しっかりやっていきたいと思います

久しぶりにまずは写真を

1001_20160424001600dd7.jpg
これは畝の上の様子
オマケにもう1枚

1002_20160424001559fab.jpg
葉に見える黒いぶつぶつ
これがもっとも苦しめられている黒枯れ病という病気の症状

この小斑点はだいぶ進行が進んでいる症状
大病斑の方がまだ症状は軽いです

普通は逆のような感じがするんですけど、この黒枯れに関しては小斑点がでてくるとちょっと苦しいかなという感じ

それとぶらさがっているナスもロクなナスじゃないですね
写す前に気付くべきでした



とにかく、畝の上にいっぱいナスが落ちています

落ちているんじゃなくて落としたんですけど。
しなびているナスは落としてからそこそこ時間が経過したナスです

わりかし落ちているナスの多いところを写したんですが、それでもうちの圃場では畝の上にたくさんのナスが落ちています


もったいないと言えばもったいないですね

自分で全部食べようかなあと思った時もありましたが、とてもじゃないですが食べきれないです
ハウスに立ち寄った人に好きなだけ持って帰りやと言いたくなった時もありましたけど、よう言えなかった

こんなんいらんわと言う人もいるかもしれません

恵まれてるんでしょうね
世界中には食べたくても食べれない人はたくさんいると思いますけどね



まあ、それはいいとしてなぜナスを落としたのか?

黒枯れにやられてしまいました
黒枯れというのは実にも来るんです

ぶらさがっている実のほとんどにきてしまいました
片っ端から落としていったという感じですね

今までにも実にくることはちょこちょこありましたけど、今回は急にしかも大量に来てしまいました



ちなみにこの黒枯れのナス、食べても何の悪影響もないです
むしろ緑黄色野菜の一つとして人様の健康に有益な働きをするんじゃないでしょうか

しかし、この実は出荷できないんです
ハネはハネ品として出荷するんですがハネ扱いにもなりません

廃棄するだけ


消費者に届くころに腐るからというのが言い分です

私の経験から言えば腐らないですけど
だけど持ってくるなというのは出荷できないです



このナスを落とすという作業は精神衛生上非常に悪かったですね

今はもうそれほどでもないですけど
でもナスを落としていた時はなんとも言えない気持ちになりましたね


実を言うと一部ですが、見なかったということにして集荷場に出荷したのもあるんです
すると集荷場より注意を受けてしまいました

それから2、3日してから集荷場に黒枯れの実はハネでも出荷できませんという張り紙が張られました
今でも張られています


実際に黒枯れの実による市場よりクレームもあるという話も聞きました(集荷場の方ではないですけど)
これが産地の競争力の低下、ひいては単価の値下がりにもつながるそうです

やってはいけないことをやっちゃったなあと深く反省した次第なんですが


まあ、今さらやってしまったことは何を言ってもしかたない
大切なのはこの後

しっかりやっていきたいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR