やり方はいろいろとありますね

潅水パイプはすべて外に出しました。

次はナスの株の除去
農家によってやり方も変わってきます。

ナスの残渣をトラクターでたたいて土に戻すのが、ここ安芸ではメジャーなやり方ではないでしょうか。
残渣を圃場外に出すというのも聞いたことはあります。


私個人的には、土に返すのがやっぱり一番自然的でいいのではないかと思っています。
ということで、私は残渣は土に返します。


残渣の処理方法も、株を地面に倒していくやり方。
鎌で株を切り落としていくやり方
草刈機で切り落としていくやり方

他にもいろいろやり方があるかもしれません。


私が以前お世話になった施設、窪川アグリではナスの残渣を粉砕機で粉々にして土に戻していたのを覚えています。

私が担当していたイチゴは残渣ごとトラクターでたたいていました。
イチゴの後、カラーピーマンを担当していたんですけど、これは残渣をどう処理したのか、ど忘れしてしまって思い出せないですね。

潅水チューブを外したのは覚えている。
米ぬかと堆肥をまいたのも覚えている。
最後は太陽熱消毒をしていた。

残渣をどうしたかが分からない。
もしかしたら、その時、何かの都合でいてなかったのかな?



ところで、残渣の処理方法は草刈機で株を切り落としていくやり方を今回は選択しました。
来作はまた違ったやり方をするかもしれませんし、同じやり方をするかもしれません。

今のところは何とも言えないです。



そして来作のための土作りになってくると、もっと個人差が大きく出てくるのではないでしょうか。

このへんが新規就農者にとっては難しいところかもしれません。
私の場合は土作りにはこれを使おうともうだいたい決めています。

今さら迷うことはないと思いますが


まあ、やり方はいろいろとありますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは
お疲れ様、来シーズンも頑張ってください
普通は次の作付まで期間が短いと残渣の分解が進まないと
青枯れの原因になるので、残渣を外へ持ち出しますよね
あと、すきこみした後に土がパサパサだと微生物の動きが悪くて
分解が遅れますね
ナスは柔らかくて分解は早いと思いますが
薔薇の枝なんかは・・・・すき込みしたら大変な事になります
ピシュウム菌に弱い作物なんかもすきこみすると
一発青枯れちゃいますね

Re: タイトルなし

いつも貴重な意見ありがとうございます。

やっぱり農家や作物も変わればやり方はいろいろあるようですね。
いつもいつもご意見参考になります。
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR