スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスの成り疲れ

世間はゴールデンウイーク。
しかし、農家にそんなものはない。
でも私の場合、明日はお休み。

今日はナスの収穫日
前回より少ないが、そこそこあった。
本日の研修はナスをちぎって終わり。
前回よりは早めに終わって、今日は早めに研修が終わった。

昨日はナスの管理。
午後から近隣の農家さんのナスを何軒か見学に行った。
今は収穫が多い時期なので成り疲れという症状が多いみたい。
長年やっている農家さんはパッと見るだけでそれが分かるそうだ。
私の場合、よく見たら分かるような気がする。


この成り疲れという症状は
木がナスをたくさん作って、疲れてへばっている症状をさす。

こうなると病害虫にやられやすくなるそうだ。

研修のハウスでは一部でアブラムシが見られるようになった。
木が元気なら、つかないそうだ。
本当かな?と思うけど本当らしい。
ちなみにアブラムシのことを、こちらではアリマキと呼んでいる。

アブラムシのいるところだけ、農薬を使って処理するらしい。
これをスポット散布と呼ぶ。
殺虫剤を使うのは今年初めてになるそう。
(天敵を使っているので、それまでは天敵で対処できている)


それと病気も出やすくなる。

すすかび病という病気が出ているところが多い。
研修のハウスにもすすかび病と黒枯れ病というのが、出てきている。
これは致命的ではないが、農家を悩ますやっかいな病気だ。


見学に行ったハウスでも、すすかび病は見られた。
しかし、全く病気を出していない所もあった。

そこの農家さんが言うその秘訣とは

成願寺のお札と予防

これが最も大切とのこと。
あと水のやり方にもポイントがあるそうだ。


最後に成り疲れを防ぐには

できるだけ平均してナスを成らせること。

ある時にはドパーっとあって、ない時はちょこっとしかない。
これが一番いけないらしい。
多かれ少なかれ、収穫には山谷があるんだけど、この山谷の差を
できるだけ少なくすること。
そこに成り疲れを防ぐ秘訣があるみたい。

まあ、農業は奥が深いですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。