少量多潅水

いよいよ今年も数えるところ残りわずかです

年末に来て全国的に寒波が訪れているようです
昨日の晩はここ安芸ではこの冬一番の寒さではなかったかと思っています

今朝、バケツの水が凍っていました



いつもあまりみないハウスの温度計の最低気温

なんと3℃

えーっとびっくりしてしまいました


ちょっとナスが心配ですけど
全体的に見回してみましたけど、幸いにしていつも通り


寒さで一番怖いのは、ナスが凍傷にあうこと
こちらではしびると表現している

ナスがしびたのをまだ見たことはない(と思っている)ですが、しびると見た目からはっきり分かるそうです

いったんしびってしまうと1月くらいはまったくナスが取れないとのこと
また、一度しびてしまった株からは取れても、ろくなナスしか取れない。一度しびってしまったらもうその株は終わりという話も聞いたことがあります


まずはしびていなくてほっとしたところ
自分ではいちよう、しびないようには手はうっているつもり

その対策としては少量多潅水


ところで少量多潅水とは

例えば1株に10リットル(実際にこんなにやることはないですが例えばの話)の水をやるとする

一度に10リットル水をやって次の潅水までしばらく時間をおくのが多量少潅水

反対に
10リットルの水を1リットルずつ10回に分けて潅水する。その代わり水をやる頻度はその分多くなる

これが少量多潅水


ちなみに一般的には潅水のやり方は少量多潅水がいいとされている(寒さに関係なく)
少量多潅水のほうが吸収率がいいそうです



冬の凍傷対策には特に少量多潅水が大切だそうです
農家さんから聞いた話なんですけど

なぜかは分からないそうですが、今までの経験からよるとそうらしいです

なぜなのかは私にも分からない
少量多潅水なら無加温でも今までしびたことはないと言ってました

理論より実際の経験からくる体験談のほうが信憑性はあるのではないかと思ってそうしています


とにかく少量多潅水は潅水の基本です
こういう寒さの厳しい時こそ基本に忠実でありたいですね

もちろん寒くなくなっても、できるだけ基本には忠実であろうと思いますが


ということで本日は少量多潅水の話でした

明日はいよいよ大晦日前日
大晦日といえばやっぱり紅白じゃないでしょうか

明日は今年最後の話として、今年の紅白のみどころといったところを私独自の視点も加えながら解説してみたいと思います
紅白を楽しみにしておられる方はぜひ見ていただきたいですね

よりいっそう紅白を楽しめること間違いなし

かもしれません

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR