炭酸ガス補助事業の時の話

連続更新8日目

さて、本日は第1回目の炭酸ガス補助事業の時の話

だいぶ前のことなんですけど、この時の農協の対応にも大いに憤りがありました
農協というより当時の農協の担当者がひどかった

農協には別に何も言うつもりはないんですけど、おそらくこれが最初で最後なので一言だけ言わせてもらいます

あんな人間にさせるなや。どないなるか分かってるやないか と
説明会に参加してすぐ分かりましたよ。ダメだこりゃと。

具体的なことは遠慮して書かなくて、無理矢理自分の胸に押し込めていたんだけど、そんなことはやめることにしました。



今から2年とちょっと前のこと

いつになったら炭酸ガス発生装置が付くのかなあと思って、半分忘れかけてた頃

農協の農機の設置担当の方が来られて今日昼から設置しようと思うんやけど と
各部会よりクレームが出てるらしく、とにかくすぐ設置するよう指示があったそうです。

それはそれでいいんですけど、その時点でまだ見積もりすらもらってないんです
金額すら分からないんですよ

見積もりはまだもらってないんですけど、どうなってます?と聞いても

それは俺に聞かれても分からんとのこと



それと業者さんさんと農協の方立ち合いのもと、3パターンの見積もりを依頼してたんです

それが、農機の方曰はく、もう全部決まってしまってると言うんです
たしかに希望調書は出していたんだけど、その通りに決定してるというんです

ほんなら農協の方も立ち会って業者さんといろいろ相談したのは一体なんやったんやということです
個人的には3パターンの見積もりを見て、いろいろ吟味しながら決めようと思ってたんです。

そうなるとまた時間がかかってしまうということなので、しぶしぶ納得しましたけど。
少しでも早く使いたいというのもあったし


そら腹立ちますよ
こっちからすれば、なんやねんそれっていう感じですよ

そしてある農協の方に愚痴りに行ったんです

そしたらその方が聞いてもないのに教えてくれました

うるさそうな人間から順番に設置してるんやと

もうあきれるしかないでしょ。


うちとこはいったい何番目に付けてもらったのかなあ?
ちょっと気になるところですけど


でも農協の営農指導員さんがすぐに見積もり持ってきてくれて
それで業者さんへの試運転の指示なんかもちゃちゃとやってくれて

うち付いたのは何番目なんですか?と聞きたくなったんですけど、さすがにそれはよう聞かなかった
これに関しては意外と早い方だったかもしれない

指導員さんが来てからは、まさに電光石火の早業だったからね

使用できるようになったのは2月10日。今でも覚えてる

もちろんもっと早く付けてほしかった
もっと遅かった人もいるだろうから、あんまりわがまま言ったらダメなんだろうけども

だけど、言いたくなりますよ
だって早くつけるか遅くつけるかで収量も変わってくる部分もあるだろうし

そんなこと考えてくれてる様子なんてまったくないんだから。
少しでもそういうものが見えたら、仕方ないなあで済むところもあるけど

それもなしでそんな対応されるとね

でも、あの時は営農指導員さんのおかげでだいぶ憤りも鎮まったね


まあ、これで今まで胸に押し込めて、重々しかったのがすっきりしました。

ということで今日はこのあたりで

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR