スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想はつれづれなるままに

つれづれなるままに

つれづれなるままに農業をできたらすばらしいと思う。
そんな農業ができれば理想なのだが現実は違う。


つれづれなるままにとはどう意味なのか。

暇で暇でしかたなく何もやることがないということだ。


徒然草を書いた吉田兼好という人は

著書の中で
暇で暇でやることがなく、一日中硯の前に座って心に浮かんでくる取りとめも無いことを、特に定まったこともなく書いていると、妙に馬鹿馬鹿しい気持ちになると述べている。


すずりの前に一日中座らんと家庭菜園ぐらいしたらどうかと思うんだけどね。
いくらインドア派の私でも、一日中すずりの前で座っていることはようしないね。
いくら暇人でもそこまでしたら、そらバカバカしくなるでしょう。

ちなみに、この人は京都の双ケ丘というところにいた。
実際にこの場所を知っているが何もないところ。今はただ木が生い茂っている。
(学生の時、京都にいたんで知っている)
でも一人で住むには大きすぎるだろうと思う。


実際の農業はというと
つれづれなるままな農業なんてとんでもない。

・去年、新規就農した人の話では、いろいろとやりすぎることがありすぎて休んでいる暇はないらしい。

・同じく去年新規就農した人(ししとう栽培)は、収穫の忙しい時は朝7時から夜10時まで(昼は30分休憩)一日中収穫してたらしい。
暗くなったら頭にヘッドライトをつけながら。
どうも毎日ヘッドライトをつけているような気がする。
(作物は収穫しなければ、大きくなってしまうため後回しにできにくい)

・集荷場に出荷していない農家さんは、(すべての農家さんが集荷場に出荷しているわけではない)は、選別(形で等級を分けること)や袋詰めを自分でしなければならない。
暖かくなって収量が増えたら、夜中の2時、3時になることもめずらしいことではないらしい。

 
ところで、ある方が言った言葉で、感心したセリフがあるので紹介したいと思う。


朝から晩おそおそまで汗水たらして必死に働いて、休日もなく働き続ける。
そんな姿を農家の子供が見て、自分も農業したいと思うかと。
思わないと。
農業は変えていかなだめなんだと。

なかなかいいこと言いますね。本当に。


理想と現実との間には大きなギャップがあるわけなんですけど、
つれづれなるままな農業に1歩でも近づけるようがんばっていきたいですね。

最後に安芸市の風景。

18.jpg
安芸市の海
一番高い建物が見える辺りが市役所周辺

20.jpg
ある風景

CIMG0044.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【理想はつれづれなるままに】

つれづれなるままにつれづれなるままに農業をできたらすばらしいと思う。そんな農業ができれば理想なのだが現実は違う。つれづれなるままにとはどう意味なのか。暇で暇でしかたなく...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。