農業は必ずしも1+1=2とは限らず

本日の研修は、いつも研修しているハウスとは別のハウスで収穫作業
をした。
今の時期はどこもナスをちぎるのに精一杯で、なかなかほかのことに
手が回らないようだ。

今研修中のハウスは収穫の谷間に入っていくとのこと。
別のハウスは今がピークにさしかかったとのこと。
どうりで多かった。


昨日、自分のところの収量が多ければ他も多い
少なければ他も少ない
と言ったけど、ハウスが変われば違うのかもしれない。
この二つのハウスを見ればこれには当てはまらないですね。
よく分からないというところが実感だ。


ところで、この前農家さんとハウスの内張りを外す作業をした。
これは二人でやってほうが効率がいいと思う。
(1人でやっている人もいる)
農業に限ったことではないと思うが、1人でするより2人でする方が
効率がいい作業というものがある。

単純に1人分+1人分=2人分という単純なことにはならない。
1+1=2+アルファーとなる作業もあるのだ。


私は独り身なのでここの部分をどうこなすかというのが一つの課題には
なってくるだろうと思う。

だれかいい人をもらったら済むことなんだけど、そんなことできる人間なら
未だに独り身ということはないのだ。
これは、あまりあてにすることはできない。

臨時に人を雇うにしても、そんな都合のいい人はそうはいないだろう。

まあ、中にはなんでも1人でこなす人もいるらしいので、
時間がかかりながらも、必死こいてするのも一つの手かもしれない。

最悪の場合、実家でゆっくり過ごしている親に手伝いにきてもらうか。


しかし、これはこれで大いに問題がある。

実家は大阪。高知に来てもらうのに往復のガソリン代、高速代、
それから今住んでいるところは狭くて3人も寝れないので
日帰りで無理な場合は宿泊代も必要になってくる。

以前、安芸市にあるタマイというホテルに泊まったことがあるんだけど、
あまりお気に入りではないらしい。
たぶん、隣の芸西村にある土佐ロイヤルホテルに泊まりたいというだろう。
賃金は高知県の最低賃金でやってくれると思うけど。

これらのこと考えるとかなりの経費がかかる。
こんなに経費をかけては駄目だと思う。
やっぱり経費はできるだけ削減しないと。


中には1人で何でもこなす人もいるので、それを見習って必死こいてやる
という手もあるかもしれない。

このあたりは、まだどうするかは分からないですね。

最後に安芸市の風景
CIMG0055.jpg

CIMG0056a.jpg

CIMG0059.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

頑張ってクダサイ!

No title

どなたかご存知ありませんが、ありがとうございます。
プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR