スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげ様で

昨日はパソコンを持って農協の事務所へ


農業簿記ソフトで年次更新作業がどうもうまくいかなくて

給付金の関係で市役所にいろいろな書類を出す必要がありまして
帳簿も提出する必要があります

もっと余裕をもってやっていれば何も慌てる必要はなかったんですけど
ぎりぎり間際になってやったもんだから



定期的に青色申告勉強会というのがあるので、本来はそこで行っておくべきだったんですが

年次更新のやり方は毎年やっていることなので分かっているつもりだった

分かっているつもりが1年も経つとね・・・・

あれ、おかしいなあということになってしまう
いろいろやっても変わらない

なんでやねんということで、これはもう直接見てもらうしかないかなということで



農協の担当者さんは年次更新の会の時は出席しなかったんですか?とさりげなく言ってました

勉強会に参加して分からなければその時に聞いてください
こっちも暇じゃないんだから

ということかな?

どうであれ、きちんと参加してやっておくべきでした
2度とこういうことがないようにしたいとは思っているんですが

でも、おかげ様で助かりました
感謝、感謝です



その後、帰宅して帳簿を入力していたんですけど、ちょっとおかしなことがありまして
なんでやろうなあと思ってちょこちょこいじってたら、今度は今まで入力したデータが突然出てこなくなってしまって

あれこれいじらんといたらよかったと思ったんですけど、もう遅かった
あれこれやったんですが、データがでてこない

焦ってしまって、農協へ電話をかけてしまいました



幸い担当者の方がまだおられて聞いたところ、一瞬にして解決。

なんやそんなことやったんかと
はっきり言って無茶苦茶しょうむないことだった

自分でもあきれるぐらい


しょうむないことでお手数かけてすいません と言うと

いえいえ、そんなことないですよ と笑いながらおっしゃってました


その言葉のおかげでホッとはしたんですけど

もしかして内心は・・・・

いや、そんなことはない。声のトーンを聞いていたらわかるんで

ちょっとおかしいところはまだ原因が分からないんですけど、そこの部分は全然慌てる必要はないので、今度の勉強会の時に聞くことにします

それが本来の姿なので



ところで、税務署に提出する毎年の決算書は、この農業簿記ソフトで作成しているんですけど、毎年勉強会で最後の確認作業ということで、ちょっと細々した作業をやっています

毎年やっていることなんですけど、毎年その作業をする頃になると頭の中はリセットされてます
なんか複雑怪奇なことをやってる感じ


実を言うと、数字関係に関してはけっこう自信があるんです

それでも一体何がどうなってるか全然分からないことがあります

他の人は分かってんのかな?と疑問に思うことがあるんですけど、やっぱりほかの人も分かってないことが多いです
そのため、聞きたくても講師がぜんぜんつかまらんこともあります

強引につかまえなあかんらしいんですけど
そうは言ってもなかなか難しい



でもとにかく、ありがたいです
この青色申告勉強会の存在は

青色申告できるのもこういう勉強会があるおかげです
自分1人ではなかなか難しいです

青色申告勉強会さまさま



ちなみに15年ほど前(青色申告勉強会が発足する以前)は、こちらの農家さんのほとんどは白色申告だったようです

白色申告より青色申告の方が貸借対照表というものを添付するため難しいんですけど
そのかわり、青色申告にすると税制上の優遇措置があります

自分の場合、その優遇措置は大きいんじゃないかと判断して青色申告を選びましたが、どちらにするかは各個人個人の考え方次第だと思います



ところで、市役所へ提出する書類を作成してまして、改めて実績などを眺めていました。

眺めていると改めていろいろと考えさせられますね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

次こそは

役のお話はもうおわり

役のことばっかり書いていたので、本来はこれを書こうと思っていたのに書けなかったことをそろそろ書こうかなと思っているんですけど

ところかいざ書こうと思うと何を書こうとしてたんかなと思ってね
どうも物忘れがひどくなってきてるのかもしれません



そういや、以前農協へ立ち寄った時のことなんですけど

何か用事があって立ち寄ったんですけど、事務員さんの横でボケーと突っ立って、一体ここへ何しに来たんやろ?と考えてしまうことがありまして

そこでふと、何しに来たか忘れてしまいましたと言ったことがありまして


すると、事務員さんはうれしそうに一緒や一緒やと
そんなん聞いたら安心するわと

そっちは安心かもしれんけど、こっちは心配やと思いながら聞いてたんですけど

こういうことを防止するにはブログを書くのもいいのかもしれません
ぼちぼち思い出していかないかんなあと思ってるんですけど



あっ、そういや4作目もすっかり終わっています

まだはっきりとした数字は分かっていないんですけど、収量は前作とだいたい同じぐらいかな

春以降にヘタを打ってしまったね
前作も同じだったと思うんですけど

まあ、いつものことと言えばいつものことなんですけど



すでにナス作り4作が終わったんですけど、いつも最後はズタズタ

その中でも後半に関しては2作目が一番マシだったかな
この時も後半、ヘタうちかけていたんだけど、何とか盛り返すことができて6月の収量(秀品率は別)はすごく良かった


今作は後半から積み木崩しのように崩れていった

はっきり言って後半はぜんぜんいいところなく終わってしまった

収量から言えば3月までは上等すぎるぐらいよかったです

3月ぐらいからこれはちょっとやばいねという兆候は見えていたんですけど、それでもその月に取れる基準からいえばそこそこ結果的には取れていました


4月以降からはぜんぜんダメ

もちろん、まったく取れないというわけではないんですけど、その月に取るべき基準から言えばぜんぜんダメ
結局、そのままだらだら終わってしまったという感じです


傾向としては毎作(1作目は別)序盤戦はかなりいい感じできてました

それがずっとは続かないんですけど

その中でも特に今作は極めて快調なペースでした
今作18トンとれなかったらもう取れる作はないだろうと思ったぐらいですから


で、結局は・・・・・・

取れなかった


もう18トンとれる作はないのか?

そんなことはないと思う
あの時はちょっと勘違いしてただけ

そら、勘違いする時もたまにはありますよ
人間なんだから


次こそは

取れるんじゃないですか

と思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 番外編

本日も引き続き役の話を

といっても書こうとしていることはあまり役と関係のない話のような気もします
ということで題は番外編ということにしました



そもそも何で役の話をしたかというと、きっかけは自分が組合員となっているJA土佐あきが独占禁止法違反の疑いがあると新聞やテレビで報道されたのがきっかけ

この記事を読んで、これはちょっとおかしいんじゃないかと個人的には思いました

そのことを書くには役というもののことを書かざるおえなかったんで



報道の件に関しては、どうなっているのか分からないんですけど、聞いた話によると黒と断定された場合は反省文を書かされて、それが全国の新聞などのメディアにも載るそうです

それだけではないそうで、けっこうな額の罰金も払わさせられるそうです

噂ではほぼ黒に近い状態というのも聞きました
あくまで噂ですけど



もし黒と断定されたら、農協は大きな打撃を受けるでしょう

農協だけの問題じゃないかもしれない
最悪のシナリオの場合、もしかしたら地域全体としても大きな打撃を受ける可能性もあるようで。

組合員にも何らかの影響は出てくるかもしれない

個人的に直接どうこうなるということはないんですけど、間接的に何らかの影響は出てくる可能性もあるかもしれません

ですので、どうなるのかちょっと心配なんですけど



組合員としては、反省文を書かされたり罰金を払わされるような農協であっては困りますね

もっとしっかりとした農協であってもらわないと
これに関しては白やと思っているんでなおさらそう思います



報道では農協はそもそも農家のための組織であるというような報道もされてたんですけど、それはちょっと違うような気がする

農協とは一般企業と同じくれっきとした営利団体だと思うんですけど
家族がいる農協の職員さんもたくさんいてるでしょう。地域の雇用にも貢献してる部分もあるでしょう

そのためには農協も利益をあげていかないといけないはず。

農家のためだけにやっていたら農協なんてとっくに潰れていますよ

あんまりあこぎなことしたら問題になるので、問題にならない程度に農家から搾取する

それが本来の農業の姿だと僕は思うんですけど



そういう意味では自分で言うのもなんなんですが、自分も農協さんには大いに貢献してる部分はあると思いますよ

この前も、農協で軍手を購入した時のことなんですけど、値段を見たらえらい安いなと思ってね
袋ごとの値段だと思ったんですけど、袋の中の一対だけの値段でした


はっきり言ってホームセンターで束で袋に入ってる軍手を買った方がよっぽど安いです

この軍手高いからやめとくと言いたくなったんですけど、農協さんにも儲けさせたらなあかんやろと思って購入しました


軍手だけじゃないですよ
他にもあります

それを分かっていながら農協から購入することだってあるんです

農協さん、儲けてくださいと思っていますから



じゃあ、なんで農協さんに儲けておらおうと思っているのか

よそで買った方が安いと分かっているのなら、よそで買った方が得なんです

なぜなのか?


それは農協さんに、地域のためにいろいろとがんばってもらわなきゃと思っているから
それが農協自体の繁栄にもつながってくることでもありますし

搾取するだけではダメですよ
これは農協だけに限らず一般企業にもあてはまることだと思うんですけど

地域の発展のためには、農協さんにはまだまだがんばっていただかないといけないことがたくさんあると思います

それによって直接的ではないですけど、間接的に自分も恩恵を受けることもあるでしょう

それでこそ高いと分かっていても農協から買った甲斐があるというものです



ということでJA土佐あきさんを応援しております

今回の報道の件はどうなるか分からないんですけど、ここの組合員としては毅然とした態度を見せつけてもらいたいですね

非常にマイナスなイメージで報道されたかなとは思っているんですけど、農協への信頼と期待は変わっていませんので

役 その番外編でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その最終回

本日も引き続き役の話をいきます


ところでなんですけど、このブログも書き始めて、知らないうちにもう5年目に突入してますね

3日坊主という言葉もありまして、そんなこと考えるとなかなかすごいんじゃないかと
と言いながらも、3日どころか何か月も休息したこともありますが



そんなこんなで、早いもので書き始めてすでに5年目に突入しております

そんな5年の中で、ただ1回だけ、自分が書いた記事でそれはおかしんじゃないかという意見を直接じゃないですけど間接的に聞いたことがありまして


いつどこで誰が見てるか分からないですね

普段はブログを書いてるなんて口には出さないんですけど

書き始めたころは、少しは宣伝したかな

記事の最後に新規就農のボタンがあるから、必ず忘れずにクリックしてねと
そうすると新規就農のブログ村のページに行くから、そこでもう1回ウチのブログをクリックしてとお願いしながら



ところで、その記事はどんな記事だったかというと

社会への奉仕という題で書いたんですけど、その中でいいナスを少しでも多く世に送り出す。それが自分なりの社会への奉仕であると

そんなふうなことを書いたんですけど、そこのところに物言いがついたみたいで


それはちょっとおかしいやろと

わしらは自分自身のこと以外にもいろいろやっているのに、自分のことだけやってそれが社会への奉仕というのはちょっと違うんじゃないかということらしいんですけど

これに関しては、そういう意見は真摯に受け止めたいと思っています


役に関しては今に始まったことじゃない。

今もですけど、それ以前から多くの農家さんが、自分のことだけでなく地域のためにいろいろなことをやってきている

そういった積み重ねのおかげで自分も恩恵を受けている部分は大いにあるのではないかと思います

そういったことに対する感謝の気持ちは忘れちゃいけないのかなと思っています


今言えるのはこれぐらいかな

もし、ちょっとだけ付け足すなら、もうちょっと自分のことだけがんばりますとしか言えないんですけど



そう言えば、就農1年目の時のことなんですけど、おそらく農業委員会の人達がメインだと思うんですけど、けっこう多くの人が自分とこのハウスへ視察に来ました

ほとんどがナス農家さんだと思うんですけど

耕作放棄地解消事業というのを利用させてもらって、その手続きに農業委員会も絡んでいたこともあってそうなったんだろうと思うんですけど


今思えば何であんなに人が多かったのか疑問なんですけど
あんなにも農業委員がいてるのかなあ?それにしてはちょっと多いと思うんだけど

それだけ多くの人が役についてるのかなあ?

役に関してはまだまだ分からないことが多いですね


まあ、役といってもいろいろな役があるんで、何か役をしている農家さんが多いのは間違いないと思います

自分の立場からすれば

ご苦労様です と

これしか言いようがないです

もう少し発言したいんですけど、心苦しいんですけど今のところここまでです

繰り返しになりますが、感謝の気持ちは忘れないようにしたいと思います

ということで役 その最終回でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その11

本日も引き続き役の話です


役に関してなんですけど、ある農家さんから一つぐらいは役をやりと言われたことがあります
何の役もしてないということもあって


こんな時もありました

それぞれの地域にナス部会というものがあるんですけど、それぞれの部会にナス部長という役職があります

ナス部長になってみる?と冗談ぽくですけど言われたことがあります
誰もやりたいという人おらんから、たぶんなれるで と

いやいや、そんなものはとてもとてもと丁重にお断りしたんですけど



それからこんな時もありました

なんかの会で一席もうけられた場でのこと

ある農家さんに何とかの役をやってるんですねと言ったことがありまして


そうするとこういう返事が返ってきまして

その言い方はちょっとおかしいと。役をしてくださっていると言うべきやと
そういう役をやっている人に対する感謝の気持ちが全然足りてないというような、ちょっと耳の痛いようなことを言われまして


その時、僕の隣がある役をしている農家さんでして

その農家さんに、何々さんはこういう役をしてるんですねと言ったら

先ほどの農家さんに、あっ、また言うたなと言われてしまって

あっ、しまったと思いましたけど時すでに遅かった


それで、何々さんが役をやってるって知らんかったやろと

ハイ、知りませんでしたと答えました。

実を言うと知ってましたけど
そうでないとこういう役をやってるんですねなんて言えないですよ

でも話の流れからいってそう答えるしかなかった


その役をやっている方は、そこまで言ってもらうとなんか恐縮だなと言ってました

その言動から、その役はそれほどたいしたことはないのかなあと想像しました。
実際のところは分からないですよ。自分はやったことがないんで。言動から勝手に推測しているだけなんですが



それから、その時の自分の隣の隣だったか、反対側だったかもう忘れてしまったんですけど、役をしている別の農家さんがいてまして

先ほどの農家さん曰はく

この人は自分のことより人のことばっかりする人やから、奥さんに嫌われてしまったんやと
こんな人もいてるんやで と

さすがにそれはちょっと気の毒ですね
個人的には、その奥さん、もうちょっと広い心を持ってもいいんじゃないですかと老婆心ながら思ってしまいます


その農家さんも何か役をやってるみたいで

その農家さんが役をやっているというのは知らなかった
一体何の役なのかな?

今度、こっそり聞いてみようと思ってるんですけど



まあ、そんなこんなで役に関してはまだまだ分かっていないことは多いと思います
こういう話を聞くと、たいへんなんだなとは思うんですが


そういう役をやっている人のことを考えると、自分はもっとナスを取るべきなのかもしれない
そういう時間がとられない分、明らかにそういう人達よりは有利なはずですから

まだまだいけてなのかな?


ということで本日はこれぐらいにしておこうと思います

次も引き続き役の話ですけど、次は最終回

もう1回だけ役の話をします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その10

引き続き役の話をいきます

思えばこの役というのは、本業のナス栽培に影響してくることもあるだろうと思います
実際になんらかの影響をうけている農家さんも少なくはないでしょう


前回の記事で少し触れた、日本のあちこちへナスの営業に行ったという農家さん

関東方面はもちろんのこと、東北にもよく行ったと言ってました

これにはおそらく農協の職員さんなんかも一緒に営業に回ったんじゃないかと思うんですが、やっぱり実際にナスを作っている農家さんも混じってる方が営業にも説得力があるんでしょうね


