お見事です

本年も徐々に終りに近づいています

ナス栽培はまだまだ続きますが


ところで本日は先日見学させてもらったナス農家さんの話を少し

そちらの農家さんは集荷場でも反あたりの出荷量はトップクラスだそうです

何か集会などで集まった時にどれぐらい取ってるかとかの話になった時、周りの人はそんなに取っているのかとびっくりしたこともあったそうです


時々、肥料を購入している肥料屋さんからその農家さん見に行きますかと言うので

ほんなら見に行く

ということでその肥料屋さんと一緒に見学に行かせてもらいました



見学させてもらっての感想はそれはやっぱりお見事としか言いようがないですね

まず実の付き方が違います
下の方にたくさん実がついていました

中断くらいには花も構えており、下の実が取り終わる頃には中断の花が実になって順に実を取っていくことができると思います
これなら途切れることなくナスを取り続けることができるだろうなあという感じ

まさに絵に描いたような理想的な展開ですね


普通なかなかこうはならないです

上の方ばかり実がなって下の方はあまりないというパターンはよくあります
これは光線の問題で上の方は光線がよく当たるんですが、下の方はあまり当たらないためにそうなってしまうんですけど

量をのせるには、やっぱり上ばかりでなく下からもきっちり取らないといけないでしょうね


それと病気の気配なし

今は病気のシーズン真っ只中です

葉には黒い斑点が見え、裏をのぞけばカビが見える。黄色っぽくて落葉しかけの汚い葉がたくさん
個人的にはそんな圃場を見るとなぜか親近感を覚えてしまうんですけどね

やっぱりそれが冬季のナスの施設栽培の風物詩じゃないかと

それがないです

お見事です



それと他の圃場とここは違うんじゃないかという点

葉の枚数がほかの圃場と比べると少ないですね

植物の葉というのは非常に大切な役割をしています
葉というのは植物にとってなくてはならないもんなんです

大切な働きをいろいろしているんですけど、特に特筆すべき働きは光合成だと思うんですが

その大切な葉が少なくて大丈夫なのかという気もしました
そこの管理の仕方は関係機関が指導する栽培管理とは少し異なるところだと思います

どちらが正しいとか間違っているとか言う気はないです
関係機関の指導通りですばらしい収量をあげている農家さんもたくさんいるし、今回のようなケースでもすばらしい成果を上げている

大切なのはいろいろなやり方がある中で、自分に合ったやり方を見極めていくことなのだと思います

そこの農家さんも

対照区なんかを設けて、いろいろやってみることや 
そういう中で自分にとって一番いいやり方を見つけていったらいい
自分もそうしてきた

とおっしゃっていました


話は戻って、葉の枚数は通常より少ないのですが、その代わり少数精鋭で勝負しているのだと思います

新葉と古葉では仕事量も変わってくるそうです
もちろん若い葉の方がよく仕事をします

そういう若い葉の精鋭部隊に仕事をしてもらうには、老齢になった葉はお役御免ということで取り除いて若い葉に光を当たるようにすることです

そこの圃場はそうなっていました
古っぽい葉は全部きれいに取っていましたから

これの利点はほかにも通気性が良くなる
消毒なんかの薬剤もきっちりかかる
それから見易くなるので作業性もアップすると思います。特に収穫なんかが

どんなやり方でも多かれ少なかれ一長一短あると思うんですが、そちらの農家さんはそういうやり方です


ほかにもいろいろと思うことはあるんですけど、最後に一番強く感じたこととして

やっぱり手の入り方が違いますね

普通、たくさんの量を取ったら収穫にかかる時間にけっこう取られます
こちらの農家さんはほかの農家さんがびっくりするほど収量をあげています

そうなるとどうしても管理がおろそかになってきてしまうと思うんですが、それがないです
ここまで管理しきれているというのはまさにお見事

そんなガツガツやってるわけじゃないで

とおっしゃっていましたが、それだけ腕が立つということですかね

私にはそこまでの腕は・・・

残念ながらないです


とにかくお見事です
すばらしいナスでした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

今のところは

本日も炭酸ガス施用についてといきたいんですが、少しだけ飽きてきました
ということで本日も炭酸ガス施用の話はひと休み

ところで、いよいよ本年もあとわずかになってきましたね
寒くなって収量も厳しい状態が続いています

前年比に比べても収量は明らかに落ち込んでいます
毎日記録をとっているわけではないですが、ダウンは明らかです

前作は年内までは出来すぎのところはあったかもしれない
普及員さんにも年内の収量は上等ですと言われたぐらいでしたから


天候の違いなどもあって単純には比較できないと思うんですが

でも、そういう天候の違いがある中でも毎年高収量を上げている農家さんもいてます

1年だけならそういうこともあるかとは思うんですけど、毎年というのはすごいなあとしみじみ思うこのごろです

なかなかできないことだと思います。毎年というのはね


前年比ダウンの原因はいろいろあると思うんですけども

ヘタクソなこともやってしまっています
現にヘタクソと言われてしまったこともあります。言い返せなかったね。本当のことだから

もうちょっとすばやく対応していればと思うこともありますね
そこがまだまだ長年やっている人との差なのかもしれません



とにかく、前年と比べると収量は落ちています

でも前年に比べて悪いとこばかりではない
ここは昨年よりすぐれているのではと思うところも

今のところは病気が今までの作の中では一番マシですね

残念なことに黒枯れはちょこちょこ見えているんだけど、今のところ広がりは見せていないです
何度も言いますけど、今のところはなんですけど


それと、すすかび

これもやっかいな病気です
だけどこの病気はまだ今作は一度も見ておりません

もちろん見落としている可能性もあるんですけど目にしないというのは今までのことを思うとすばらしいことです

これもあくまで今のところはなんですけど


このままの状態でいくと、たとえ今のところは前年比割れでも盛り返す可能性は十分にあると思っています
このままの状態でいけばいいんですけども


今のところは

もしかしたら大丈夫かもしれないし、もしかしたらやばいかもしれません
どうなるかは自分次第なのかもしれないですね

まあ、しっかりやっていきたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

安芸キャンドルナイト 2014年版

今日も炭酸ガスについてといきたいとこなんですけど、ちょっとひと休み

本日は安芸キャンドルナイトについて
この安芸キャンドルナイトについては去年の今ごろもこのブログに書いたんですが本年もこのイベントがやってきました

安芸キャンドルナイト2014年版ですね


キャンドルの様子を
268.jpg
ここはJRの安芸駅前

269.jpg

270.jpg

271.jpg

272.jpg

273.jpg

キャンドルのほかには出店
それと簡易ステージが設けられています


去年はこのキャンドルを見ながらたたずんでいると、何か不思議な感覚に包まれたのを覚えている
県外出身の人間なんですけど、安芸にいてるんかというのを感じましたね

何を当たり前のことを言ってるんやと言われそうですけども


でも今年は去年とは違ってわりかし冷静だったかもしれない

キャンドルを見ながら、普通の人ならきれいだなあと思って見るのかなあ
私の場合はこれを設置するのにどれぐらいの時間がかかったのかなあと思いながら眺めていました


主催者は安芸市民有志とボランティア

みんなそれぞれ仕事を持っているんじゃないでしょうか
その中には私と同じナス農家さんもいてると思います

これは以外と手間がかかるんじゃないか
どれぐらいの手間がかかるのか自分なりにシュミレーションしながらキャンドルを眺めていました


なんで安芸市民有志とボランティアさんはこんなことをするのか

それはやっぱり地元愛だと思うんですけど
安芸を愛する地元愛が

去年、安芸キャンドルナイトを見てそう思ったんですけども


ここ高知県ではよさこい祭りという大きな祭りがあります。(私はまだ見たことはないんですけど)
私の出身地、堺でも堺祭りという大きな祭りがありました

そんな祭りと比べるとほんとかわいいというかささやかな祭りです
でもそんな祭りであるからこそ気づいたのかもしれない

地元愛なんだなということが


今年も途中からこの安芸キャンドルナイトをのぞいたんですが、去年よりは早かったです

その甲斐もあって今年はベリーダンスというものを見ることができました
このベリーダンスとはアラブ方面だったかなあ?のダンスみたいで始めて見ました

司会者さんがおっしゃるには毎年このダンスが始まると司会者さんの後ろに男性スタッフさんが多く集まるそうです
今年はあれっ、いてないと言ってたので終わるとすぐにいなくなったのかなあ

そこまではちょっとチェックしてなかったのでよく分からなかったですけど

見ごたえありました
でも寒そうでしたね

あれは寒いでと思いましたが


ほかにもバンドグループ

バンドグループのメンバーを見ていると、なんか見たことある顔やなあという人が
まもなく分かりました、あっ、あの人か と

どうやらバンドを組んでいるみたいですね
私の目には、仕事をしている時より楽しそうにしているように映ったんですがどうなのでしょうか


去年は終わった後、後片付けに土嚢をひとつだけ運んだんですけど、今年はキャンドルの後片付けを運営委員や他のボランティアの方と一緒にやって終わりました

いいんじゃないですか
こういうお祭りも

いい企画だと思いますね

安芸キャンドルナイトは

ということで安芸キャンドルナイト2014年版でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

炭酸ガス施用 その8

またまた炭酸ガスの話が続きます

いつまで続くのか
来年の今ごろまでと言いたいんですがそれはないです
そのうち終わりますけど


ところで本日は炭酸ガス施用をしたら、どれぐらい収量が上がるのかということについて

振興センターが試算したところ、ナスの場合、だいたい6パーセントぐらいの増収が損益分岐点だそうです
もし収量アップが6%以下ならやらない方がマシということになります

じゃあ、炭酸ガス施用をした農家さんはどれぐらい収量アップしているのか

これは炭酸ガス施用を行っている各農家によって差は当然でてくると思いますので一概には言えないです


あくまで私の予想になってしまうのですが、収量アップは1割程度ではないかと思うんですが
2割もアップしている農家さんは、ナス農家さんではおそらくまだいてないような気がしています

1割程度のアップなら面白みに少し欠けるような気が個人的にはしています

このことを以前、振興センターの職員さんにちらっと言ったら

確かに1割程度のアップなら面白みに欠ける。でもせめて2割、できれば3割アップさせたい
3割ぐらいアップできるよう、それに向かって挑戦していきたい

というようなことを言ってました



ところで、炭酸ガス施用を行った試験栽培は県の農業技術センターという施設で行われています
(ほかにもあるかもしれませんが)

こちら安芸でも炭酸ガス施用の試験栽培なるものを実際の農家さんの圃場で行われています
(炭酸ガス施用以外にもあるそうですが)

この場合は県が炭酸ガス施用の装置をその圃場に設置してくれるそうです
(装置、設置費用などは県が負担、ただしランニングコストは設置された農家の負担)


ちなみに私は何回か普及員さんに声をかけてくれたら試験圃場として手を上げさせてもらいますと言ってます

今から思えば県のお役に少しでも立たせていただきたいんですという素直な気持ちをなぜあの時言わなかったのかなあと思ってしまうこともちらほら

普及員さんにこう言われました

そのかわりランニングコストは自分で払わなダメですよ と

ちょっとカチンときましたけどね。ランニングコストぐらい言われんでもちゃんと自分で払うわと言いたかったですけど、そこは抑えて

分かりました。ランニングコストはきちんとお支払いします。だから次そんな話があるときはうちに持ってきてくれますか。必ず引き受けさせてもらうんで

と言ったんですけど話は持ってきてくれませんね


ほかの人にもこの話をしたことがありまして

言うてくれたら手をあげると言ってるのに話を持ってきてくれないんです と

そしたらこう言ってました

その地域の看板になるみたいなもんやから誰でもいいというわけにはいかんで 
そら向こうも人選ぶで と

それを聞いて気持ちだけでは無理なんか。しゃあないなあと思うしかなかったですけど



まあ、それはそれとして、実際のナス農家さんの圃場で炭酸ガス施用の効果を試験している所があるんですけども、そのデータみたいなものを勉強会の資料として何度か見せてもらっています

その結果は炭酸ガス施用をすれば利益も増えますよという結果が出ています
県が炭酸ガス試験をお願いしている農家では

ただここで個人的には気をつけなければいけないのではというものがありまして

この炭酸ガス試験をされている農家さんは名前を聞けば、ああ、この農家さんなら地域の看板となってもおかしくないなあと思う農家さんです

すごい実績を実際にあげている農家さんです

ここでの結果は地域で看板となってもおかしくないような優良な農家さんでの結果です


果たして普通の農家さんでも同じような結果が出るのか

中には声をかけてくれたら引き受けさせてもらいますと言っても完全に無視される農家もあります
そんな農家でも同じような結果がでるのか

そこが個人的には気になりますね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

炭酸ガス施用 その7

12月に入りすっかり寒くなりました

南国土佐といっても冬は寒いですね
こちらに来てまだ雪は見たことないのですが

でも雪が降ってもおかしくないほどの寒さを感じるこのごろです


それはそれとして、本日も炭酸ガス施用の話をしたいと思います
本日もどちらかというと炭酸ガス施用に疑問を持ってしまう話なんですけど

現地検討会などで炭酸ガス施用を行っている農家さんを見学する時もあるんですけど、炭酸ガス施用をすると違うというようなことをおっしゃっていました

実感としては実の太りかたが全然違うと
細かいことを言うとほかにもいろいろあるんですけど、実の太り方のスピードを特に強調していました


でもそうは言わなかった農家も実はいてました
ナス農家さんではないんですけども

その農家さん

収量を聞くと結構な収量をあげてるんです
その秘訣なるものを聞いたんですけど、なるほどそうなんかというような答えは聞けなかったんです

しかし、この農家さん、前作から炭酸ガス施用をやり始めてるというのを思い出しまして


そこで、炭酸ガス施用というのはそんなにも効果があるのか、炭酸ガス施用をしたらいっぱい取れるようになるのかというの聞いたんです

なんて答えたかと言うと

そんなことないですよ。あんなんなくても取れますよ。普通にやってたら と

それなら炭酸ガス施用は効果がないのかと聞くと、もしかしたら効果があるかもしれんけどもしかしたら効果がないかもしれんというような回答でした

どうも炭酸ガス施用に手ごたえを感じてなさそうですね

効果に気づいてないだけなのか
それとも本当に効果がなかったのか

よく分からないですが
人によって感じ方が違うものかもしれません

それがなぜなのかが気になるところではあるのですが


でも炭酸ガス施用の発生装置を一式そろえるとそこそこの金額になります
さらにランニングコストもかかってきます

それで手ごたえがないというのはやった方としては満足がいかないかもしれません

とにかくいい話ばかりではないですね
この炭酸ガス施用は

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR