今日はナスをちぎりました

今日はナスをちぎりました

思ったより多かった。
よそも増えてきているみたい。

ここのところ天気がいい。
それもあるのでしょう。

収穫に思ったより時間がかかっていて、ほかの作業が遅れがちな状況。



その他の管理がおろそかになっている部分、来月くらいに影響あるかもしれない。

それはそれで仕方ない。


仕方なしでいいんですか?

仕方なしでいいんです。


そんなこと言っちゃっていいの?

言っちゃっていいんです。


いちいちね、言っていいかどうかなんて気にしてられないねえ。
言いたいことは言っちゃったらいいんです。

まあ、こういう境地こそ農業を成功させる秘訣とだけ言っておきましょう。

そういうすばらしい秘訣を惜しげなく教えてくれる人が世の中にはいるんですね。
ありがたいかぎりです。



ところで、本日営農指導員さんが来られて

現地検討会で私のところに来たことで、私がショックを受けてないか心配してくれていたみたい。


これからも何回でも勉強しに来てもらったらいいですよとは言わなかったけど、

どうぞこれからも何回も来てくださいとは言っておきました。


現地検討会の時は保温の仕方のまずさを主に指摘された。
まあ、ほかにも細かい指摘点はあったのだけど。



明日は気分転換もかねて、小祝さんのセミナーを聞きにいこうと思っています。
小祝さんの著書は本屋の農業コーナーで見ることができると思います。

何冊も本を出されています。
ここ安芸の書店でも何冊か小祝さんの本が置かれています。

農業関係に詳しい人なら、この人の名前ぐらいは知っているでしょう。


まあ、明日はしっかり話を聞かせてもらって、参考にんるところは参考にさせていただこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

いろいろと課題は多いですね

昨日ナスをちぎったので収穫はなし。

本日はトマトトーンによるホルモン処理という作業をメインにやっていた。


明日はナスをちぎる予定。

見落としか順調に太ったのか分からないのだが、下の方で太っている実をそこそこ見たということもあって。
見落としではなく、順調に太っている実であってほしいのだけど。



それと、アブラムシが一部発生しているところがあったので、そこの部分だけ農薬散布した。
これをスポット散布という。

アブラムシなど恐るるに足らず。
ただ、ちょっと汚らしいね
こんなものは、とっとと消えてもらうに限る。

だけど、恐るるに足るやつがいてるのがやっかいなんだねえ。



スリップスは実に被害果が最近見られなかったので、いてないだろうと安心していたんだけどいてるみたい

先日、窪川より見学に来た時に所長がいてたよと言っていたので。
そういや、葉の裏をじっくり観察していた。

コナジラミが多いのではと指摘された。


コナジラミはいるのは分かっていたが、多いレベルとは思っていなかったんだけど・・・
コナジラミのさなぎも見せてもらった。

葉の裏にいっぱいついていたね。



もちろん病気の話も出た。
今はこっちの方が深刻だから。

この日は振興センターからも普及員さんとゲスト2名が来訪。


振興センターからのお客様が普及員に向かって、病気対策として

どうしたらいいか、どんな薬がいいか調べて後で連絡してあげと言っていた。


窪川の所長からも

防除センターに問い合わせて確認しなさいみたいなこと指示されていた。



黙って聞いていたけど、この時ばかりは、普及員さんにちょっとだけ同情した。

現場のことは、やっぱり現場の人間が一番知ってるもんだと思いますよ。

普及員さんも私もこう思っていたはずだ。


調べて解決できるなら誰も苦労してないやろと。


調べて解決する方法教えてくれるに越したことはないんだけど、そうなったらそれで、こっちとしては
なんでそれをもっと早く教えてくれへんかったんやとなるだろうね。



普及員さんも、イライラがたまったんだろうねえ、

しばらくして、感情をむき出しにして

「ここまでなったらもう薬剤では無理なんです」と。


そこまで言われたら、こっちも黙ってられないですねえ。

確かに病気にかかっている。
しかし犯されてるのは比較的古い葉ばっかり。

新しく出てきた葉には感染していない。


思ったよりは広がってないですねとの回答


新しい葉にも移るんですか?と聞いたら

はっきりと

移りますとの回答。


それを聞いた振興センターからのお客様より

「あっ、断言されちゃった」

そのセリフの後、その場はシーンとなっていました


私的には、せっかく窪川より見学に来てもらったんだから、少しはいいとこ見せられたらいいなあとは思っていました。

そらそう思いますよ。

それどころか、ダメ出しされとるがなという感じ。


ここで何か言うとしたら、

「まあ、ダメ出しされているところ見られちゃったけど、たまにはこういうこともあるんちゃいますか」

ぐらいですかねえ。


でも、これを言うと余計シーンとなるかもしれないんで、何も言わなかったんだけど。


病気の話の次に害虫の話になったんだけど、

普及員さんは、またイライラしちゃったのかなあ?
感情的になって

「暖かくなってきたら、薬剤だけで害虫を抑えることはもう無理なんです。天敵の力をかりないと無理なんです」

とのこと。

その後、またシーンとなっていたような気がする。



まあ、いろいろと課題は多いですね。

しかし、ダメ出しされようが、何されようが作が終わるまではがんらないととは思っています。


最後にハウスから見えるきれいな夕日の風景でも

563.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

そのうち書こうかなあと思っています

本日はナスをちぎった。

昨日、あまり太ってなさそうなので、中2日あけての収穫。
中2日だけあって、いつもより多かった。

ホッとした感じ。



本当はもっととらないと、振興センターと一緒に決めた目標トン数、反当15トンはいかないねえ。

最高の言い訳は、とっくの昔に出来上がっている。
でも言い訳する人は伸びないんだって。
だから、どうしようか迷ったりもしてるんだけど。

言い訳してくださいと言われれば
最高の言い訳を聞かせてあげるけどね。



でも、作の途中でこんなこと考えていたら駄目だね。

厳しい道でも、目標トン数は目指さないと。
まだ望みも完全に捨てたわけではない。

望みをつなぐためには、何とか今のペースは保てたらという感じ。



もちろん、別に達成できなくてもいいじゃないかと思う時もよくあるね
気楽に適当にやればええやんかと思う時もある。

なかなか厳しい道だからねえ


でも、やっぱり何とかして・・・という気持ちの方が強いかなあ。


なんでだろうねえ?
分析してみると、こうこうこうだからかなあと思う節はあるにはある。



それは書くと長くなるような気がするね。

殺菌剤シリーズの後は

その心はシリーズ

でも書こうかなあ。


まあ、気が向いたらそのうち書こうかなあと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

来客者

昨日、今日と来客者が相次いだ。

昨日は南国で新規就農した人が来訪。



ちゃんとナスができているとお褒めのお言葉をいただいた。

ナスもきちんとしたナス
キュウリになっていない。

きっちりナスが出来てすごいとのことだった。
もしかしたら、うまくナスを作れていなくキュウリになっているかもと思っていたらしい。



本日は午前中、安芸に来る前にお世話になった施設、窪川アグリの所長と研修生2名が見学に来訪。
ブログでリンクさせてもらっているロペスのブログというブログを書いてる方が研修生

なかなか耳の痛いお言葉をいただいた。


午後は現地検討会で、ナス農家さんが来訪。

ここでも厳しいお言葉をいただいた。



とりあえず、本日を最高の状態にもってこようと思って作業をやっていたのだが・・・

予想していなかった指摘もあり、結論としては思ったよりは想定外という感じ。


厳しい展開は続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

本日の農業基礎講座

本日は午後から農業基礎講座に参加

本日の農業基礎講座は実地講座で実際の農家さんのところを見学しました。

見学したのは2件のナス農家さんを訪問。


おそらく篤農家さんでしょう。

っていうか1件の農家さんは知っている農家さんだった。
もう1件の農家さんも、うわさで聞いたことのあった農家さん。

ここ安芸で天敵のタバコカスミカメが表舞台に出てくるのに、この農家さんの存在がなければ、もしかしたらこの天敵はまだ表舞台に出ていなかったかもしれない。

ちらっとそのことを聞いたら、非常に謙遜されていた。



もう1件の農家さんは、農林水産大臣賞という賞をとった農家さん。

聞いた話によると毎年20トン以上を取っているそうだ。

この毎年っていうのがすごいね。
これはなかなかできないと思いますよ。


実は以前、この農家さんから天敵をいただいていた。

そのお礼をしたら

天敵、ぜんぶ殺してしまったらしいなあ と。


あれ、なんで知ってるんやろとびっくりした。


実はその通りで、せっかくいただいた天敵、全部殺してしまっている。

もちろん殺すつもりなんかなかったですよ。
スリップスをやっつけるのに、一緒に死んでしまったのだ。

でも、すまんけどスリップス君と一緒に死んだってくれと心の中で謝っていたから、少しは殺すつもりはあったのかもしれないけど・・・



ナスの様子はというと

2件とも、まったく病気がきていない感じ。
葉がとにかくきれい。

うちとこのナスの葉見たら、なんやこれと思うかもしれないね。


花芽は今は谷間ということらしく、思ったほど多くなかったというのが正直な感想だ。

現地検討会なんかで、あまりの違いの差を見せつけられた時は嫌になったからね。
仲良くみんなで少ないままでいましょうよという感じだね。


こういう場合は、ほかの人はどう思うんでしょうね?

私は圧倒的な差を見せつけられるのは気分的にまいってしまうので嫌いです。
逆なら別にいいんだけど・・・


とにかく、いいお勉強になりました。
いい講座でしたね。

こういう現地講座もいいんじゃないかと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

これは言えないですね

本日はナスをちぎった。

前回、思ったより多かったので少ないかなと思ったのだが、思ったよりは少し多かった。
とりあえずはこのペースを維持できればという感じ。

本当はもっとあったほうがいいんだけど・・・

去年の12月とだいたい同じペースかなあとも思ったが、よく考えるとペースは落ちているような気がする。



去年の12月はナスの値段は良かった。

この時期、ナスがならんという声を聞くことがあった。
どこの農家さんもあまりナスがとれなかったようだ。

値段が良かったのは、それもあったのだろう。


今月は取れ出しているのかなあ?
先月に比べると値段は下がっている。

それでもまあまあの値段をしているのだけど。



肥料屋さんが去年の12月の初旬頃

ここ(私とこの圃場)は、よそに比べたら花も実もそこそこある。
よそがいっぱい取ってる時に、ここは取ってないんやからいっぱい取らなあかんと言っていた。

でも言うほどは取れていないと思う。



先日、農協の方(普段来る人ではなく知っている人)が

調子はどうや?
ということでハウスを訪れた。


無加温なので、一番怖いのは木がしびる(土佐弁で凍傷のことを言う)こと。
そうなれば枯れはしないが、1月くらいは収穫できないそうだ。

それは大丈夫やなあとのこと。


無加温では一番多くとったれと言っていた。


そう言ってくれるのはうれしいんだけどね・・・


理想は

(私)そんなことしていいんかなあ?

かまわん、かまわん、とってとってとりまくったれ

たぶんこう言ってくれるだろう。


続いて

(私)遠慮して本気だしてなかったんやけど、本気だしていいかなあ?

遠慮なんかする必要なんかないっちゃ。本気だしたれ

(私)どないなっても知らんでえ

かまわんちゃ。本気出して出して出しまくったれ。

(私)よっしゃ、そういうことやったら本気出さしてもらうわ。
   そんなら、まあ見とってください。


一瞬、これが理想かなあとも思ったんだけど

結論は

これは言えないですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

いろいろと思うところはありますね

集荷場に出した荷物は、どれだけの量を出したかのキログラム数とその規格の内訳が各生産者のボックスに配布されるようになっている。

数日遅れて、いくらの値段だったかの伝票も入れられる。


この伝票を累計していったら、自分が今までどれだけのナスを取ったかわかる。

振興センターが作ったソフトでその伝票を打ち込むと、収穫数量はもちろんのこと、分析データも出てくるようなソフトがある。
(ちなみにこのソフトは無料で配布されている)


打ち込もうかなと思ったこともあったのだけど、思っただけで全然打ち込んでいない。

私の場合は日々の伝票から、だいたいこんなもんかなあと推測する感じ。



昨日、昨年の11月分までの正確な出荷数量を示した書類が入っていたので、それを眺めていた。

反当、18トンと11トンのペースのグラフと数量が書いてあって、それと比較できるグラフもある。
また、自分の圃場の規模に直した18トンと11トンの数量も書いてくれてあり、非常に親切で分かりやすい感じになっている。



10月の出荷数はわずか。
この時期は、よそでは本日は何十ケース取ったというすごい話をちらっと耳にはさんだりしていた。

よそは結構取ってるような感じだったね。


私はというと、この時期はなんとかナスらしい木にしようと必死だったような気がする。

後半ごろに、やっとナスらしい木になってきたなあという感じだったと思う。



11月はナスらしい木になって、さあこれからやでという時期だったね。
その11月分の結果がきっちり出たというわけ。


まあ、これを見ているといろいろと思うところはありますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

いつもいつもご苦労様です

本日はナスをちぎった。

前回少なかったせいか、思ったよりはあった。
ちょっとホッとした感じ。

この先はどうでしょうね?
何とも言えない



ところで、本日集荷場で個人のボックスから書類を取り出した。

こまめに取っていないので、いつも私のボックスには結構書類がたまっている。


見ているとお知らせが。

今月の現地検討会のお知らせ。

勉強内容は

栽培管理について
試験的にCO2施用しているハウスの途中経過
熊本視察報告 など

あと、篤農家ハウスの視察も
その中に私のハウスも入ってるんだけど。

でも篤農家ハウスの視察と思っているのは、もしかしたら私だけかもしれない。
篤農家という文字はどこにも書いてなかったからね。



熊本までナスの勉強しに行ってるみたいですね。

どんな報告か楽しみです。


ちなみに熊本はナスの産地である。

安芸もナスの一大生産地。
安芸のすごいところは、なんといってもナスの収量高は日本一
堂々たる日本一

すごいね。


今だから言うけど

最初に来た時はそんなすごいとこには見えなかった。

今は?

まあ、すごいんじゃないですか。
いや、すごいです。

外見で物事は判断したらだめですね。
何事もそうだと思いますが、中身をよく見ないとダメだと思います。



でもちらっと聞いた話では今では熊本に抜かれそうな勢いなんだって。

うーん。
うかうかしてたらダメですね。

そういうこともあって勉強しに行ってくれてるんでしょう。


いつもいつもご苦労様です

これからもがんばっていただければと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

本日の作業

昨日で殺菌剤シリーズも終わってしまいました。

さて何書きましょうかね。

書くことなんかないでというのが率直な感想なんだけど・・・
まあ、そんなこと言いながらなんとか書いているんですけど・・・


しかしですね、冷静によーく考えてみると、

あっ、これはまだ書いてない
これはまだ話途中で終わってるなあ。
これは書かなあかんのちゃうかということを、まだ書いてないなあ

まだまだ書かなあかんで。
そうや、まだまだいっぱい書かなあかん


そんなことも一方で思います。

でも、いざ書きましょうとなったら何を書こうかねえとなっちゃいますねえ。



思案のあげく、本日は今日したことを書こうと思いました。
久しぶりに本日はきちんと写真もとりました

今日は昨日ナスをちぎったので収穫はなし。

それでは本日の作業した写真を

558.jpg

処理後の写真
557.jpg

これは分岐下の脇芽の除去。
久しぶりにこの作業をやった。

大きくなったのはその都度、取っていたんだけど大きくなるまでほったらかしだった。

ほかの写真も
559.jpg

その後
560.jpg

さらに他の写真も
561.jpg

同じくその後
562.jpg

赤の丸で囲った2つにわかれている部分が分岐点
この分岐点より下の脇芽はその都度全部除去することになっている。

本日はこんな作業ばかりしていました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

殺菌剤 その4

本日は中2日あけての収穫だったので多いかなと思ったが予想より少なかった。
ちょっと残念。


ところで殺菌剤の話が終わってないので本日も殺菌剤の話


こないだ防除の時、殺菌剤のラベルを読んでいた。

いろいろな作物の病気に対して何倍にするか書いてある欄があるんだけど、そこでふと疑問に思うことがあった。

ナスの欄を見ていると、灰色かび、黒枯れ、菌核に対して1500〜2000倍と書いてある。


ほかの作物も見ていたんだけど、ピーマン、シシトウの欄が目に止まった。

ピーマンは黒枯病に対して4000〜6000倍
ししとうにいたっては1万倍

この薬剤を使うのは黒枯病対策のため


これで何で疑問に思った分かるでしょ?

灰色カビと菌核に対しては1500倍〜2000倍の濃度が必要かもしれない。
だけど、黒枯病にはもっと薄い倍率でいいんじゃないかと。

2000倍で使うのは薬剤の無駄使いじゃないだろうかと思った。



そこで、振興センターの普及員さんに電話で聞くことにした。

まず、ピーマン、ししとうの黒枯病とナスの黒枯病の病原菌は同じ菌なのか?ということ。

同じ菌ですとの回答


それやったら、ピーマン、ししとうでこんな薄い倍率で効くんやったら、ナスでも薄い倍率で使っても大丈夫じゃないかな と。

普及員さんより

規定の倍率より濃く使うのは駄目ですけど、薄くして使うぶんには全然問題ありませんとの回答


そんなもん分かっとるわ。バカにすんなと言いたくなったけど、そこはグッとこらえた。


それは私に問題があるんじゃないかと。
そんなことも分からんようなアホに思われてるのは、自分自身の日頃の言動に問題があるのじゃないかと。

やっぱり、これは真摯にうけとめなきゃいけないと思うんだね。
自分のことを棚にあげて、人に文句を言ってはいけないね。


気をとり直して、それは分かっているんですけど、薄めて使っても効果あるんですか?と。


効果あると思います。とのこと。


本当は思いますじゃなくて、効果ありますと言ってくれる方がうれしかったんだけど、まあ、それは別にいいでしょう。

それはいいこと聞いたでと思ったんだけど、普及員さんより

その薬剤は抵抗性菌の存在が確認されているので、あまり強い薬剤ではない。使うのは1回だけにしといた方がいいと思います。とのこと。


それを聞いてがっかりした。
ここでまた抵抗性の問題が出てくるとわね。

この抵抗性とは本当にやっかいな問題ですね。



結局、迷ったあげく規定通りの倍率で使った。
菌核にもそこそこやられたこともあって。

でも菌核はもう1種類の薬剤でも有効であったので、薄めても良かったんじゃないかとも思うんだけど・・・

比較的安い薬剤だったということもあって薄めるのはやめにした。


なかなか思い通りにはいかないですね。残念ながら。

とりあえず殺菌剤の話はひとまずこれで終わり。
殺菌剤その4でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR