スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭酸ガス施用 その5

あいも変わらず炭酸ガス施用の話が続きます

引き続き炭酸ガス施用の効果が?マークになる話をしようかなあと思って

別に炭酸ガス施用にケチをつけるつもりはないんです
最初にいい話をして後で落とすよりはいいかなあと思っただけのことなんですけども


話はだいぶ前の話になるんですけど
今作の定植が終わって、いくらか経ったぐらいに同じ新規就農者でししとうを栽培している農家さんのところへ定植のお手伝いに行った時の話なんですけど

この農家さんに、ふとこんなことを聞いたんです

反あたりどれぐらい取っているのか?

だいたい反12トンぐらいとのこと


ししとうで反12トンはたくさん取っているのか、それともそうではないのか私にはよく分からない
そこで、ししとうの反あたりの目標トン数とはどれぐらいなのかと聞いたら反10トンとのことです

ナスでいえば、こちらでは反あたり18トンを目標数字として掲げている
もしナスで換算し直すと、反あたり21トン以上取っていることになります


そんなに取ってるんかとビックリしました

そこでなんでそんなに取れるんかと聞いたんです

すると、普通にしてたら取れますよとサラッと言うんです


ちょっとその回答に納得できなかったですね

だからこう言ったんです

普通にしてたら取れると言うけど、こっちは普通のことだけじゃなくて特別なことまでしてるんやと。
それでも取られへんのや
なんで普通にしてるだけで取れるんや。おかしいと思わんかなあ

と聞いたんです

なんて答えたかはっきり覚えていないけど、満足のいく回答は得られなかった


まあ、ウソをついてるとは思わないんですけど、もしかしたら何か隠してるんちゃうかという気もしました

ほんまは何か隠してるんやろ。正直に言いや。何を隠してんや

と言ったんですけども、またしても納得のいく返事は返ってこなかったです



それならこちらから少し詳しく聞かせてもらおうかなあと思って、まず肥料は何を使ったのかを聞きました

まずは元肥(定植前に入れる肥料)には何を使ったのかから


ちなみに私は肥料の名前を聞いたら、だいたいあれかと分かる自信があります

農協の購買部でよくいろいろな肥料を眺めていたんで

あれは確か受け入れ農家さんと一緒に初めて購買部を訪れた時のことでしたね
肥料を眺めていたら、事務員の方から何か御用ですかと言われたこともありましたけども

それ以来はそういうことはないです
どれだけ長いこと眺めていても


移動したての職員さんなら、あの人うろちょろうろちょろしてるけど何してるんやろね?と思うかもしれない

もしかしたら私の知らない所で

あの子、いつものことやねん
ほっときほっとき

という会話もあったかもしれませんが

そういうこともあって、肥料の名前を聞いたらだいたい、ああ、あれかとピーンときます



話は戻りまして、まずは元肥から聞いたんです

名前を聞いてああ、あれかと思いました
もしかしてそれ全農のやつちゃうん

と聞いたらそうですよとのこと


そこの目のつけどころはさすがやなあと。それを使っていたらまず間違いでしょう
今から思えば、さすがですね、やっぱり目のつけどころが違いますねと言ってあげたら良かったと思うんですけども

それから追肥として何を使っているのか

追肥用の液肥、普段使っている液肥は比較的オーソドックスで一般的にはよく使われている液肥ではないかと思われる物を使っていました

冬場だけたまに違う液肥を使っているとのこと

それも名前を聞いてピーンときました。

名前だけを聞いたらいかにも効きそうな名前。それと箱のデザインが鮮やかでこれはいかにも効くで思わされる液肥
でも中身の内容をの表示を見て私は何やしょーむなとガッカリしたのを覚えている
デザインよりもっと中身を工夫しいやと思った液肥ですね

あの外見だけ良くて中身のないやつやろと聞いたら、そうですとは言ってなかったけど
冬場にそれを使う理由を聞くと、そんなくだらん理由のためにわざわざそれを使うのという理由でした


それと普段使っている比較的オーソドックスと思われる液肥

その使用理由も聞いたんですけど、特に理由もなく使っているような感じ
みんなが使ってるからそれを使うの?と聞いてもそうではなさそう

何かそれなりの理由があるなら分かるんですけど、それもなく普段はずっとそれを使っているそうです


ひと通り聞かしてもらっての感想なんですけども

全農のやつを使うという目のつけどころの良さもあるにはあるんですけど、はっきり言わしてもらえば

あんたには創意工夫というものがないんかと思いました

それから、そんなことでは苦土(マグネシウム)などのミネラルも途中で不足してしまうでとも思うんですが、それだけで別に何も問題はないと言うんです


まあ、肥料もいろんな種類の肥料があります

肥料屋さんが来て、いろいろな肥料を紹介してもらうこともあります。私は感情が乏しいのかどれを見てもあまりピーンとこないんですけど、それでもたまにはこれはもしかしたらと思ってしまうこともあるんです

そんなことないのか聞くとないとのこと
なんかかっこいいことも言ってましたよ

肥料屋の言うことなんて全部無視です


ちなみに間接的に聞いたことなんですけども、ある肥料屋さんから言っても聞かないからあきらめられていると言われたこともありました

そんなこともあったんだけど、それぐらいじゃダメかなとお尋ねもしました

といっても、実はその肥料屋さんから今でも肥料買ったりしてます
この農家さんから言わせれば素直に人の言うことを聞きすぎなのかもしれません


ということで何の話をしているのか

炭酸ガスの話をしているつもりだったんですけども
ぜんぜん関係のない話でしたね

まあ、いいじゃないですか
でも次こそは間違いなく炭酸ガスの話をしたいと思います

炭酸ガス施用 その5 でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。