スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット散布

ちょっとアブラ虫が増えてきたみたい
そこで本日はスポット散布を行いました

こいつは天敵のタバコカスミカメは食わないそうだ
薬剤で対処するしかない


今までは粘着くんという農薬を1リットルのスプレーみたいなものでスポット散布していたのですが、どうやらそれではおっつかない感じ

なぜ粘着くんを使ったかというと、これは使用回数に制限がなく、何回でも好きなだけ使える薬剤だから
一般的な農薬は、たとえスポット散布でもカウントされる

ここが粘着くんのいいところ

ちなみに粘着くんは食品のでんぷんが主成分になっていて、これにかかるとアブラムシが窒息してしまうそうだ
物理的な防除なので抵抗性もつかない

それもメリットですね

前作は一度も使わなかったのですが、これを使ってみてもよかったかもとも思っている



でもデメリットもある

これをやると天敵のタバコカスミカメにかかると同じように死んでしまうだろう

スポットでアブラムシに直接かけるようにしていたので、ほとんど影響はないだろうということで使ったのですが
おそらく、天敵のタバコカスミカメには、ほとんどかかってなかったでしょう

この薬剤は基本的に天敵を活かす農業では使用不可になる農薬でしょうね



このアブラムシ、密度が増えてくるといくらかのアブラムシに羽が生えて、新天地を求めて飛んでいくらしい
そんなことは知らなかった

それで増えたのだと思う
ちょっとスプレーで対処するには広がりすぎたという感じ

そこで今回は同じスポットでも動噴を使ったスポット散布を行った
さすがに動噴を使って粘着くんを使用するわけにはいかない

そこで今度は化学合成農薬を使うことに
もちろん天敵には影響のない化学合成農薬



ちなみに今の農薬は昔のように皆殺し的な農薬は少なくなっている

もちろん今でもそれに近いものはあるにはあるのだが
基本は虫の種類によって薬剤も違ってくる

ということは、虫の種類(病気もそう)が増えれば、それだけ農薬代がかさむことになる
しかし、これが逆に天敵を利用しながら農薬を使えるというメリットにもなる

皆殺し的な農薬しかなければ天敵を使った農業は不可能でしょう

何にしても、1長1短がありますね



でもアブラムシなど恐るるに足らず
手間がかかるのがうっとおしいんだけど

アブラムシの排泄物で葉も汚れてたりしてきたならしい
はっきり言ってかなりむかついた

面倒だけど、今回のスポット散布はやりがいがあったね
倍返しくらいはできたかもしれない

少しはこれで気持ちもおさまった感じもしないではない
消毒を生きがいにしている人もごくまれにいてるそうだが、その気持ちも1分くらいは分かったような気もする。



動噴による殺虫剤使用は定植したての頃以来
年内は動噴による殺虫剤は予定ではなかったのだけど、予定変更

幸いなことに、コナジラミはほとんど見えなくなった

いなくなったかなあと思ったら、そういう時にかぎって目にしたりすることもあるので完全にいなくなったわけではないのだけど
スリップスもほとんどいてないと思う


まあ、とにかく相手がアブラムシで良かったです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

倍返し

倍返しって言葉良いですね?
今作は昨作の倍返しで、収穫、売上 倍を目標に頑張って・・・!

Re: 倍返し

売り上げをあげるのは難しいです
経費なら、かけようと思ったらなんぼでもかけれるんですけどね

値段はいいのですが
でもナスが少ないです

なかなか農業は難しいです

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。