スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外

今日で10月も終わりか。
月日が経つのは早いね。

けっこうナスが取れる日もあるのだけど、あまり取れない日もある。
平均してそこそこ取れるのが一番理想なのだが。

684.jpg
まだ下の方の実ばっかり。
徐々に上の方もぼちぼちちぎったりしている。



ちょっと想定外のこともある。
いい想定外ならいいのだけど、残念ながら意気消沈してしまう想定外があった。

それがこれ
685.jpg

なぜかこれだけしおれている。
気づいたのは最近になってから。


こういうのを見ると嫌になっちゃうね。

もしかしたら青枯れ病か?
この病気はナス科の植物を栽培する上で最も恐ろしい病気。
しかも伝染するのでタチが悪い。

しかし、かなりの長い間、耕作されていなかった地なので青枯れがでるとは考えにくい。



昨日、普及員さんが立ち寄ってくれたのでこの症状を見てもらった。

青枯れの病原菌は15年生きることもあるので、青枯れの可能性も否定できないとのこと。
この株はもうダメだろうということで残念ながら引き抜くことに。

もし青枯れなら、水につけると白い液が流れるとのことで、見てもらうことに。

その様子がこれ
686.jpg

白い液が見えないので、青枯れではないかもしれないとのこと。
とりあえず、原因がわかるかどうか分からないが、持って帰ってもらって調べてもうらうことに。

それと引き抜いた株の根
687.jpg
根のはりぐあいは良いとは言えないらしい。



ところで青枯れ病になるとどんな症状になるのか?

昼間はこんな感じ。

だけど夜になるとなんかいいことがあるのか元気になる。
本当ですよ。ちなみに早朝も元気なんだけど。

だけど、最後には夜もこうなってしまう。
夜は元気になるんちゃうんかと言いたいんだけど。


とにかくこの病気は株を枯らしてしまう。
一度かかると治る見込みはなし。

これが青枯れならそら恐ろしいことになる。
まあ、それはないだろうと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

天敵をもらいに行きました

いつだったかなあ?
天敵ハウスで天敵をとってきて、ハウスに放したのだけど増えている気配が全くない。

放出した当初はたまに姿を見ることもあったのだけど、全く姿を見なくなってしまっていた。

まあ、あまり天敵を捕まえることができないのもあったかもしれない。
それほど天敵が豊富にその時はいてなかったかもしれない。

連れて行ってもらった農協の職員さんが前はもっとたくさんいていたと言っていたので。
今は増えてるかもしれないので今度また行ってみようと思っているのだが、まだ行けてないのが実情。



この前、普及員さんが来た時に、天敵の姿を見るようになるまでは1ヶ月くらいかかるとのこと。

使用したホコリダニの薬剤の名前を言った時、

結構強い薬を使いましたね。
天敵はリセットされたかもしれないとのこと。


どうやら天敵に影響のある薬剤を使ってしまったらしい。


薬剤を買う時、天敵の影響を考えて薬剤を選ぶのだが、薬剤を使う前から増える気配を全く感じなかったので無視して値段だけで決めた。

どれもよう似た値段やでと言われた通り、どれも高い。
あまり何も考えずちょっとだけ安い薬剤を買った。


まあ、やってしまったことは仕方ない。
昨日も天敵の影響のある薬剤を使った。
せっかく買ったので使わないともったいない。もう使いきったけど。



ところで、このまえ農業委員会の見学会があった時に、

天敵は全然増えない。入れた量が少なすぎたかもしれないことを言った時に、ある農家さんがうちのハウスはいっぱい増えているので取りにきたらあげるよとのことだったので、本日はその言葉に甘えさせていただいた。


この農家さんは農林水産大臣賞という賞をとったらしい。

こちらの農家さんは土佐鷹という品種を栽培している。

ここの農家が作った土佐鷹はうまいと他の農家さんが言っていた。
土佐鷹は作るもんじゃなくて、もらうものだと。


自分で作ってと言っていたけど、一口かじってこれはうまいと唸るようなナスはなかなか作れないような気もする。

自慢することないけど、素直に喜びやみたいなことをおばさんに説教されていた。
農林水産大臣賞をもらっても説教されるとはね。


そんな人が作ったハウスのナスはそれはきれいなナスだった。
もらった天敵がこれ。

683.jpg

この中にたくさんの天敵が入っている。
天敵の写真を撮ろうとしたのだけど、小さすぎてうまく撮れない。

ちなみにこの天敵はタバコカスミカメという。
安芸では一番主役となる天敵。
この天敵がなぜ安芸の天敵の主役となるかはまた別の機会で詳しく書こうと思う。

とにかく、ありがたいかぎりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ホコリダニの最後の防除

本日は日曜日みたいだけど、あまり曜日の感覚がない。

集荷場も正月以外は毎日やっている。
ちょっと違うのは農協は日曜日お休み。

土曜日は当番の方が出勤されている。



本日ちょっと変わったことと言えば、本日は今まで最高の収穫量。
それでも他の農家さんに比べるとまだまだ少ない。

ちょっとずつ増えてきているような気はしている。



それと本日はホコリダニの最後の防除をした(いちようその予定)
これで収まるだろうとは思っているのだが。

寒くなるとダニも死んでしまうらしいけど、それまで待っていられない。
気温も低くなってきたので、もうそんなには繁殖はしないだろう。

ダニ剤は高いからこれぐらいでいいかげんにしてほしいと思っている。


このダニは成長点を止めてしまうところが非常にやっかいだ。
そしてナスのヘタもきたなくする。
ナスのお尻の方もきたなくしたりする。

その写真は撮るのを忘れた。
また機会があれば撮ろうと思います。


最後にナスの様子
680.jpg

681.jpg

682.jpg

側枝をもうちょっと早く摘心(成長点を摘むこと)すれば、もっと成長も早くなるんだろうけど、まだそこまで手が回りきれてない状態。
早く手入れをしなきゃと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

農業委員会の見学

収穫量は本日もほんのわずか。
よその農家と比べると超スロースピードのペースで収穫している。


ところで、本日は農業委員会さんはじめ、いろいろな方がハウスの見学にやってきた。

耕作放棄地解消事業を利用して県費からも補助金が出ているので、その関係から見学に。

人数はけっこういた。
20人以上いたと思う。
安芸の農家さんがほとんどだと思う。



ナス農家さんが来るとは知らなかった。

ナスの様子を見てどう思ったのかなあ?
それほど悪い印象は受けていない様子に見えてのだけど。


ホコリダニにやられていることなど、除草剤が葉にかかってしまっているところなど、さすがに見たら分かるようだ。


ちょっと以外だったのが、木がえらいらしい。
木がえらいというのは、木の勢いが強すぎということ。

もうちょっと木の勢いを抑える必要があるとのこと。



木に勢いがあるというのは、なんか個人的にはうれしいような気がする。
しかし、ちょうどの樹勢というものがあるみたいで、一般の農家さんはちょうどの樹勢にするように勢いを調整するそう。


とにかく笑いものになるような感じではなかったと思っているのだが。
思ったより好印象を受けているかも。



実際のところは?
それは見学に来た人は知っているかもしれないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ホコリダニ

まずはナスの様子を

675.jpg

676.jpg


いちよう毎日収穫をしている。
量はまだまだ少ない

今日は特に少なかった。
この量で集荷場に持っていくのは恥ずかしい感じ。


677.jpg

こういう下の方になっている実をちぎっている。
上の方はまだ少しかかりそうだ。




ヨトウの被害はだいぶ収まったと思っていたら、振興センターの普及員さんが、ほかの圃場に比べればだいぶやられているとのことでおとつい消毒をした。

それとホコリダニの消毒も。


ホコリダニにやられているのがこれ

678.jpg

679 (4)

写真では分かりにくのだけど、健全な株と比較すればすぐ分かる。
成長点がやられて、成長がストップしている。

かなりの被害をもたらしてくれる害虫だ。



ダニの殺虫代だけでも1万円くらいの出費。
農協で一番安いダニ剤欲しいと言ったが、どれもよく似た値段。
どの殺ダニ剤も高い。



ところで、おとついはダニの2回目の消毒

1回目は卵まで殺すことのできる最後の切り札的な農薬を使った。

ウルトラマンや水戸黄門は最後の切り札は最後の最後までとっておくものだが、個人的にはそんなことは好きではない。
最初から切り札を使った。(最初は最後の切り札的な農薬とは知らなかったのだけど)



しかし、最後の切り札の殺ダニ剤でも完全には抑えきれていない感じだったので、2回目の防除をやったというわけ。(薬は別)

寒くなってきたらダニも自然と死ぬみたい。
でもそれはまだちょっと先かもしれない。
いずれにせよ、これでおさまってくれることを祈っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

豊穣祭

昨日は高知市内へ

まずは有名なはりまや橋
659.jpg

660.jpg

661.jpg

このはりまや橋は日本3大がっかりの一つとされているらしい。


しかし、なかなか風流あるじゃないですか?
以前はこんなきれいな橋じゃなかったそうだ。
堀もなかったそうだ。

もう日本3大がっかりとは言えないんじゃない?
この堀は京都の木屋町のふいんきに似てる感じがする。



次は高知一の繁華街とされている帯屋町(おびやまち)
この帯屋町を歩くことをおびぶらと言うそうだ。

すぐ隣の通路には酒の好きな県民性からなのか、飲み屋がいっぱいある。

ちょっとおびぶらしました。

その風景
663.jpg

662.jpg

666.jpg


664.jpg
これが高知で唯一のデパート


665.jpg

もう暗くなって見にくいのだけど、車も通っていないのに信号を守っている人が結構いる。
大阪の感覚からするとちょっと違和感を感じる。

高知の人は規則はきっちりと守る人が多いらしい。
大阪の人も規則は守るのだけど、公務員の不正は大阪が一番多いらしいね。

それと生活保護受給者の数も。
たしか15万人ぐらいいてるそうだ。
安芸市の人口の7倍以上は余裕でいてる。

まあ、そんなことはどうでもいい。



豊穣祭というものに参加した。

667.jpg

668.jpg
どうやら各地で豊穣祭をやっているそうだ。
安芸市でもやっていたみたいだね。知らない間にもう終わっているようだ。

669.jpg

670.jpg

671.jpg


この日は窪川アグリ卒業生を中心に集まった。

もし結婚したら、高知へ移住してもらうのに理想のタイプとして新聞とかにも載せてもらえるかもしれないとのこと。
独身というのは残念ながら理想なタイプとは見なされないそうだ。


以前、早くうまいこと騙して嫁さんもらわなと言われたことがあるのだけど、人がいいので人様の大事な娘さんを騙すことはできないタイプ。

人様の娘をとるなんて人がいいんでできないんだろうな。たぶん。


そんな人のいい人が理想のタイプとは見なされないなんて、なんか矛盾を感じちゃいます。

最後に高知市内の風景
672.jpg

673.jpg

674.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

初出荷

昨日は記念すべき初出荷した。

658.jpg

上が収穫したナス
こんなにもあるとわ思わなかった。

手前のコンテナがハネのナス。
いちようハネも出荷。



ちぎってみるとけっこうあるもんだなあという感じ。

ちょっとしかないだろうと思っていた。

みんながコンテナでナスを持ってきているのに、自分だけスーパーのレジ袋に入れてナスを持ってきましたというのもいやだなあと思っていた。

まあ、集荷場の方はちょっとでもいいですよとは言ってくれていたのだけど。


フタをあけてみると、そこそこ。
面目は保てたなという感じ。

この時ばかりはナスをちぎっていても、うれしくなってきたね。
ちょっと感慨にふけるものがあった。



本日は収穫するつもりはなかったけど収穫した。

ほんのちょっとだけ。
レジ袋に入れて持っていっても、コンテナに移し変えないといけないのでいちようコンテナに入れて出荷。


今日はいい気分はしない。
ヘタをうってしまったから。



本日は農薬による消毒。
ホコリダニにやられている。

やられた株の様子はまだ写真にとっていないのでまた載せようと思う。

動噴機で消毒をやるのだけど、動噴機には吸い込み口と吐き出し口(噴霧を止めている間は吐き出し口から水が出るようになっている)がある。

その吐き出し口がタンクに入っていなかった。


結果的には消毒液がほとんど外に出てしまって、ちょっとしか消毒できなかった。
かなり高い薬剤がかなりパーになった。

なかなか思い通りにはいかないこの頃です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

適正な管理のたいへんさ

今日は3回目のトマトトーンによるホルモン処理

昨日もやっていたのだけど、花の数が増えてきて思ったより時間がかかり、途中でいやになってしまって止めていた。

今日はその続き。


ハチを入れたら、必ずしもトマトトーンをする必要はないのだけど、ハチを入れても最初の2回ぐらいはトマトトーンをした方がいいだろうとの意見を聞いたので、念のためにということでやった。


トマトトーンをするのも、作業スピードが遅いのかもしれない。

去年の新規就農者さんは、そんなにも時間かかっていないと言っていた。
近所の農家さんは慣れの問題とのこと。


本日も途中でいやになりながらも、なんとか無事終了。



いやになったねと思いながらやっていると、ふと研修の時、受け入れ農家さんと近所の農家を見学した時のことを思い出した。

私でも手が回っていないなと分かるハウスもある。


ある農家さんは夫婦共働きで子供の懇談会などは農家さんが出席しているらしい。
農業以外でもやることはいろいろあるらしい。

そんな中でこれだけの規模(詳しい面積は忘れた)なら無理もないなと思ったのを覚えている。

親の介護と農業の両方をやらねばならない農家もいるかもしれない。
体の一部が不自由ながら農業をやっている人もいる。



細かい視点で見れば、どんなハウスでもここができてないなと指摘することができる。
しかし、たとえ手が全然回っていないハウスでも今はどうこう思うことはない。

適正な管理をし続けることがいかにたいへんかというのを分かっているから。
外部からでは分からない事情もあるだろうし。



たいへんだとは分かっていたけど、適正な管理をし続けようと就農前は思っていた。
だから就農計画を作った時、上方修正になるかもと思った。


しかし、どこまで適正管理が出来るか今日はちょっと不安になってしまった。
適正な管理のたいへんさがしみじみと味わう今日このごろでございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

品種

本日も3つぐらい収穫
昨日に続き私の胃の中におさまった。

おいしいですよ。そら。



ところで、ナスにもいろいろな品種があります。

私が栽培しているナスは竜馬という品種。
これはここ安芸で一番多く栽培されている品種だ。

次に多いのが土佐鷹という品種。

その他、同じナスでも慎太郎、はやぶさとかいう品種などもあるが、今ではかなり少数派になると思う。



農協や振興センターでは土佐鷹という品種を推奨している。
この品種は高知県が開発した品種で比較的新しい品種になる。


なぜ土佐鷹を推奨しているのか?

消費者のうけがいいから。
もっと言うと、おいしいという評判らしい。


正月に実家に帰省した時、受け入れ農家さんから土佐鷹ナスをもらって帰った。
味はおいしいと非常に好評だった。



でも、土佐鷹を栽培している農家より竜馬を栽培している農家の方が多い。

竜馬という品種はそこそこ古い品種で作り慣れたものがいいという人もいるだろう。

しかし、一番大きな要因と思われるのは土佐鷹は竜馬より栽培に温度が必要。
つまり重油を多く消費してしまう。
だから土佐鷹は無加温栽培では栽培できないということになっている。


ここ最近、重油の値段は非常に上がっている。
だから土佐鷹を栽培しても竜馬よりお金が残りにくいと思われているのかもしれない。

去年、土佐鷹の説明会に参加した時はそんなことないですよというようなことを説明していたので実際のところはそうでもないらしいけど。



私は集荷場の方に土佐鷹を勧められたこともあって、土佐鷹を栽培しようかなと思っていたんだけど、無加温栽培になったので竜馬にした。

ナスの味の違いはよく分からないんだけど、自分で作ったものはやっぱり格別なものがあるのかもしれない。

竜馬も十分おいしいと思うこのごろです。



でも品種によって同じナスでも味が違うということもあるようです。

普段、消費者の皆さんはナスの品種まではチェックしていないかもしれませんが、いろいろな品種を食べ比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

初収穫

今日はたまたま出荷できるぐらいの大きさになっているナスを見つけた。

これは出荷できるなと。
それがこれ

657.jpg

大きいほうのナスは出荷できるだろう。

しかし、1個だけ集荷場に持っていくのもなかなか気が進まない。
知っている農家さんにあげようか?
しかしナス農家さんにナスをあげてもなあと。


これ以上ほっといても木に負担がかかってしまう。

そこで初収穫のナスは自分で食べることにした。
もう2個ぐらいちぎって全部で3つ。


ナスのお味の方は?
これは人それぞれだろう。



ところであるお話

徳川3代将軍、家光は毎日贅沢なものを食べているくせに、もっとうまいものはないかと家来を困らせていたらしい。

ある日、沢庵和尚というえらい坊さんが家光にとびきりうまいものを食べさせてあげると言ったので家光は喜んで沢庵和尚のお寺へ行ったそうだ。

お寺で家光は楽しみにしてうまいものを待っていたらしい。
しかし、なかなか食事が出てこず、寒い風が入ってくる中、かなりの時間待たされたそうだ。

腹もすいてきて、もう待ちきれないというころに、和尚が出てきて食事を出したそうだ。


その食事は茶碗に少しばかりのごはん。それとたくあんの漬物。
茶碗にお湯を入れてもてなしたそうだ。

そのお茶漬けとたくあんを食べて、これはうまいと感動したらしい。


まあ、作り話だと思うけど。



農作業を終えて、家に帰ってから

3個のナスを電子レンジでチンして、チューブに入った生姜に醤油を入れて、アチアチとか言いながら生姜醤油につけてナスをかじる。

そらうまいですよ。



中には、俺はナスより松坂牛の方がいい、神戸牛でもいいけど。
という人もいるかもしれない。


そんな人でも、家庭菜園でもいいのでナスを育てて、仕事終わりなんかに自分で育てたナスを生姜醤油につけてビールのあてにでもかじってみたら、これはうまいとなるでしょう。

一度ためしにやってみては?
個人的にはお勧めしたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。