スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬(その2)

最近、草刈りの田役が多い。
一段落がついて、みんな余裕があるのかもしれない。
本日も地域の人らと一緒に草刈りをした。

ところで、昨日農薬の話をしたので本日も農薬に関しての話



家庭菜園でも農薬は使っていた。

害虫を見つけたら、スプレーでかけていた。
それで害虫がやられるところが、なんともいえない達成感があった。

アブラムシなんかも、農薬をかけたら翌日にはきれいに消えていた。
毛虫なんか痙攣を起こして、下にドスンと落ちていた。

本当は地面に落として足で踏んづけたほうがよっぽど早いのだが、それでは物足りないのだ。
やっぱり農薬の威力をためしたいんだね。
足で踏んづけることは昔の話。今はこれやでという感じ。

そう言えば、スプレーをどこに置いたかなあと探しているうちに、害虫を見失ってしまうことも何回もあったな。

害虫はつぶすものでなく、スプレーでシュッとかける。
これが私の流儀だった。



農業する時にも小型のスプレーを用意してポケットに入れておこうかなという構想もあった。

しかし、実際の農業はそうではなかった。
そんなことをしている農家を今まで見たことがない。
害虫を見つけたら、手でつぶすか足でふみつぶしている。



農薬を使う際には農薬取締法という法律があって、厳しい決まりがあり、これに違反すると出荷停止になり、三年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処するなどの厳しい罰がある。

使用基準というものがあり、使える回数、濃度、収穫の日は使用できないなど、各農薬ごとに使用基準が決められている。

この決められた基準を下回る、回数、濃度なら問題ないがこれを超えると違反になってしまう。



この法律があるため、容易にはスプレーは使えない。
回数が決められているからだ。

この法律によると1プッシュすればそれを1回と数えるのだ。

これは、ほんのちょびっとやから0、001回じゃ。だから後999回プッシュしな1回にならんのじゃと言っても

この法律はちょびっとなんか関係ない。1回使ったら1回じゃと言う。

だから全体に農薬を散布しても、一部だけスポット的に使っても1回としてカウントされる。
いくら一部だけでも規定の回数を超えれば出荷停止となる。


濃度に関しても、仮に基準が1000倍までとする。
1000倍を2000倍にしたからといって、薄くしたから0,5回じゃと言っても

この法律はそんなもん関係ない。1回は1回じゃと言う。

だいたい一つの農薬で使用回数は3回までというのが多い。
だから、容易に害虫を見つけてもスプレーでシュッとできないのだ。



また、作物ごとに登録されている農薬しか使ってはいけない。
登録のない農薬を使ったら、それで出荷停止。

これは定期的に抜き打ち検査をしている。
登録のない農薬、何とかPPMという基準値(詳しくは忘れた)を検出されたら出荷停止。

この基準値を分かりやすく言うと
25メートルのプールに水一滴垂らした程度の量らしい。
その1滴が見つかれば出荷停止になる。


聞いた話によると高知県内の農家さんで
この検査に引っ掛かって、出荷停止になった農家さんがあったとのこと。

その方は出荷作物の近くで米を栽培しており、米の消毒の際に、その散布液がその作物にかかってしまったらしい。
米には登録がある農薬であっても、登録のない作物にかかってしまったらそれで違反になってしまうのだ。

だから、たとえ家庭菜園であっても、近くに農家さんがいる場合は安易に農薬は使えない。
特に風の強い日なんかは厳禁だ。


これはよくよく注意しないと、風評被害や自粛などで地域全体に迷惑がかかってしまう。
そんなことになってしまうと、その地域におれなくなってしまう。

農家さんはその恐ろしさを知っているから、まるで諸葛孔明か上杉謙信かというほど律儀に守っている。



本当に厳しいなと思うんだけど、これでいいのかもしれない。

日本の農産物は世界ではたいへん評価されているそうだ。
(詳しくはセミナーに参加しました その続きを参照)

味、形、品質どれをとってもすばらしい。
日本産の農産物なら安全・安心として高く評価されている。

それは、やっぱり日本の農家が律儀すぎるほど律儀なのを世界の人は知っているからだと思うんだね。


私も律儀に守って、すばらしいものを作りたいと思います。

最後に安芸市の風景
881.jpg

882.jpg

883.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。