
一昔前は8月中に定植するところはほとんどなかったそうだけど。


定植が早くなってきている理由は、少しでもその方が早く現金が入ってくるとの理由。
でも、それだけではないかもしれない。
みんながどんどん定植していると、定植の遅い農家は不安にかられることがあるらしい。

なんとなく分かるような気がする。



いつも車で通るときに目にするハウスはいくつもあるのだが、
そのうちの一つのハウスは定植が早かった。

最初は小さかったが、最近ちらっと見ると苗が大きく成長したような感じ。
まだ定植すらしていない私は、ちょっと複雑な感じがした。
もしかしたら、遅れをとっているのかも と

実際、そういうところはあるんだけど・・・



だけど早い定植も遅い定植どちらも1長1短があり、早ければいいというものではないみたい。
どちらを取るかは各農家さんの考え方しだい。

基本的には早く収穫して出荷しても、まだ露地物と競合してしまうので値段的にはそれほど期待できないらしい。
しかし、去年は露地物は台風にやられて早く定植したところはそれなりの恩恵があったらしい。

どちらがいいかは後になってみないと分からないというところが実際のところではないかな。


ちなみに私は苗が来るのが来月10日の予定。
ここ安芸では遅い方でしょう。


最後に今のハウスの様子を少しどうぞ
770.jpg

771.jpg

772.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ハウスの周りの風景

ハウスの改修工事も完成に近づきつつある。
本日はサイド周りのビニール張りを張り子さんらが張っていた。

ハウスの様子は完成してから載せようかなとも思ったんだけど、どうしようか迷っている。



とりあえず、ハウスの周りの風景を載せようと思う。
就農しようとしているハウスは周辺のハウスの奥側になる。

まずは南向きから
756.jpg

このあたりのハウスは30年くらい経っているハウスが多いそうだ。
そんな風にはみえない。
ポリは何年かの周期で定期的には変えているのだが。

次は南東
758.jpg

次は南西
757.jpg

760.jpg

ハウスは高台にあるのでこういう景色になる。


続いて西側
761.jpg

762.jpg
上に見えるのは芸西病院
西へ少し行くと、芸西村になる
ちょっと古く見えるかもしれないけど、海側から見るときれいな新しい病院に見える

763.jpg


続いて東側
764.jpg

765.jpg

766.jpg


最後に北側
767.jpg

768.jpg

769.jpg
北は竹薮になっている


高知市内から来ている作業員さんは、いい景色ですねとのこと。
ここだけでなく、北へ上がるとすぐ高台になるので北へ上がるとこういう景色になる。

景色のいいところを望んだわけではないのだが、結果的にはこういう環境のところで農業をする予定です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

土佐弁

ハウスも姿を変えてきている。
完成は、もうちょっと


ハウスの上はビニールをはると、ペンキをぬれないのでハウスの上を優先的にペンキを塗っていた。
もうそれは終わっている。
ポリフィルムを月曜から張り子さんらが張る予定



ハウスの上のペンキ塗りが非常に労のいる作業だった。
よく見ると、ところどころ塗り漏れがあるのだが、まあよしとしている。
そこまでやると終わらないから。

だいぶ握力を使ったのか、手がしびれる感覚がずっとしていた。
左手はおさまったが、右手がまだとれない。
握力が少し弱っているかもしれない。

もうそろそろおさまってもいいのだけど、右手がまだ。



そういや、業者の担当の方に

関西弁があまりでないね
とのこと。

ところどころ、土佐弁が出てると


これにはびっくりした。
土佐弁をしゃべっているつもりはないんだけど。
無意識のうちに土佐弁をしゃっべっているのかな?

イントネーションが特に土佐弁になっているとか。



土佐弁といえば龍馬伝でよく・・・ぜよというセリフをよく聞いたんだが
この言葉はほとんど聞いたことがない。

今の人はほとんど使わないそうだ。
個人的には土佐弁で一番気にいっているところなのだが。

ほとんどの人が使わないので自分も使うことがない。



ここ安芸でも関西出身の方を知っているが、土佐弁が出ているなと思った記憶がない。
関西弁が出ているのに気づいたことはあるのだけど。

だから自分もそうだと思っていた。
でも、もしかしたらそうではないかもしれない。

その地域に入れば、おのずとその地域の言葉になるのかなあ?
自分だけは、そんなことにならないだろうとは思っていたのだけど・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

農家らしくなったかも

農協の購買部へビニール手袋を買いに立ち寄ったら

すっかり農家らしくなったなあ
赤野(就農するところ)に溶け込んでるみたい
とのこと


実際のところは、まだ全然地域に溶けこんでいないんだけど。

だから、そんなこと全然ないですよと言っても
見た目はもうそうやでとのこと。

ちょっと意外な言葉



ここでは名前を言わずとも伝票を打ち出してくれて、それにサインをする。
ここでは、もう顔だけで通用するようになっている。

農協で口座を作って、購買コードを作るとツケで購入することができる。
税金の申告書類を作る際には、この制度は便利らしい。



もともと色白なんだけど、顔は日焼けして以前より白くなくなっている。
腕なんかも、日焼けしてふとももの色と比べるとだいぶ違う。

ひょろっとした風に見えるのか、ほんまに農業できるの?
と安芸に来た当初は言われたことがあった。
そういや、安芸の研修を受ける面接でも、体力的には大丈夫ですか?みたいな質問も出ていた。

窪川アグリにもいたので、この時も多少は黒くなっていたのだけど・・・



今はそんな風に見えないのかもしれない。
すっかり農業人らしく見えるようだから。

まずは外見から変えていくことが大切かもしれない。
そういう意味では全然悪い気持ちはしないですね。



あと、紫外線対策をしなければいけないのかなとちらっと思ったりもするのだけど、今のところ対策としては、ビタミンCのサプリメントを服用しているぐらい。

日焼け止めを塗ったほうがいいのかどうかよく分からないんだけど。
今まで一度も使ったことがないので、あまり親しみがわかない。

今のところはビタミンCだけの予定です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

研修の定期面談会

もうそろそろで研修も終わり。(今月で終了)
研修中にあった出来事を紹介しようと思う。

ここ安芸市で研修していると、研修の定期面談会が何回かあった。


参加者は市役所、安芸振興センター、農協
私一人に対して関係機関合わせて6人ぐらいの方が出席していた。


内容は
研修どうですかといったことから、今後の方針のことなど。

場所は市役所であったり、農協であったりするのだけど、
ある時、農協で面談をした時のこと

6.jpg
この建物がJA土佐あきの本所

755.jpg

この建物の右端に2階に上がる階段があるのだけど、
中央に立て札の黒板が見えると思いますが、これにきっちりと時間と面談のことを書いて用意してくれたいた。

これにはさすがにびっくりした。
思わず今日はもしかして客として来たのかなあと勘違いしそうになった。



この話をすると2通りの意見があった。

みんなよっぽど暇なんやなという意見

そこまでやってくれるのって、すごいねという意見

正解はもちろん後者の方なんだけど。



私が受けている研修制度は高知県の研修制度であるのだが、話を聞いているとこれも市町村によって対応はマチマチみたい。

他の市町村の研修生に、このことを話したらそんなことやってもらったことがないと言っていた。
そこまでやってくれるのってすごいねと言っていた。

ここは本当にすごいところかもしれないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

青年就農給付金の面談

野外で作業をしていると、雨が降ったり止んだり。
これが一番困る。

降るなら降る、止むなら止む。
はっきりしてくれないと。


空の雲の様子を見ても中途半端。
雨が続きそうな感じもするし、しばらくしたら止みそうな感じもする。
そんな一日



ところで昨日、青年就農給付金の面談があった。

この制度は、ある一定の条件を満たせば就農してから5年間、年に150万円の給付を受けることができる、たいへんありがたい制度。

何人かの候補者と一緒に集団の面談
農業の志望理由や目標といったことなどを聞かれた。



この青年就農給付金という制度

たとえ給付条件を満たしていても必ずしも貰えるわけではない。
この給付を受けるためには、人・農地プランという農林水産省が定めたプランを作成した市町村であることが条件づけられている。

だから、たとえ給付条件を満たしていても、人・農地プランを作成していない市町村の方は貰うことができないらしい。



安芸市民ならこの点に関して心配ご無用である。

提出すべき書類が何種類かあって、収支計画なども書いて出す必要があるのだけど、書類の書き方なんかもワンツーマンで指導していただいた。

給付対象者は6、7人ぐらいいたかなあ。
指導する方は市役所、振興センター、農協の方々。
関係機関の人の方が多かったかもしれない。


2、3時間くらいつきっきりだったかなあ。
私はすんなりと書類を仕上げたので、早く退席したんだけど、書類作成に戸惑った人はかなりの時間、面倒を見てもらってるかもしれない。

安芸市では各地区ごとに、人・農地プランの懇談会が開かれる。
私の地区は来週開催の予定。



この青年就農給付金制度は全国共通の制度なのだが、聞いてる話によるとどうも市町村によって対応の仕方がマチマチのような感じ。

万が一、この給付条件を満たしておりながら、役所の怠慢によって貰えない人がいるとしたら、こう言ってあげたらいいと思います。

「安芸市の役所へ行って、担当者の爪の垢をせんじてもらって飲んできなさい」と。



爪の垢をせんじて飲ませてもらって、安芸市のやり方を見学したら、人・農地プランとはこういうふうにやるものかと非常に参考になること間違いないですね。

高い交通費を払ってでも見学する価値は十分。
たとえ北海道からでも、お釣りがくるほどすばらしい対応ぶりを見ることができます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

アイドルが農作業

ニュースの記事を読んでいると
山梨でアイドルが農作業に取り組んでいるそうだ。


農業への若者取り込みを狙っているらしい。
アイドル側もこの活動を通してファンと交流しようというものらしい。



これが、狙い通り功を奏すかは分からないが、いろいろとこういった企画を催すのはいいことだと思う。
近くでこんなことやっているなら見学に行くんだけど。
さすがに山梨まではいけないね。

アイドルからは、はんぱない充実感という感想らしい。



はんぱない充実感。

個人的には、そこまでは感じたことはまだないなあ。
人より多く取れたり、栽培がうまくいったら感じるかもしれない。

たぶん、どの農家さんも自分とこは、よそより多く採ろうと思っているかもしれない。
よそより少なくていいんやと思っている人はそういないのではないかな。



そういや近所の農家さんが、バイクで通りすがりに、作業の様子を見ながらいろいろとアドバイスをしてくれた時があった。

その方、曰はく
「こんなこと、なかなか教えてくれへんで。みんな自分とこだけいっぱいナスを採ろうとしてるんやから」と。

ありがとうございますと丁寧にお礼を言ったのを覚えている。
個人的には丁寧に教えてくれそうな農家さんは多いような気はしているのだが。


はんぱない充実感。味わいたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

腰が痛くなった

今まであまり腰が痛くなるということはなかったのだが、最近腰が痛くなってきた。

まあ、たいした痛みではないのだが。
年をとったのか、腰がひ弱なのか分からないのだが。

とりあえず、時間が経てばおさまるだろうと思っている。



腰だけでなく、腕にも張りがあるような感じがしている。
筋肉痛ではないんだけど。
ハウスに上がっていると、無意識に腕に力が入っているのかもしれない。

ハウス改修業者の作業員なんか、ハウスのてっぺんでもすいすい歩いている。
あんなマネはできないね。



ちなみに腕は今まで何回も筋肉痛になった。
窪川アグリで防除をした翌日にも腕が筋肉痛になっていた。

他の研修生は何しました?と言って不思議がっていたけど。
防除しましたと言っても不思議な顔をしていた。



安芸に来て、研修当初はよくふとももが張った感じがした。
今は腰と腕。

一般の農家さんはどうなんでしょうかね?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR