役 その3

引き続き前回の続きをいこうと思います
今回は集荷場にクローズアップするとします

集荷場の仕組みはある程度ではありますが、今ではだいたいのところは分かっているつもり



あまり分かっていなかった期間も長かったと思います

集荷場は誰が運営してるんですか?と聞かれたら

誰かが運営してるんじゃないですかと答えていたかもしれません


そんな答えじゃダメですかね?

別に誰だっていいんじゃないですか?集荷場が稼働してるということは誰かが運営しているということですよ。
そう思いません?

まあ、そんなことを考えること自体なかったです
ていうか、そんなこと考えるような余裕がなかったと言ったほうがいいかな



今はなぜ分かってるのかというと、集荷場の方より直接教えてもらったことがあるから

集荷場の事務所に立ち寄った時、なにかの折にそういう話になって、こうこうこういうことになってるんですよと

運営委員会というものがあって、運営委員の方はこういうことやってるんですと


なぜこんな話が出てきたのかというと、私にもいずれやりなさいよ。いつまでも人任せじゃダメですよということなんですけど

実際に最後に言われてしまいました

今すぐにどうこういうわけじゃないけど、いずれは私にもやってもらわないけない時もくるだろうと

ちょっとドキッとしましたね



ところで、集荷場には年1回、総会というものが開かれます

これは基本的には集荷場の組合員は出席しなければなりません。欠席するには委任状というものを提出する必要があります
ある一定の出席者数に満たなければ総会自体が成り立たなくなるそうです

初めての総会の時は、作業が忙しいから欠席しようかなとふと思ったんですけど、それを読まれたのか集荷場の方に出席しないといけませんよと念を押されてしまいました



ここで運営委員さんが決めた取り決めに対する賛否をとったりもするんですが、ほとんどはすんなりと可決されます

総会屋さんを雇った株主総会はこんな感じなんかもしれませんね
意見言う人がいても穏やかに言ってますね。目くじら立てて言ってる姿は見たことないです

そもそも私には反対意見などないですが、仮にあってもよう反対しませんね

まだ新参者というのももちろんあります。それだけでなく運営委員をされている方に失礼のような気がします


もしどうしても納得できないことがあるなら、自分なら我こそは運営委員長に立候補しますと宣言します

どうやって決めるのかはまだよく分かっていないんだけど

立候補しても当選しないかな?
いや、意外とひょっとしたらという気もしないでもない。ちょっとうぬぼれてますかね?



これ以外の方法としては集荷場を脱退するという手もあります

別に脱退しても誰も文句は言わないです
それは個人の自由意志だから


脱退したらどうなるか?

そこの集荷場にはもう出荷はできないです
でも別の集荷場に加入するというのは可能だと思います。

よほどの理由がない限りは大丈夫でしょう
なぜなら、どこの集荷場に属するかもそれは個人の自由だから

私の場合は圃場に一番近い集荷場に所属しています
それが一番利便性がいいと思いますんで



それとどこの集荷場にも属さないという選択肢もあります

どこに出荷するのか?
市場に出荷します

こういう農家さんも少なくはないですよ



どうするかは基本的には個人の自由意志
これに対して誰もどうこう言うことはないです

私の場合は、もし集荷場のやり方に不満があるなら、先ほど述べたように運営委員長に立候補して自ら自分の好きなように規則を替える道を選ぶでしょうね。

これも個人の自由意志です

誰もどうこう言うことはないと思います
運営委員長になれるかどうかは別の話ですが



それから、集荷場によってルールも変わってきます

例えば、正月のお休みは2日ある集荷場もあれば3日ある集荷場もあります
それと当日扱いの時刻は何時までで、それ以降の出荷は翌日扱いになる時間も決められていますが、これも集荷場によって違いがあります

これは最近知ったことなんですけど、それ以外でも集荷場によってルールがガラッと変わるケースがあるようです

ただ、ナスの値段はどこの集荷場でも一緒ですけど
集荷場で値段が変わるということは一切ないです

もしこれが集荷場ごとに変わったら、これはこれで大きな問題も出てくるでしょうね

集荷場へ出荷されたナスは高知の園芸連というところに出されます
園芸連に出されたナスは高知県のどこで生産されようがすべて同じ値段になります


集荷場のルールに関して、個人的な意見を述べさせていただきますと、基本的には集荷場に属しているなら、そこの属している集荷場のルールには従うべきだと僕は思いますね

自分らの代表者である運営委員の方達が相談して決めたことだから
総会でも議決をとって決められてるはずですし


そろそろ長くなってきたので今回はこのへんで

次は自分が所属している集荷場のルールに関して、より詳しく書きたいと思います

役 その3でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR