高知県のこと

今日の研修はナスの収穫日。
予想通り少なかった。
あまり多すぎると精神的にも肉体的にもしんどいので、
たまにはこういうことがあるのも大事かもしれない?
次はもっと少ないような気もしないわけではない。

ないところは本当にない。
ぶらさがってる実を全部とっちゃった感じかなあ。


ところで、高知県のことをあまり知らない人も多いかもしれないので
ちょっと紹介してみたい。

主要産業は一次産業(農林漁業など)。
高知県は山ばっかり。
山の占める割合は全国の都道府県の中で1位だ。
ということは、農地も意外とそれほど豊かではない。
だから少ない面積で多くの収量を上げなければならない。
その技術は日本一。

つまり面積当たりの収量高は高知県が日本一らしい。

安芸市も当然そこのあたりはすごい技術を持っている。
だからナスの一大生産地でもあり、ナス出荷量が日本一。
理由の一つはここにある。。


それと時代の最先端をいっている部分がある。
少子高齢化 農村ではもう既に高齢化社会になっている。
これが日本一進んでいるらしい。
人口の減っている率も日本一らしい。
日本の近い先の将来が、ここに来ると見られるかも?

農業は特にこういう傾向になっているそうだ。
そのため外部より人を呼び込もうという動きも他県に比べて
非常に進んでいるのではないかと思う。
特に農業は。


農業は施設栽培(ハウス栽培)が盛ん。(他県に比べると)
これは比較的暖かい気候を活かして、他の地域が取れない時期に
収穫して出荷する。
だいたい普段見る野菜というのは夏場にとれるものがほとんど。
冬でもスーパーへ行っていろいろな野菜を見ることができるのはこの施設栽培
があるおかげである。
ここの部分を高知県は非常に得意としている。


日本全体的に農業に携わる人口は年々減少傾向にあるそうだ。
高知県の農業は全国レベルよりさらに加速傾向にあるに違いない。
だから行政も危機感を抱いているのだろう、
高知県では新規就農研修支援事業(詳細は研修支援事業を参照)
なる事業を立ち上げている。
そういうこともあってここ高知県は私みたいな新規就農を目指す
ものにとっては非常に入りやすい県だと思う。

ということで私は提案する。

新規就農を考えている人がいたら高知県はどうですか?と。

最後に安芸市の風景

24.jpg
ちょっと高い所に登った。
へたに分からない道を進んでいくと往生こくかも。特に4WDのついてない車は
少しだけ往生こいたことがあった。
無事なんとかいけたが、めっちゃあせってしまうからご注意を。

25.jpg

22.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
↑↑毎度クリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【高知県のこと】

今日の研修はナスの収穫日。予想通り少なかった。あまり多すぎると精神的にも肉体的にもしんどいので、たまにはこういうことがあるのも大事かもしれない?次はもっと少ないような気...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:いさお
大阪府 堺市出身
ふるさとを離れ高知県 安芸市にやって来ました。
農業でごはんを食べていこうと思い高知県に来ました。
日本一のナス生産量を誇る安芸市でナス農家として新規就農しました。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR