スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかくしつこいです

とにかくしつこいです。虫も病気も

虫はコナジラミ、スリップス
コナジラミのしつこさを特に感じている。

スリップスによる被害果も増えている。
コナジラミによる被害もけっこう被っていると思う。

こんなにしつこいと嫌われるでしょうね。
そのうち天罰が下るだろうと個人的には思っているんだけど。



暖かくなってきたら、薬剤では抑えきれんということを何回か聞いたことがあるんだけど、それに挑戦しているのが現状です。

本日も防除した。
農薬にも使用回数制限があるのが多いので、そのへんが難しいところです。

ハチさんは大丈夫かなあ。
残念ながら最初に購入したハチは全滅した。それはだいぶ前の話だけど。

寿命なのか薬剤による影響なのかよく分からない。


ハチに影響の少ない薬剤を使っているんだけど、それでも心配ですね。
ハチがいなかったら、もう少し選択肢は増えるんだけど、ハチを外すわけにはいかない。

ハチだけでなく、自分の心配もしなきゃならないかも。



農薬散布した日は酒は飲まない方がいいそうだ。
酒はあまり飲まないので別にいいんだけど。

皮膚にかかっても農薬は経皮吸収するという。
経皮吸収された農薬は肝臓で分解されるらしい。

肝臓に負担をかけているので、酒類は控えた方がいいですよということらしい。


とにかく、一般消費者の農薬残留基準から言うと、農薬を扱う農家は次元が違う濃さのものを扱っている。
農薬で一番気をつけないといけないのは、それを扱う農家だ。

基本に立ち返って、防除をしていこうと思います。



それと、コナジラミの増殖率というものは半端ではないらしい。

この増殖率はスリップスよりも余裕で上だそうだ。
詳しくは忘れたが、順調に増えると1匹が天文学的な数字になるほど増えるそうだ。

すべてのコナジラミに薬剤がかかるというのはまず不可能。
それを考えるとやっかいだねえ。


すすかび、黒枯れとの戦いもあるし、やっかいなものが多いです。


一昨年、就農した人の話では作の後半、虫が増えて天敵では対応しきれなくなって農薬で対処したが効かなかったそうだ。

それで6月いっぱいまではやるつもりだったけど、被害果の方が増えた状態になったので6月半ばで打ち切ったそうだ。

人ごとの話ではないですね。


最後の最後まで厳しい展開が続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。