適正な管理のたいへんさ

今日は3回目のトマトトーンによるホルモン処理

昨日もやっていたのだけど、花の数が増えてきて思ったより時間がかかり、途中でいやになってしまって止めていた。

今日はその続き。


ハチを入れたら、必ずしもトマトトーンをする必要はないのだけど、ハチを入れても最初の2回ぐらいはトマトトーンをした方がいいだろうとの意見を聞いたので、念のためにということでやった。


トマトトーンをするのも、作業スピードが遅いのかもしれない。

去年の新規就農者さんは、そんなにも時間かかっていないと言っていた。
近所の農家さんは慣れの問題とのこと。


本日も途中でいやになりながらも、なんとか無事終了。



いやになったねと思いながらやっていると、ふと研修の時、受け入れ農家さんと近所の農家を見学した時のことを思い出した。

私でも手が回っていないなと分かるハウスもある。


ある農家さんは夫婦共働きで子供の懇談会などは農家さんが出席しているらしい。
農業以外でもやることはいろいろあるらしい。

そんな中でこれだけの規模(詳しい面積は忘れた)なら無理もないなと思ったのを覚えている。

親の介護と農業の両方をやらねばならない農家もいるかもしれない。
体の一部が不自由ながら農業をやっている人もいる。



細かい視点で見れば、どんなハウスでもここができてないなと指摘することができる。
しかし、たとえ手が全然回っていないハウスでも今はどうこう思うことはない。

適正な管理をし続けることがいかにたいへんかというのを分かっているから。
外部からでは分からない事情もあるだろうし。



たいへんだとは分かっていたけど、適正な管理をし続けようと就農前は思っていた。
だから就農計画を作った時、上方修正になるかもと思った。


しかし、どこまで適正管理が出来るか今日はちょっと不安になってしまった。
適正な管理のたいへんさがしみじみと味わう今日このごろでございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、新規就農を考えている者です。

1つ教えて頂きたい事があります。
「農地は農民以外に貸出したり売ったりはできず、また最低50a以上でなければ取得できない(但し特例がある?)」という認識なのですが、いさおさんのハウスは16.3aとのこと。耕作放棄地の再利用なので上記規定は関係ないという事なのでしょうか?

また10/10のブログでは「昔はみんな夫婦二人で4反も5反もやってた」といったお話も載せていらっしゃいますが、「ならば今はみんな1人あたり2反もやらないのが普通?」という解釈になります。

このあたりの疑問について、またネタのない時などに記事にして頂けると嬉しく思います。。

思い出します。昨年の今頃、毎日、午前中6時間くらい、収穫のあとトマトトーンやりの研修していたこと。懐かしいです? 環温機入れていないということですが、冬場、ハウス内の温度が下り、ミツバチが飛び回らなくなると、トマトトーンをやらなければ収穫がどんどん少なくなります。いやになった何て言ってられなくなりますよ。でも、その頃は、どんどん収穫が増え、ルンルンでトマトトーンやっているかもね?

弐輔さんへ

私は認定就農者なので農家になると思います。
一定の面積以上でないと、貸したり売ったりできないという規定は聞いたことはありましたが、私の場合は特に問題はありませんでした。
詳しいことは分かりません。

それと、1人で20アール以上ナスをやっている人は現状ほとんどいないだろうと思います。
人を雇用しているというなら話は別になると思いますが。

それと、個人的な質問はメールフォームがあるので、そちらからしていただければありがたいです。

おひさしぶりです。澤田さん

澤田さん、お久しぶりです。

コメントありがとうございます。

トマトトーンはルンルンどころか、いやいややっているかもしれないですね。
収穫はルンルンでやれればいいですね。
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR