まあ、良しとしときましょう

本日は農協の購買部の方と肥料屋さん(たぶん大手の肥料屋)の営業マンがハウスに訪問。

農協の購買部の方にはお世話になったのだが、今月から別の部署へ異動となったそうだ。
その挨拶もあって訪問してくれた。

スワルスキーカブリダニの件で罪悪感があるとのこと。
俺的にはまだあきらめるたくないなあと言っていた。


うまくいかなかったからと言って、人にどうこう言うつもりはない
悪いのはうまくできなかった自分。

この前、普及員と営農指導員にこの件で少しだけ言ったけど、これは高知県の農業のことを思ってのこと。
逆に論破されて何も言えなくなったんだけど。


ところで、一緒に訪問していただいた営業マンの方は農協の方より、かなりの知識を持っているという折り紙付きの人。
今回会ったのは2回目です。


この方にこれから取れますか?と聞くと

「はっきり言っていいですか?」

どうぞと。

「取れません」

とのことだった。


先月初旬はけっこう取れたんだけど、今は谷間なのかあまり取れなくなっている。
理由はそれじゃないのかもしれない。

水不足とのこと。

土を掘って、土の状態を見て、これじゃ全然足りないとのこと。


暖かくなってきて、やる量は増やしたつもりだったんだけど、全然足りてなかったみたいだ。

水不足で水分が実に取られて、それで葉が小さくなっているみたい。
最近、以前より花の質も落ちたなあと思っていたが、これも水不足が原因だったのかもしれない。

でも一度に増やすと奇形果が出たりしてよくないので、段階を踏んで増やしてくださいとのこと。
ナスは水を欲しがる作物で原産は湿ったところだったそう。

今の木の大きさぐらいになれば水のやり過ぎで枯れることはまずないらしい。


水のやり方でも収量や秀品率が大きく変わるとのこと。

肥料は木を維持するためのもの。
ナスを太らせるのは肥料ではありませんとのこと。

でも水を一度に増やすと奇形果が出たりしてよくないので、段階を踏んで増やす必要があるそうだ。


後は来作に向けて土作りはしっかりしてくださいとのこと。
どうも、今の土の状態では理想の状態ではないようだ。

基本は土作りにありますとのこと。


悪いことばかりかと言えば、そうでもなかった。

微生物殺菌剤は確実に効いている。
うまくいけば、これが一気に広がる可能性もあるとのこと。

でも、今の状態では多過ぎる。
スリップスの殺虫剤もやらないといけないみたい。

こうなることもある程度は予想していた。
だから、タバコカスミカメを一局集中させた。
農薬をかけない安全地帯を作ろうと思って。


やっぱり悪いことばっかりですね。

でもいいことも聞けたんでよしとしとこう。
水の加減の判断が難しいところだったんだけど、土の湿り具合で判断したらいいわけだ。
少し土を掘ってみて。

まあ、良しとしときましょう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR