スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の足音

野菜の値段が全般的に高騰しているようです

ナスの値段も上がっています
台風はたいしたことありませんでしたが、その影響か4日ほど天気が崩れていました。

その影響もあると思います
ここ安芸でもナスの取れ具合は全般的に良くないようです


農業の技術は間違いなく発展していますが、天候に大きく左右されるという点は今も昔も変わらないですね
ハウスなどの人工的な環境なら、影響はだいぶ少なくなると思いますが、それでも天候には大きく影響を受けます。



昨日、肥料屋さんが、この悪天候で樹勢がどうなったか関心があるとのことで来られました

収量はさすがに落ちました
花を落とさないか気になっていたのですが、そこは最小限度におさまっていると思います

まあ、こんなもんじゃないかとは思うんですが



気がかりなのは病気

今までは私しか気づくことができなかったのですが、普及員に指摘されました
これは症状が進展しているということ


黒枯れが心配だということを少し話したのですが

肥料屋さんからすれば、想定の内だったかもしれません
私からすれば想定外なんですが


進展した要因の一つとして、今回の悪天候が影響したのは間違いないでしょう
しかし、条件はみんな一緒
みんながみんな黒枯れをだしているわけでもない


手は打っていたつもりだったのですが・・・

ちょっと甘かったかもしれません
黒枯れの症状を見た時もそうだったのですが、今回もショッキングなことだね


前作の時点で今作も病気が出ると言う人はいました
普及員にも去年、あれだけ病気がでたので今作も必ずでます。しかし、それを最低限に抑えるべきですと言われていた。


私の想定ではでるとしても作の終わりぐらいに、ちょろっと出る程度の予定だったんだけどなあ。

普及員さんに

なんでか分からんのですが、病気がでないんです
これなんででしょうね?
病気は必ずでるはずやのにねえ

こういう質問まで用意していたんですが
残念ながら無用になってしまいました


今回、黒枯れを指摘された時は想定外のことだったので、コメントも用意していなくてノーコメントに終わりましたが・・・


やっぱりでたかという感じかなあ


この黒枯れ、いったんとりつかれると、とりはらうのが面倒な病気
虫で言えば、スリップス、コナジラミみたいな感じかなあ

病気の場合はさらに恐ろしい病気もあるんですが
でも、これもやっかいな病気ですね


病気の足音が聞こえてきました
ちょっと早すぎるような気もするんだけどねえ

まあ、病気と戦っていくしかないですね


最後に気分を変えて珍しいと思われる鳥の写真でも

214.jpg
たまに何の鳥やろなあ?と思う鳥を見るんですけど、これもそのひとつ
何の鳥でしょう?

215.jpg
飛んでいる姿です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

天敵防衛網

主枝の摘心がぼちぼち始まっています。
(主となる枝がこれ以上伸びないように成長点を止めること。摘心位置は農家によっても異なってきます)



虫の方は今のところ、それほど問題になっていないと思っています
もちろん少しはやられましたけど

コナジラミも目につくことはつくのですが、相変わらず増える気配なし
一時より減ったのではと思う時もちらほらあるのですが、どうでしょうか?

去年の今頃、スリップスにも悩まされたような記憶もあるんですが、今年はスリップスがいっぱい湧いているということもないね



天敵のタバコカスミカメも以前よりは増えている。
天敵として機能するほどの数がいるかどうかは分からないのですが

普及員さんは

今作はタバコカスミカメ、定着成功ですね

と言っていましたが



もしかしたら天敵防衛網、完成?

本来なら、にっこりしてピースサインを出したいところなんですけど、どうもそういう心境にはなれないのが現状



もしかするとタバコカスミカメに病気が流行っているかもとの恐れあり

死骸に白いカビが生えているのがよく目につきます

病気にやられて死んだのか、死んでからカビが生えたのかよく分からないんですが

通常はそうはならないそうなんですが

その写真をちょっと

208.jpg

白いカビが生えています
タバコカスミカメから白いカビが発生しています

209.jpg

これはクレオメという植物の葉

タバコカスミカメのエサにもなります
穴があけられているのはタバコカスミカメによる食害です

ここにもカビが発生しています

210.jpg

これはゴマです
植物の中ではタバコカスミカメが最も好きなものではないかと思われています

ここでは多くのカビが発生しています

赤い丸で囲った緑色の虫
これがタバコカスミカメの成虫です

普通、デジカメで撮ろうとするとピンとがあわなくて、ぼやけてしまうのですが偶然にもきれいに映っています
これは生きています


天敵防衛網に死角なしといきたいところですが、死角ありかもしれません
気になるカビです


最後に最近、よく目につくようになった虫の写真でも

211.jpg

212.jpg

213.jpg

生かしておくべきか、始末すべきか非常に悩ますところなんですが
クモなら迷わず始末するんだけどねえ

こいつは殺せんぞ

という意見も聞いている
わざわざ外から入れる人もいてるようだが


普及員に尋ねたところ

始末しといたほうがいいような・・・

とのこと


すぐに始末してください

と言ってくれたら、迷わず始末するんだけどねえ

とりあえず生かしています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ねんりんピック

台風はたいしたことがなくて良かったです

高知ではねんりんピックが本日開幕したもようです

ねんりんピックとは高齢者のスポーツや文化の交流大会のことを言います

知っていました?
私は全然知りませんでした


ここ安芸では将棋のネンリンピックが開催されたようです
昨日、安芸の宿泊施設はどこも満杯だったそうです

でも安芸の町並はいつもと変わらない印象でしたが



本日はねんりんピックではなく、星野監督を応援しようと久しぶりに日本シリーズでも見ようかなあと思ってチャンネルを探したのですが、日本シリーズやっていないですね

野球人気も落ちたもんだねえ



ところで昨日は安芸の新規就農者の間で飲み会

私の知ってる肥料屋さんも参加されて、そこで聞いた話ですが

つれづれファームというブログからトリコデルマ菌という菌の存在を知って自分も欲しいということでトリコデルマ菌の注文があったそうです


そんなブログあるんですか
そのブログ、僕も見てみようかなあ

と言っておきましたけど


まあ、そんなこともあるんですね
びっくりしました



ナスの方は快調な収穫スペースでしたが、ここにきてトーンダウンしてきました

天候が悪かったのと、夜温が低くなってきたのもあると思います
実のぶらさがりも少なくなった感じ

再び新しい芽が出てナスをつけてくれるのを待つ感じかなあ
快調なペースを維持し続けるのはなかなか難しいですね

いつまでも続くとは思っていなかったですけど、ちょっと短かったかなという気もしています
でもまだまだナス栽培は続きます

こういう時こそ管理が大切かもしれません


最後に下葉をとったナスの株の様子でも

205.jpg

206.jpg
赤丸で囲った部分は天敵(タバコカスミカメ)のえさ、ゴマです

207.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

下葉取り

台風の影響もあるのか天気の悪い日が続いています

チッソ過多など心配するに値せずと思って、チッソを追加でやっていましたが今になって再びチッソ過多になってしまってるかもとの気もしないではないこの頃



ところで、ここ数日は収穫以外は下葉取りをやっていました

分岐下の葉と土に触れている葉を除去

下葉はこんな感じ

201.jpg

202.jpg

203.jpg

大きくて立派な葉も多く、そういう葉は取るのがもったいない気もしたんだけど、そういう葉もきたない葉も片っぱしから除去

ちなみに前作は病気が全部落としてくれたと思います
すっきりしてよかったやないかとのお言葉もいただいたのを覚えています



それはいいとして、これをやる理由は

・通気性の確保
・病気の予防
・均一な潅水をするため
・収穫の際、ナスが見やすくなる

他にもあるかもしれませんが、私が思いつく限りではこんなところです


あまり一度に取るのは株に負担がかかるので、徐々に落としていくのがベストらしいのだが、そんなことはめんどくさいので私はいっぺんに落としました



でもこの下葉

振興センターの指導では、下葉は根を作る大切な働きをするので、できるだけおいておくようにとのこと


まだ下葉はいいかなあと思っていましたが、下葉をもう取った方がいいとの意見しか聞かなくなったので下葉取りをやっていました

いちよう本日無事、下葉取りが終わりました
ほんのちょびっとだけほっとした感じがしています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ハンサムなナス

本日はNHKの大河ドラマ、八重の桜を見ました

いつも見ているわけではないので、登場人物が誰が誰でどういう関係なのかさっぱり分からなかったのですが、つい見てしまいました

なかなか良かったような気がしています



このドラマ視聴率はいいんですかね?

このドラマ始まった時は見ようと思っていたのですが、いつも見忘れていました
録画しておこうかなあと思った時もありましたが、いつも録画し忘れていましたが


八重の夫、新島 襄は彼女のことを友人にこう言ったそうだ

姿、形は美しいとは言えないけど生き方がハンサムだと

なかなかかっこいいセリフですね


私はこのセリフが印象に残っていたので、配役が綾瀬はるかだと知った時はそれはちょっと違うんじゃないかと思ったのを覚えていますね




ところで、ナスの方は今のところ順調に収穫できているような気がしています

ちょっとヨトウにかじられたりするナスもあって、ヨトウにむかついているんですが
ヨトウにかじられたナスはそら姿、形は醜いですね

でも姿、形は醜くても私が作ったナスはハンサムではないかと個人的には思ったりもするんですが


何がハンサムなんですか?

と聞かれたら、それは私にもよく分からないんですがハンサムなナスのような気がしています



でもヨトウとは思えない穴のあけ方をされるナスもありまして(写真でもあればいいんですが撮るのを忘れました)

ヨトウなら比較的小さい穴でたまに深かったりするんですが、広く浅く広範囲にかじられているナスもちょこちょこありまして、これが何か分からなかった


受け入れ農家さんが言うには、キリギリスだそうです


キリギリスといってもイメージがわかなかったのですが、本日それらしきものを1匹見つけました
これがキリギリスかと思ったのですが、怒りの方が大きかったですね

とりあえず1匹は始末したんですが



この前、窪川アグリの課長と振興センターの方がハウスを訪れ、帰り際に振興センターの方に原因不明のナス(この時はキリギリスだとは分かっていなかった)を普及員さんに調べていただきたいということでことづけました

丹精込めて作ったナスなのでぜひ食べてください

と伝言も頼みました


今から思えば

姿、形は悪くとも、このナスはハンサムなナスです

なんてことも付け足したかったね



そういや、おとついだったと思うんだけど、普及員さんにお会いしたのですが

あのナス、食べてくれた?

と聞きたかったんですが、聞けませんでした


小心者なのか臆病なのか、それともナスがハンサムということに自信がないのか?
自信があれば聞けたと思うんですがねえ

聞けなかったということは、まだまだ修行が足りない証拠かもしれませんね


最後にナスの様子でも

396.jpg

397.jpg

398.jpg

次はいつもの株です

399.jpg

前にのせた同じ株

395.jpg

デジカメを新しいものに変えたのでサイズが少し変わっています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

人によって見方はいろいろ

昨日は私がお世話になった窪川アグリの課長が振興センターの方と共にハウスを訪問

今の株の状態なら人様に見てもらっても全然恥ずかしくないのではと思っているのですが
樹勢の強い状態なので、よく見えたのではないかと思っています



もし私が自分とこの圃場について意見を求められたら

気をつけないと危ないですよ

と言うでしょうね


でもそれに気づくことができるのは私しかいてないと思っている
今までそれに気がついた人は私以外誰もいてないからね



ところで本日、2件の肥料屋さんがハウスを訪問

1件目は前から来ている肥料屋さんで

管理が全然追いついてないね
とにかく管理や

まだまだ管理が足りんとのことだった


チッソ過多になってるかもとの懸念を言ったらそれはないとのこと

枝の伸び方を見たら分かるそうだ
相対的に枝の伸び方は理想的な伸びだそうだ

ちなみにチッソ過多になると枝が間のびするそうです
間のびした枝の花はナスの太りも悪くなり形も良くなりにくいそうです

主枝から離れれば離れるほどそういう傾向になるようです

間のびしてしまった株の花は天候が悪くなるとすぐ花を落としてしまうが、ここはそうはなってないから全然チッソ過多ではないとのこと



次に2件目の農家さんが訪問
こちらはチッソ過多だと指摘された方

チッソ過多ではないのではないかとの意見を言ったら、そうかもという感じだった

葉の色で最近つやがちょっと悪くなってきた感じがする
ダニかなんかついてるんかなあと言ったところ

この葉こそチッソが切れてきた葉の色です
チッソが切れると葉につやがなくなりますが、全然心配ないです と


ほんまかいなあ

と思うんですが、まあほんまのことでしょう


それと前に意見が分かれた黒枯れはカビか細菌か?

お話した結果、勘違いしてましたということでカビということになり、そこはすっきりしました


この前、黒枯れの葉を見せたんですが

その時はこれは黒枯れに間違いありませんとのことだったんですけど

本日は

あれ、ほんまに黒枯れでした?

あれは本当に黒枯れですよと言ったらすんなり納得していただきました


トリコデルマ菌は黒枯れにも効くでしょうと言ったら

それはよく分からないそうだ


菌の話をしていると、トリコデルマ菌以外にもいい菌があるらしく、名前を聞いたらいかにもウサンくさそうな名前で聞いてもすぐ忘れてしまったんだけど、パンフレットもあるらしい

あまりにもウサンくさそうな名前なので興味をひかれてしまいました


そのパンフレット、今度見せて

とつい言ってしまったんですが



まあ、とにかく同じ株でも人によって見方はいろいろ

課長と振興センターの方にはいい株をお見せしたかもと思っているんですが、どうでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

要らぬ気遣い

先日、奥の手を使ったことをこのブログで書いたんだけど、それについてはまだ詳しく触れていなかったので今日はそのことについて書こうかなと思っています


ようやく土着天敵のタバコカスミカメもちらほら見えてきた感じがしています
まだまだ増えてくれないといけないですが


コナジラミはいるにはいるが、少し減ったような気もしないわけではない
スリップスの被害果は少し多くなったかも

スリップスはあまりいてるような気配は感じないんだけど



タバコカスミカメが増える気配がなかったので、ずっと心配だった

こういうまさかも時のための準備もぬかりなくしていた
それを先日行いました

それがこれ

390.jpg

ちょっとこぼしてしまって量は減っているのですが



これは何かというと万が一に備えてスワルスキーカブリダニを培養していた
ここにはわんさかとスワルスキーカブリダニがいていると思っていたんだけど、そうでもないかもしれない。


前に営農指導員さんにスワルスキーがいてるかどうか見てもらった

ちょっと見にくくて見えないということだったので、ナスの葉を1枚取ってきて、ナスの葉の上にのせて見てもらったのですが見えないとのことだった。



今から思えば要らぬ気遣いだったかもしれないです


もし私が逆の立場ならこう言っていたかもしれません

あきまへんなあ
これじゃぜんぜん話になりまへんわ
スワルスキーが消えてまっせ


気を使って見えにくいから見えないと言ってくれていたかもしれない

もしかしたら、そんな心づかいを無にしてしまったかも
要らぬ気遣いをしてしまったかもと



普及員さんにも同じように見てもらいました
この方には要らぬ気遣いはしていないかもと思ったりもしたんだけど、よく考えると要らぬ気遣いをしていると思います。


営農指導員さんと同じように

これじゃ、見にくくて見えない

とのことだったので

この時もまたナスの葉をちぎってこれで見てはどうかと渡しました


それよりこっちの方が見やすいんで

と言って自分で持ってた黒のボードを使って見ていました

あっ、そう

と言うしかなかったんですけど


ハウスの中でスワルスキーの定着具合を見ている時も、肉眼で見ているので虫メガネを差し出して、これで見てはどうかと提案した時もあったのですが

虫メガネで見ると狭い範囲しか見えないんで時間がかかるのでいいです

とのこと

この時もあっ、そうと言うしかなかったですけど

よく考えるとこの方にも営農指導員さんとは違った意味で要らぬ気遣いをしてしまっているかも



ところで先日、このスワルスキーを培養したものをナスに振りまきました

増えているかなと思ってよく見ると1匹は見つけることができました
どれぐらいいるかは分かりませんが、いるにはいるだろうとのことで

また前回スワルスキーを撒いた時のように手が震えるかなと思ったんですけど、この時はぜんぜん震えなかったですね


土にもいっぱいこぼれました

これを他の人が見れば

なんてもったいないことを

と言うかもしれませんが、そんなことはまったく気にはならなかったです

土に落ちたんやったら土から這い上がってくればええだけやんか

という感じ


正直、あまり期待はしていないんですが、少しは期待しているところもなきにもあらず

やっぱり効果あってほしいかな

という感じです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

チッソ過多

最初にナスの様子でも

まずは全体像

391.jpg

392.jpg

393.jpg


次は以前に載せた同じ株

394.jpg

この株の全体像
395.jpg

前にのせた同じ株の写真
383.jpg

こうして見ると大きくなっています



見る人によってはチッソが効きすぎているのではないか
チッソをやるのは少し控えた方がいいのではないかとの意見

ちなみにチッソとは肥料の3大要素、チッソ、リン、カリのうちの一つ
この中でもチッソが最も重要な要素です


しかしながら、重要なものでも多すぎると過ぎたるは及ばざるが如しとなります
肥料も多ければいいというものではありません
適正量を施すことが大切です



チッソが多くてもそれを消化できれば問題ないのですが、消化しきれないほどのチッソを与えた場合に問題となります


チッソ過多になるとどういう弊害が出てくるかというと

病害虫にやられやすくなります

消化しきれなく余ったチッソがたくさんだぶついてる株は病害虫にとっては栄養たっぷりの株になるためです



このままでいくと病気にやられるのではないかとの意見

一部の株の下葉で黒枯れらしき症状を見てしまった
今の時期に出るのは早すぎるそうです



ちょっとチッソは控えめにしようと思います
しかし、チッソ不足になると、これも具合が悪いですね

チッソのやる量の見極めがなかなか難しいところです


でも多すぎるのを減らすのと、足らないのを足すのはどちらが簡単かと言えば、間違いなく足らないのを足すほうだと思います

よってチッソはちょっと控えめにしようと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

やっぱり病害虫が心配ですね

昨日は自分でもびっくりするほどナスが取れました
これが続けばいいんですが、そううまくはいかないとは思います

前作の今頃は、人がたくさん取ってるところを指をくわえながら見つめているだけでしたが、1回でもそれに肩を並べれただけでも大いなる進歩かもしれません



しかし、残念ながら毎日枕を高くして寝ることはできていません

枕を高くして寝たいんですが、毎日枕を低くして寝ています。


やっぱり病害虫が心配ですね


土着天敵のタバコカスミカメが思うように増えていないところが気がかりなんですが
営農指導員、普及員に見てもらっても同じ意見でした

もしかしたらクモが悪さをしているかもと思い、クモは見つけしだい即処分していますが
(一般的な農業でしたらクモは益虫ですが、ここ安芸では害虫です)



幸い、コナジラミは以前からよく見かけていたのですが、あまり増える気配がない
スリップスもたまに被害果が見られるものの、今のところは許容範囲のうちにおさまっている

もしかしたら、気はつかないところで天敵が働いているかもしれません
あまり増えないということはそれしか考えられないんですが



スリップス、コナジラミは増えだすと爆発的に増えるので油断もあったもんじゃない
やっぱりこの二つが害虫としては一番怖いですね

もしかしたら前作の二の舞になるかもしれないということが、何度か頭をよぎりもしましたね



スワルスキーカブリダニという市販天敵も導入しています

寒くなるまでの間だけ働いてもらおうというもの
見てもらったところ、いちよういてることはいてるそうです

でも上の葉にはあまり移動はしていないということでした


この天敵はどうも私にとっては扱いは難しいような気がします

この天敵のボトルを持って葉に振っていく時、よく手が震えます

別に

アルコール中毒でアルコールが切れたわけでもない
麻薬をやっていて麻薬が切れたわけでもない
風が強いわけでもないし、寒くもない。

なぜ手が震えるのか自分なりに考えると、値段のことを考えるからではないかと思うんだけど
すごく高価なんですよ


手が震えるので、思わず葉ではなく地面に落としてしまうことがあって。

あっ、しまった

と思って必死でダニを探していましたが、見つけることはできなかったです



とにかく、この時期ぐらいになるとここ安芸では天敵のメインはタバコカスミカメになります

中には、こいつが増えすぎて葉をいっぱいかじられて困ったという話も聞いたことはあるのですが、私の場合はそんな心配はまったくありませんね

なんとか増えていただきたいものです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

醗酵熱

なすの収穫は始まっていますが、とれる量は少ないですね

たくさん取ってるところもあるようです
ぜんぜん取ってないところもあるようです


先日、集荷場でお会いした農家さんに

取れてる?と聞かれまして

たったこんなけですよ

と言ったんですが


結構とれてるやんか
そんなけあったら上等や

とのこと


後で別の農家さんより

まだ全然ナスが取れてないらしいから、ナスの話は禁句やで

とのこと


まあ、全然とれてないに比べたら多いのかもしれませんね
今は取れていなくても、その分後から取れるようになるんじゃないかとも思うんですが、そうあってほしいもんです。
私も含めて




ところでトリコデルマ菌ボカシを昨日作りました
材料は米ぬかともみがらで作りました
液肥も入れています


後はトリコデルマ菌が増えるのを待つだけです

388.jpg

この黒い袋に入っているのがトリコデルマ菌ボカシです

389.jpg

トリコデルマ菌の資材は写真を撮るのを忘れてしまいました



触ってびっくりしましたが、かなり熱を持っています

これが醗酵熱というものでしょう
外側から触ってみると、そうではないのですが。

そんなに熱がないところもあるのですが、中の方に手をやるとかなり熱を持っています


トリコデルマ菌は高熱に弱いらしいので、死んでしまわないか少し心配なのですが

菌が働いているのは間違いないですね
もちろんトリコデルマ菌だと思いますが

こういう変化があるのはうれしいですね
またボカシを作ろうかなという気にもなってきました


今のところは、まだ病気の兆候は見られませんが油断はできません
まだ、病気が出る時期でもないですし。

病気封じに一役買ってくれることを期待しています


本日はほかに、今作始まって以来、最大の奥の手というべき手を使いました
しかし、期待度はトリコデルマ菌ボカシに比べれば全然ないんですが

まあ、これはまた今度書こうと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。