一芽切り返し

本日はここ安芸では阪神のオープン戦。
ドラフト1位の藤波投手が投げたみたいですね。

和田監督もクジを引き当てるという最高の仕事をしました。

私的に最高の監督とはクジを引き当てることのできる監督。
これが最高の監督だと思います。

その意味では和田監督は最高の監督ですね。
もう今年は何もしなくてボケーっとしてるだけでもいいんじゃないですか?


本日はゆっくりオープン戦の観戦といきたいところですが、そんな余裕は残念ながらないですね。
それどころではないといった感じ


収量も多くなってきています。
収穫に一番時間がとられます。

本日はナスの収穫の仕方でも紹介しようと思います。


ナスの収穫は一芽切り返しというやり方で収穫します。

まずはこの写真

406.jpg

青線の部分が主枝(しゅし) これがメインとなる枝
赤線の部分が主枝から出た側枝(そくし)と言われる枝

最初は主枝から取れるナスがメインだけど、今は側枝から取れるナスがほとんど。

主枝から取れるナスは数が限られている。
収量を上げるには、側枝からどれだけ取れるかにかかっている。


一芽切り返しという収穫の方法はこの側枝からナスをちぎるときにする方法
緑の丸印を付けたところが主枝のナスをちぎった後の様子

主枝からナスをちぎるのは、普通にちぎるだけ


それでは一芽切り返しするところを

先ほどの写真の拡大写真

410.jpg

赤の部分の脇き芽を残す。 この脇き芽(一芽)を残します
青の部分の脇き芽は捨てます

本当はこの時点で青の脇き芽はすでに取っておく必要がある。

きっちりやっていたのは最初の方だけ。
今ではほったらかし。


続いて

408.jpg

赤の脇き芽(一芽)だけ残して切り返す
409.jpg

これが一芽残した状態

これを一芽切り返しと言う


この残した芽が花を着けまたナスをつける
ナスをちぎる時、また一芽残して切り返す
これの繰り返し


残す芽は基本的には一つ

しかし基本があれば応用もある。
二つの芽を残す場合もある。

要するに臨機応変に対応することが大切



別の例も

411.jpg

412.jpg

413.jpg

写真では分かりにくいですけど、この例では二芽を残して切り返ししている。
収穫にはハサミで2回切るのが基本



さらに別の例

414.jpg

拡大の写真

415.jpg

416.jpg

417.jpg

一芽残した後の写真


収穫の時は、この一芽切り返しというやり方で収穫したいます。

一芽切り返しでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最初は面倒臭いんですよねv-16
これをやると収穫のスピードが落ちて叱られてました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
最初だけでなく、ずっとめんどくさいです。
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR