液肥

液肥とは液体の肥料のことを言う。

最初は20リットル入りの液肥を購入したけど、それ以来は水溶性(水に溶けることができる肥料)を水に溶かして自分で作っている。

普段はこれを潅水のたびに液肥を入れている。


自分で作るのは、この方が成分比でみればお得だから。
どれぐらいお得なのかは、そこまでまだ計算していないので分からないのだがお得には違いない。

自分で作ることは経費削減になる。

また、肥料の3大要素、チッソ、リン、カリ
これらは各ステージで必要となる量も変わってくるそうだ。

そのステージに合わせて作れるというのもメリット。



こないだ肥料屋さんが液肥の作り方の書いた紙を持ってきてくれた。
こんな液肥を作りたい場合は、3種類の肥料をこういう割合で混ぜたらいいよと書いてある。

分かりやすくて役に立つ資料だ。

ちなみにここの肥料屋さんの肥料の写真
624.jpg

これは以前もこのブログに載せたことがある、いかにも効きそうな肥料だ。
実際にかなり効くのではと個人的には思っている。



なぜこんな資料を持ってきてくれたのか?
ある伏線がある。

それをちょっと紹介しようと思う。

ある時、農協で液肥用の肥料を購入した時のこと。


農協は農家さんのたまり場にもなっているような気がする。
いつでもというわけではないのだが。



ある農家さんに今年から就農した者ですと挨拶した時

あそこで今年からやってる者か?
(どうやら農業を新たにしている人間がいるということは知っているらしい)


水溶性の液肥を購入しているのを見て

自分で液肥を作るのはやめとけ。何年もやって慣れた者がすることや との意見。


しかし、経費はできるだけ安くすませたいので、

これでいいって言ってくれてる人がいてますと答える(実際は特に異論を言わなかっただけなんだけど)


誰やねん、そいつは?

肥料屋の社長(写真の肥料を扱っている社長)です。



ここの社長を知っているみたいで

あいつの言うことに間違いはないとのこと。
むこうからもデータをもらうし、こっちからもデータを提供しているとのこと。

液肥の作り方の紙もらったか?と聞かれたので

まだもらっていないことを伝えると電話して持ってくるように言うたるわということで電話してくれた。



電話では

〇〇とこの2番弟子のことやけどな(ちなみに1番弟子がいてその人は去年新規就農している)
お前がきっちり1から10まで教えたれ
お前のこと信奉してると言うてるから。
今日ここで3号買っていったから。
人の弟子に俺があれこれ口を挟むことできんから。
新しい若い者(若くないけど若く見られることが多い)は地域で支えていったらなあかん

まあ、こんな感じのことを言っていた。



親切な人が多いようだ。
そんなこんなで液肥の作り方を持ってきてくれたのだ。

ナスはだいぶ良くなってきてるとのこと。
こういうのを聞くとやっぱりうれしくなるね。
張り合いがでるというものだ。


最後にナスの様子を載せようかなと思ったが、いつものごとくデジカメを持って帰るのを忘れたのでまた今度にしようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR