記念にパチリと

ホコリダニの被害はかなり深刻な事態を招くような気がします。

なにしろ、新芽がやられてそこから芽が展開しない。
成長をストップされてしまう。


去年もホコリダニが発生した。
深刻にやられた株は最後の最後まで尾を引いてる。

初期に深刻にやられた場合は、その株はあきらめて再度植え直すこともあるそう。

何しろやられた株はぱったりと成長が止まるんだから。
実際は少しは成長するのだが、超スロースピード
もちろん実もほとんどならない。

被害度はスリップス、コナジラミより上のような気がする。


ただ、薬剤処理をすれば大丈夫。
ここがスリップス、コナジラミとは違うところ。

しかし、これも発生しやすい害虫だそう。
繁殖率も旺盛らしい。
飛ぶことはできないので、周りに広がらないような気もするのですがハチが広げるらしい。
それと人の手からも広がることも。
やっかいな害虫には間違いないでしょう。

目に見えないので、被害が見えていなくても定期的に殺ダニ剤をする農家さんもいてるようです。
ちなみに殺ダニ剤はここ安芸の主役天敵タバコカスミカメにはほとんど影響ないそう。

でも中には影響あるやつもあるらしく、私は何も考えずに去年影響のあるやつを使ってしまったことがあるのだが・・・


相変わらず、圃場の半分はスリップス、コナジラミ、ホコリダニ、すすかび、黒枯れにやられたい放題のまま回復の兆しが見えないですね。

ホコリダニによる被害がもしかしたら一番大きいかもしれない。



いちようそのひどい状況を写真で撮っておいてある。
本日もまたパチリと。


戦国時代、徳川家康という陰湿きわまりないタヌキおやじは、武田信玄に三方ヶ原の戦いで敗れて、あまりにもの恐ろしさに脱糞して逃げ帰ったそうだ。

大阪の人は今だに大阪夏の陣の恨みを忘れていない人がいるそうです。
ちなみに私もその1人なんですけど・・・


徳川家康は逃げ帰った後に、その時の自分の様子を肖像画として書かせたそう。
その時のことを教訓にして忘れないようにと自戒の念を込めて。

470.jpg

不細工な男ですね。
こんな不細工な顔を描かせるとはよほどの世間知らずと見える。


私の場合は自戒の念というわけではない。

ここまでやられるとは我ながら感心したので記念にパチリと

世間知らずではないので、公表はしませんが・・・

とにかく、ホコリダニには要注意。
そんな気がします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR