水トール

書こうと思ったけど、書いていないことがそこそこある。


書くタイミングがなかなか難しい。
書くタイミングを逸してしまって、そのままということもあるね。


まだ書いてなかった一つに水トールというものがある。
とりあえず本日はその水トールのお話


552.jpg

これは水トールと言われるもの。
去年の10月頃に購入したものだが、値段が1万円くらいする。

これは土に棒をさしていると、土壌中の水分量にもよるが、翌日にはある程度の水がたまっている。
この水を調べることによって、土壌中の水分にどれだけの肥料があるか分かる。


しかし、これはあくまで参考程度。

根のいっぱい張っている場所とそうでない場所では数値に違いが出てくる。
ということは、取るところの場所では数値に当然差異が生じてしまう。


しかし、私にとっては少しでも参考になるものがほしい。
何の参考もないのでは、心もとないものがある。

肥料をやるのにも、これぐらいの量で果たしていいのかどうか分からない。
ベテラン農家さんは木の状態を見て判断するらしいが、私にはそんなことはできないね。

ということで購入したんだけど。



これは以前、農業セミナーで20トン以上ナスを取っているある篤農家のやっている事例を聞いて、その事例が水トールを使った事例だった。

それで、それは便利なものだなあと思って就農したら使ってみようかなあと思っていた道具。


いちよう計るのはECメーターというものがある。

それはこれ
553.jpg

これも1万円ちょっとする。
何も道具も持ってないので、いろいろと経費はかかるものだ。


以前と比べると数値がだいぶ高くなった。
1,9というのは十分肥料があるという数字。


自分で調べれるのはECだけ。

ちなみにECとは電気伝導度。
土壌中にある様々な物質のイオン濃度の総量をあらわします


この水の更なる詳細に関しては振興センターで調べてくれる。
何度か調べてもらった。


その詳細は?


続きはまた今度にしようと思う。
あまり、こういうのは好きではないんだけど、眠くなってきて書くのもしんどくなってきた。

すみませんが今日はこれにて。
寝るとします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR