スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥料に関しての意見

新しい作の準備に取りかかっています

早いところでは既に定植しているところも
そちらへ定植のお手伝いに行きましたので

それはそうとして、本日も肥料の話を書こうと思います



まずは、以前に環境制御の勉強会に出席したんですが、その時に聞いた話で印象に残った話を少し

講師の先生は環境制御技術関連の資材などを販売している企業の方

その方が言うには

肥料というものは大切です
しかしながら、ここの部分をいくら追い求めても収量というのは上がりません と


その方は入社当初は肥料のことをいろいろ研究していたそうです

肥料は肥料の三大要素と言われているチッソ、リン、カリだけではありません

それ以外に三大要素ほど必要ではないが、そこそこ必要とされるカルシウム、マグネシウム、硫黄の中量要素といわれるもの

それから微量ではあるが必要とされる、マンガン、鉄などの微量要素

といろいろあるんですが、こういったものを入社当初はずっと研究していたそうです


それを長い間研究してきた自分が言うから間違いないと
こんなもの、いくら追求しても収量なんて上がりませんと

収量を上げるためには、もっと別のところを見ていかないとダメですよということなんですけど


この意見には個人的にはある程度は賛成です

自分も肥料よりもっと大切なもんがあるんやとずっと思ってたからね



ただ、最近肥料のことに目がいきがちになっている自分としては

もし本当に肥料のことを極めることができれば

それはそれで大きな成果になるんじゃないかとも思ってしまうんだけどね

もしかして自分の研究の失敗を棚に上げてるだけじゃないの?と聞かれたら気分を害すだろうと思われるようなことも思いながら聞いてたのも事実なんですけど


そうは思いませんか?

そう思っているうちはまだまだなのかな?

どうでしょうか



ところで、私も期間はそれほど長くはないですけど、いちおう農業を生活の基盤として何年かやってきました

そういう意味では少なくとも農業の素人ではないです

その私が肥料のことに関して一つ言えることがあります


いい作物を作るためには

化成と有機 どちらがいいのか?

そこに答えはない と


そんな答えのないところをいくら追求したって無駄ですよ

絶対とは言えないですけど、間違いはないと思っています


一言余計なことを言わせていただきますと

そんなことにこだわっているようではまだまだですなあ と


化成でも有機でも、どちらも多ければ多いというものではないです
肥料とは適正量を施肥するというのが一番大切なことですから

大切なのは適正量を見極めるということになると思うんですけど


ということで、肥料に関してはそう思っています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

化成肥料について

今回も肥料のことを書きたいと思います


前回の記事でも書きましたけど、肥料としては比較的化成肥料を多く利用させてもらっています
化成肥料に関してもうちょっと詳しく書こうと思います

肥料の三大要素と言われている成分としてチッソ、リン、カリがあります


そのチッソは空気中の7割以上占める窒素が個体となったもの

植物は空気中にある気体となっているチッソは肥料として利用することはできません
肥料として利用するには気体を個体にする必要があります

自然界ではチッソ固定菌という菌がいて、この菌がチッソという気体を個体に変えています
人間は微生物に頼らずとも科学の力で人工的にこれを可能にしています


有機肥料のチッソ成分は微生物由来のチッソが多いかも
化成肥料の場合は人工的によるもの

しかしながら、微生物由来のチッソも人工的に作り出されたチッソも原料は同じ空気中のチッソなんです

微生物が作ったチッソが良くて人間が作ったチッソがダメ。

個人的にはそうは思えないんだけどね
人間が作ったチッソも微生物が作ったチッソも同じチッソ

そこに違いは何もなし

そういうふうに考えてしまうんですけど



ちなみに、化成肥料の各成分の価格は、原料が空気中に無尽蔵にあるということが原因だと思うんですけど、チッソ成分が一番安いです

リンが高いです。チッソの3倍ぐらいじゃないでしょうか

カリがその中間ぐらい



続いて化成のリンはリン鉱石(ほとんどが輸入らしい)というリンがたくさん入った鉱石より人工的にリンを取り出したもの
人間の手は入っていますが原料は天然の鉱石

円安や円高によっても値段に影響することもあるようですが

カリにしても人間の手は入ってるとしてもカリ自体は天然そのもの


化成肥料のことを悪く言う意見もたまに耳にすることあるんですけど、個人的にはそうは思えないんだけどね




いっぽう、健康に良くない野菜として硝酸の多い野菜は健康に良くないという話を聞くことがあります

これに関しては賛否両方の意見があるようで、本当のところはどうなのかよく分からないんですけど、硝酸値の多い野菜ができる一番の要因はチッソ成分の過剰施肥であろうと思われます

天候なんかも影響してくると思うので、これだげが原因ではないでしょうけど
(天候の悪い時はチッソ成分はやらない方がいいと思います)

これは化成であろうと有機であろうと、過剰にチッソ成分を施肥してしまうとこうなる可能性があるんです


もし健康に良くない野菜があるとすれば、それは化成か有機の話ではなく、栽培技量の問題でしょうね


個人的にはそう思っているんですけど。

どうなんでしょうかね?

ということで後もう1回だけ肥料のことを書きたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

普段使っている肥料

阪神、調子いいですね


少し前の週刊誌にはいろいろと書かれてました

・我々のよく知っているダメ虎と同じふいんき。彼(金本監督)はまったくそのことに気づいていない

・(試合後インタビューで選手をなじった発言があり、そのことで)そんな選手を使ったのはあんたやろ
 自分の責任を棚にあげて選手を批判するのはもってのほか。監督としてそれだけは絶対にやっちゃいけないこと

・コーチもやったことがない監督だから、監督としての役割が何なのか全く理解していない
 掛布2軍監督としばらく交代さすべき

・采配が滅茶苦茶。何がしたいんやろな?

こんな感じでいろいろ書かれていました


これを読んで金本監督もちょっと考えなあかんでと思ったんですが

でも今は絶好調じゃないですか

何か変わったことをしたのか?

変わったことをしましたね。
阪神ファンなら分かると思いますけど

それが功を奏したのかな?


阪神の調子がいいとラジコを聞く頻度も上がってしまいます

ラジコを聞きながらブログを書いてるとなかなか進まないですね
農作業ではそんなことないんだけど

ブログを書くということは、いろいろと頭を使っているのかもしれません 




ところで、前回は肥料関連の話を書いてたので、引き続き肥料のことについて書こうかなと思います

普段、どんな肥料を使っているかというと、一般的に言うと化成肥料(別名化学肥料と言うんだけど)と呼ばれるものを比較的よく使っています

肥料は大きく分けると化成肥料と有機肥料というのに分けられます



化成肥料を使う理由としては

追肥がしやすい。(水に溶けやすいので灌水と一緒に施肥することができる)

水と一緒にやれるんで施肥という面では作業が楽ですね
(ちなみに有機液肥というものもあって、そういうのなら有機であっても水と一緒に施肥できるんですけど)

化成の方がコスト的にも安いんじゃないかと思うんですけど


要するに使い勝手がいいです



化成肥料にしても有機肥料にしても、どちらもいい所もあればそうでない所はあると思います

大切なのはどちらがいいとかじゃなくて、それぞれの長所、短所をよく見極めてTPOに応じて使い分けていくと
これじゃないかなと思っているんですけど


ちなみに化成肥料の最大の欠点は、植物にとって理想とする土作りにほとんど貢献しないところでしょうね
そのため、土作りを怠ってこればっかりに頼ってしまうとダメです

ほかにも思いあたるところはあるんですけどね
細かいことを言えば気にくわないところが


有機質肥料の欠点はやっぱり使い勝手が化成より悪いです
それとピンポイントで肥料を効かせるのが難しいと思います

まあ、ピンポイントで肥料を効かせる必要なんかないと言えばないんですけど
そこまで見極めれる技術なんかないからね。



それと、化成肥料と有機肥料では化成肥料の方が収量が取れるとか、有機肥料だけでは量が取れないという話も聞いたことあります

個人的な意見を言わせていただくと、どうしてもそうには思えないんですけど

化成肥料をやっただけで調子が良くなるんだったら誰も苦労しませんって というの感じです



それから、元肥なんかで肥料設計をしてこれだけの肥料を施肥しようと計画したとして

それを全量化成肥料と全量有機肥料とにした場合、どっちが収量が上がるのか?

おそらく有機肥料の方が収量は上がるんじゃないかと思ってるんですけど
実際に実験したわけでもないので絶対とは言えないですけどね


それじゃ有機肥料をメインに使ったらいいじゃないかということになるんですけど、作業面とかいろいろなことを考えると、化成肥料の方が優先されるかなというところが現状です

それと肥料に関しては基本的に高い肥料はきらいで安もんの肥料が好きなんです

そういう観点から見ると、化成肥料に目がいってしまうのかなというのもあります



ただ、世間的には消費者の目は有機系の方に向いてる風潮もあると思います

また、化成肥料を使うのが悪いような言い方をする意見もたまに目にしたりもするんですけど
中には化成を使った農産物は健康によくないというような声も

とてもそうは思えないんだけどなあ

そのため、自分の中では化成を使ってるからといって消費者に対して後ろめたい気持ちなどサラサラないです
むしろ世間に向けてナスを出荷することに誇りを感じるぐらいですから


実を言うと、有機肥料はいい者で化成肥料は悪者なのかなというようなイメージを持ってた時もありました


農業に触れるようになってから、そのイメージはどんどん崩れて今ではまったくそんなことは思わないようになってるんですけど

もちろん、化成もいい所ばかりじゃないんですけどね
とは言え、中にはこれこそ最高傑作の肥料じゃないかと思わされるようなものもあります

まあ、化成といってもいろいろ種類があります


それと化成肥料のことを悪く言う人の話を聞いてると、主観論が中心で客観性に欠けてるように感じます
個人的には客観性があって、きちっとした理論のある話を聞きたいんですけどね

なにせ、理論派と言われたこともあるぐらいですから。
人がそう言うんだから、たぶん理論派なんでしょう

自分ではあんまりそういう自覚はないんですけど


ということで今回はこのへんで

次も引き続き肥料の話を書こうと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

2作目の6月 後編

本日も引き続き前回の続きです

まずさらっと前回のおさらい

肥料屋さんに、言う通りにやったらナスがいっぱい取れるということで言う通りにすることにしまして

葉面散布をつめてやってください
世話をきっちりやってください

ということを言われたというのが前回までのお話し



それ以外にもう一つ言われたことがありまして

手持ちの肥料は一切やらないでくださいと

それをされると計算が狂うとのこと


やってもいいようになったら言うから、その後は好きなだけやってくれたらいいと

普段は灌水の際に、肥料を混ぜてやったりするんですけど。
とにかく肥料はやらんといてくれということ(葉面散布は別ですけど)

いつから肥料を入れずに水だけやるようになったのかは、はっきり覚えてないんだけど、5月後半ぐらいだったんじゃないかと思うんだけどね



そういうことでしばらく水だけやってました

肥料屋さんが来た時に、もうそろそろ肥料やってもいいかな?と聞いてもまだやる必要はないと

実はこっそりやてるんでしょ?と疑われたりもしたんですけど
そんな疑われるようなことをする人間じゃないんだけどね



それからちょっとしてぐらいかな

肥料屋さんが肥料を持ってきまして。これをやってくださいと

まあ、その肥料はそんな高い肥料じゃないから、まあええかという感じで

基本的に高い肥料はきらいなんで
個人的には安もんの肥料が好きなんです


ちなみにその肥料の成分は硝酸カルシウムというもの
分かる人にはどういう肥料かは分かると思うんですけど、

これを2回に分けてやってくださいと

これに関しては3回に分けてやってしまったんだけどね
後できちんと言うた通りにやってくださいと言われましたけど



そんなこんなで、もう好きなだけ肥料やってくれたらいいと言ったのは6月の最後ぐらいだったかな
もう作もほとんど終わりかけというような感じの時なんですけど

結果的には6月の収量は非常に良かったです
ただ、秀品率が悪かったので、手放しで喜べるような状態ではなかったんですけど



これを改めて振り返ってみると、肥料はほとんどやってないということになるんです

途中で硝酸石灰20キロは施用したんですけど、はっきり言ってこれだけじゃ施肥量としてはかなり少ないです
葉面散布で肥料はやりましたけど、葉面散布で吸収する量というのは根からの吸収量なんかと比べると全然少ない量なんです

量的に言えば、はっきり言ってしれてます


一般論で言えば、量がたくさん取れてる時というのは、水も肥料も増やすのが常識なんです

水は十分やったつもりなんですけど、与える肥料は明らかに少なかった

こんだけ肥料少なくて大丈夫かなとも思ったんですけど、言う通りにやると言った以上、その通りにしようかということで施肥はしなかったんですけど



この時は7月前半まで収穫して集荷場では一番最後まで作を引っ張ることになりました

結局、最後の追い込みが大きく効いて、作の総収量でいえば過去4作の中で2作目が一番いいですね
最後は、木もボロボロになってたような気はするけど

黒枯れのせいもあって


とにかく一般的なセオリーからいけば、本当はもっと肥料をやっとくべきだったんだけど
でも収量はかなり良かった

肥料は多ければ多いほどいいとは思ってはないんだけど

ちなみに肥料過多の場合というのは植物にもいろいろな悪影響を及ぼします
かと言って足りないのも、これはこれで当然ながら問題になってきます

要するに肥料は適正量を施すのが大切だということですね

でも、どれぐらいの量が適正量になるのか、これがなかなか難しいですね



もちろん、基準みたいなものはあるんですけど

ただ、各圃場の土というのはすべて一緒じゃない。肥料過多の土もあれば少ない場合、標準的な場合、いろいろあるでしょう
そういう意味ではすべての人に当てはまる基準なんてないのかもしれません

とにかく、なかなか難しいです

どれぐらいの肥料をあげるのかというのは
こういう経験すると、なおさら難しく感じるんですけど

ということで、こういうことも過去にはありました


ただ、この時の6月というのはほんとに忙しかったですね
それに比べてら今年の6月はだいぶ楽をしたかもしれません

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

2作目の6月 前編

前回の続きです

さらっとおさらいしとくと、4作終わっての傾向としてはいつも後半が調子がよくなかった。
でもその中で2作目だけはちょっと違った

2作目の6月の収量はよかった
過去4作で6月に収量がよかたのはこの時だけ

何か変わったことをしたのか?

いつもと違うところはありました

そこのところを書こうかなと



今になってはもうウロ覚えなんですけど、たしかこの時も黒枯れをメインに病気に苦しめられていた
(実を言うと毎年苦しめられているんですけど)

1年目よりはマシだったかなとは思うんだけど

もしかしたら3月もしくは4月ぐらいが一番ひどかったかな。

それが5月くらいからちょっとマシになってきたような気が

原因は分からないんですけど

抑えれるだろうと思ってもなかなか抑えれないことが多いですから
抑えれるだろうと思って、その思い通りに抑えれることも、たまにはあります。

収量との関係もあるのかもしれないんです
収量が少なければ木もあまり疲れませんから

いずれにしよ、症状が治まってくることもあるんです。経験から言いますと



あれはたしか、ましになりかけていた5月くらいのことだったと思う

ある肥料屋さんが来てこんなことを言ったんです

自分の言うとおりにすればいっぱいナスが取れるって



じゃあ、具体的にどうするのか

まずこの肥料を使いなさいと。すなわちこの肥料を買いなさいということなんですけど

その肥料は前からも勧められていたんですけど、自分のお目にかなうような代物じゃなかったんで使うことはなかったんですけど


肥料屋はこの肥料がいいんやと

私はそれはおかしいと。


その肥料がいいかどうかの話だけで、2時間ぐらいはかかってたと思う
たしか、その肥料の話が終わる頃にはすでに日は沈みかけてたような気が

もう根負けしたという感じですかね。そこまで言うなら使ってみるわと
それとは別にもう1個違うやつも買ったかな

向こうも半分、意地になってたんじゃないかと思うんですけど



ちなみにその肥料は葉面散布用の肥料なんですけど

もう詳しいことは省きますが、植物というのは葉からも肥料を吸収することができるんです
一般的には消毒と兼用でやることが多いと思うんですけど



個人的には葉面散布するなら苦土(マグネシウム、農業ではマグネシウムのことを苦土ともいいます)をやるべきだと思ってるんですけどね。 特にナスでは

ちなみに、苦土の葉面散布は関係機関が推奨しており、指導方針の一つと言えるんじゃないかと思うんですけど


葉面散布といえば苦土

これは自分の中ではセオリーになっていることもあって

葉面散布は苦土を使いたんやと肥料屋に言ったところ

百歩譲ってそれもたまには使ったらいいんじゃないかということでそれも使うことにしたんですけど



まあ、そんなこんなでほんなら言う通りにやらせてもらいますということになったんです


それでまずやってくれということが

お勧め肥料の葉面散布
ただ間隔をちょっとつめてやってくれと

これはこれでなかなかたいへんなんですけど


それと他に言われたことが

もうちょっと世話をきっちりやってくれと
楽して取ろうというのはムシがよすぎるということで

まあ、たしかにそれもそうですね


最後にもうひとつ言われたことがありまして

葉面散布もそうなんですけど、これこそ今までとは明らかに違うことになるんじゃないかと思うんですけど

そろそろ長くなってきたので次回ということにします

2作目の6月 前編でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます

8月に入りました

8月に入りました

新しい作への本格的始動ももうまもなくです
定植の準備なんですけど

朝起きるのが遅くなってるので、作が始まれば、きちんと朝起きれるかどうか不安です
定植のお手伝いなんか、おもっくそ早起きすることもあるんで



新しい作の課題としては、作を通じてコンスタントに取るということ

前作は調子のいい時はけっこうあったんですけど、調子のよくない時もあるもんだから、結局は満足のいく結果とはならなかったんですけど

好不調の波をつくらずに、コンスタントに取っていくのが結局は収量アップにつながるのかなという気はしています



すでに4作が終わったんですけど、今までの傾向から言うと春先が鬼門かな

それまでは冬場が最関門と思っていたんだけど
冬場の時点ですでに病気がはびこりまくってしまった経験もあって

3作目、4作目は比較的いい感じで冬場は乗り越えれたと思うんですけど。そのためこれは最後までいい感じでいけるかもと思った時もあったんですけど、結局はそうはいかなかった。

なんか変わったことやったのか?

もしかしたらへんなこともやってるかもしれない

それが原因なのか?

ウーン、それは正直分からないです



とにかく作の終わりなんて、いつもボロボロ

早いとこやり直した方がええでという感じ
未練も何もまったくなし


ただ4作の中で2作目(春先以降)だけは違った

2作目の6月の収量なんてすごくよかった

何か変わったことしたのか?

結論からいえば

やってます

となります


だからといってそれが正しいというつもりはさらさらないんだけど


だいぶ前の話になるんですけど

そのことは次に書きます

特別何か変わったことをしたということはないんですけど、普段のやり方とは明らかに違う部分はありましたね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。