次は違ったことをお話したいもんです

書くか書くまいか迷ったんだけど、書いちゃうことにします


昨日は高知県農業公社の方が安芸に来られました。

就農された方の就農状況の把握のため高知県内の新規就農者を中心に聞き取り調査をされているようです。
振興センターの経営担当の方の同席のもと、少しお話をさせていただきました。


その中で売り上げはどれぐらいあったでしょうか?
どれぐらいの経費がかかったのか。

そんな現実的な質問もありました。


税金の申告のため昨年12月までの分はきっちり帳簿をつけているので分かるんですけど、今年の分はやろうやろうと思っているのですが、いつもの悪いクセでほったらかしになっています。

これはきっちりやらなきゃと自分に改めて言い聞かせているんですけど・・・



ここからは、あくまで私個人の場合ですと最初にお断わりしておきます。

今年度以降に関してはアバウトなんですけど、収支を冷静におおざっぱに考えたんですけど

ナスを出荷して入ってきた金額

それと肥料・農薬・農具などの運転資金として支出した経費
それから初期費用など(ハウス修繕で相当な補助金がおりましたが、自己負担分もあります)

それらの額を比較すると農業用の支出の方がどう考えても多いですね。


帳簿上は初期費用やある程度の金額以上のものは、減価償却といって法律で定められた年数で均等に割った額を経費として毎年計上していきます。

よって1作終わった時点で申告の上では赤になることはないと思っています。

しかし、実際のサイフの中身はよく考えると減ってるんですね。
申告上ではたとえ黒になっていてもね。

これはサラリーマンでは考えられないことですね。


去年より始まった制度で新規就農者で一定の条件を満たせば、就農給付金として年150万の給付があります。
私はそれを受け取ったので、その金額を入れるとどうでしょうか?

プラスになっているかもしれませんが。


この国の就農給付金制度は新規就農者の定着を目的としたもの。
国が調べた状況では、新規就農してもその後、離農した割合は結構高いものがあったそうです。


肥料屋さんが、以前こんなこと言ってました。

農業を始めたが、(親元就農も含むて)やめていった人は何人も知っている。

私にはそうなるなという意味なんでしょう。おそらく。



話は戻って、農業は厳しいですと農業公社さんに感想として最後に言いました。

来年もおそらく今回のように聞き取りがあると思います。
でも

次は違ったことをお話したいもんです

まあ、自分で選んだ道なので厳しくてもやっていくしかありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは
儲かる仕組みの中で農業をやらないと経営状態は良くならないですよね

昨年うちで研修した男は1年目からパートさん3人も雇ってますよ
でも毎日1時ころまで頑張って働いてます
生産と販売技術をすべて教えたので近道しすぎだから1日16時間労働3年やりな!!と言ってあります(笑)
実行してるから偉いです
250万円の所得を超えると補助金打ち切りだから
これからもっと経費かけると思います
それがまた利益につながちゃうんですけどね

いさおさんも頑張ってください



Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます。

その研修生さんはそれを律儀に実行してるって、本当に偉いですね。
それに比べたら私はまだまだです。

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR