難しいことが多いです

春とは言え、早朝や夜はまだ肌寒く感じます。

ナスの取れる量は厳寒期に比べると、間違いなく多いですがこの時期としてはどうでしょうか?
先月初旬の方が明らかに多かったですけど。


害虫の方はと言えば、やっぱり微生物農薬だけでは無理。
化学合成農薬に頼らないと。

しかし、化学合成農薬ももうひとつだね。

天敵のタバコカスミカメはというと、これもあまり増える気配は見えないね。
分散せず、各場所に集結させているんだけど、そこの部分は農薬がかからないように気をつけてはいるんだけど、少しはどうしてもかかってしまうね。

それの影響があるのかなあ?
よく分からない。


ハチを使っているので、使える農薬にも制限がある。

新薬で使いたい農薬があるんだけど、ハチに影響が強くて。
倍率を薄めれば大丈夫という話も聞いたんだけど、それでも止めておいた方がいいという話も聞いたんで使っていないんだけど。

病気の方も、すすかびに次いで黒枯れ病の気配も再びちらほら見えてきている。


この前、ナスは取れませんということも言われて難しい状況にあるのは間違いないですね。

でも個人的にはまだまだとは思っている。
その理由は次回にでも。



最後に写真でも載せたいんだけど、写真は用意してないのでありません。

キンの実(正式名称 石ナス)になるかもしれない実に印を付けていたんだけど、やっぱりキンの実になりますね。
実になる前に自然に落ちているのが多い。

でも中にはきれいな実になるやつもあったので、その判断も難しいところではあるんですけど・・・



だけど、キンの実はもうなくなる季節。

これからはボケナスというハネになるナスが出てくる季節です。
それと日焼け果というものも。

あまり見たくないです。

とにかく、難しいことが多いです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR