そんなことを思った一日でした

本日は昼から青色申告勉強会に参加しました。

年次更新のやり方をメインに教えてもらいました。

いつもと比べると、かなり人数が少なかった。
みなさん、やり方を知っているのかなあ?


でも、本当の理由は別のところにあるでしょう。

安芸では、田植えの時期をそろそろ迎えようとしています。

ナス農家でも米もやっている農家も多いでしょう。


田の準備があるみたいです。
ナスの量も増えているでしょう。

忙しくて、それどころじゃないんでしょう。
そんなことをちらっと聞きました。


私は余裕のある農家なのかなあ?
自分ではそうではないと思っているんですけど・・・



ここ安芸でも田んぼは多いです。
ナスの一大生産地でもあるんですけど、田んぼの方が多いでしょう。

用水路なんかは江戸時代から脈々と受け継がれてきているそうです。


でも、放棄された田も見受けられます。
田はあるけど、やっていないというのを聞いたこともあります。

要因の一つは間違いなくこれですね。

経済的には田をやってもおもしろくないから。
トントンならいい方らしい。


以前、このブログでも少し触れたことがあるんですけど、
米はかなりの大規模でやらないと米だけで生活していくのは難しいそうです。

それでも米を作るのは?

米は農家の誇り
先祖代々の田を放棄して荒らしたくない
米は作るもの

こういった不文律みたいなものがあるんでしょう。



安倍総理はTPP交渉参加の意向を表明しましたけど、米が自由化されると今の値段の10分の一の価格で入ってくるみたいですね。

こうなると手間かけてしんどい思いするより、買った方がよっぽど安くつくという事態になるでしょう。

ここ安芸だけでなく日本の多くの水田が耕作放棄地化となる。
日本の風景は大きく変わる可能性があような気がする。


農業従事者として私は当然TPP反対の立場です。

でも、それを抜きにしてもマイナス面もよく考慮しないとたいへんなことになる。
一部の富裕層しか日本産の米を食べれない。

こうなるとちょっと寂しいですよね。


農業に携わっていなく、何も知らなければそんなことは思うことはなかったでしょうけど。

まあ、そんなことを思った一日でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR