スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には不思議なこともあるもんです

防寒対策 オプション版
一部やってみましたが、ポリでもいける感じです

ポリを注文しました
できるだけ早くやったほうがいいんですけど
遅れがちかもしれませんが、なるべく早く完成させたいと思っています


収量の方は、相変わらず停滞ぎみ
もうちょっとあってもいいのになあとも思うんだけど

まあ、落ちてくるのは分かっていたことなんですけど、どこまで下げ止まりできるかなという感じ

よそはどれぐらい取っているのかが気になったりもする

集荷場を見ると、あまり全体的に取れていない感じがしている
そんな話も聞きました



私はよその動向も気になったりするのですが、中にはよそのことなんかまったく気にならない人もいてるそうだ

人は人、自分は自分
マイペースでええねん と

近所でIターン就農者で私の1年先輩にあたる農家がいてるんですが、その農家さんがそうですね

その方は

まわりの人はそんなに取っていないと思うんだけど、人は人、自分は自分
よそがどうであれ、俺はマイペースでいくということで人より多く取っている

去年の今ごろは逆やったような気がするんですけど



もう落ちてくるやろうと何度も思ったりもしたんだけど、落ちていない
もちろん多少は落ちてるが、落ちてもまだそんなに取ってるんかという感じ

重油をいっぱい炊いているのか?

いや、けちっていて本日から初めて炊く予定だそうだ
よそはもっと早くから炊いていると思うんだけど

その人のナスの株、何度も見ているが感想は悪くはないと思うんだけど、だからといってさしていいというわけでもないといったところが率直な感想だ

ただまったく病気の気配を感じないというところはすごいところだと思うんだけど


俺ももうないと思うんやけど、取ったらあるねん
それより余暇がほしい

と言うので

取る数を制限したらいいんちゃいますと言ったら

取れるもんしゃあないやんか

とのこと


世の中には不思議なこともあるもんです



こないだ肥料屋さんが来た時、こんなことを言ってました

あそこは、かなりいいです
やる気しだいですけど、18トン(反当たり)いくかもしれませんよ

とのこと


何がええんかさっぱり分からんのですけど

と言ったら、ふところを見てくださいとのことだった


ふところも改めて見ましたが、何がええかさっぱり分からないので

肥料屋さんがふところがいいと言うんですけど、これの何がいいんか分かります?

と聞いたら

そんなこと俺に聞いて分かると思う

とのこと

もしかしたら分かってるかなと思って聞いたんですが



そう言えば、肥料屋さんはこんなことも言ってましたね

その人は人の言うことを素直に聞きますんで

ということは、もしかしたら中には人の言うことを素直に聞かない人もいると思ってるかも


でも、ある程度いい年の人はもう変わらないだろうと思う
若ければまだ可能性あるかもしれないけど


私は自分では人の言うことは素直に聞くタイプだと思っている

振興センターさんの言うことは特にそうじゃないかなあ

でも冷静になってよく考えると、たまには無視していることもあるね


それは気がむいたら書くことにしようかなと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

防寒対策 オプション版

サイドの内張りがようやく完成

加温気で重油を炊く場合はさらにダクトというものを設置するのですが、私は炊かないので本来ならこれで防寒対策は完了となるかもしれない

だけど、さらに防寒対策をしようかなと思っています
防寒対策のオプション版といったようなことを



ところでハウスはビニール(ポリが多い)で囲まれています

内張りは、おおげさな言い方をすれば、外側と同じように内側にも、もう一回ビニールを張って二重にしようというもの
外側のビニールは風が入ってこないように隙間がないように張られています

内張りのビニールも外と同じように隙間のないように張るのが基本です


だけど、内張りに関してはどうしても隙間がでてくる部分があります
上側の内張りで、喚起のために内張りをあける巻き上げと言われている部分に隙間がどうしても生じてきます

ここをふさぐのとふさがないのでは大きな違いがでてくるそうです



去年にここの部分(ハウスでは谷と呼ばれているところの上側の部分)を覆いかこうような資材、ドリームシートというものが開発されたようだ

これは覆いかこうため、ある程度の幅も必要になってきて、その分値段もそこそこはる
私とこの圃場では、資材代でおそらく10万~20万ぐらいはかかるのでは


もし、業者さんに頼んで設置もやってもらったら、さらに5万円ほど費用がかかるそうだ


まだ開発されたばかりの資材なので、導入している農家さんはまだごくわずかだと思います
個人的には費用もそうなのだが、覆いかこうとこれはこれで不都合な部分もあるように思います

なのでこれはパス



やろうとしていることは、隙間の部分だけを埋めること

これだと、覆いかこうこともないので、それだけ使う資材も少なくなる
費用もだいぶ安くなるのではと思う

これはナス農家ではやっているところは少ないそうですが、ピーマンなど比較的重油を多く炊く必要のある作物なんかは、重油代節約のためやっているところは多いようです

また露もれ(水漏れ)を防ぐ効果もあるようです



迷ったのは、どの資材を使うかということ

ピーマン農家はビニールを使っているところが多いようです
でもビニールの場合、使い捨てで毎年新たに新しいビニールを使うようです

扱い方によっては再度使用できることも可能だろうということなのですが、使い捨てが一般的だそうです
しかも、ビニールの場合、少しビニールに加工する必要がありビニールの場合もまあまあ値段がいく

といってもドリームシートよりは安いと思いますが

なのでビニールもパス


迷ったのは、ポリかドリームシートのどちらを使うか
ポリも比較的新しい素材で多くの農家に使われている資材です

どちらも扱い方にもよりますが、ビニールに比べると長持ちするのは間違いなさそうです
これなら何年かは使い回しができそうな感じ

保温性はポリよりドリームシートに軍配が上がります

ただ、ドリームシートがポリに比べて、どれぐらい長持ちするのかが分からない

いちよう、メーカーの説明では耐用性のあるやつで一般的には3年程度とのこと
その代わり、耐用性のあるドリームシートは光の射光が悪くなるようです

しかもドリームシートの場合、覆いかこうことを想定しているため、既成品は幅が長くなる

短くしようと思ったらできるのだけど、加工賃がいるため短くしても結局、既製品とよく似た価格になる



どうしようか迷ったのですが、ポリを使用する予定
これが一番安上がりと思います(1回だけの使用にしても)

ポリを全部の分ではないですが、一部ゲットしました
まずは、とりあえず一部の分を試しでポリでやります

本日は農協の方に実際にやっているところの圃場に連れていってもらいました
そこはナス農家でなくピーマン農家でしたけど

聞くのと実際に見るのとではやっぱり違います
こういうふうにやるのかというのがよく分かりました

そこはビニールでやっていました


もしかしたら、ポリでやるのはJA土佐あき管内では私が初めての試みかなと思ったりもしたんですが、そうではないようです。
数は少ないですけど、ポリでやっているところもあります

とにかく、明日からは防寒対策 オプション版をやろうと思います
防寒対策もたいへんです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

楽しいラジオ番組

早いもので、11月ももう終わりですね
もうすっかり寒くなって冬という感じです

ナスの太りもかなり鈍くなりました
予想以上に太りが悪いです

やはり温度の影響はかなり大きいものがあるかもしれません
去年の今頃はもうちょっと太りも良かったような気もしているのですが


予報では今月末には最低気温2度という予報

南国ではないですね
ナスがちょっと心配な気もするんですが


サイドの内張りはまだ完成まではいってません

人の目につくところは、すでに済ましてあるのですが、人の目につかないと思うところは、どうもやる気が起こらなくて作業の進行が遅れている状態です

今月末までには完成させたいと思っています



ところで、本日はラジオを聞きながら作業をしていました

私とこの圃場は電波が悪いのか、民放1局とNHKのラジオしか入らなくて、FMも入らなくてちょっと物足りない気もしています

本日の民放ではここ安芸の特集を午前から夕方までやるというのを耳にしていたので聞こうと思っていました
残念ながら午前中は雨が強くて雨の音であまりラジオが聞こえなかったのですが



安芸市のシンボルとなっている野良時計というものがあるのですが、そこから生放送したもよう

放送では、どうぞ遊びに来てくださいと言ってましたので、のぞいてみたくなりましたが圃場からはちょっと遠いので私は放送を聞くだけにしました


リポーターさんが安芸市をめぐり歩いて、お店や商店街などをリポートしていました

その他、土居廓中、岩崎弥太郎の生家、安芸球場、市街を一望できる場所、多くの有名な童謡の歌を作曲した安芸の作曲家、弘田龍太郎の曲碑なども紹介していました


もちろんナスの紹介もありました

実際のナス農家さんがナスについて説明していました
名前を聞いたら、私の知っている農家さんでしたけど

昨年、その農家さんから少し天敵をわけてもらいました
農林水産大臣賞も何度も受賞したことがあるすごい篤農家さんです



私も知らないナスの話もそこそこありました

ナスのたたきというものがあって、そうして食べるとおいしいそうです
それから新鮮なナスの見分け方というのもあるようです

聞いたけど詳しくは忘れてしまいましたが、新鮮なナスはヘタの色が違うようです
ナスの紫の色も新鮮なナスは鮮やかな紫をしているそうです


アナウンサーさんが

さすがプロはぱっと見るだけで分かるんですね

と言っていましたが

それはちゃうで。同じプロでもぜんぜん分からんプロもいてまっせ
その人はプロの中でも特別なプロや

と思いながら聞いていましたけど


そんなこんなで、地元ということもあって親しみを感じながら聞いていました

特におもしろかったのは
夕方に帰宅途中の小学生にアナウンサーさんがインタビューしてたんですけど


安芸は好きですか?

(小学生)きらい

どうして?

(小学生)雪合戦できないから

雪合戦はできないけど、安芸にはおいしいものいっぱいあるでしょう?

(小学生)ないない

アナウンサーさんは子供さんは本当に元気ですねと言って話題を変えていましたけど


いまどきの子供さんは自分の主張もはっきり言えて日本の未来も明るいんじゃないでしょうか
私が小学生の時は、アナウンサーに向かってそんなことはよう言えなかったと思うね

でも大きくなって外に出たりしたら、自分の育った町のいいところも分かるようになるんじゃないかと思います
そういうもんじゃないでしょうか


私は安芸で育った人間ではありませんが、おいしい食べ物はたくさんあると思います
ブログでも紹介しようかなと思って、カメラを忘れたりして結局紹介していないご当地グルメみたいなもんもいくつかあります

ここ安芸にはおいしい食べ物はたくさんあると思いますよ
外から来た人間にはよく分かるものかもしれませんね

ということで楽しいラジオ番組でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます


サイドの内張り

防寒対策として、内張り、サニーコートは終了

次はサイドの内張り
これは去年張ったやつをそのまま使う部分が多いので去年よりは作業が楽

でも破れてしまっているところも多いので修正すべきところはたくさんあります
巻き上げのビニールがひっついてしまって、それに難儀することも

基本的には全体的に透き間をなくすこと

この透き間をなくすことが、なかなかたいへんです



去年は透き間が多くて、現地検討会でハウスの見学に来た時にそこを指摘された

ちょっとぐらい、かまわんのじゃないかと思う部分もあるのだけど
今年は透き間がないように今のところはきっちりやっている感じ


まずは人目につくところからやっている
いつどんな人が来るかも分からないことがあるし

人の目なんか気にする必要はないのかもしれませんが、私は人の目から見て恥ずかしくない農業をしたいと思っている

だから人の目というのは非常に重要な要素だ



奥の方がまだ出来ていないんですけど、奥の方までのぞく人はそういないと思う

奥の方は適当でええかという気もするんだけど、きっちりやった方がいいような気もする
なので、できるだけきっちりやろうと思います


この防寒対策

はっきり言って、めちゃくちゃめんどくさいです
どうせやるなら早い方がいいと思うので、早く完成させたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

体あけでなく頭も

そろそろブログを更新しなきゃと思って書いております

毎日、続けるのはなかなかたいへんですね
ネタもなくなってくるし


本日は申告の準備のことを少し書こうと思います

この申告のための作業も立派な農作業の一つではないかと思います
めんどくさいからやりたくないということでは済まされません

農業用で使ったレシートなんかもきっちりと保管して管理する必要があります
たしか5年の保存義務があったように思うんですが

この作業、なかなかやる気が起こらないのですが、入力できる分はほとんど入力を済ませました



ところで昨日は青色申告の勉強会に参加

勉強会といっても、毎回、会計ソフト入力とかで分からないことを各個人が個別に聞いていくという感じですけど

この勉強会で分からないところを把握するためにせっせと入力をしていました



おかげさまで分からないところも分かりすっきりしました

一度教えてもらっていたこともあったのですが、普段からやっていないと、これどうやったかなあ?忘れてしまったということもよくあります

ここの講師さんは

一度教えたことは1回しか言いません

とかいうような心の狭い講師さんならつとまらないと思います


そんな態度なら農家さんからぼろくそに言われるでしょう
(私は何もよう言いませんが、ほかの農家さんが私の気持ちを代弁して言ってくれるでしょう)

同じことは何回でも言いますよ
ですので同じことは何回でも聞いてください

というような広い心がなければつとまらないでしょう


幸いなことに、こちらの講師さんは心の広い講師さんばかりで、こちらも安心して質問できます

数字が合わなくて、少し手間どったのですが、最後には数字もきっちり合って、まずは一安心しました



改めて数字を眺めていると、経費はつもりも積もるとけっこういってるもんです
消費税が上がると、さらに経費もあがるんじゃないかと

農業で生計を立てていくのも、なかなかたいへんだなあ

というのが率直な感想です


でも同じナスでかなり儲けている農家さんの話も聞いたことがあります
けっこう大きな規模でやっている農家さんですけど

やり方によっても差が出てくるのかもしれません

帳簿を見て、にっこりできるようになるためには、いろいろと頭も使いながらがんばる必要があるかもしれません

農業は体だけでなく頭も使わないといけないかもしれませんね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

人ごとと思っていたら駄目ですね

本格的に寒くなってきました

防寒対策として、内張りの次はサニーコートというものをハウスの周りに張り始めています
去年も同じことをやりました

ちなみにサニーコートは去年使ったものと同じものを使っています
買うとこれもそこそこの値段しますし

使えるものは使えなくなるまで、とことん使わないといけないと思います




ところで、肥料屋さんがハウスに来られまして、そこで聞いた話ですが

ちまたでは黒枯れ3点セットというものが流行ってるとのこと

思わず

何ですかそれ? ぜひその黒枯れ3点セットというものをちょっと教えていただけませんでしょうか

と言いそうになりました


つれづれファームというブログをみなさん見たそうです


肥料屋さんも私がそのブログ知らないと思っているのか親切にブログの名前まで教えてくれました

実は私、そのブログ、教えてもらうまでもなく知っているんですけどね
むしろ、そのブログに関しては誰よりも知ってるんじゃないかという自負みたいなものもあります


さらに言わせてもらいますと
 
ちまたでは最近、そういうことを知ったらしいですけど、私はずっと前から知っていましたね
世間はちょっと遅れているんじゃないかと思いながら聞いていました



それと、こんなことも言ってました

そのブログ、みんな、いいねのボタンも押さずに見てるそうですよ


そのブログをよく知ってる私から言わせていただきますと

そのブログにはいいねのボタンはないですね
いいねはフェイスブックのボタンで、代わりに新規就農のボタンがあります

そのボタンは毎回、記事の最後についてます


そのボタンの下に毎回、確かこんなこと書いていたと思います

毎度、クリックしていただきましてありがとうございます


普通、ありがとうございますと言われたら、ボタンを押したくなくても押すんじゃないかと
私なら、そんなこと書いてあったら押したくなくても押しますね

それが普通でしょう

いったい、押さない人らはどんな育て方されたんでしょうね


ありがとう言われて簡単に動くような軽い人間になるなと厳しく育てられたのかもしれませんね
まあ、それも厳しくていいしつけかもしれませんが

でも、そのブログに書く気が失せかけそうな気配を感じたら、お情けでたまにはボタンを押すこともあるそうです


厳しい中でも優しさもある
そのブログを書いてる奴、そんな人達に見守られているのか
そいつ、もしかしたら幸せなやつかもしれんな

まあ、そんなことを思いながら聞いていましたけど



でも、ひとつ気がかりに思うこともあってね


実は私、そのブログを書いてる人の圃場もよく知っています
前作もそこでは黒枯れ3点セットというものをやっていたらしいですけど

確かその人の圃場を見てある方に

何とかのデパート

とか言われたらしいですよ


何のデパートか
実は知っていますけど私の口からは言えません

何かはヒントだけ教えておきます
以下の3つのうちからひとつだけ正解があります

1 ナス
2 疑惑
3 病害虫

その人の圃場を見てある方は何のデパートと言ったか?

ナスのデパートか、疑惑のデパートか、病害虫のデパートか
正解はこの3つの中にあります

ヒントはここまで


その人はいったいどんなナスの育て方をしたんでしょうね?

と人ごとのように思ったりもするんですけど

でも、見る人によって見方はいろいろだと思います
百人いたら百通りの感想があるんじゃないですか?

とにかく、人ごとと思っていたら駄目ですね


そんなこんなで老婆心ながら、

黒枯れ3点セットを知ったからといって、油断したりしないだろうか
油断していたら、その人みたいに何とかのデパートと言われるかもしれんで

ちょっと心配もしたんですけど、それは杞憂だと思います
今どきから黒枯れ出している人はそんなにもいてないでしょうし

実のところはぜんぜん、流行っていないとは思っていますけど


いずれにしよ、病気対策、がんばってやっていきたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

ホルモン処理開始

だいぶ寒くなってきました
特に昨日、おとついは

それに伴って、ナスの取れる量も減っています
予想はしていましたが、思ったより早かったような気もしています


去年より寒くなるのが早い気もするのですが
南国土佐といえどもやっぱり冬は寒いです

あまり大阪と変わらないような気もします



少し早いかもしれませんが、ホルモン処理を開始しました

ナスの花にトマトトーンというホルモン剤処理をします
太りはハチ受粉の実より早くなります

回転速度をあげるためです
品質においても特に低温の時はハチ受粉よりいいものになるそうです
(基本的にホルモン処理のナスの方が味も見た目もハチ受粉よりすぐれていると言われています)

ハチとトマトトーンの併用です
ハチは花ぬきを楽にしてくれ、ホルモン処理もれ防止にもなるのでハチにはまだまだ活躍してもらいたいと思っています


ちなみに利用しているのは西洋ミツバチなのですが、朝の出勤は遅いですね
特に冬場は

あるていど暖かくならないと働かないです
意外と怠け者かもしれません



昨年も今頃からホルモン処理を始めたように思いますが、今作とは事情が違います

昨年はこの時期にハチに影響のある農薬を連用したため、ハチをしばらく外に出さざるえなかった
そういうこともあって、ホルモン処理を開始しました


どのみち、寒さのせいで花粉が出なくなってくるので、遅かれ早かれ冬場はホルモン処理は必須になってくるのですが、昨年と同じく早めかなあと思います

もちろん、もうやってる農家もありますし、作を通じてやらない農家もあります


ホルモン処理をやらない農家は加温機で原則夜温12℃を確保する必要があります
こうすれば花粉も出るのでハチのみでも可能になります

聞いた話ではハチもホルモン処理もどちらもなしでナスを取っているという農家もあるようで、これがちょっと信じられない話なんですが


普通、露地ナスや家庭菜園ではどちらもせずに普通にナスを取っているので、それが普通といえば普通なのかもしれませんが


他県では、ハチもホルモン処理もなしでナスが取れる品種を栽培しているところもあるようで、うらやましい気がするのですが、高知県はそういう品種を開発したものの収量に問題があるということで、一般的には実用化されていません

実用化にはまだまだ時間がかかるような気がします
実用化にむけてがんばっていただきたいものです


ということで、ホルモン処理を開始しました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

道は追求していきたいですね

うどん粉病という葉に白い粉が出る病気がたまに見受けられます

あまりいい気分ではないですが、さほどこれは心配していない
問題は黒枯れですね

以前より見る頻度は上がっています


定期的に予防のため殺菌剤の散布をしていたんですが、それでも出る時は出るもんです
農薬も万能ではないですね

この先どうなるのか?
私にも分からないところです



前作は来月あたりだったかなあ

普及員さんに

薬ではもう無理でしょう
これは来作の教訓に

と言われたのを覚えていますね


年が明けて、今年の1月になると思いますけど、窪川アグリより数名見学に来た時がありまして

その時に黒枯れ対策の秘策を語りました
もちろんその内容はもったいぶって明らかにしませんでしたけど

聞いてきたら話してあげようと思っていましたが、その秘策を盗み聞きしていた普及員さんに先に答えを言われたんですけど。



今から思えばあまり熱心に聞いていなかったように思います

そらそうかもしれません

病気ひとつない圃場なら、その秘策を語っても説得力はあるかもしれませんが、黒枯れだし放題の圃場で黒枯れ対策の秘訣を語ってもね

そら熱心に聞いてもらえませんわ

後から聞いた話によると、この時は病害虫のデパートという感想も出てたらしいのですが



でもやっぱり私としては黒枯れ対策の道は追求していきたいですね

たとえ説得力がなく、根拠がなく、効果があるのか分からなくても、黒枯れは秘策があってそれで治しますと堂々と宣言して実行していきたいと思います。

その内容は?

と聞かれたら、それは気が向いた時に話しますと言うかもしれませんが



やっぱりこうでないといけないと私は思います

農業の進歩はこういった試みの中で進歩してきたんではないでしょうか。
安芸における天敵利用の進歩、発展もそうだと思います



ところで、この黒枯れ対策の秘策

前作は、一時は効果あったように見えた時もあったんですがね
これで抑えたかと思ったんだけど、再び再発して元に戻ってしまいました


普及員さんに症状的にはどうでしょうか?とお聞きしましたら

症状的にはこれは重症です

とおっしゃっていました


農薬をかける頻度上げましょうかね?

と聞こうかとも思いましたが

もう無理でしょう
これは来作の教訓に

とおっしゃっていただけるのではないかと思い、聞くのをやめましたが


私もこの時は

もう処置なしです
後は暖かく最後まで見届けてあげようと思います

黒枯れの3点セットは?

それはまた今度にとっておこうと思います

というような心境だったですね


本当はこんなことじゃ、だめだとは思うんですがね

まあ、とにかく黒枯れ対策の秘訣

結果はどうあれ、いつまでも追求していきたいと思っています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

黒枯れ 3点セット

前回書いた記事で

黒枯れ3点セットって何ですか?

とのコメントをいただいたので、それについて書きたいと思います


ちなみに黒枯れ3点セットとは私が勝手に作った言葉で世間にそういう言葉はありません
黒枯れ対策としての3つの対策です

黒枯れだけでなく病気全般的に共通することかもしれませんが



それでは黒枯れ3点セットの内容です

1 殺菌剤(農薬)
2 バチルス菌(納豆菌)
3 カルシウム


まず殺菌剤

これは一番オーソドックスで一般的な方法でこれが基本になると思います
やっぱり基本は外せないですね


次にバチルス菌

これは食品の納豆についている菌の仲間と思ってもらったらいいです
食品の納豆は納豆菌にバリアされていて他の菌は寄り付くことができないそうです
この原理を利用しようというもの

これを殺菌剤と一緒に入れます
病原菌のほとんどはカビなので通常の殺菌剤はカビの殺菌を標的として作られています

カビでも薬剤の種類によっては効いたり効かなかったりします
バチルス菌はカビではないので殺菌剤にはやられないようです
(ただしごく一部の薬剤は別。有名なところではダ○ニール)

バチルス菌が殺菌剤の影響を受けないという情報のよりどころまで書くと長くなるのでカットしますがバチルス菌には殺菌剤は効かないという前提を信じて農薬散布の時はバチルス菌を混入します



最後にカルシウム

カルシウムが効くと黒枯れがピタっと止まるという話を農家さんからお聞きしました

カルシウムと言えば石灰が一般的なイメージがありますが、土の中に石灰がたくさんあっても植物は吸うことができないこともあるらしいので、比較的に即効性があり効きやすいカルシウム資材を選ぶなどの工夫も必要になってくると思います

以上が黒枯れ3点セットです



これを書いて、ちょっと懸念に思うこともあって。

もしこのブログを見て参考にして、この3点セットを実行してもさほど効果が見られなかったら

このブログ、ウソついてるでと思われはしないかと


実を言うと、やってみないと効果があるのかどうか分からないんです
実際のところは前作にこの3点セットやってるんです

結果は

一時的には抑えたように見えた時期もあったのですが、しばらくすると再発して最後には元の木阿弥になりました

ほんならあかんやんかといわれたら

今回は前回と違って改良版3点セットですから

と言うつもりなんですけど



このことを人にも言ったことがありまして

何か根拠はあるんですか?と聞かれたことがありました

根拠はありません

と答えましたけど


根拠はあるにはあります

効くかもしれんと思ったから

それが根拠です。それだけで十分でしょうと思うんですがさすがにそれは言えませんでしたけど



この黒枯れ3点セット

実は書くかどうか迷ったんです

黒枯れ3点セットとは何ですか?と書いてあって

それは秘密です

という言葉も浮かびました


性格の悪い人ならこんな誘導尋問するかもしれません

人には教えられへんから秘密にしたいんやろ?

「そらそうや。そんなもん言えますかいな。お口にチャックや。周りが黒枯れにやられてるのに自分とこだけ抑えてる。これいいと思えへん?どう?」

そらそんな誘導尋問されたら、心にもないことを言わされちゃうかもしれません
けっこうそういうのには、はめられやすいタイプだからね


そんな誘導尋問しようなら

あんた性格悪いやろ
どんな育て方されたらそうなるの?

と言ってやろうと思いますけど



そうじゃないですよ

私も人にいろいろ教えていただいて、ここまできました
私の知っていることで何か役に立つことがあれば、それは教えてあげようと思います
私もそうやって助けてもらってきましたから

コメントをいただいて、それは秘密ですみたいな失礼なこともできないこともあって公表したんですが


もったいぶった書き方をする私も悪いとは思うんですが、公表していない部分は実は公表できるほど内容に自信がないんです

やってみないと分からない
根拠は効くかもしれないと思ったから

人によっては何をやってんや?アホちゃうかと思われるようなこともあるかもしれません
そういうことはなかなか公表しづらいですね


できましたら細かいことについては、カギつきのコメントかメールフォームにてお問い合わせしていただいたら、ありがたく思います

その時はどう思われるか分かりませんが、詳しくお答えしたいと思いますので


まあ、長々となりましたけど、はっきり言ってこれは効くかどうかわかりません
じゃあ、なぜ効くかどうか分からないことをやるのか

次回はそれについて書きたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます


病気のシーズン

とりあえず内張りを張りましたが、防寒対策はこれだけではありません
その他の防寒対策は、とりあえず回りの農家を見て、やり始めた時期に合わせようかなあと考えています

防寒対策が始まるにつれて問題となってくるのが病気


それまでは、あまり病気が問題となってくることは少ない傾向にあるようです
病気が本格的に問題となってくるのは、これからの時期


最初の頃は、苗も若く元気もあるので病気にかかりづらい
今ぐらいから株も着果負担などで樹勢も弱ってくる

そういう時に病気にやられやすいということを聞いたことがある


もちろんそれもあるでしょうが、一番の理由は湿度でしょう

寒くなってくるとハウス内を締め切る時間が多くなるため、換気が不十分でハウス内の湿度が高くなってきます。
湿度が高いと菌にとっては繁殖には好条件となります

温度が低いのは菌にとっても好ましくない条件なのですが、湿度が高いということはそれを差し引いても菌にとっては好条件になるようです



先日、肥料屋さんが

黒枯れをどのようにして抑えているのか視察に来させてもらいました

ということでハウスを訪れました


この前は

これやばいですよ
畝全体にこれ広がりますよ

とのことでしたが


今回は

今のところは進行は止まっていますね

とのことだった


だけど油断はできませんよ

とのこと


もちろん、油断はしておりません
むしろ、毎日爆弾を背負いながら仕事をしている気分です

つい誤まって爆弾を落として爆発させてしまったらどうしようと毎日ビクビクしています

毎日枕を高くして寝たいんですけどね
なかなかそうはいかないです



ちなみに黒枯れには3点セットというものがある

黒枯れ対策にはこれとこれとこれ

というものがある

ほかの農家さんはあまりこんなことは言わないはないとは思いますが


効果があるのか?

それはやってみないと分からないんです


肥料屋さんは

ここにトリコデルマ菌の資材をボカシにせず、そのまま撒きましょうよ
ちゃんと増えるように作ってありますから


それもいいですね

と言いましたが、まだやっていない


私の中ではトリコデルマ菌は3点セットには入っていない

もしかしたら入って4点セットになる可能性もありますが
今のところはまだ入っていません


とにかく病気のシーズンに入ってきました

なんとか抑えたいもんです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。