ウチの母親の実家が石川県の金沢市になるんですけど、そういう話をしたら金沢へも営業で何回も行ったから、金沢市の飲み屋も何軒も知ってると言ってました

金沢市は県庁所在地とはいえ地方の1都市です。
そんな地方の1都市だけでも何回も行ってるんだから、相当日本のあちこちへ行ったんじゃないかと思うんですが

でもよく考えてみると、その分だけの時間を取られていると言えますね



そういや、ナスの勉強会などでも他産地への視察へ行った報告として他産地の取り組みの話を聞くこともあります

熊本県の話が多いですけど
熊本は日本の主要ナス生産地の一つでその出荷量も伸びてきているようです

スライドで夜の食事にこんなおいしいものいただきましたと紹介していた時もありました


それを見て自分も食べたかったなあと
何もこれみよがしに見せることないんじゃないの。ナスの栽培と何の関係があるんやろと。

まあ、その時はそんなことぐらいしか思わなかったんですけど


これは勉強会の役職についてる方と振興センターの職員さんが部会の活動の一環として一緒に視察へ行ってるんですけど、これもよく考えてみると、2日はこの視察でつぶれますよね

この時はたしかまだ作の真っ最中だった

その中で2日潰れるというのは大きいですよ
役職とはいえ、これは大きな負担だと思います

今では、役職ご苦労様ということで、おいしいもんも食べさせてもらうようなこともあってもいいんじゃないのかなと思っています



逆に他産地からこちらへ視察に来ることもあるようです
(流通関係の人、いわゆるお得意様も含めて)

こちらの農業は天敵を利用した環境にさしい農業をしているということで、天敵温存ハウスの視察とかもあるようです

農協さんの職員さんの話を聞いてるところでは、おそらく農協の職員さんがその段取りをしてるんだろうと思います
農協の職員さんだけでなく、やっぱり実際の農家さんもいた方が対外的にはいいですよね


数ある農家の中で誰が対応するのか?

やっぱりそれは、役についてる農家が対応するのが通常です


農協の職員さんも言ってました

そういう場合、だいたいいつも同じ農家さんにお願いすることになる
その農家さんばかりに負担をかけてしまっていると


農協の職員さんもたいへんだと思います

あまり目立たないかもしれませんが、これに限らず農家も農協に恩恵をこうむっているケースも多いんじゃないかなと思います

農協と農家は持ちつ持たれつの関係なのかもしれません



僕は何の役にも就いていないので、役についてる方の役職に関してはあまり分かっていないんですけど、たいへんなのではないかと思っています

他にも自分が知らないだけで、いろいろな活動があるでしょう

ご苦労様ですとしか言いようがありません



ちなみに役とは何の関係もないんですけど、もしかしたらちょっとだけ自分が県の農業発展に貢献したかもという話を

そんなこと別に言う必要ないですかね?

まあ、言わせてくださいよ。
全然たいしたことない話ですけどね


最近の話なんですけど、炭酸ガス導入事業という事業を利用させてもらって炭酸ガス施用をしていたんですけど、県より導入後の聞き取りということで、レポート用紙に記入して提出してくださいとのことで提出しました

その提出者10人ぐらいの中から2人ぐらいの人を選んで、各月の前年比などの実績を見て炭酸ガス導入でどう変わったのかを調査したいということで、お願いできませんかと農協の方から言われました

そんなことでお役に立てるならということで、どうぞどうぞと。

自分は何をするのか?

何もしなくていいそうです。農協の方が集荷場で自分の実績を調べて報告しますからとのことでした
集荷場にはちゃんと記録が残ってるんですね

ということで特に何もしていないんですけど。でも、これで県の農業発展へささやかながら貢献したかな?



ということで本日はこのあたりで

役 その10でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その9

来作のための太陽熱消毒をしております

こちらでは一番効果が高いとされています
しかしながら、最大の欠点がお天気に左右されるということ

太陽が出てこないと話にならない
天気が悪いのが気にかかるところです



役の話が終わっていないので役の話をします

その1でも書いたように、役といってもいろいろな役があります

農家でも、なんとかの部長、委員長、理事長といった立派な肩書のある農家さんも珍しくはないです
そういう肩書がある人というのは、だいたいは何かの役についてる人です



肩書を聞くとそれはそれは立派です

そんな立派な肩書がつくにもかかわらず、控えめな方が多いようで


「とてもとても私じゃつとまりませんよ。あなたこそふさわしいと思いますよ」

「何をおっしゃいます。私こそつとまるわけないですよ。そんな謙遜することないじゃないですか」

こんな会話ももしかしたらあるかもしれませんね

譲りあう心はとてもすばらしいんですが、みんながそうなってしまうとそれはそれでマズイことになってしまいます


選挙みたいに我こそはと名乗り出るような話はあまり聞かないです
私が知らないだけなのかもしれないんですが

不適切なお金の使い方をして辞任に追い込まれた舛添都知事みたいに、あそこまで何がなんでもしがみつこうという人はこちらではいないんじゃないかなあ。

こちらの人ならそこまで言うのならと許してあげるような気がします



とにかく、そういう立派な肩書がつくにもかかわらず、こちらでは積極的に関わろうとする姿勢はあまり見えないです
むしろそういうものにはできるだけ関わらないようにしようとする姿勢の方が多いでしょう

ある役なんですけど、任期満了でその後任人事が難航したという話は聞いたことがあります


これもある役についてですけど、後任について当時の役の方が

今までのことを考えると、どうせ誰も手をあげる人はいないだろうから、個別にあたって話をして後任を決めましたという話も聞いたことがあります


要するにみんなそういう役には基本的にはつきたがらないということなんですけどね
しかし、誰かがやらなきゃいけないということでしぶしぶなっている人も多いかもしれません



これはだいぶ以前ですけど、農家さんでナスの営業へあちこちへ営業に行ったことがあると言っていた農家さんがいました

当時は、日本のあちこちへ行ってるんやなぐらいしか思わなかったんですけど

この方は私と同じナス農家ですけど、同じナス農家でも私はナスの営業なんてしたことないです
そういう営業をしていたのは今から思えば役としての役職ですね

他にもこの農家さん、こんなことやってるんかというようなことがありましたけど、それも同じことでしょう


なんでこんなことやってるんだろうかと疑問に思ってもおかしくなかったんですけど、疑問に感じたことはなかったね
今では役についてるからそういうことをやってるんだろうなと思いますけど

まあ、そんなことはさておいといて、もうちょっと具体的に役職の話をしようと思います
自分の知っている範囲内のことですが

長くなってきたので具体的なことは次回へとします

役 その9でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その8

阪神タイガース苦しいですね。単独最下位ですよ。

よくラジコで中継を聞いているんですけど、早々とスイッチを切ってしまうことが多いんですよね
ダメだこりゃと思って

もうちょっと長く中継を楽しませていただきたいんだけど

あっ、こんなこと書くとまた何の関係もない話になってしまう

この辺で阪神の話題は終わりとするべきですね。
でも、別にいいじゃないのという気も

あらかじめお断りしておきます。今回も全然関係ない話になりますと



まあ、見ていても非常に苦しいですよ

金本監督もだいぶストレスたまってるだろうと野球解説者の金村さんが言ってました
ラジオ番組で金本監督にインタビューする企画があったんですけど、むちゃくちゃ気をつかったと言ってました

試合後の監督インタビューなんかもよくチェックしているんですけど、勝った日と負けた日とではトーンが明らかに違いますね

こっちは腹が立ったらブチッとスイッチ切ることできるけど、監督はそれができないからね

やっててアホらしくなったから帰るということがあってもいいと思う。後は勝手にやっとけと言ってね
そういうことがあっても僕は何も言わないですよ

そういう気持ちにもなると思いますから



でもね、今までの阪神とは何か違うような気がするんだなあ
今はダメでもそのうち花が咲くような気が

最下位といっても2位以下はだんご状態なので、調子が上がればすぐに順位も上がるだろうし

暗黒時代と言われた時と比べれば、まだまだ全然マシですから


長い長い暗黒時代を破ったのが星野監督でしたね
あの阪神をリーグ優勝にまで導いたんだから、すごいと思いますよ、この人は



暗黒時代といえども数えられないぐらい期待しました

スポーツ新聞なんかを読んでいるとね、何かやってくれるんじゃないかという気がしてくるんですよ
そんなことを言っても、阪神ファンでない人間からは

そんなわけないやろと

振り返ってみれば、阪神ファンである自分より阪神ファンでない人の方がよっぽど阪神のことを分かっていたと認めざるえないです。
阪神ファンのくせに、まったく阪神のことを分かっていなかった



まあ、とにかくあの頃の阪神に比べればぜんぜんマシ

今はまさにガマンの時

これからも応援します

がんばっていただきたいですね。


役 その8でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その7

先日、あるお店でお食事をしてたんですけど。

そこで週刊ポストという雑誌を読んでいまして
世間の動きに乗り遅れないようにね


もうすぐオリンピックが始まるね と言われて

えっ、そうなんですか?いつはじまるんですか?

そんなことね、なかなか言えないですよ


今でもはっきり覚えています

あれはたしかロシアでのソチオリンピックだったんだけど

テレビをつけたらオリンピックをやってるんですから。

びっくりしましたよ
えっ、いつの間にオリンピックが始まってるんやと



ちなみにチェックするのは週刊ポストだけじゃないんですよ。女性セブン、週刊女性といったものまで
やっぱり、いろんなジャンルに目を通すということも大切じゃないかということで

芸能人の熱愛、離婚、浮気とかいったことなどが詳しく書かれていたりします
そういったものにも目を通したりしてるんですけど


スポーツ新聞の記事では、女優の高島礼子さんが思わず涙がこみあげてしまっている姿。

その気の毒な姿には同情の念を禁じ得なかった



ところで週刊ポストの記事によると

使う言葉で人の性格が読めるとのこと
こういう言葉をよく使う人はこんな性格ですよということが書かれていました

たくさんある中で、このブログでもこれはよく使うかなあと思われる言葉のところを読みました


とにかく・・・理屈っぽい。プライドが高くて自分の悪口は許せない

ちょっと・・・仕事で認められるより、ミスしないことを尊重する。事なかれ主義

いちおう・・・・自説をまげることのない頑固者

まあ・・・・・甘えん坊で優柔不断


当事者として言わしてもらいますが、はっきり言って滅茶苦茶
こんなデタラメ、記事として書くのはいかがのものかと思わざるえないです

とにかく、記事を書くにしろ報道するにしろ、きちんと責任感を持って正しいことを書かにゃきゃダメですよ


えっと、役の話をするつもりだったんですけど、それはまた次回に

役 その7でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

役 その6

役の話が完全に終わってないので、とりあえず引き続き役の話でも書くことにします
いや、前回に引き続いてあまり役に関係のない話でも


私は出荷量の全量を集荷場に出荷しています
全量系統出荷ということになるんですけど

市場にいくらか出そうと思えばそうすることもできます

罰金を払うのはあまりいい気がしないので、罰金を払わないで済む程度は集荷場に出荷する必要はあるでしょうけど

自分が所属している集荷場は何がなんでも全量出荷しなさいというわけでもないので
集荷場の立場としてはできれば全量出荷してくれというのが本音でしょうけど


私の場合は自分で袋詰めするまでの余裕がないというのがまず第一
義理・人情というのもなきにしもあらずかな

もう一点、しょうむない理由もあるんですけど、あまりにもしょうむないのでそれに関しては書きませんけど

そんなこんなで私の場合は就農してから今まですべて全量系統出荷にしております



ほんのたまにですけど、市場の方が営業でウチとこのハウスに立ち寄ることがあります
名刺をもらっているので連絡すれば喜んで引き取ってくれるのではと思うんですが

ちなみに私が知っている市場は3つあります

最初から(就農前の研修時から)営業に来ていたのは、おそらく中堅クラスになると思う市場

人情から言えば、系統外出荷するならここの市場さんかなと思っていました



それが、ほかの市場の方も営業に来ることがありまして

そこは西日本でも指折りに入るほどの大きな市場

当初は営業に来るのは先ほどの市場さんだけで、大手だからと言ってのんきに構えていたら、そのうち抜かれることもあるかもよと思っていたんですが、そこの市場の方も遅ばせながら営業に来ました

タオルを一枚おみやげにもらいまして

それだけで何か恩義みたいなものを感じてしまいました

律儀な人間なのかなあ

ちなみにタオルをくれたのは最初の1回だけ。その後は手ぶらなんですけど

もちろん手ぶらで構わないんですよ。一枚だけでも十分に恩義を感じました。何回ももらおうとは思ってはいませんので



そこの最大手の市場の方は

炭酸ガス施用をしているとお聞きしまして、炭酸ガス施用の効果とはどんなものか興味があると来るたびに言ってます


炭酸ガス施用に関しては、このブログでも炭酸ガス施用シリーズに書いたように経験を踏まえながら、こうこうこうなんですよとウンチクを垂れながら説明をするんですけど

なるほどそういうもんですかといつもうなずきながら聞いてます


ついサービスしてかなり重要なポイントも教えてしまったかもしれません
もしかしたらよそで炭酸ガス施用とはこういうものですよと言いふらしまわっているかもね


私の個人的な経験なんですけど

肥料屋さんがいろいろ詳しくああだこうだと言うのを聞いていまして

話が終わった後に、ハイと言って手を出されました

ハイって何ですか?とお聞きしたところ

授業料とのこと

そういう気持ちも分からないわけではないんですけど、私なら思っててもそんなことはよう言いませんね

どちらがいいのかなあ?



それと3つめの市場なんですけど、これはおそらく規模的に言えば一番小さな市場になるんじゃないかと思うんですが

営業に来たことは一切ないです
人づてに聞いたところによると、自分の立場からすると一番いいシステムかもしれない



仮に系統外出荷するとしても、出荷先に関しては3つの選択肢があります
もし系統外出荷するとしたら、どこの市場にするか迷うでしょうね


義理・人情から言えば最初から営業にきてくれたいた市場にしてあげたい

タオルをタダでくれた市場にも、それなりの恩義を感じている

営業に来たこともない市場もありますけど、そのシステムには魅力を感じないこともない


ウーン、迷っちゃいます



ただ、最近の傾向として市場出荷でも市場の方で袋詰めしてくれるという傾向もでてきているようです

市場の方で袋詰めする人を雇うそうです
ただ、その場合は条件が付いて全量を市場に出荷してくださいということらしいんですけど

ここで市場の方も気をつけないといけないのは、この条件が農家の自由な選択肢を阻害しているということで独占禁止法違反になるかもしれないということです

最近、新聞やテレビで報道された件はこれとよく似たことですから
条件の厳しいやさしいの違いはあるかもしれませんが



系統出荷と系統外出荷。比べればどちらもいい所とそうでない所があると思います

系統出荷は手間がかからない

系統外出荷は手取りで勝る

こういったことを考慮に入れながら、どちらに出荷しようか決めている農家さんも少なくはないと思います



もし市場で袋詰めをして、それでも系統出荷より市場側がいい値段を出せば、系統出荷をやめる農家はどんどん出てくるようになるでしょう。

手間があまり変わらず価格が違うなら、自分もやっぱり考えてしまいますね

現状の価格の面では明らかに系統外出荷に軍配が上がると思います


そもそも集荷場ができたのは、農家に余裕と所得の向上のためが目的だと思います

もし集荷場離れが増えてしまうと、時代に逆行してしまう可能性も出てくるかもしれない



個人的には高知県の園芸連さんに価格の面でもうちょっとがんばってほしいですね
系統出荷というのはすべて高知県の園芸連が販売しますので

客観的に見れば機械化された系統出荷の方が有利に感じるんだけどね
市場の方ががんばりすぎているのかもしれませんけど


まあ、どっちかの肩をもつつもりはないです

どちらも切磋琢磨しながらがんばっていくのが本来の姿なんでしょうけど

現状は系統外出荷に系統出荷が押されているのではと感じています

ということで農協さんもですが、特に園芸連さん。がんばっていただきたいと思います


役 その6でした

次こそはがっつり役に関係する話を書きたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。