スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭酸ガス施用 その13

まだ炭酸ガスの話が続きます
もうそろそろ終わりへのカウントダウンが始まっているかもしれませんが

実際の炭酸ガス施用ももうまもなくでしょう
後一歩のところまできています

本日は導入を決めた理由でも書こうかなあと思います



この炭酸ガス施用

導入するべきか、見送るべきか

当然、迷うところはありました


迷うところは

けっこうアップアップの状態でナス栽培をやっています
日々の作業をこなすのに手一杯

なにかにコストをかければ最低その分のコスト分はコストをかけなかった時より余計にナスを取らなければならない
当たり前のことですけど
ヘタをすればコストをかけることによって自分自身が苦に追いやられるかもしれない

コストをかければかけるほどナスをたくさん取らないといけないんです

果たしてコストをかけた以上にナスが取れるのか
また、それをこなしていくことができるのか

そういった懸念がありました



導入への理由は

コストをかけるとしたらここ(炭酸ガス施用)ではないかと思いました


県はまだまだ収量は伸ばせれると思っているようで、県の農業技術センター、その他の県の施設ではさらなる増収へ向けての試験栽培をいろいろやっているようです

といっても地域の反あたりの目標トン数は一昔に比べれば上がっているし(以前は目標トン数は今よりも低かったそうです)、収量は大きなスパンで見ると右肩上がりの傾向にあるのではと思っています

栽培技術の向上、肥料、農薬、その他資材の発展、栽培期間の長さ
その他いろいろな要素はあるとは思いますが


県はそれでも満足せず、さらに収量を伸ばそうと思っているみたいです

中には

あんたらは足るということを知らんのか。この欲張り者

という声が・・・・・・・・・・・・・・・・・・聞こえていないです


県が現状よりさらなる増収という観点から見れば、何が足りていないのか

県が出した答えは光合成

さらなる増収のためにはこれが足りてないんやと
増収のためにはこれをもっと増やす必要がある

それが県が炭酸ガス施用を薦め、導入への補助を打ち出した理由の一つですね
炭酸ガス施用とは光合成促進を目的としたものですから


私は県が言うことに間違いはないと信じております

もし万一、県が間違ったことを言っていれば、そんな間違ったことを信じてしまった自分がアホ。自己責任です
でも間違いなく本当のことを言ってると思うので、いずれ、さすが園芸王国高知県と最大の賛辞を贈る気ではいます

自分も植物の基本は光合成ではないかと思っています
やっぱりその基本を大切にしていかなければいけないんじゃないかと

その基本となる所を助ける炭酸ガス施用

ここはコストをかける価値があるんじゃないかと思いました


でも導入を決めた本当の理由はそれだけじゃない
実はもっと大きな理由があるんですけど

本日はこのへんでということにしときます

炭酸ガス施用 その13でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナスの成長

この寒い時期、茄子 良く育っていますか?

Re: ナスの成長

見た目はいいですよ
取れる量は微妙かな

残念だ

もう終わりですか。残念だなぁ~

「炭酸ガス施用 その50」くらいまで続けてくださいよ。

Re: 残念だ

どなたか分かりませんがコメントありがとうございます

無茶言ったらあきませんっていう感じです
まあ、50までは続きませんがもう少しは続くんじゃないでしょうか

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。