スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知への道(その続き)

本日も思い出話。

新規就農した(見込みも含む)人がどれぐらいいるのか農林水産省が調査した結果、予想より少なかったそうだ。

しかし、新規就農できるものなら、したいと思っている人は意外に多いんじゃないかと思っている。
ただ、現実面で乗り越えるべきハードルのことを考えると二の足を踏んでしまい、行動にまではなかなか踏み出せないのではないかと。



私の場合は新規就農したいと思ったけど、じゃあ具体的にどういう行動をとったらいいか全く分からなかった。
インターネットで調べても、具体的行動を起こせるヒントなるものは見つからなかった。
きっかけすら見つからなかった。

場所・作物はもちろん何も決めていない。
(相談を受ける側にとっては、これが一番困ることらしい。アドバイスのしようがないらしい)


私としては
どこへ行けば就農できるのか?
初期投資もできるだけ抑えることができて、すんなり就農できる場所はどこなのか?

そこが一番知りたかった。
それが全然わからないんですね。

仮に行きたい場所、作物が決まっていても入る余地がない所なら行っても意味ないですから。

どこへ行けば農業できるのか、それが分からなかった。
極端に言えば、有利な条件で農業させてくれる所があるなら、場所や品目は何でも良かった。

ここへ行けば有利な条件で確実に就農できますよという所、誰か教えてくれへんかなあと思っていた。

しかしながら、ここへ行けば確実に就農できるという場所は残念ながらないのじゃないかと今は思っている。
特に何のコネもない人間にとっては。

冷静に考えて見れば、農業に限らずどの分野でも新規参入で確実に保証のあるものなどないでしょうね。



そういう感じで、何かきっかけを探していたら高知県のパンフレットを見つけた。
気候も良さそうだし、大阪からも遠すぎず近すぎず。
就農できる可能性も高いところではないかと。

もちろん、高知へ行っても就農できる保証はないんだけど、それはどこでもいっしょ。
だけど、可能性は高いのではないかと。

そんなこんなで、高知へ来ちゃいました。
最初はここ安芸ではなく、高知西部の窪川という所でしたけど。

最後に安芸市の風景
979.jpg

980.jpg

981.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【高知への道(その続き)】

本日も思い出話。新規就農した(見込みも含む)人がどれぐらいいるのか農林水産省が調査した結果、予想より少なかったそうだ。しかし、新規就農できるものなら、したいと思っている...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。