ホルモン処理開始

だいぶ寒くなってきました
特に昨日、おとついは

それに伴って、ナスの取れる量も減っています
予想はしていましたが、思ったより早かったような気もしています


去年より寒くなるのが早い気もするのですが
南国土佐といえどもやっぱり冬は寒いです

あまり大阪と変わらないような気もします



少し早いかもしれませんが、ホルモン処理を開始しました

ナスの花にトマトトーンというホルモン剤処理をします
太りはハチ受粉の実より早くなります

回転速度をあげるためです
品質においても特に低温の時はハチ受粉よりいいものになるそうです
(基本的にホルモン処理のナスの方が味も見た目もハチ受粉よりすぐれていると言われています)

ハチとトマトトーンの併用です
ハチは花ぬきを楽にしてくれ、ホルモン処理もれ防止にもなるのでハチにはまだまだ活躍してもらいたいと思っています


ちなみに利用しているのは西洋ミツバチなのですが、朝の出勤は遅いですね
特に冬場は

あるていど暖かくならないと働かないです
意外と怠け者かもしれません



昨年も今頃からホルモン処理を始めたように思いますが、今作とは事情が違います

昨年はこの時期にハチに影響のある農薬を連用したため、ハチをしばらく外に出さざるえなかった
そういうこともあって、ホルモン処理を開始しました


どのみち、寒さのせいで花粉が出なくなってくるので、遅かれ早かれ冬場はホルモン処理は必須になってくるのですが、昨年と同じく早めかなあと思います

もちろん、もうやってる農家もありますし、作を通じてやらない農家もあります


ホルモン処理をやらない農家は加温機で原則夜温12℃を確保する必要があります
こうすれば花粉も出るのでハチのみでも可能になります

聞いた話ではハチもホルモン処理もどちらもなしでナスを取っているという農家もあるようで、これがちょっと信じられない話なんですが


普通、露地ナスや家庭菜園ではどちらもせずに普通にナスを取っているので、それが普通といえば普通なのかもしれませんが


他県では、ハチもホルモン処理もなしでナスが取れる品種を栽培しているところもあるようで、うらやましい気がするのですが、高知県はそういう品種を開発したものの収量に問題があるということで、一般的には実用化されていません

実用化にはまだまだ時間がかかるような気がします
実用化にむけてがんばっていただきたいものです


ということで、ホルモン処理を開始しました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホルモン処理は大変ですよね
仕事の1/3近くはこの仕事に費やしてます

鹿児島にはホルモン処理しないでいい品種があります
私の作っている品種とは違いますが

ホルモン処理する花の位置が高くなってくると
食紅をいれているので顔や手はホルモンが終わるころには

色がついてすごいことになっている事があります
石鹸で洗えば落ちる事なのですが

途中で来客があるとビックリしてるのではと思います

先日は暖房機の調子が悪く部品交換したのですが
高くてビックリ

一瞬 何キロ出荷した金額だろうと計算してしまいました(笑)



Re: No title

いつもコメントありがとうございます

鹿児島でもそういう品種があるのですか
知りませんでした

品質面ではホルモン処理したナスが一番なのでしょうが、手間がたいへんですね

加温していないので、寒くなると花粉の問題もありホルモン処理せざるおえません
ハチでは無理ですね

今はまだ、ホルモン処理、がんばろうと思ってやっていますが、じきにいやになってくると思います
それでもやらなければならないところがつらいところです

とにかくお互いホルモン処理がんばりましょう

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR