スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また明日から

毎日、毎日同じような日々を過ごしています

やることも毎日、毎日がだいたい一緒
ひたすら単純作業を繰り返しています

何も考えずに単純作業をひたすらするのは得意な方だと思っています


でも、さすがの私でも、いい加減いやになってくることもある

最近、灰色カビと思われる病気がちょこちょこ出だした
ナスに灰色のカビが生える病気なんですけど
出来損ないのナスもよく見かける

こういうのを目にすると、いや加減をさらに助長してくれるね


こんなことが重なってくるとたいがい嫌になることがあります

そんな時は

もうやーめた

ということで、作業はほったらかしにして早々に帰宅することもあります

といっても戸締りはきっちりします
内張りもいちようきっちり閉めて帰ります


ちなみに誰にも文句は言われることはないです
ここが農業のいいところかもしれません


これをやると問題点もないわけではない

作業が遅れがちになりますね
しかし、この対策はすでに編み出している

手抜きしながら作業するんです
そうすると大丈夫です

その方法を教えてほしいという方がいれば、いつでもご教授させていただきますが


でもがんばっている農家はたくさんいてると思います
そうでないと資材高騰などで年々厳しくなっている状況を打開できないかもしれない

ということでやらなきゃいけないと思います


また明日から
明日からまたがんばりましょう

ということで明日からまたがんばろうと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

その涙は美しかった

女子のフィギュアスケートは歴史に残る大会だったんじゃないですか。

浅田選手もメダル以上の価値のある歴史に残るすべりを見せました
注目していたキム・ヨナ選手もすばらしい演技を見せてくれたと思います。

採点のことで抗議の声もあがっているらしいですが、そんなことどうでもいいと思うんですけど
キム・ヨナ選手もいい迷惑でしょう



私は今回のオリンピックでは特にキム・ヨナ選手に注目がいってました

前回のバンクーバーで引退するものと思っていました
今回のオリンピックに出場することそのものが以外でした

彼女は前回のオリンピックの後、もうオリンピックのようなすべりはできないというようなことを言っていたのを覚えています



キム・ヨナ選手は言うまでもなく浅田真央選手のライバル

この二人は同じ生まれ年でスケートを始めたのも同じ頃、家族構成もにており共通する部分も多い
まさに宿命のライバル

でも当初、浅田選手は無敵の強さを誇りキム・ヨナ選手を寄せつけなかったという
キム・ヨナ選手はどうして私と同じ時代に彼女がいたのだろうと周囲に弱音をはいたこともあったという

それほどキム・ヨナ選手にとって浅田選手の存在は大きな壁であったのだ



しかしキム・ヨナ選手はあきらめなかった

浅田選手にはトリプルアクセルという強力な武器がある

それに対抗すべくキム・ヨナ選手は
難易度の高いトリプルルッツ+トリプルトーループの連続ジャンプという大技を磨いていくことになる。

こうして熾烈なライバル争いが二人の間で行われていく


そして迎えた大舞台が前回のバンクーバーオリンピック


キム・ヨナ選手は最高の演技で史上最高の得点をたたきだして見事金メダル

その時に見せた涙と笑顔はジーンと胸を打つものがありました
その涙と笑顔には今までの苦労や苦しみが伝わってくるものがあったね


もしかしたら、あんた韓国の選手応援してるんか

と言われるかもしれませんが、私は感動する姿を見せたくれた選手は日本人であろうか外国人であろうか関係ない。
国籍関係なく応援します

一部の人の間ではキム・ヨナ選手が浅田選手に対する嫌らしい笑いをしていたとかいう声も出たそうですが、そんなこと言いなさんなと言いたいね

生で見ていましたけど、すばらしい涙と笑顔でした



そのキム・ヨナ選手

オリンピック後はCM出演依頼が多数
その他取材などで多忙を極めたそうだ


バンクーバーで引退しておけば

最高の終わり方です
経済的にも問題ないでしょう
ゆっくりすることができる

次のオリンピックに出たとしても必ずしも成功するという保証はない
逆に大失敗でもしたら、バンクーバーでの栄光がかすれてしまう恐れがある
またつらい練習もしなければいけない

普通に考えればバンクーバーで引退するのがベストの選択だと思うんですけどね

なぜ今回のオリンピックにも出場してきたのか?



私は柔道の山下選手のイメージと重なってしまいますね

山下選手はロサンゼルスオリンピックで試合中、肉離れをおこしてしまったがそれにもめげず、見事金メダルを獲得して日本中に大いに感動を与えました

その後、回りより引退も勧められたりもしたそうですがそれを断って現役を続行
なぜなら斉藤選手がいたからだ

斉藤選手にとって山下選手は大きな壁だったのだ

斉藤選手も山下選手より一つ階級下で見事オリンピックで金メダル
世界で1位なのに日本で2位はおかしいということで打倒山下に燃えたいた

山下選手はそれを知っていたから、今引退すれば斉藤選手の挑戦から逃げることになる。
斉藤選手の挑戦を受けるとして現役を続行

そして全日本選手権で両者はあいまみれることになる
これは日本柔道史に残る名勝負となりました

勝負は判定へ

判定の結果、山下選手に軍配が

山下選手は全日本選手権の後、引退を表明する

斉藤選手は敗れたとはいえ、今でも挑戦を受けてくれた山下選手に感謝しているという

かっこいい話じゃないですか



浅田選手はバンクーバで自分の納得のいく演技ができず、リベンジもあって早々に現役続行を表明

これは当然、キム・ヨナ選手の耳にも入ったでしょう


長らくライバルとして競い合ってきた相手より先にリングを降りるということは女王としてのプライドが許さなかったのではないか

あの子(浅田選手)、金メダル目指すってって生意気なこと言ってるけど、誰が本当の女王なのかもう1回私が教えてあげるわ と

アスリート魂に火がついたんじゃないか と

本当のことは本人にしか分からないことですが、私はそうじゃないかと思っている


そのアスリート魂 まことにあっぱれ 

としか言いようがない


今回のオリンピックでキム・ヨナ選手も浅田選手、両選手とも全盛期は過ぎているんじゃないかという声も聞かれたんですが、なんのその素晴らしい演技でした

キム・ヨナ選手は表彰式の後、終わって心が身軽になったと涙を浮かべてのコメント
浅田の涙を見て、私もこみ上げるものがあったとのこと

キムヨナ選手は浅田の演技を見て実際に涙を流していましたね


浅田選手もキム・ヨナ選手も相当のプレッシャーや重圧と戦ってきたんでしょうね
浅田選手の気持ちがキム・ヨナ選手にはよく分かったのかもしれません


まあ、しかし二人ともよく泣きますね
しかし

その涙は美しかった

とにかくオリンピックでハラハラドキドキの最高におもしろいドラマを2回も見せてくれました

前回のバンクーバーに続き今回も感動しました
この二人には心からありがとうと言いたいですね

ということで、まもなくオリンピックも閉幕です


オリンピックは閉幕してもナス作りは閉幕しておりません
ナス作りがんばろうと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

今回のオリンピック

何を書こうか迷っています

世間の話題はオリンピックですね
私は我が道を進むべきだと思っています

でも実はというと、オリンピックのことを書きたくてしかたないんです



今日はナスの紫色、アントシアニンと言うんですが、これについて詳しく書こうかなあとも思ったんですが、そんなことどうでもいいやんかという気もしました

一方で、ナスで飯食っているのにそんなことでいいのかという気も

自分の中でいろいろ葛藤したんですが、結局本業とは何の関係もないオリンピックのことを書きたいという気持ちが勝ってしまいました



オリンピックよりナスのアントシアニンの話を聞きたかったという人もいるかもしれませんので、まったく書かないのもいかがなものかと思うので少し書きます

アントシアニンには抗酸化作用があります
よってナスを食べると抗酸化作用があるのではないかと思います

抗酸化作用のあるナスを食べるのはいかがでしょうか?

ということでナスの話はこのへんで勘弁させてください




オリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね

ところで、今回のオリンピック、知らないうちに始まっていました
たまたまテレビをつけたらオリンピックが行われていたのでびっくりしました

えっ、いつから始まってたんやと思って調べると1日前でした
なんか世間の動きについていってないような気もしました

たったの1日遅れだけなので、そんなこと思うこともないかもしれませんが



ソチオリンピックですね

ソチってどこか知ってます?
私は知りませんでした

ソチってどこやねん?
名前からしたらカナダのような気がしたんですが


調べてみるとロシアですね

ちょっと以外でした
旧ソ連時代のモスクワオリンピックの時は日本も冷戦のあおりを受けてオリンピック不参加という決断を下したようですが、時代はいいように変わっていますね


オリンピックが始まる前なら、オリンピックの見どころを詳しく紹介したいと思っていたんですが、1日遅れとはいえ、知らないうちに始まっていたので時期を逸してしまいました

でも最大の見所はやっぱり女子のフィギュアスケートじゃないでしょうか?
私個人的にはそうですね

中でも私が一番注目しているのはやっぱりキム・ヨナ選手ですね


なんで韓国の選手なんか注目するの?という意見もあるかもしれませんが、そんな心の狭いことではダメだと思います


キム・ヨナ選手はわずかの差ではありますが、ショートプログラムでトップ
さすがですね

浅田真央選手、ちょっとショートプログラムは残念な結果に終わってしまいましたね
フリーで自分本来の演技を演じてもらいたいです

とにかく今晩、正確には日付が変わった時の女子のフィギュアスケートのフリーの演技

ここがクライマックスじゃないですか?

これは見逃さずに見たいですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

プロ中のプロ

世間はオリンピックですね

私も世間の流れにそってオリンピックのことでも書こうかなあと思うんですが、わが道を進もうと思います
私が書くよりテレビを見てる方がよっぽど分かるような気もしますんで

でも1回ぐらいはオリンピックのことでも書いてもいいかなと思います
書くのはもうちょっと後にとっておくことにしておきますが



本日はちょっと賞味期限が過ぎかけの話題でも

この前、すすかび病の葉を高知県の技術センターが薬剤抵抗性の試験をするために持って帰ったんですけど、今のところはまだ結果は分かっていないんですけど

その時にしみじみと思うところがありまして
そのことについてですが


この時はハウスに3名の方が来られまして
技術センターから1名、安芸振興センターから普及員さんと、別の地域を担当している職員さんがゲストとして

忙しい中わざわざ足を運んでいただきました
しかもゲストつきで

振興センターというところは暇なんかなあと思ったりしたらダメです
忙しい中、わざわざ時間を割いて来てくださいました
勉強する目的もあって来たんじゃないかと思うんですが

ありがたいかぎりです



この時来たゲストさんは私とこの圃場に来るのは初めてです

この方は以前えらい謙遜した言い方(今から思えばそうですね)をしているのを聞いたことがありまして、私はそうとも知らず額面通りに受けていました。

この方はあんまり農業のことは詳しくないのかなと
それでいて農業指導するのはなかなかたいへんじゃないかと

結論から言えばそうじゃなかったです
能ある鷹はつめをかくすというのはこういうことを言うのかと思いました



それが分かったのは

普及員さんにちらっと質問を投げかけたら、こっち(ゲストさん)に聞いてというそぶりを見せるので

こっちに聞いて大丈夫?と確認したかったんですけど、もちろんそんなことはできないです


ゲストさんに聞いたら、それは見事な返事を返してくれましたね
これはかなり農業のことを知っているなと感じました

何を聞いても的確に答えます



それと一番印象に残ったのが

ナスの支柱があるんですけど、その支柱で畝の上から土を突いてるんです

私はこんなことしてる人は始めて見ましたね
土を掘ってるのは見たことはあるんですけど

これは何をしているのか?

私はピーンときました
(詳しく書くと長くなるので省略もしくは次回にでも)


それを見て思わず思いました

プロ中のプロやな と

普通のプロじゃない プロの中でもプロや
今までずっとつめをかくしてたんか と



県の職員さん(私の知っている農業関係者の方は。それ以外は知りませんけど)はすごいなと思いました

さすが施設園芸王国高知と言われるところの職員さん
こういった職員さんの存在なくして施設園芸王国高知はなかったかも

それはちょっといいすぎかな?
いや、それに貢献しているところ大かもしれません


ゲストさんのことばかり書きましたけど、もちろん技術センターの職員さんもすばらしいです

あっという間にすすかびの葉を集めていましたね
もうそんなに取ったんかという感じでした

若いのに手馴れていますね

ほかにも挙げれるかもしれませんが疲れてきたのでカット


残り1名の普及員さん

この方のすばらしさも書きたいんですけど、これ以上だらだら書いても誰も読んでくれないと思います

ということでカット


とにかく、すばらしい職員さんから多くのことを吸収したいですね

まあ、私は振興センターさんの言うことは何でも素直に聞いてしまう人間なんですけど、そんな人間でもごくまれには無視していることもあります

実は恐れ多くもプロ中のプロが言う人のことを無視してしまったことがありますね
(それも書くと長くなるので省略もしくは次回にでもします)

とりあえずは

たまにぐらいはいいんじゃないですか

ということにしとこうと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

できるだけの抵抗

全国的に天気が荒れているようですね

山梨では観測を初めて以来、最高の雪だそうで
交通機関にもだいぶ影響が出ているようです

ここ安芸では雨が降って天気はぐずついていましたが、それほど大きな影響はなかったように思います


ところで本日はバレンタインデーの日でもあるんですよね

西洋ではバレンタインデーの日には男性が女性にプレゼントするそうです
花なんかが一般的だそうですけど、チョコレートとは決まってないようで

西洋のバレンタインデーはなんか変ですよね
西洋の人も日本のバレンタインデーはなんか変やねと思っているそうですが

どちらが変なのでしょうか?
よく分かりませんが



そんな世間の動向に関係なく、ナス作りにいそしんでいる毎日です

なすの様子は?

ぱっと見る限りでは

なかなかいけてるんじゃないと思う時も


よく見ると葉の裏にカビが生えているのが見えます
すすかびというカビです



先日、普及員さんと営農指導員さんがハウスに来ました

普及員さんに症状的にはどうですか?と聞くと

かなり重症ですとのこと
前作も同じようなことを言われたような

なかなかここまですすかびが流行っている圃場はないそうです
普及員さんの知っている圃場の中ではワースト1だそうです(すすかびに関しては)


でも素人さんにはなかなか分からないのではないかとも思います
ぱっと見た感じでは私でも分からない時があるんだから
見る人が見ないと分からないだろうと

そんなことを言っていたら

営農指導員さんが

これは素人でも分かるんじゃないかと葉を見せてくれました
その葉の裏にはカビがどさっと発生していましたけど

別に驚くことはありませんでしたが


なぜこんなことになってしまったのか?

なり疲れか?
なり疲れするほど果たして取ったのか?

年内の収量は上等ですとのことだったので、なり疲れということにいちようしときますが


もう感染してしまった葉は仕方ない

新しく出てくる葉に伝染しないようにすることが肝心と思います
それができればまだまだぜんぜん平気のような気がしています


ハウスに誰が来ても恥ずかしくないような状態にやっぱりしときたいですね


そう言えばこの前、南国市(安芸より車で3、40分ぐらいのところ)より二人のお客さんが私とこに来たんですが、

(ちなみに二人は私と同じ窪川アグリの卒業生で今は南国市で就農されている方です
二人ともそれなりにたいへんなようですががんばっているようです)

ちょっと病気が出てしまって

と言ったら、そういえば葉がちょっとおかしいねと言っていた


感染した葉は最終的には黄色くなって葉を落とすんですが、末期症状になった葉はさすがに分かってしまいますね


何かいい対策はないかと策を練っています
ひょっとしてこれはという策もありますが、効くかどうかは分かりません

いずれにしろ、できるだけの抵抗はしていきたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

炭酸ガス濃度

1週間分の炭酸ガス濃度のデータが出ましたので、そのことについて

まずはそのデータ
231.jpg

どこのハウスでも、炭酸ガス濃度に関してはこういう曲線になるものと思われます
(夏場などで夜でもハウスの換気をしている場合は別、これは冬場などで夜はハウスを締め切っている場合)

夕方、日が落ちてくる頃から炭酸ガス濃度は上がっていきます
光合成が始まる前の朝方がもっとも炭酸ガス濃度が高くなります

植物も動物と同じように酸素を吸って二酸化炭素を出して呼吸をしています
昼間も呼吸していますが、光合成を活発に行っている時は呼吸で吐き出す二酸化炭素より吸収する二酸化炭素の方が多くなります。
そのため光合成が活発になると二酸化炭素濃度は低くなっていき、日が沈んで光合成をしなくなると呼吸だけになるので二酸化炭素濃度は上がっていきます

(ちなみに昼間、炭酸ガス濃度が急激に上がったりしている部分は、息を吹きかけたりして遊んでいたためでこれは参考になりません



改めてデータを見てみての感想は朝方は思ったより炭酸ガス濃度は高いなと

人から聞いた話では、ハウスを締め切った状態ですと、通常朝10時くらいにはハウス内の炭酸ガスはほとんど吸収されるようです
(植物は呼吸もしているのでゼロになることはない)


だから頭の中では、遅くても10時までには換気をしないといけないと思っていた
でも実際のところは10時でもまだ外気より炭酸ガス濃度は高かったですね

10時までに光合成で消化できないほどの炭酸ガス濃度があるのか
光合成効率が悪くて炭酸ガスがあまり吸収できていないのか

そこのところは分からないんですが


このことが分かってから換気する時間を遅らせました
でも換気をしないと冬場でもハウスの中はかなり暑くなるので外気より濃度が高くても換気しますが


普及員さんの話では

炭酸ガス濃度にそんなにこだわる必要はないのではないかと
換気する前の湿度が高いので、これだと光合成能力も落ちてしまうとのこと

朝方に炭酸ガスをたくさん炊いて換気をできるだけ伸ばすのが過去の炭酸ガス施用で失敗した事例だそうです

(湿度は高すぎても低すぎても光合成能力を落とします。適度な湿度を保つことが大切です)


でも換気して二酸化炭素を逃すのももったいない気もします

換気すると急激に炭酸ガス濃度は減ります。5分ほどすれば外気の400PPM近くまですぐ下がります
計測器を観察していて分かりました
どうも炭酸ガスは拡散性があって、外に漏れていくようですね

かといって湿度の問題もありますし

ここが難しいところです



続いてほかのデータも

232.jpg


26日は最高濃度1800PPM近くいってます

これはかなり高い濃度だと思います
植物の呼吸だけではここまではいかないでしょう

あくまで私の推測になるのですが、これは微生物由来によるものではないかと思います

もみがらなど有機物は比較的多く施用しています
これら有機物は微生物によって最終的には水と二酸化炭素に分解されます

この日は暖かかったということもあって微生物の活動も活発であったのではと推測しています




233.jpg

これは湿度、温度、飽差(説明は略)のデータです

夜は湿度が高くなります
夜は湿度100パーセントになっています


次に最後のデータ

234.jpg

29、30、31日も比較的最高濃度は高いですね
このあたりも比較的あたたかったです

ちなみに30日の天気はくもり(換気はしています)
この日は光合成能力はほかの日より悪かったと思います



通常昼間は外気レベル400PPMよりかなり下がるそうで、炭酸ガス発生装置を使って外気レベルより下がる昼間に外気レベル400PPMまで濃度を上げるのが今の炭酸ガス施用技術だそうです

(これも私個人の推測ですが、昼間でも換気をきっちりしていればそれほど濃度は下がらないのではと思っています。
だけど換気をしすぎると温度が下がりすぎるので、それはそれで問題があるのですが)


私とこでは、わりかし昼間も外気レベルに近い数字で推移しています
ここがよく分からないところであるそうですが

もっとも測定器はどうしても誤差も生じてきてしまうので実際のところはデータより2、3割ぐらいは濃度は低いだろうとのこと
2、3割下がると昼間はやっぱり濃度は低くなっていると思います


でもたいへん参考になりました
実際に計測することによって思っていたこととは違うこともいろいろ発見できたと思います

やっぱり実際に計測してみるというのは大切なことかもしれませんね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

定石通りやろうと思います

2月に入りました
早いもんです

先日に現地検討会がありまして、他の農家さんの圃場を見学しました
ナスの姿も農家が変われば変わるような気がします


その時にちらっと聞いた話なんですが、聞いてびっくりしました

車で移動中のこと

あるハウスがありまして
別にハウスがあることに何もびっくりすることではないんですけど



普及員さん曰はく

あそこのハウスは無加温で土佐鷹(ナスの品種名)を作っていて、ホルモン処理せずにハチ受粉だけできれいなナスを取っている

とのこと



それを聞いてびっくりしました

なぜなら

土佐鷹という品種は無加温では作れない品種とされています
それに通常、無加温なら夜温が低いために花粉は出ません
花粉が出るためには最低夜温12℃を確保する必要がある
(無加温なので最低夜温12℃もあるわけがない)
花粉がないところにハチが動いても無意味です

それできれいな実を取るというのはどういうことなのか?
普及員さんも、なんでそうなるのかさっぱり分からないとのこと



その農家さんも

土佐鷹は無加温では作れないということは百も承知だと思います
花粉のことに関しても分かっているでしょう

その定石をあえて無視するその意図は何なのか?
農家さん独特の理論があるのでしょうか?

ハチ受粉がうまくいっているということは、花粉が出ているのは間違いないでしょう
夜温が低くても、もしかすると花粉は出るのか?

よく分からないですね


ホルモン処理しないできれいなナスを作るのは非常に魅力的に見えます
最低夜温12℃を確保すればハチ受粉だけで可能とされているんですが


農業はまだまだ未知なる部分がたくさんあるかもしれません
何事もそうかもしれませんが、探求していく姿勢はたいせつかもしれません

マネしたくなってきましたが、さすがにマネする勇気はないですね
いちよう定石通りやろうと思います


とにかくびっくりする話でした


ところで、県の職員さんのすばらしさを書こうと思っていたんですが

何でそんなもん書かなあかんのじゃ
めんどくさいわ
スルーしようかなあ

と思ったりもしましてね


でも、書くべきじゃないでしょうか
いや、やっぱり書きたいね

いつ書くんですか?

次回にでも

次回にでも書きたいですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。