認定就農者になりました

今日の研修はナスの管理作業。
実がなくなってくると、すぐに花が咲き始めるらしい。
そういや、花は増えてきている。
明日は昨日よりも収量は減りそうな予感。


ところで、先月申請した認定就農者の認定証が郵送で送られてきた。
無事、認定就農者になれたようだ。

関係機関より大丈夫ですよとのお言葉をいただいていたので
さほど、心配はしていなかったけど
まずは無事認定されて一安心だ。

ということで認定就農者になりました。


今私が受けている研修制度の条件の一つに認定就農者になること
という条件がある。
この条件がなくても私は認定就農者になっただろう。

もちろんメリットがあるから。


このメリットとは
インターネットで認定就農者で検索すれば、メリットが書いてあるの
でそれを見てもらえば分かることなのだが、
個人的に特にここがいいメリットじゃないかと思われる部分を紹介する。


まず、無利子でお金を借りられるかもしれない。
(必ず借りられるわけではないので注意。あくまで可能性があるということ)
でも借金には変わりないので、借りないほうが無難だろう。
これは最終手段とするべきだろう。

中には無利子で借りて、それを預けて利子を稼いだらいいんじゃないかという
すごいことを考えている人もいたんだけど、それは無理。
そんなことのために貸す制度ではない。
貸すほうもきっちり審査するので、そんな理由で借りることはできない。


もう一つ、国の農業補助事業を受けれるかもしれないということ。
これも、必ず受けれるわけではなく、可能性があるということ。

しかしながら、認定就農者になっていなければ可能性はゼロ。

どんな補助事業があるかすべては知らないけど、新規就農者にとっては助かる制度がある。
例、加温機購入の際に半額補助されるとか。
(もちろん審査がある)

こういう国の補助でさえ、受けれるかどうかは住んでいる市町村によってだいぶ影響があるそうだ。
申請する窓口はその地域の市町村になるからである。

この手続きは、手続きする市町村にとってはかなり複雑な手続きを踏むそうだ。
(具体的には全然わからない。簡単ではないらしい)
面倒な仕事が増えると思ってもらったらいい。

例えば、人数が少なく人手不足になっている市町村では、そこまで手が回らなくて、申請できないといったケースもあるかもしれない。
もし私の仕事はパソコンの前に座ってトランプゲームをすることですという人が担当者なら、間違いなくアウト。


でも、可能性があるということは非常に大きなメリットだと思います。
そういうことから、新規就農者には認定就農者になることをお勧めします。

それから新規就農した後に認定就農者にはなれませんのでご注意を。
認定就農者になるには新規就農する前になる必要があります。


最後に先月植えたハウスの前の田んぼの風景
稲も徐々に大きくなっています。

CIMG0002p.jpg

CIMG0003p.jpg

CIMG0004p.jpg

CIMG0006p.jpg

CIMG0005p.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【認定就農者になりました】

今日の研修はナスの管理作業。実がなくなってくると、すぐに花が咲き始めるらしい。そういや、花は増えてきている。明日は昨日よりも収量は減りそうな予感。ところで、先月申請した...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR