炭酸ガス施用 その11

まだ続きます
炭酸ガス施用の話が

本日は炭酸ガス施用で個人的に疑問に思っていたこともあってそのことを


この炭酸ガス施用

これは二酸化炭素を施用することです
炭酸ガス施用では一般的な方法(他にもあります)では灯油を燃焼させることによって二酸化炭素を発生させます


だけど今は地球温暖化防止のためCO2削減の声が聞かれます
これに反することにならないのかという疑問はありました

個人的な意見なのですが、やり方によっては環境負荷にはならないと思っています

ここ高知県が推し進めている炭酸ガス施用はオランダという国のやり方をお手本としたやり方なんですけども
そのやり方を詳しく聞いていると、きっちり環境のことも考えていますね



ちなみにこの炭酸ガス

ある一定の濃度までは濃度が濃くなればそれに比例して植物の光合成能力が向上するのが実験で確かめられています

オランダのやり方というのは炭酸ガス濃度を大気レベルまでしか上げないそうです
実際には大気レベル以上に上げた方がより光合成能力が上がるのですがそうはしない



ところでこの二酸化炭素

拡散性という特徴を持っているそうです
二酸化炭素は空気より重いので空気中では上から下に移動するのではと思っていたのですがそうではないそうです

濃度の高い所から低い方へ優先的に移動するそうです

ということはハウス内の炭酸ガス濃度が外気より高い場合にハウスを喚起した場合、濃度の薄い外気の方へどんどん二酸化炭素が逃げていってしまいます

大気レベルに濃度を維持していれば喚起してもほとんど外へ逃げることがないそうです



冬季の施設栽培では温度確保のためハウスの喚起が少なくなります
(これが病気を呼び起こす元にもなります。ここが難しいところですが)

喚起量が少なくなる冬季では日中ハウス内の炭酸ガス濃度が外気より低くなっているのが今では実験で明らかにされています

その足りない濃度差分だけを補いましょうというのが、オランダのやり方であり県が薦めている炭酸ガス施用です


これにもちょっと疑問がありまして、喚起した時に外から炭酸ガスが入ってくるからそれでいいのではと思ったのですが、喚起で外から入ってくる分だけでは作物にとっては不足だそうです(冬季の場合は)

だから炭酸ガス施用が効果があるとのこと

けっこう難しいことが多いような気がします。農業は


とにかくオランダ式のやり方をとっていれば、あまり環境にも負荷をかけることはないと思っています
もちろん無駄なコストを省くという理由もあります(これが一番大きな理由かもしれませんが)

そんなこんなで

炭酸ガス施用 CO2削減には悪影響なし(オランダ方式をとっていれば)
炭酸ガス施用すれど環境負荷はかけることなし

という結論に達しております

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

炭酸ガス施用 その10

本日も炭酸ガス施用の話が続きます

炭酸ガス施用を実際にしている方にやって違いはあるのですか?みたいなことを聞いたことがあります
聞いたといっても数人ですけど

実際に炭酸ガス施用している人というのは、ここ安芸では全体から言えばまだわずかほどだと思います


聞いたところでは

実の太り方が違う(太るスピードが速い)
茎が太くなる
新芽の展開が速くなる

概ねやっぱり違うというような答えが返ってきました
実際にやっている人の話では

勉強会などでも炭酸ガス施用している圃場の前年比(炭酸ガス施用を行っていなかった年)と実際に行った年の違いの資料なんかも見せてもらっています

その資料からもやっぱり違うなというものが見えました



ところで床屋政談という言葉があって、床屋で散髪に来た客が噂話のように政治談議をすることなのですが、そんな話でも正確ではないけど、だいたいのところは核心をついてるという意味でそういう言葉があるんですけど

そういった感じのなにげない雑談みたいな中で聞いた炭酸ガス施用のいい話をちょっと

今まで炭酸ガス施用を行っていた農家というのは高級メロンとかそういった比較的単価の高い作物を扱っている農家さんが多かったそうです


高級メロンなんかになると、着果制限といって1株に1個しかメロンを着けないそうです
これは制限を設けることによって養分を分散させないで集中させることによっていい物を作ろうというのがねらいです

ところが炭酸ガス施用をすると・・・

例えば通常1個のところが2個もできるそうです
しかも、その色艶は1個のときよりも2個できた時の方がすぐれている

こうなると収量も2倍2倍
おまけに品質までよくなって

すごいと思いませんか
なかなかマネしようとしてもできないですよ

まさに恐るべし炭酸ガス施用

残念ながらナスは鈍感な作物なのでナスの場合はそこまではいかんらしいそうです

そこはちょっと残念なところなんですけども



また、この炭酸ガス施用

これを魔法のボックスだと表現された方もいました

この表現には個人的にはちょっと疑問ですね
私としては

これは奇跡を起こすボックス(かも)

高級メロンを倍増させることなんて、これはもしかしたら奇跡的なことではないかと個人的には思います

そんなこんなで、これは使わない手はないのじゃないかなんて思ったりもしました
まあ、それだけでもないんですけど

ということで炭酸ガス施用 その10でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

炭酸ガス施用 その9

ナスはたくさん取れる日があったりそうでない日があるこのごろ

たくさんとれる日も出てきたのでまあ良しとしとこうかな
本当はたくさん取れる日ばっかりだったらいいのになあとは思うんですが、そうは問屋が卸さないといったところです

この値段のいい厳寒期にたくさん出荷するということはなかなか難しいです



ところで、炭酸ガス施用の話がまだ途中でした
やっぱり炭酸ガス施用のことを書かないと

ここまで長く炭酸ガス施用のことを書くということは、それだけ炭酸ガス施用に関して興味を持っているということなんですけど、それだけではない

実際にやろうかなと思っているのもありまして

県が炭酸ガス施用導入の際の補助制度を打ち出したのですが、いちようこれに自分も手をあげています


まだ見積もり段階にも入っていないので、実際に導入するにしてもまだちょっと先だと思いますが

暖かくなってサイドも開けて常時喚起するような状態になってくると、炭酸ガス施用効果も薄れるそうです
炭酸ガスが外へも逃げていってしまうんで

なので常時喚起するころになると炭酸ガス施用も終了するところが多いようです

まだ決定したわけではないんですけど導入するにしても、このハウスを締め切る時間が長い今の時期に導入できるかは今のところ未定です
もしかしたら来作からということになるかもしれません


まあ、とにかく炭酸ガス施用導入を考えているわけで、それもあって炭酸ガス施用のことを長く書いています

この炭酸ガス施用、詳しく書くとそれだけで一冊の本を書けるんじゃないかと一瞬思ったりもしたんだけど、思ったのはほんの一瞬だけ。
さすがにそれは無理

でも原稿用紙何枚か分ぐらいは書けます


そこで原稿用紙何枚か分をずらずら書こうかなあとも思ったりもしたんですけど、それじゃ何か味気ないですね
といってまったくないのも味気ないような気もしないではない

ちょっとぐらいは炭酸ガス施用とはこういうものだ

ということをかっこよく書きたい気もするんだよね


それより炭酸ガス施用に関する自分の思いなんかを優先的に書こうかなあと思ったりもしているんですけど

どちらにせよ炭酸ガス施用の話はまだ続きます

次はとりあえず炭酸ガス施用に関して聞いたいい話を中心に書いていきたいと思います
まだそのことについてあまり書いてなかったんで

それを書かないことには終われないですね

ということで炭酸ガス施用 その9でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

新年になったといっても特に変わったことはありませんが
お正月もハウスの中で作業をしていました


安芸で過ごす正月は今回で3回目
安芸に来て初年度の研修の時は年末大阪に帰省しましたけど、それも入れると安芸に来てもう4回も年を越しています

早いものです


大晦日は除夜の鐘を聞いて寝ることもあったんですけど、安芸に来てからは毎回除夜の鐘を聞くこともなく眠りに落ちていました

大晦日といえば個人的には紅白が楽しみなんですけど、ここ3回連続はビデオに録画して大晦日ではなく1日遅れたお正月に見ています
紅白は大晦日に見るものでなく正月に見るものという感じですかね

生で見ていると早送りのボタンを押せないのがちょっと個人的には不満で

ここは早送りと思う時もあるでしょ?
生で見ているとこれができないんですけど、お正月に見るとそれができるんです


ということで、元旦はリモコンを持ちながらゆっくり紅白を堪能するというのが安芸に来てからのお正月の過ごし方になっています

もちろんハウスから帰ってきてからですけど


新年早々からあまり農業のことを書く気はしないですね
そこで本日は2014年の紅白を私の独断と偏見で論評しようかなと思います


非常に良かったんじゃないですか

見どころは多かったと思います
なにせ天童よしみの歌を早送りのボタンを押さずに聞いてしまったぐらいですから

こんなことは普通じゃありえないことです


そんな中でひときわ際立っていたのを3点あげるとしたら

いきものがかり
椎名林檎
中島みゆき


まず、いきものがかり

これは言うまでもないでしょう
これを見ないと紅白を見たという気がしないですから
毎年毎年すばらしいですね

この毎年毎年というところがやっぱりすごいところじゃないでしょうか


それから椎名林檎

この歌手はあまりテレビで見ることがなく、何か神秘性といいうベールに包まれたイメージがあるんですけど
実際に見てみると、やっぱり神秘的なオーラをかもしだしていますね

見ごたえありました

これこそ本物のシンガーやと思わせるところがありました
でも、本物の中の本物とまではまだ残念ながらちょっと足りないかもしれない

そこまで厳しく見ると少しかわいそうかもしれませんが


最後に中島みゆき

これこそ本物の中の本物のシンガーやと思いました

歌もさることながら、その歌唱力、表現力、神秘性、オーラ、どれをとっても超のつく一流


この人も椎名林檎と同じでほとんどテレビとかで見ることがないんですけど、おそらく初めて歌っている姿を見た時はだいぶ昔になりますが、NHKのプロジェクトXの主題歌 地上の星で紅白に初出場した時でしたね

その時の印象は今でも残像として残っています

黒四ダムでの極寒の中、寒いはずなのに寒くなさそうにして歌っていた姿
最後の方で歌詞を間違えたんですけど、それがかえってほんまに生で歌っているというのが伝わってきました

この人もしかしたらわざと間違えたんじゃないかとも思ったぐらいです
うならせるものがありました


今回の紅白も前回に劣らず圧巻でした

最後にマッサン夫妻に握手しに行ってましたけど、その時の姿は

気さくな感じのいい普通のおばさんという感じ

ちなみにこの方は、もしかしたらもうおばあさんかもという年齢じゃないかという気もしていますが、まあそんなことはどうでもいいんですけど、それを払拭させるような美貌も持ち合わせていますね

超一流でありながら、最後は普通の人間で終わる

ここがやっぱり本物の中の本物のあかしじゃないですか


これに比べると椎名林檎は最後まで神秘的な気配をただよわせて終わりました
能ある鷹はつめを隠すじゃないですけど、本物であっても一見すると普通に見える

ここが本物と本物の中の本物の差じゃないかと思うんですが

これぞ本物の中の本物とうならせるものがありました
あれを見逃してしまった人がいたらそれはもったいないことをしたんじゃないでしょうか

感動しました
あまり感動する人間じゃないんですけど、それでも感動しちゃいました

これがあるから紅白はおもしろいのかもしれません


ということで紅白はよかったです

本業の方でも今年一年、何か感動できるようなことがあればいいなと思うんですが
そのためにはしっかりがんばらなきゃいけないですね

まあ、しっかりがんばりたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR