草が生えてきています

草が生えてきています

やっぱり太陽熱消毒の力はあなどれないですね

ちなみに今年は作前に太陽熱消毒は行っていません
変わりに湛水処理を行っています


湛水処理とは・・・

畑を水田状態のようにします
米は何年連作しても連作というものは存在しません
その秘密は水田にあります

作物に病気を引き起こす菌はほとんどが酸素を必要とする菌です
水田状態にして酸素が必要な菌が生き残れないようにしようというものです

この原理を利用して一時的に畑を水田状態にしてしまおうというものです

もしかしたら一番簡単な消毒方法かもしれません


これもハウスによってはできないハウスもあるようです

私の場合は受け入れ農家さんの紹介であぜを作る機械を持っている農家さんにあぜを作ってもらって湛水処理を行っています

ハウスの北側の竹やぶから一部、竹がハウスに侵入してきており、これを処理するには湛水処理が一番いいだろうということで行いました


湛水処理を終えて畝を作った時点で1週間だけでも太陽熱消毒すればだいぶ違ったのかもしれませんが、台風の後始末でそれどころではなかった

天気も悪かったのでどちらにしても無理だっただろうとは思うのですが・・・



ところでこの湛水処理

雑草対策としては何の役にも立ちません
その点、太陽熱消毒というのは全然違いますね。雑草対策としては

ということでいろいろ雑草が生え始めています
ナスの下葉を取り終わる頃あいに除草剤で処理しようと思っています


今年はナスの実の種から発芽したのではないかと思われるナスも生えてきております
天敵用のクレオメも
前作時に植えていたクレオメから種が落ちたものと思われます

このクレオメもほっといたら巨大化するのでいつまでもほったらかしにはできないと思います


とにかく今作は雑草に悩まされるかもしれません
根絶する気はありません
ある程度まで共生しようかなと

雑草があると害虫が問題になってくるのですが、そこは天敵君にがんばってもらえないかなと

まあ、どうなるか分かりませんが天敵君に期待したいと思います

最後に雑草と化したナスの様子でも載せたいのですが、カメラの故障により写真はなしです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR