スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2作目の6月 前編

前回の続きです

さらっとおさらいしとくと、4作終わっての傾向としてはいつも後半が調子がよくなかった。
でもその中で2作目だけはちょっと違った

2作目の6月の収量はよかった
過去4作で6月に収量がよかたのはこの時だけ

何か変わったことをしたのか?

いつもと違うところはありました

そこのところを書こうかなと



今になってはもうウロ覚えなんですけど、たしかこの時も黒枯れをメインに病気に苦しめられていた
(実を言うと毎年苦しめられているんですけど)

1年目よりはマシだったかなとは思うんだけど

もしかしたら3月もしくは4月ぐらいが一番ひどかったかな。

それが5月くらいからちょっとマシになってきたような気が

原因は分からないんですけど

抑えれるだろうと思ってもなかなか抑えれないことが多いですから
抑えれるだろうと思って、その思い通りに抑えれることも、たまにはあります。

収量との関係もあるのかもしれないんです
収量が少なければ木もあまり疲れませんから

いずれにしよ、症状が治まってくることもあるんです。経験から言いますと



あれはたしか、ましになりかけていた5月くらいのことだったと思う

ある肥料屋さんが来てこんなことを言ったんです

自分の言うとおりにすればいっぱいナスが取れるって



じゃあ、具体的にどうするのか

まずこの肥料を使いなさいと。すなわちこの肥料を買いなさいということなんですけど

その肥料は前からも勧められていたんですけど、自分のお目にかなうような代物じゃなかったんで使うことはなかったんですけど


肥料屋はこの肥料がいいんやと

私はそれはおかしいと。


その肥料がいいかどうかの話だけで、2時間ぐらいはかかってたと思う
たしか、その肥料の話が終わる頃にはすでに日は沈みかけてたような気が

もう根負けしたという感じですかね。そこまで言うなら使ってみるわと
それとは別にもう1個違うやつも買ったかな

向こうも半分、意地になってたんじゃないかと思うんですけど



ちなみにその肥料は葉面散布用の肥料なんですけど

もう詳しいことは省きますが、植物というのは葉からも肥料を吸収することができるんです
一般的には消毒と兼用でやることが多いと思うんですけど



個人的には葉面散布するなら苦土(マグネシウム、農業ではマグネシウムのことを苦土ともいいます)をやるべきだと思ってるんですけどね。 特にナスでは

ちなみに、苦土の葉面散布は関係機関が推奨しており、指導方針の一つと言えるんじゃないかと思うんですけど


葉面散布といえば苦土

これは自分の中ではセオリーになっていることもあって

葉面散布は苦土を使いたんやと肥料屋に言ったところ

百歩譲ってそれもたまには使ったらいいんじゃないかということでそれも使うことにしたんですけど



まあ、そんなこんなでほんなら言う通りにやらせてもらいますということになったんです


それでまずやってくれということが

お勧め肥料の葉面散布
ただ間隔をちょっとつめてやってくれと

これはこれでなかなかたいへんなんですけど


それと他に言われたことが

もうちょっと世話をきっちりやってくれと
楽して取ろうというのはムシがよすぎるということで

まあ、たしかにそれもそうですね


最後にもうひとつ言われたことがありまして

葉面散布もそうなんですけど、これこそ今までとは明らかに違うことになるんじゃないかと思うんですけど

そろそろ長くなってきたので次回ということにします

2作目の6月 前編でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。